連帯保証人

賃貸の連帯保証人です。姉にはもう支払う気持ちはないと思います。お...連帯保証人

実家から賃貸物件に移る際、連帯保証人になれる人がいるにも関わらず保険会社などに依頼することは不可能でしょうか?来年から社会人の大学生です。
まだまだ知識が浅いですがよろしくお願いします。
私の両親はかなりの過保護・過干渉かつ、自分の敷いたレールに沿って生きて欲しいといった考えで、今すぐにでも実家から逃げ出したいと考えています。
扶養から外れて社会人になれば、ある程度貯金してから親に住所を知らせず一人暮らししようと思っているのですが、引越しに両親や祖父母が関わらないようどうにか連帯保証人になってもらわないようにしたいです。
親不孝と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、何1つ自分のことを自分でさせてもらえず、なんでも母が「してあげるしてあげる」精神で、このままではまるで社会に出れる状況ではありません。
社会人になっても私の身の回りのことは母親がするつもりです(父のことも全て母がするため、父は母に聞かないと何もできません)。
どれだけ厳しい生活になっても、家を出られるのならばなんでも耐える覚悟です。
同じような経験をした方、していない方でも大歓迎ですので、助言頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

>実家から賃貸物件に移る際、連帯保証人になれる人がいるにも関わらず保険会社などに依頼することは不可能でしょうか?不動産屋に聞いてください。
物件ごとに答えは違います。
>扶養から外れて社会人になれば、ある程度貯金してから親に住所を知らせず一人暮らししようと思っているのですが、引越しに両親や祖父母が関わらないようどうにか連帯保証人になってもらわないようにしたいです。
基本的に滞納しない限りは連帯保証人に名前が載ろうと関わることはほとんどありません。
それと、保証会社を利用しても緊急連絡先として親などは必要になってきますので結果的に住所などは知られますよ。
親と喧嘩をしてでも自分でやる気持ちを持つことだけが必要でしょう。
どんなに過保護でも殴られてまでやって上げようとする親はまずいませんよ。
あなたが、親を切り捨てる覚悟をどれだけ持てるかの問題です。

2017/10/10 17:41:03

後見人の連帯保証内容現在、認知症の母の後見人になっています。
兄が事業を起こしており母はその連帯保証人になっていました。
今回、兄が今金利が安いのでローンの借り換えを検討しており引き続き母に連帯保証人になるように求めています。
後見人としてこれを認めた場合、もし兄が事業に失敗し返済できなくなった時に母の財産が全部なくなるだけで済むのでしょうか?それとも後見人である私の財産も差し押さえられてしまうのでしょうか?兄が、現在の財務状況を教えてくれないので悩んでいます。
よろしくお願いします。

>>兄が今金利が安いのでローンの借り換えを検討しており引き続き母に連帯保証人になるように求めています。
出来ません。
これは成年後見制度の限界点となるものでもあります。
いくら本人に代わって法律行為を行う事が出来るとは言えど、出来ない法律行為と言うものも当然ある訳です。
(@_@")b""基本的に、保証人関係はいかなるものでも出来ないと考えて差し支えありません。
理由は、保証をしたりした相手方が万が一があった際には好き勝手に財産を切り取りにも来れるようになるからです。
成年後見人の役目と言うのは、面倒を見る人が無事天寿を全うするまでその財産を本人の希望を聞きながら平穏に管理する事であり、わざわざリスクを招き入れる事ではありません。
>>兄が、現在の財務状況を教えてくれないので悩んでいます。
いいか?聞いて黙っていると言う事は、それ即ち言えないと言う状態と捉えてOK。
つまり、口に出して言える程のモンが無いからこそ言えないのであり、普通に健全な商売が出来ているなら聞けば兄弟や身内ならスラスラと答えてもくれましょう。
結果、お台所は火の車と言う状態にあるなと言う事が推定できます。
(^_^;

2014/10/7 16:32:21

日本学生支援機構の連帯保証人・保証人についてお伺いします。
この度、債権者が自己破産しようと考えています。
この場合、自己破産すればまず連帯保証人へ通知及び支払い請求がいくかと思います。
今回お伺いしたいのは・連帯保証人は奨学金の債権も含め、現在個人再生中である。
・保証人は死亡していますが、息子が二人おり相続放棄していない。
(保証人が生活保護者だったため)・上記息子の内、1名は連帯保証人でもある(個人再生中)。
この場合の支払はどのようになるのか申し訳ありませんがお教えください。

・連帯保証人は奨学金の債権も含め、現在個人再生中である。
連帯保証の分は、再生計画に従って減額される。
・保証人は死亡していますが、息子が二人おり相続放棄していない。
(保証人が生活保護者だったため)保証額の1/2ずつ、息子が保証債務を相続する。
・上記息子の内、1名は連帯保証人でもある(個人再生中)。
相続した保証債務について、「全額請求される」。
というか、個人再生を依頼した弁護士に相続が発生したこと伝えてないの?個人再生取り下げて、個人再生をもう一度イチからやり直しだと思う。

2017/2/27 06:36:27

父親の連帯保証人になっているのですが、初月から滞納があったと全保連から連絡がきました。
生活保護を受給していて、そこから家賃は支払われると説明されていたのと、働き口が見つかっていてすでに働き始めており、近日中には給料が入ると言っていた(建築系の会社に入り給料体制なども教えてもらいました)のと働き始めたから生活保護は8月までには解除?するからこれで本当に最後の頼みだと言われたので了承はしたのですが契約書にサインはしてません。
父親が勝手にサインと印鑑を押しました。
なので契約日もいつなのか知りません。
全保連から電話がきて、確認されたのではいと言って連帯保証人になったのですが、、よく考えてみると契約書に押した実印は私のではありません。
私は数年前に名前で新しく作って登録してあります。
父親とは10年ほど前に離婚したので実印については知らないと思います。
でも管理会社さんはそれは印みたいなものなので実印と違っても関係なく、承諾はしていると言われました。
だとしたら実印の意味って何なんでしょう?父親は借りた賃貸にもおらず、携帯も圏外で連絡の取りようがないので困っています、、とりあえず市役所で生活保護がどうなっているのか聞いてみようとは思うのですが、不安で押しつぶされそうです、、自分が悪いのは重々承知ですが、まずどうするべきなのでしょうか、、

契約は口約束で成立するなんて言っている回答者がいますけど、保証契約は口約束だけでは成立しませんよ。
(民法446条)債権者と保証人との間での保証契約書が必要です。
保証人となるべき人の意思によらずに、債務者が勝手に作成すれば私文書偽造であり、そんな契約書は無効です。
問題は、あなたがその契約書は偽造であることを証明しなければならない、ということ。
>全保連から電話がきて、確認されたのではいと言って連帯保証人になったのですが、、これで契約書が有効になるわけではありませんが、あなたにとっては不利な状況です。
録音されている可能性も大でしょう。
まぁ、勘違いで返事してしまったなどど言うしかないです。
>父親が勝手にサインと印鑑を押しました。
それなら裁判になっても筆跡鑑定すれば勝てるかもしれません。
とにかく。
保証人になりたくなかったら保証契約書の無効を主張するしかないと思います。
ただ、そうなると、お父様が詐欺で訴えられる恐れがあります。

2017/6/17 01:46:10

ありがとうございます。。
保証契約書の無効を主張しよう。となった場合、やはり弁護士さんにお願いするのでしょうか、、?
自力で、となると難しいですよね、、?>

奨学金についての質問なのですが、連帯保証人と保証人が必要で、連帯保証人は父と母のどちらかでも大丈夫なのですが、保証人は父と母以外、兄弟であっても生計を別にしている人、4親等以内の親族なのですが、父と母はダメで、姉はいますが一緒に暮らしいていて生計は一緒です。
そこで私の実の父に保証人をお願いしたいのですが、(今の父は母の再婚相手)実の父でも大丈夫でしょうか??

奨学金によっては親族の保証人の場合と違う書類が必要になります。
親が離婚しても父は父ですが、奨学金によっては離婚して別居している側の親は親族とみなさない場合があります。
例えば日本学生支援機構の場合、コード上の分類は父ではなく「その他(知人等)」になります。
実のお父さんに保証人をお願いする場合の注意点https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/houhou/hosho_sentaku/j...日本学生支援機構「人的保証制度」親類しか保証人になれないと思われがちな奨学金ですが、未成年後見人や血縁者以外の人も保証人を引き受けることは可能です。
奨学金だけでなく全ての借金において連帯保証人が「奨学生が返せないとき、法的な手段をとる前でも請求できる人」保証人が「奨学生・連帯保証人が返せないとき、強制的に・法的に回収を行なった後で請求できる人」を指します。
連帯保証人は非常に重い責務になります。
保証人もケースによっては貸与額全額を背負うことになりかねません。
学費のための奨学金とはいえ、名前を書いてお終いという訳には行きません。
保証人になる場合は勤務先の情報などの入力のほか、返還誓約書と一緒に・印鑑証明書・返還保証書・収入や資産などの証明書(上のリンク先下参照)が必要になります。
返還誓約書とは?正式採用後に機構から送られてくる書類です。
規約に沿って返しますという誓約をするほか、・借入条件・保護者(親権者)・連帯保証人・保証人などが印刷されています。
それぞれが自署捺印することで「自分の責任を了解した」という意味合いになります。
(記入後に機構に提出します)ごく一部、非常にしょっぱいケースですが「離婚した元妻に勤務先や収入を知られたくない」という場合がありまして……。
もし別れて暮らすお父さんに保証人を依頼する場合、収入(又は資産)に関する証明提出が必要になることをあらかじめ伝えておく事をお勧めします。

2018/4/8 12:47:37

住宅ローンの連帯保証人の地位の相続について相続に関連して揉めています。
どなたかお知恵を貸してください。
夫が死亡。
法定相続人は、妻(3分の2)、母(3分の1)。
残されている財産は、預貯金はほとんどゼロ。
不動産(持家、およびその土地。
なお、住宅ローンは夫死亡の保険にて完済)。
不動産について、夫は、夫のきょうだい(今回の相続の対象外)の住宅ローンの連帯保証人になっており、その担保のために銀行の抵当権が付いています。
きょうだいの住宅ローンについては、これまでにも滞納の経験があり、連帯保証人の責任で夫(の所帯)から支払いをさせられたことがあります。
現在は、銀行宛のローン支払いは、銀行の許容範囲で遅滞なく支払いはしているようです。
しかし、別途必要な月々のマンション共益費・管理費・駐車場維持費用については滞納を重ね、駐車場については管理組合より立ち退きを求められるに至っていますが、現時点そのままです。
遅れながら少しずつ払っているかもしれませんが、慢性的に滞納しています。
きょうだい家族の世帯構成は、 きょうだい その配偶者 子供×4人の、6人です。
故人の母親(相続人)は別世帯で一人暮らしです。
子供は長子が未成年(19歳)で、現在は将来定職につけるかどうかわからない、マンガ/アニメ/声優育成系の専門学校に通っています。
(個人的には、そんな無駄なお金の遣い方をするよりも、もっと実業系の専門学校にしろよ、と思います。
)次子以下は、まだまだ教育費がかかる年齢です。
↑ ↑ ↑この状態で、「母」の相続の権利を狙ってでしょう、妻に対し、母ときょうだいから、1)相続放棄してくれないか2)家を売却することとし、売れた金額の3分の1にあたる現金を母にという提案をされています。
2)については、抵当権が付いている状態では売却はでないです。
そのため、抵当権を外すのに、きょうだいの承諾と銀行の承諾を得ての手続きが必要だといわれています。
連帯保証人になった、その契約書を見せてくれというのですが見せてくれません。
したがって、どのような条件で夫が連帯保証人になったのか、細かい条件は未確認です。
(夫も持っていたのかもしれませんが現時点で見つからないため確認できません。
)現時点では、きょうだいの住宅ローンについては、連帯保証人にまでくる「保証債務」は存在しません。
しかし、将来、住宅ローンの支払い遅滞によって、保証債務が発生する可能性は、上記事情やその他の事情も考えて、相当程度高いです。
不動産についた抵当権を外してもらうことができ、売却が可能になったとすれば、その現金を分けて、当面の「遺産相続」は終了です。
が、心配なのは、「きょうだいの、住宅ローンの連帯保証人」の地位です。
将来において、またきょうだいが住宅ローンの返済を滞らせたときに、「連帯保証債務」が、妻や母に発生するのでしょうか?夫の死亡時点の財産での「限定相続」を、と考えたのですが;通常の連帯保証債務(現金5000万円借りてる。
返せなかったら連帯保証人から取ってね)は、マイナス財産として相続の対象になりますよね?父親が知人の借金の連帯保証人やってて、相続あって、忘れたころにその請求がきた!って、わりとよく聞く話です。
しかし、「住宅ローンの連帯保証人」なので、現時点では保証債務は発生していないものの、将来、支払い遅滞があった場合には、どのように取り扱われるのでしょうか。
連帯保証人の地位がそのまま相続された、ということで、母や妻に対して請求がきて、その支払い義務が発生するのでしょうか?母が支払わなかった場合や、母が没した後で、連帯保証人としての地位が相続人である子=きょうだいのものになっていた場合には、請求先は妻になりますね?妻は跡継ぎも埋めなかった、として夫の家からはこれまででも冷遇されています。
夫が亡くなり、本当に義理の仲だけなので、多分「どうなってもいいわ、あんなヨメ」と思われている気配満々です。
また、この住宅ローンの連帯保証人の地位から自由になる方法はありますか?相続放棄して、夫との思い出のほかの財産は、何一つ残されない状態になるしか方法はないのでしょうか?当面の妻の住居については、妻の実家(両親ともに没の空家。
名義は妻の弟)を予定しています。
遺産分割のための話し合いにも、母にそのきょうだいがついてきて、もしくはきょうだい単独できて、時には恐ろしく思えるほどにすごまれる状況です。
限定相続は、母も同意してくれる必要がありますが、将来発生するかもしれないがまだ存在しないし金額も確定していない連帯保証債務の可能性がある場合に、限定承認は可能ですか?可能だとして、その後に発生した連帯保証債務についてはどう扱うと考えるといいでしょうか?

この度はお悔やみ申し上げます確認事項があります。
義理弟は住宅ローンを組む際に夫さんが連帯保証人になっているという事ですが、義理弟が所有しているマンションに義理弟本人の住宅ローンの抵当権はついてますよね?その抵当権だけでは不足しているから、夫が連帯保証人になったという事ですね。
更に更に不足しているから、今回奥様が相続した住宅にも義理弟の住宅ローンの抵当権が奥様が今回相続した土地建物にもついているという事ですか?質問者様の内容だと、義理弟住宅ローンには①義理弟の持っているマンションに義理弟の住宅ローンの抵当権②夫の連帯保証人③夫の土地建物に当初の夫名義の住宅ローンの第1順位抵当権 (今回の団体信用保険で抵当権解除) 第2順位の義理弟住宅ローンの抵当権という3重の保証がついている事になっているということですがあまり聞いたことがありません。
これが間違いないとの事であれば質問者様は連帯保証人としての地位も相続していますし、(質問者様3分の2、夫の母は3分の1)相続した夫の土地建物にも義理弟の住宅ローンの抵当権がついているので、義理弟が返済を滞らせた場合質問者様は弟の住宅ローンの返済をしなくてはならないし相続した土地建物を売っても更に住宅ローンの残債が残っていれば、返済をしなくてはなりません。
限定承認したとしても、相続開始時の財産債務のみで連帯保証人としての地位はそのまま相続されます。
ろくでなしの義理弟、ろくでなしの義理母との話し合いではなくてろくでなし義理弟の住宅ローンの「銀行」との交渉のほうが重要な気がします。
銀行は連帯保証人の相続人が交渉に来ているのでその契約書を見せないとは言わないと思います銀行に現在の状態(3重の保証)が本当なのかどうかという点と返済が滞った場合の返済順位を確認してください。
もし、①義理弟マンションの抵当権②不足分を夫の土地建物の抵当権③さらにさらに不足分を連帯保証人に対する保証 だと、なんとなくですが、返済額が保証人まで来ないで返済が完了すると思われます。
提案ですが質問者様の心情的に「連帯保証人としての地位を相続したくない」が優先順位が高いと思うので①ぜひ弁護士を連れて(債務整理が得意な)住宅ローンの銀行に出向き、今回夫の土地建物の抵当権が第1順位になるんだから連帯保証人は外してほしいと交渉してください。
②それがダメなら、夫が連帯保証人になってしまった事をあきらめて連帯保証期間が終了するまで今回の土地建物以外の財産を質問者様が所有しない事です。
ないソデは振れない方針で行く方法です。
今回遺言がなかったという状態だと思いますが残念ながら義母と遺産分割協議をしなければなりません。
相続放棄をすると連帯保証人の地位だけ承継して(地位は債務ではないので)財産をみんな義母に取られるという事になります。
財産はあきらめる、どうしても連帯保証人になりたくない!とにかくこの一家とは関わりたくないというお気持ちが強ければ提案ですが③また銀行との交渉になりますが、連帯保証人を完全に相続人という状態から義母にするということを銀行が了解し、相続人である妻は外れるという契約を銀行と結びなおしてもらえるなら相続放棄する代償にロクデナシ一家に迷惑料を請求するという交渉する方法もあります。
ロクデナシ義理弟を相手にするのではなく債務整理に強い弁護士と実際に取り立てをする銀行を相手に今後どうするか相談なさったほうが良いと思います。
義理弟は絶対に交えずに(できれば秘密に)これは素人が太刀打ちできる案件ではありません。
ぜひ債務整理に強いできれが10年位のキャリアのある義理弟がひるむくらいの弁護士と契約してください。
長くなりましたご武運をお祈りいたします。

2015/11/28 23:39:20

丁寧な回答ありがとうございました。
週末に今は遠方に住む友人(民間企業で法務の仕事をしてます)が来てくれて、少しこの話をしたら、手元に取り寄せてあった登記簿等を調べて、私にもいろんな事を聞いて事情を細かく聞いてくれて、それからネットでもいっぱい調べて、驚くような結論を出してくれました。
私たちの家には、義弟の住宅ローンのための抵当権は、おそらく付いていないそうです。
登記簿の見方も教えてくれて、抵当権の欄に記載されている抵当権は、抵当権の抹消の手続きがされていないから消されていないだけで、本当はもう主人の死亡により、信用保証の会社の中では消されているけれども、たまたま抹消手続きがまだで登記簿では消えていない記載をダシにして、騙されてる、嘘を吐かれているのだろうと。
もう義家族は全然信用できなくなりました。絶対縁を切ります。
助けてくれる人も居てくれるとわかって、うれしくなりました。
がんばります。
>

連帯保証人って本人より先に自己破産できるのですか?

できると思います。
連帯保証人は返済については主債務者と契約上同じなので(どちらが返済しても良い。
ただ連帯保証人が返済した分は、連帯保証人から主債務者に返済を求めることができる)破産の債権者に連帯保証債務は記載しないといけません。
ただ、債権者が1社だと申立できたんだったか…他にも借金があれば破産できるのは間違いないんですが。

2016/11/11 21:57:19

父が連帯保証人になっているようです。
銀行より返済についての内容証明がきました。
契約は20年ほど前のもので親戚の叔父が債務者らしいです。
金額は元金800万(残金)その他利息が2500万ほどになっているといいます。
10年前くらいから返済が滞っていたようです。
詳しくはわかりません。
突然のことで混乱していますがどう対応していけばよろしいのでしょうか。

質問者様の他回答にあるように契約内容、返済履歴、連帯保証人への通知の有無などから金融機関側と交渉するのがよいでしょう。
20年前の約定のようですが10年前から返済が滞っていて連帯保証人へ通知なしはまともな銀行として考えるとありえません。
そのようなことをもし本当にしているのだとすれば返済履歴を確認すれば消滅時効逃れのような入金(入出金の伝票なども出来る限り確認されたほうがよいです)もあるのかもしれません。
そのあたりを材料に元金は保証人に資産がある場合は切れないですが約定利息の利息減額と延損金は全額カットそこまではいけると思います。
あわよくば元金と約定利息の中から迷惑料として1%(計算の方法で金額は大きく変わりますが)程度で決着をつけるように交渉なされてはいかがでしょうか。
因みにですがこの債権は既に損金で落とされています。
金融機関側は元金回収できれば万々歳の案件ですね。
また担保は引き上げているのか、主債務者がわの資産状況なども同時に調べて求償できるように準備を怠りなくしたほうがよいです。
また連帯保証人をおろす契約変更ですが交渉によってありえます。
金融機関側の債権回収に協力的であり、つまり主債務者との関係の中で回収に有力な情報などをお持ちでしたら金額はなんとも言えませんが保証債務の解除は可能です。
個人的なニュアンスですが本件での連帯保証債務の解除としては元金の全額充当あたりだと思われます。
まあそこまでへりくだっても金融機関があくまで全額回収というならば質問者様ご家族にとっては酷かもしれませんがいっそ係争してしまったほうがよいかもしれません。
法廷でいきさつなどぶちまけるならば最近の裁判の傾向としては元金程度で和解仲介してくるとも思われます。
弁護士費用はかかりますがいずれにしても金利か弁護士費用は逃れられないかもしれません。
ご検討お祈りいたします。
*回答者の中に自分の無知を棚に上げて困っておられる質問者様を中傷されるような文面がありますがその手の人間はここに来なくてもよいです。
自分のバカを晒す癖でもあるんですかね。

2018/5/4 15:00:45

ご回答ありがとうございます。
ご親身な内容に感謝いたします。父は若い時分より人がよく借金を受けたり名義を貸すなどしていたのです。この借金も親戚の叔父に頼まれ恐らくですが気安く保証人になったのでしょう。痴呆があるとはいえ保証人の事実も全く覚えてないようでした。ご教示いただいた内容で至急検討し金融機関と交渉したいと思います。>

連帯保証人について親しい友人から公営住宅の賃貸の連帯保証人になってくれないかと頼まれました。
友人の家庭で諸事情あり、急遽引っ越すことになったそうです。
町営の住宅に引っ越すことになったのですが、一定の収入がある連帯保証人が必要で、一定の収入がないと連帯保証人になれないそうです。
私は、3月末日で仕事を辞める予定になっているのですが、現在は収入証明があるため、連帯保証人になれるそうです。
知り合いで保証人の資格にかなう人は私くらいしかおらず、絶対に迷惑をかけないから・・・。
と昨日頼まれました。
ですが、私は3月末日で仕事を辞め、海外に行くことになります。
しばらくは全く収入がなくなり、その後も海外の物価の安い地域で仕事をするので、万が一のことがあっても、支払い能力はなくなります。
このことから、親は反対しております。
連帯保証人とは、支払い能力がある人がなるべきだ!借り手と同様の責任を負うんだから・・・と。
その友人は信頼でき、公営住宅の月々数万円家賃を滞納することは考えられなかったので・・。
気軽にいいよと答えてしまったのですが・・・。
本当に良かったのか・・。
悩んでおります。
親しい友人で、以前にお世話になったこともある人なので、なんとか力になりたいのですが・・。
連帯保証人について、詳しいかた、ご意見お願いします。
補足ご意見ありがとうございます。
受けられないことを伝え、理解してもらえました。
やはりそうしてよかったと思います。
そういうお金の絡んだ関係が生まれると、大切な友人との関係がいずれ壊れることになったかも知れません。
..ところで、断ったあと、お詫びの気持ち・・と商品券を渡してきたんですが、ちょっと後悔しています。
逆に罪悪感みたいなものを与えてしまったかも知れません・・・。
みなさんならどうですか?

連帯保証人についてとのことですが、連帯保証人には保証人と比べ、民法第454条の規定により催告の抗弁、検索の抗弁がありません。
催告の抗弁とは、債権者が保証人に債務の履行を請求したときに保証人は、まず、主たる債務者(ここでは友人)に催告すべき旨を請求することをいいます。
そして検索の抗弁とは、主たる債務者に弁済の資力があり、その執行が容易であることを証明したときは、債権者は主たる債務者の財産から取立てを行わなければならないということです。
また追加して連帯保証人には「分別の利益」もありません。
「分別の利益」とは、ここでは簡単に述べさせてもらいますが、つまり債務者と同額の債務(借金)を負うということです。
要するに、連帯保証人というものは限りなく債務者に近い存在であり、債権者から返済を真っ先に請求されても「友人にまずは請求しなさいよ」なんていう言い訳は通用しません。
ですので質問者様自身に返済能力がないのであれば連帯保証人になることはお勧めできません。
親御様の判断が正しいと思いますよ。
それでも友人のために連帯保証人なるというのであればそれだけの借金を負担する覚悟が必要です。
補足について連帯保証人を依頼してきた方はそれほど信頼できて大切な方なのですね。
まあでも依頼してきた方もあなたの現状を理解してくれてる方だと思うので致し方ないと思うのが当然のことかと窺います。

2011/3/16 11:54:12

賃貸の連帯保証人です。
姉にはもう支払う気持ちはないと思います。
お金の無心をしてその後全く音沙汰なしで、電話も出ないメールも返信なし。
これまでに3ヶ月分払ってます。
家は裕福でもないんで自分の家の家賃、姉の家賃。
もういっぱいいっぱいです。
今後もその地獄が続くのです。
9月に契約更新があるので「連帯保証人を」やめたい」管理会社に申し出ましたが それは無理ですといわれました。
なら更新てなんでしょう。
家賃を払わず逃げ回ってる姉の分を払い続けるのでしょうか?この状態で最善の解決法を教えてください いつ終わるか分からない地獄の日々

すべて覚悟の上で連帯保証人になったのですから今さら泣き言を言わないことです最善の解決法はお姉さんを説得することです

2017/3/17 09:45:27

-連帯保証人

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?