過払い

過払い金請求ができると思っていたが、、、 狂気のごとく借金を重ね、...過払い

過払い金てなんですか?意味が分かりません。
過払い金て、そもそも法廷利息を上回る違法な行為ではありませんか?返済を求めた人に対してか、支払わないなんて、おかしくないですか?黙っていれば返さなくても良いと言う事ですよ。

言い換えて言うなら、1200円の買い物して1万払いお釣りをごまかし、返済を求めなければ儲け儲け馬鹿な客だで終わりです。
法廷金利を知らない訳がない人たちが意図的にやって、延滞金をのせて返すぐらいの罰はアタリまえで、詐欺罪とならない日本の法律がおかしいです。
だからイタチごっこ。

それとも幾らか政治家にお金をばら撒き対策を打っているのでしょうか?

過払い金は、過去に金利を規定する2つの法律が異なっていたことに起因しています。
(1)過去の利息制限法の規定利息制限法では、 元本が10万円未満:年20% 元本が10万円以上100万円未満:年18% 元本が100万円以上:年15% とされており、10~100万円で18%以上の金利は無効とされていました(利息制限法1条1項)。
ところが「超過部分を利息として任意に支払った場合には、その返還を請求することができない(同法1条2項)」という規定も別途存在していました。
(平成18年の改正により削除)(2)過去の出資法の規定出資法では、貸金業者が金銭の貸付けを行う場合に、年29.2%を超える割合による利息の契約は違法(同法5条2項)、と29.2%の上限金利を認めていました。
この(1)と(2)の規定から、任意に支払ったものであれば29.2%までの金利をとって貸金業(サラ金やクレジットカードのキャッシングなどj)を行うことが出来ると法律的に読むことが出来ました。
これを受けて、貸金業規正法という法律に以下のように規定されていました。
(3)貸金業法の規定 登録を受けた「貸金業者」が、業として行う利息契約をしたときに、利息制限法に定める上限金利を越えていても、下記の条件を備える場合、「有効な利息の債務の弁済とみなす」(同法43条)。
-債務者が、利息として金銭を任意に支払ったこと -貸主が、借主に対し、貸付けの契約締結後、遅滞なく、同法17条所定の事項を明記した書面を交付したこと -貸主が、借主に対し、弁済の都度、直ちに、同法18条所定の事項を記載した受取証書を交付したこと - 出資法に違反しないことこの条件を満たして任意に利息を支払った場合には、利息制限法に定める利息の超過部分は返還を請求できないと法律に明記されていました。
この18%から29.2%の間の金利帯で貸したときに、利息制限法の18%を超えている部分の金利をグレーゾーン金利と呼びます。
2006年頃までは貸金業者を監督する金融庁や財務局も法律の規定どおりに18%以上の金利をとることを認めており、上記の法律などが定めるとおり合法としていました。
当時は>法廷金利を知らない訳がない人たちが意図的にやってという状況ではなかったのです。
その後、最高裁が相次いでグレーゾーン金利を認めず返済を認める判決を出しました。
これは、「その時点での法律が間違っていた」という判決です。
制限超過利息を任意に支払った場合、債務者が利息に充当することを指定して支払ったとしても、元本に充当されるものとなる(最高裁判所昭和39年11月18日大法廷判決)。
制限超過利息を元本に充当した結果、元本が完済となったとき、その後に債務の存在を知らずに支払った金額は、返還を請求できる(最高裁判所昭和43年11月13日大法廷判決)。
制限超過利息と元本を共に支払った場合、特段の意思表示がない限り、元利合計を超える支払額は、不当利得として返還を請求できる(最高裁判所昭和44年11月25日判決)。
こうした判決によりサラ金業者は過払い金を返還することになり法律も事後的に改定されました。
ただ、過去に存在した法律と行政指導・規則に従った貸付の、法律や規則が間違っていたのであれば、金融庁(国)も返金を負担してもよさそうなものですが、そうはなっていません。
サラ金業者が武富士のように経営破たんすると結果として過払い金の返金は出来ませんが、返金の原資が足りないもっとも大きな理由は、過去の利益の40%以上を国が税金としてもっていってしまったからです。
ですので、その40%分くらいは国がサラ金業者とともに返金してもいいのでは?、というのが自分のイメージです。
>返済を求めた人に対してか、支払わないなんて、おかしくないですか?黙っていれば返さなくても良いと言う事ですよ。

これには難しい部分があります。
日本ではサラ金を借りることは恥ずかしいことであり、サラ金を借りるような人は信用できない、という不文律というか先入観が年長者を中心に強く残っています。
(過去には学生時代にサラ金をつまんだ人は銀行員や公務員には身上調査で落とされ採用されない、とも言われていました。
)そもそも事前に明確に説明されているにもかかわらず、20%以上の金利のローンを借りること自体、自己管理が出来ない人だというレッテルが貼られるため、借りている人も他人に内緒で借りているケースがほとんどです。
なので、サラ金を卒業した人の場合、「いまさらわずかな金額(過払い金)のために変な過去を明かされたくない」と考える人もいるのです。
朝日新聞の「窓」でも同社のコラムニストが武富士の件を例に「全員に返金してしたいという原則はわかるが、そっとしておいて欲しい人もいる」、とコメントしています。
今、全員への強制通知を強く希望しているのは、過払い金訴訟でぼろ儲けして豪邸を買いベンツを乗り回しているような過払い弁護士・司法書士ばかりです。

2010/11/7 09:56:23

過払い訴訟について2008年以降借り入れた者が対象ですからもう、過払いなんてほとんどない状態ですよね?そうなると過払いのCMも少なくとも2017年まででなくなりますか?

そのとおりです。
ぼろ儲けできるのも、あとわずかですから、新◯事務所も、CMで『10!・20!・30!』と絶叫しているのです。

2016/7/19 06:11:24

過払い金のチラシ(再)以前も回答もらいましたが、よくわかりませんでした。
B社から1万円借りて、13年で完済して339万円の過払いがある、例のチラシ。
どうみても変だとは思うのですが、そういうものだと説明されて、頑張って払ったんですね。
それだけ払える力があるなら、たかが1万円、と思います。
でも、その時はされど1万だったのでしょうけど。
借入先は名のある金融機関です。
この法律事務所のチラシ、ひんぱんに折込広告として入ってきましたので、疑問に思ったのですが、私自身、借りたことないもので、質問とします。

借り初めが1万円だっただけで、仮に利用枠を100万貰ってもいきなり100万借りる剛毅な人はほぼいない。
なぜなら消費者金融に申し込む人は目的型の利用ではないから、毎月収入で足りないとまた借りての繰り返し。
そうしていつか上限に達した所で数万~10万を借りる事が出来なくて、返済すると利用枠が少し復活して小金を引き出してを繰り返すようになる。
そんなところに増枠案内されてどんどん利用枠が増えていつのまにか100万も超える借金をするようになる。
この際に業者は一気の数十万の利用枠は与えない。
10万程度引き上げてすぐに上限に達し、またしても返して復活する僅かな利用枠の借り入れを繰り返した所を見計らって徐々に引き上げていきます。
天井張り付きの生殺し融資の出来上がりで借金体質を作り上げ、最終的に大きな借金を作り上げて大きな金額の過払い発生となるんです。
この例のように13年で300万もの過払い発生となると、100万以上の利用枠があったのは確実です。

2015/3/19 10:06:55

過払い金のCMを最近よく見かけますがそれを扱うと弁護士事務所は、儲かるのでしょうか?また過払い金、法律的に利用者に返すような法律って無理なのでしょか?

過払い金が発生している場合は、過去の判例から確実に勝訴できる案件です。
作業自体もそれほど手間がかかる作業ではなく、既存のテンプレートを流用できます。
例えば100万円の過払い金が発生していても、金融会社は50万円~60万円で早期返金を持ちかけます。
弁護士はクライアントを説得し、その金額で納得させたら裁判まで進まず示談という形で2割?3割の手数料を得られます。
つまり、裁判の手間もなく利益を得られるわけです。
仮にクライアントの了承を得られずに裁判まで進んでも、その分の利益は増えるので弁護士側の問題はありません。
>また過払い金、法律的に利用者に返すような法律って無理なのでしょか?法律があるから裁判になっているんです。
ただ、法律があっても返金されるわけじゃないんですよ。
お金を戻してもらうためには、裁判で債権債務を明確にするところから始めないと・・・。

2014/11/26 10:54:22

過払い金請求 新宿事●所という司法書士事務所に過払い金請求を依頼したのですがセゾンカードの過払い金の履歴請求が1年近くたっても開示されていません。
業務怠慢かもしくはあと回しにされてしまっているのでしょうか?こんな時間がかかるなら自分でやったほうがいいような気もするのですが・・・・うさくさい感じのCMだったのですが信用して新宿事●所お願いしたのですがセゾンカードは情報開示を1年も無視するような法人なのでしょうか?最初から自分でやったほうがよかったような気がするのですがご経験者がおりましたらご意見・アドバイスをいただきたいのですが・・・よろしくお願いいたします。

新宿事務所は過払い専門の事務所なので業務の流れについては機械的ですがミスも少ないと思われます。
後回しとかの概念はないと思いますが、忘れられている可能性は大ですので聞いてみるのが良いと思います。
どんな事務所でもいい加減なことをする代償をよく心得ていますので悪意があって送れる事は皆無と思われます。

2015/12/16 01:04:30

過払い請求における弁護士事務所についてアコムに過払い請求する予定です。
昨日、東京の弁護士事務所に無料相談しましたところ、借入年数と金利の面から過払いであることは100%だと判りました。
現在、返済途中なのですがかなりの過払いが予想されるようです。
(借入年数20年超) 昨日の時点では過払い請求をしたいということだけ伝え、必要書類を郵送してもらうところまで話がつきました。
その後、私なりに調べましたら、担当者との話し合いだけでは、まず、満額返金にはならないことが判りました。
また、訴訟を起こせば、ほぼ満額返金になるであろうことも判りました。
そこで本日、再び電話し、あくまでも「満額希望であること」と、「アコムが応じないようであれば、裁判に持ち込みたい」という意向を伝えましたら、「満額返金は無理」「裁判でも満額返金となる保障は無い」「裁判となると裁判費用もかかりますよ」などと、訴訟は避けたいのかな?と思える対応でした。
私が、「勝訴すれば裁判費用もアコム持ちになりますよね?」と言うと、「“勝訴すれば”ですが勝訴するとは限らない」とも言われました。
そこで質問なのですが、過払いが確実なのに、「満額返金の保障は無い」「勝訴するとは限らない」って、どう思われますか? 電話で応対された方は受け付けの方で弁護士では有りませんが、そこの弁護士さんが、「過払いであれば訴訟を起こして満額取り戻す」という信念をお持ちの弁護士であれば、いくら、受け付けの段階でも前述のような対応をするでしょうか?ちなみに私は地方在住で、その事務所のことはネット検索で知りました。
わりと大きく宣伝?してましたので、大丈夫だと思ったのですが、、違う事務所に変えた方が良いでしょうか?家族にバレないように進めたいので、弁護士に依頼したいのですが、過払い請求において、訴訟を勧めない弁護士事務所をどう思われますか?最悪の場合、アコムと協定を結んでいることも考えられますか?長文で申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願い致します。

(補足)awpさん、ご指摘有り難う御座いました。
皆さんのように上手く回答できれば良いのですが、何時も悪戦苦闘してます。
間違いや、指摘事項が有りましたら、是非ご指導下さいませm(_ _)m少なくとも依頼人の意向に沿えない弁護士って、どうかなと思います。
「満額回収には訴訟あるのみ」と質門者様が意向を伝えているのに。
依頼人の利益を考えるのは勿論ですが、質問者様の代理人な訳で、意向に沿えない弁護士には依頼しない方が良いと思います。
余談ですが、私は、先のお二人の回答者様に背中を押して頂き、個人訴訟して過払い金を取り返しました。
私も地方で、近辺に士業の方が少なく、遠方へ依頼するのは正直不安だったので、自分で行うことにしました。
因みに、私は身内に話しました。
最初は、借金してたの!と言われますが、返ってくる金額を話すと手のひら180°返ります(笑)借金あったはずが、無くなってお金が返ってくるのですから、協力してくれないことは無いと思います。
借金してたこと+隠し財産ばれる方が怖いと思いますし、散財した後だとなおさらだと思いますよ。
隠し事、特にお金に絡む事はしない方が良いかと思います。

2012/5/3 17:28:36

過払い金というのは業者の過失ではないですか?過払い金相談や実際に返ってきた人等に質問です。
最近過払い金返却の宣伝をよく聞きますが、借金の返済で払いすぎたということですよね。
それは金融業者からしたら受け取り過ぎで、つまりは請求し過ぎという過失になると思いますが普通ならばここで業者側からのアプローチが行われるものではないですか??信用問題になるから業者が気にしてないだけ?個人情報の何かで業者からは連絡が取れない?業者の過失ではない借金も無いのにこんな質問を弁護士に聞くのも不躾かと思い電話していません。
ご存知の方がいれば教えて下さい。

違います。
過払い金と言うのはグレーゾーン金利という法律的にグレーな金利を駆使して生まれたお金を取り戻すために生まれた造語です。
グレーゾーン金利とは利息制限法(年利20%以下)と出資法(年利29.2%以下)という二つの金利差が生み出した金利であり貸し付け条件で出資法ぎりぎりの金利をつけて債務者に貸し付けていたことに生み出された金利差をさします。
みなし弁済の訴訟が起きたことによりこのグレーゾーン金利そのものが無効であると最高裁が認めてしまったためそのグレーゾーン金利で支払ったお金を司法書士や弁護士が取り戻すために世間に広めた結果となります。
民法における債権債務の時効が10年である為支払い契約が終了していたとしても10年以内であれば長い期間返済をしていた債務者はその金利分でみなし弁済をしていることになり金融業者が金利差分を再計算して過剰な支払いがあれば債務者に返済しなさいと言う命令が出たに過ぎません。
今は利息制限法と出資法の金利差がほぼ一致する形となったので過払い金自体が起きることはありません。

2017/9/25 13:04:52

過払い金についての質問です。
自分にはアコム50万、レイク30万、アットローン50万の借り入れがありました。
アコムとレイクは5年ぐらいグレーゾーン金利で返済してはまた借りの繰り返しで、アットローンは法内の利息、年率18%でした。
半年程前にアットローンから連絡があり、おまとめローンを勧められたのでアコムとレイクを完済して、アットローン一本にまとめてもらい、今はアットローンが100万とクレジットカードが80万程です。
今の状態でアコムとレイクに過払い金を請求したとしたら、事故扱い、いわゆるブラックにされてしまうのでしょうか?それともコード71の廃止が適用されて、事故扱いにはならないのでしょうか?

簡単に言うと、過払い請求と事故、あなたが言うところのブラック情報の因果関係はありません。
事故はあくまで遅延や破産歴を指し、その状況はご存知の通り、信用情報機関にネガティブ情報として登録され、今後の審査に影響されます。
それを俗にブラックと言われるようです。
一方、過払い請求は借り主の相当で健全なる権利として認められています。
その情報を個人情報に掲載してはならないと新法が出来ています。
現況のクレジットの借り入れと過払い請求は別物と考えていいのです。
既存の借り入れを遅延無く支払っていれば、あなたの今後のクレジットヒストリーに何も悪影響はありません。
過払い先がアコムである事も救いでしたね。
現在、銀行の傘下に在るのでスムーズに返還頂けます。
過払い請求は司法書士や弁護士を介さずに行って下さい。
件数が少ないと言うこと、既に返済が終了していると言うこと、任意整理での過払い請求者では無いので、自身で請求したほうがよいです。
スムーズな請求の仕方が分からない場合、またお尋ね下さい。
大丈夫ですよ。

2012/2/13 17:12:54

過払い金請求(引き直し計算について)先日もこちらで過払い金について質問し詳しく教えて頂きました。
回答くださいました方々大変お世話になりました。
今日、取り引き履歴11枚の明細が届き、さっそく名古屋式の引き直し計算で、入力をしているのですが、これで合っているのか不安になり、またアドバイスを頂きたく質問させて頂きます。
入力についてですが、取り引き日、借入金額(借りた金額)、弁済額(返済額)のこの3つだけの入力でいいのでしょうか?また、利率については、最初の借入額が3万円でしたので、最初の欄に0.2%にし、残元金が10万円を超えたところで、0.18を入力で合っていますでしょうか?(どこかのサイトでは、このような説明でした)また、貸金業者名ですがプロミス株式会社でいいのでしょうか?今はSMBCコンシューマーファイナンスとなっているようですが。
初歩的なところでつまずきました。



そして、マイナス部分が(赤文字)過払い金として発生しているようなんですが、金額が大きくて、これで合っているのか不安になりました。
100万円超えている状態なので、何度も入力ミスが無いか見直してみました。
主人にお願いしようと思っていたのですが、出張で居ませんし、自分でした借金なので、出来る限りは自分でと思いましたが、合っているのかわからずにいます。
それと、引き直し計算について、詳しく説明しているサイトなどあれば教えて頂きたいです。
ご教授宜しくお願い致します。

>入力するのは、取引日、借り入れ金額、弁済金額の3つOKです。
>利率は10万円を越えたところで0.18OKです。
>業者名はプロミスそこは、計算に影響するところではありません。
お好きなように入力or入力しないで構いません。
計算ミスをしないコツを教えましょう。
計算を二回やります。
二枚の計算シートを読み比べて、数字がずれているところに入力ミスがあります。
一つ一つ直していき、最終的な金額がぴったり合うまでやりきります。
引き直し計算の解説なら、名古屋消費者信用問題研究会編の「過払い金返還請求の手引き」に書いてあります。
最近、改訂版が出たばかりですので買いましょう。
頑張ってください。

2014/12/7 07:35:21

回答有難う御座いました。
今後、即訴訟の考えで、これから
訴状を作成し訴訟を起こそうと考えております。
提出の際も業者名は無記入でいいのでしょうか?
今日一日がかりで入力を3度行いましたが、ミスがなかったようなので
過払い金については明確かと思います。
>

過払い金請求ができると思っていたが、、、狂気のごとく借金を重ね、数多くの消費者金融・クレジット会社と契約をしてきました。
先日、すべてを完済し、今度は過払い請求をするぞ!と意気込んでいました。
明日、司法書士に相談にいく予約をしています。
このでもたくさんの方に、さまざまな質問に対するご回答をいただきましたが、自分の馬鹿さ加減にうんざりしているところです。
といいますのも、過払いとは、利息制限法内で返済していれば、いつか完済になるところを利息が高利によって、返済が終わらない状態を言うのですね。
私の場合は、ほとんどの場合が、返しては借りる、利息しか支払えない状態が長く続きました。
そして、一気に完済です。
毎月の返済額が利息制限法を越えていれば、その間に返済した金額の差額が戻るとおもっていましたが、違うのですね。
がかりです。
おそらく、ほとんどの場合が、いまだ完済にいたらない状態で一括返済していますから、過払い金は発生していない可能性が高いのだと自覚しました。
司法書士さんに詳しく尋ねないとわかりませんし、引きなおし計算をして見ないとなんとも言えないと思いますが、かなり希望がなくなりました!わかりにくい話と思いますが、どこか考え違いをしているようでしたら、回答ください。
お願いします。

あなたの過去質問の全てを見ましたが過払いの発生要因や法律上の原因について「解っているのか…解りかけてるのか…」私には読み切れませんでした。
どの始点から回答するのが妥当なのか?また何処に重点をおいて何を強調すれば誤解なく受け取ってくれるのか検討が付かない感じです。
具体的な借入利息と取引期間を補足された方があなたの疑問に簡潔に回答が出来る様に思われます。
※明日 司法書士の方と面談が有るならそこで聞くのが確実ですが…私の読み違いでなければあなたの過払い請求の件は弁護士対応の方が無難に思えたので悪しからず…

2011/3/28 19:05:35

-過払い

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?