過払い

過払い請求を委任した司法書士は面接無しで受任したため、懲戒処分を...過払い

過払い金の返還請求をしたいのですが、福岡市、太宰府市、筑紫野市周辺で良い弁護士さんを知っている方教えてください。
できれば費用も高くない方がいいです。

過払い請求に限らないが弁護士選任も自己責任の範疇であり質問者自身が過払いについて最低限の知識を有していないと選任の判断基準も存在しない訳です。
Aさんにとっては最良の弁護士でもBさんには最悪な弁護士の場面だって有る訳です。
私が質問者にアドバイスをするなら「出来る限り知識を習得する事」です。
その上で法テラスか地元弁護士会の無料相談を実施して下さい。
複数の弁護士は紹介してくれます※知識が深まれば「弁護士じゃなくても自分で出来る!?」と変化する可能性も有ります。
実はこの変化がベターだけど自分で判断すれば良い事だし知識はあなたの邪魔にはなりません。
頑張ってください

2011/6/29 06:55:12

過払い請求とブラックのリスクについてです。
これから某流通系カード会社から取引履歴を取り寄せようと思ってます。
取り寄せてからの話ですが、【引き直し計算】をする事になるかと思いますが、一連の流れを教えてくれるところはありますでしょうか?それと、解約前に過払い請求をすると信用情報に事故として履歴が残りますでしょうか?ネットで色々調べましたがそのような事が書いてあったので・・・その他デメリットがあれば教えて頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

過払い請求の件でいいんですよね?過払い請求についてですが、会社によっては、話に応じてくれないところもあるとかで、個人ではかなり大変と聞きましたが、できないこともないと思います。
ただ、どちらにせよ初めから弁護士さんにお願いするよりかは、一度、無料相談をしてからのほうが良いと思いますね。
私も利用していましたが、こちらのサイト「lfu38dod.com/W1EFhR」を利用すると、無料で債務整理や過払い請求に強い弁護士の方に相談できます。
無料で利用できる上に、匿名で電話相談もできるのでかなり便利です。
過払い請求を自分で進めるうえでの注意点などもアドバイスをもらえると思いますので、一度試してみてください。

2016/1/14 16:50:23

過払い金について・・・7、8年間借金の返済に追われています。
残り250万くらいなんですが、過払い金の請求って出来るのでしょうか?

過払いとは、どんな時に請求できるのか、調べたほうがいいですよ。
そして、過払いになるのか、減額になるのかの計算方法も調べて下さい。
まずは、名古屋消費者信用問題研究会HPwww.kabarai.net/の「過払いとは」の説明を読んで、無料ソフトの過払い計算方法もHPでは、ダウンロード可能(エクセルが入ったパソコン必要)です。
銀行や信用金庫では、過払いが発生する利息の払い過ぎになる高金利はないので、過払いとは無縁です。

2012/9/3 21:34:49

過払い金、債務整理について質問させて下さい。
最近、職をなくしまして返済がキツイ状態になっています。
次の職を探しているのですが現在無職です。
貯金を切り崩し数ヶ月は生活できると思うのですが、借金のことで頭がいっぱいです。
私なりに勉強したのですが、解らないことばかりで教えてください。
無職でも過払い請求、債務整理はできるのでしょうか?約8年前に一度完済して数年後、再度利用している場合、完済した時の取引履歴は取り寄せられるのでしょうか?現在6社借り入れしているのですが、取引履歴を取り寄せ自分で計算して過払いで完済できる金融会社だけ過払い金請求をすることはできるのでしょうか?完済できない金融会社は債務整理をせず今まで通り返済しようと思っています。
この場合でもブラックに乗ってしまうのでしょうか?少しでも借金の額を少なくしたいです。
わがままは十分承知ですが、ブラックには乗らないようにしたいです。
どうか知恵を貸して下さい。

まず、一度完済して再度利用した分ですが、完済時、契約を解除せず、同じカード等を使って再度借り入れたのでしょうか?そうであれば、初回(その8年前に完済した債務)からの継続となるはずですので、履歴に載る筈です。
その分が欠落している場合は履歴を公開していないということになりますので、金融庁に申立てを行えば、その金融会社は警告を受け、改善が認められなければ行政処分もあり得ます。
一度取り寄せてみては如何かと・・・6社から取敢えず履歴を公開してもらい、明らかに過払いが発生している金融会社から順次訴訟を起こしていき、返還した過払い金を、引き直し計算しても債務が残る金融会社に一旦返済、再度引き直し計算したのちに訴訟という感じで債務を消していくのも手かと思います。
引き直しした後に債務が残っている状態で返済金額を減らした上で返済を行うと、”契約見直し”という形で個人情報に残ります。
ですので、引き直し計算後、債務不存在か過払い状態まで敢えて正直に返済して、その状態になった時点で訴訟を起こす方法を採れば、個人情報に傷は付きません。
現状、不幸にも収入源が無い状態でこれらの手続きを行うとなれば、ご自分で提訴される事が金銭的にも宜しいかと思います。
この案件に関する裁判はそんなに難しくありません。
逆に今無職であるのがある意味有利に働くと思われます。
なぜならご自分の自由に行動する時間が結構あるからです。
6社ですと提訴するタイミングにもよりけりかもしれませんが、大体1年半位で片づきます。
(私がそうでしたから・・・)また、その経験も、職探しに有利に働くかもしれませんよ。
頑張ってみてください。

2012/5/20 16:44:42

過払い金請求するとブラックリストに載ったりするのでしょうか?載るとすると、なぜブラックリストに載るのでしょうか?補足ブラックリストに載るとどんなデメリットがあるのでしょうか?

完済後の過払い請求であれば、ブラックリストに載りません。
しかし、返済途中の場合はブラックリストに載る可能性があります。
これは業者によって返済途中の過払い請求を債務整理とみなすかどうかが違うので、相手業者によって載るか載らないかが変わります。
業者が基本的に自由に判断することができます。
完済後なのにブラックリストに載せるのは違反なので、完済後ならばデメリットがないことになりますね。
ブラックリストに載ると5~7年の間、新規の借り入れやローン組みができなくなります。
ブラックリストがある理由は、債務整理とはいわば踏み倒しですから、「ちゃんと契約通りに払ってくれない人」という烙印を押され、「この人にお金を貸しても返してくれない可能性が高いぞ」という情報を金融機関全体で共有するためです。
過払い金についてわからないことがあれば、借金問題の無料相談所で相談してみることをお勧めします。
タダですし、気軽に何度も相談できるので、一度相談してみるのもいいと思いますよ。
→bit.ly/cj771Y

2010/10/25 20:59:10

過払い請求の事なのですがアコムから160万借入があり返済期間が2007年からなので五年近くになり毎月49000返済してますが過払いは可能でしょうか?弁護士や法律事務所はおすすめはありますか?あとどういった流れになりますか?補足主人が休みない人なんですが、弁護士にお願いする場合、こちらがする事はどんな事ですか?

私と似た条件なので、過払い金は発生していると思われます。
お勧めの弁護士・法律事務所は、私たち依頼者の立場にたって考えてくれる専門家かどうかだと思います。
話し方や、説明の仕方などの相性もあるので、ある程度いくつかの事務所と話した方が良いと思います。
報酬だけみると安いところもありますが、報酬が安い高いより、報酬を払った後に、どの事務所が一番、私達依頼者に利益を残してくれそうか、という点で会話してみるのが良いと思います。
私はこのサイトでwww.kabaraikinn-senmonka.com/で、専門家を探しました。
ここのサイトに掲載されている事務所は、過払い金の専門家であるだけでなく、どの事務所も無料で電話相談できるため助かりました。
いくつかの事務所に問い合わせると、対応の仕方で、良い事務所かどうか等色々とわかってくると思います。
流れは、電話問い合わせ等で信頼できると思った事務所に日時を決め、訪問したり、どこかに出張してきてもらったりして、面談し、最終依頼することになります。
取引履歴を用意することになりますが、そのあたりも専門家に電話で聞いてしまうのが早いと思います。
補足に対してですが、どの専門家が良いかを調べたり、相談したり、細かい段取り等は、身内の方でできますが、最終、専門家に依頼する場合は、必ず1度は借入したご本人が、専門家と面談しなければならないと思います。

2012/7/1 18:49:52

過払い金請求について質問します。
過払い金の請求をしようと、CICなどの情報機関から資料を取り寄せをした後で、弁護士へ過払い金請求の依頼をしました。
それが、5月の始めです。
その後、連絡を待っていましたら、7月10日に弁護士より連絡がありました。
二件依頼をしていましたが、二件とも請求について(裁判)話し合い?が終わりました。
と、連絡がありました。
二件とも、過払い金が発生しているので、戻ってくるのですが、一件は、8月の末に振り込みがありますが、もう一件は12月の末に振り込みがありますといわれました。
戻ってくる日にちについては、いいのですが.....そこで質問です。
①解決後の情報機関にはいつまで載っているのでしょうか?②また、解決とはいつの日にちが解決日となるのでしょうか?③過払い金が支払われるまで、こんなにも日にちがかかるものなのでしょうか?④ローンを組んだり、クレジットカードを作ろうと思ったらいつから可能なのでしょうか?申し訳ありませんが、素人に分かり易いようにご説明をお願いします。
補足説明が不足で申し訳ありません。
会社はレ○クとセ○ィナで、過払い金がテレビで言い出した頃(5年前)に両社に「過払い金請求します。
」と言い、支払いを止めたまま放置していました。
請求等は一切来ていませんでしたが、5年越しに処理した状態です。
よろしくお願いいたします。

私に置き換えての回答です。
業者が5年前に過払いに転じている事を認めたなら、JICC・CICに現時点で開示し、延滞や延滞解消の登録があるなら、過払いだから、それらの登録は間違いであり、削除を業者に連絡し、改善なければ、情報機関に調査させる為、判決・和解書を提示し業者に訂正を促す。
・・・とうことで、指定信用情報機関の加盟業者は、契約者の真の情報を登録する義務があり、変更は速やかにしなければ、加盟義務違反とされ、加盟は認められません、それは、業者も知らないはずないです。
なので、解決がいつの日ではなく、過払いになったのはいつの日から…が大事です。
弁護士が途中経過の報告ないなら、自分で進捗情報を聞きます、提訴には委任状必須なので。
過払い計算書は、弁護士が持っています、見方は、ネットの過払いの本人請求者のブログで説明あるかも。
名古屋消費者信用問題研究会www.kabarai.net/の過払い計算ソフトがHPにもあり、無料で利用できるので、エクセルあればご自分で過払い計算すると、いつから過払いになったのかわかります。
車など百万越える、生活必需品は、ローンに頼るかも知れませんが、なるべく現金の頭金を多くします。
これも、低価格が第一です。
今後のカードのショッピングは1回払いにし、手数料無しに。
カードが1枚もなくどうしてもというなら、指定信用情報機関に悪い登録がないと確認できれば、新規申込にチャレンジします。
もし現金で生活できない状態なら、カードで買物・・・は、自分の首を絞めることになるので、いかに支払をせずに済むか、新聞購読をやめたり、携帯の利用を最低限にしたりして、再チェックします。

2013/7/29 11:53:45

過払い請求後のJCBカード取得について2年前に三菱UFJニコス発行JCBカードで過払い請求して残債相殺の結果、30万円(大半が旧日本信販時代のキャッシング過払い分)ほど戻りました。
現在、別銀行のビザカードは持っておりますが、今回、JCBブランドのカード(ヤフーカードJCB)を申し込もうと思っています。
過去に過払い請求をした場合、JCB取得はできるのでしょうか?

過払い請求自体はカードの審査に影響しませんよ。
特に三菱UFJニコスはおおらかというかね?私もローンカードで過払い請求し、少し取り戻して1年後くらいにUFJ審査のクレカを申請したところ、あっさりと審査通過、最初から100万の枠でした!(希望して下げました)まして、今回のYahooJCBはJCB本体発行のカードでしょう?関係ないから審査には影響しませんよ。
もし、不幸にして落選しても過払い請求が原因ではありません…

2014/1/25 10:27:22

過払いの計算式過払いの計算のため、web上でダウンロード出来るソフトを使って計算しました。
(ようは名古屋式と外山式です)まず、名古屋式の方で計算すると、赤字の数字が10万円前後出ます。
(これは請求していい金額が10万円前後あるという解釈でよろしいですよね?)念のため、外山式の方にも入力してみたところ、前記に比べて随分と小さな数千円の赤字が出ました。
両方の計算式の答えに誤差が出るようなことは、過去の質問等で見させてもらいました。
(ただ私の見たものでは、外山の方が大きく出るとの答えが多い気がしました。
)大きな数字の名古屋の方で、請求して→間違い、残債ありとされて、(外山の方でも債務は消えたのですが、何分ギリギリで数千円の過払いしか出てないもので)信用情報に傷つくのを恐れてます。
名古屋式の数字で、過払い請求に踏み切ってもいいのでしょうか?なにかご意見、アドバイス等あれば、是非お願い致します。
補足勉強は大切~~その通りだと思います。
自分なりに調べても、次から次へとわからないこと、不安になることが出てきます。
計算をプロに頼もうかと、思い始めました。
業者はセゾンです。
補足欄ではありますが、ひとまずお礼を。
ご回答、感謝です。
ありがとうございます。

補足セゾンの過払い計算は、名古屋式計算の上部で、0%計算です。
任意交渉では、それで赤字にならないと、過払いとはいえないし、信用情報は延滞登録と言われます。
なので、貴方の痛いところを揺さぶってくるので、5%計算でよいことを学習し、過払いが10万であることを貫くなら、訴訟提起するつもりで、おたおたしないで、返金日までの年5%の利息もつけて請求してください。
名古屋式計算はお勧めですよ。
補足前請求先はどこの業者ですか?過払いに合意できず、まだ支払い残額はあると言われる話はよくあり、その場合で支払い止めると、延滞扱いされて、信用情報は延滞登録されます。
計算上の過払いを(一旦完済などなく、争点なしの場合)、認めさせるには訴訟しかありません。
訴訟で、業者に過払いを認めさせて(和解や判決で)、延滞登録は、業者に完済と訂正させられます。
その名古屋~本人請求のマニュアル本を読むなり、勉強は、必要です。

2012/7/12 08:53:56

過払い請求を委任した司法書士は面接無しで受任したため、懲戒処分を受ける可能性があるとのこと。
安易に委任した私が悪いですがもう三ヶ月前に契約しました。
ネットで探した司法書士です。
解約可能でしょうか?解約については何も触れてないです。

過払い請求は債務整理の中に含まれます。
日本司法書士会連合会と大阪司法書士会債務整理事件執務規程両方で、特段の事情がなければ面談で本人確認ををして受任することが課せられています。
また報酬説明も司法書士から書面で説明することも当然です。
大阪司法書士会に連絡し、おおぞら司法書士を指導してもらい、違約金なしでの解任の話を通してもらいましょう!平成21年12月25日「債務整理事件の処理に関する指針」策定についての会長声明日本司法書士会連合会会長 細 田 長 司 昨今、司法書士の債務整理事件処理における広告や報酬のあり方についての報道がなされるなど、倫理面での問題が指摘されています。
日本司法書士会連合会では、多重債務問題が深刻な社会問題であり、その解決が健全な社会の形成に極めて重要であること、また、債務整理事件の処理は生活再建のための手段であり、依頼者が望んでいるのは債務整理事件の処理を通じて生活を再建することであるということを再度確認し、多重債務状態に陥っている依頼者の債務整理や生活再建のために、法律専門家として司法書士のとるべき執務姿勢を示すために、「債務整理事件の処理に関する指針」を策定しました。
これまで司法書士は、常に市民の傍らにあり身近な法律家として歩んできました。
今、改めて、その原点を思い起こし、今後も「くらしの法律家」として市民の権利保護のために努めてまいります。
・債務整理事件の処理に関する指針(平成21年12月16日理事会決定)(PDF)・債務整理事件の処理に関する指針(平成22年5月27日改正)(PDF)←こちらを紹介しました債務整理事件の処理に関する指針(平成21年12月16日理事会決定)改正平成22年5月27日(目的)第1 この指針は、司法書士の行う債務整理事件処理が債務者の生活再建に重要な役割を果たしていることから、債務整理事件における司法書士の不適切な事件処理を防止し、もって深刻な社会問題となっている多重債務問題の解決に資することを目的として、債務整理事件の処理にあたり配慮すべき事項を定めるものである。
(面談)第5 債務整理事件の依頼を受けるにあたっては、依頼者又はその法定代理人と直接面談して行うものとする。
ただし、次に掲げる場合等合理的理由の存する場合で面談以外の方法によって依頼者本人であることの確認及びその意向が確認できるときは、この限りでない。
(1)従前から面識がある場合(2)依頼者が現に依頼を受け又は受けようとしている者の保証人(連帯保証人を含む。
)である場合で、債権者の厳しい取り立てを速やかに中止させる必要があるとき(3)依頼者が離島などの司法過疎地に居住する場合で、債権者の厳しい取り立てを速やかに中止させる必要があるとき2 面談においては、負債の状況、資産及び収入の状況並びに生活の状況等の現状を具体的に聴き取り、依頼者の置かれた状況を十分に把握したうえで、債務整理事件処理及び生活再建の見通しを説明するものとする。
(報酬及び委任契約)第10 債務整理事件の依頼を受けるにあたっては、事件処理に係る報酬額又はその算定方法及び費用を明らかにした書面を提示したうえで、報酬に関して十分に説明しなければならない。
2 債務整理事件を受任又は受託したときは、受任又は受託する内容を明らかにした契約書を作成し、その内容を十分に説明した上で、前項の報酬額又はその算定方法及び費用を明らかにした書面とともに依頼者に交付しなければならない。
3 依頼者が民事法律扶助制度における資力要件に該当する場合には、民事法律扶助制度を教示して、依頼者がこれを利用するか否かについて選択の機会を与えたうえで、その意向を十分に考慮するものとする。
大阪司法書士会債務整理事件執務規程(遵守すべき事項)第4条 司法書士が債務整理事件の受任・受託及び処理にあたり遵守すべきと思料 される事項は、次に掲げるとおりとする。
1.受任・受託にあたって遵守すべき事項① 債務者以外の第三者から債務者を当事者とした依頼を受任・受託しない こと。
② 特段の事情がない限り、司法書士が依頼者と直接面談して現在の状況を よく聞き出した上で受任・受託すること。
特に聴取内容全体から依頼者が 故意に秘匿している部分があると認められる場合には、十分に注意して全容把握に努めること。

2011/11/4 09:02:51

-過払い

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?