連帯保証

連帯保証人についておしえてください。 11/2日の質問の続きです。 以...連帯保証

連帯保証人が住宅ローンを借りる場合銀行の住宅ローン審査などに詳しい方、どうか教えていただけませんでしょうか。
現在、賃貸マンションで、私(専業主婦、34歳)、主人(会社、35歳、年収450万位)の二人暮らしです。
将来的に義両親と同居を考えており、さらに今後子どもが増えるだろうと考えて、夫婦で話し合った結果、住居購入しようということになりました。
援助もなく、貯蓄は頭金を払える程度のため、銀行に住宅ローンの審査をお願いしようと考えていたのですが、主人が連帯保証人であり、借りる事が出来ないのでは??と心配になってきました。
銀行へ一度ローンの審査へ行くと、その記録が残ってしまうと聞いたため、もし審査がダメだった場合、今後どの銀行へも話をしてもらえないのでは・・・と思うと怖くて、銀行へ向かう勇気がありません。


実は、主人の両親が現在アパート経営をしており、そのアパートを建てた際の連帯保証人の1人として主人の名前が使われているそうです。
建てた当時まだ主人が20歳前半だったため、良くわからず名前を貸したそうなのですが、今になって誰かと変更や、借りる時だけ外すというような事は可能なのでしょうか。
また、連帯保証人でも住宅ローンを借りる事は可能なのでしょうか。
現在、車のローンや他の借金は一切ありません。
義母に確認したところ、あと7000万債務があるそうです。

うん、旦那名義での連帯保証人を外してもらわないと住宅ローンはムリ。
連帯保証人になっている場合、保証人本人が7000万の債務を負っているのと同じように審査されるので、審査NGになる。
連帯保証人を外せるか否かは借入をしている金融機関に聞いてみないと分からない。
代理の連帯保証人を立てれば可能かも・・・。

2013/3/22 16:26:55

連帯保証人の偽造について漫画で見てふと思ったんですがある判子職人がいまして、その息子がある老夫婦と知り合い、その老夫婦が1週間旅行に行ってる間に泥棒に入り、実印を盗み偽造して自分の父親を老夫婦の夫と偽り消費者金融からお金を借りてしまうもので消費者金融も実印を偽造などは見破れなかったとして仮に偽造されてもそれは刑事の問題で民事とは別問題でそれが偽造かどうかは裁判でありそれまでは支払い義務が残るというもので結局は、家を取られてしまったというものですが今回のものは、実印を盗み出しそれを、本物のように偽造し老夫婦が旅行から帰ってくる前に戻したというものですが法律って何か変じゃないですか?盗まれて偽造しただけなのに500万円のお金を請求されて家が競売されてしまうというのは・・

漫画でしょう?漫画の世界なら何でもありですよ。
空だって飛ぼうと思えば飛べる。
役所で確かに実印だと認める印鑑証明書が添付されていなければ、どんな象牙の立派な印鑑でもただの三文判と同値です。
三文判をいくら偽造したって、なんの価値も無い。
印鑑証明は誰でも取れる物じゃ無い。
本人にとってきてもらうんじゃ、せっかく盗んだ意味が無い。
それにたとえ実印を盗もうと、「自分の父親」を連れて行って連帯保証人の署名をさせたんじゃ、直筆サインが別人の物と簡単に証明されてしまいますので、そんな裁判じゃ消費者金融は勝てないですよ。
契約の時に連帯保証人をつれてきたのなら、本人確認をおこたるような馬鹿な消費者金融があるはずない。
そんなものじゃ、とても消費者金融は民事訴訟には勝てません。
消費者金融がおこした訴訟に勝って、その後、最高裁まで争って判決が確定するまでは、「支払い義務が残る」なんてことはありません。
逆です。
それまでは「支払義務は無い」が法律上は正しいのです。
家を差し押さえて競売に掛けるには債務名義というものが必要です。
一般には、裁判の確定勝訴判決などが債務名義と呼ばれる物です。
だからみんな必至で裁判を起こすのです。
勝てなければ、いくらたいそうな借用証を持っていようと、相手の財産を差し押さえることはできないからです。
だから訴訟中は差押えはできない。
仮差押えや、一審勝訴後の仮執行が認められる場合ならありますが。
漫画なら法に無知なひとが描いていても許されますが、現実なら相手にもされない馬鹿げた話です。

2014/7/15 22:19:17

連帯保証人のところで、「連帯保証人は、借りた本人である主たる債務者と同列になる」とあったのですが、連帯保証人であっても、主従関係だと思うのですがどうなのでしょうか。
できれば、例をあげていただき、教えていただけたらありがたいです。

普通の「保証人」でしたら債務者が「主」と言ってもいいでしょう。
具体的には、債権者から「金返せ」と言われても「先に主債務者に聞いてくれ」とか、「主債務者が金もってるからそこから取ってくれ」とか言うことができる権利が「保証人」にはあります(民法453条、454条)。
しかし、連帯保証人にはこのような権利は認められていません。
主債務者に請求する前に、いきなり「金払え」と請求されても断ることができないのです。
このことを指して「連帯保証人は、借りた本人である主たる債務者と同列になる」と言っているのです。

2017/11/14 00:29:18

・・・・では、連帯債務と同じではないかと・・・・
もしかしたら、「主債務者に請求する前に、いきなり「金払え」と請求されても断ることができない」というだけで、立場的には、主従ということで良いでしょうか。
でないと、連帯債務と本当に混同しそうです。
お時間が、ございましたら、ご回答ください。>

県営住宅入居の連帯保証人になっています。
はじめのうちは「高齢者なので優しい気持ちで・・・。
」と引き受けました。
しかし、市内に身寄りが全くいない、というのは本人の偽りで、実の妹がいる、という事が最近解りました。
それだけでなく、入居時の手続きや引っ越しの手伝いをしたのに、まるで私に強制されてこんな海抜の低いところに入れられた、とか、引っ越し時に高価な壺を持っていったとか盗人呼ばわりされるにいたって、「堪忍袋の緒が切れた」感じです。
入居の契約書には「辞退したいとき」には連帯保証人をやめられるようです。
しかし、やめたとして、その方の身の処し方ってあるのでしょうか?どなたかお教えください。
たとえば月5000円とかで保障してくれる業者(組合?)などがあるものでしょうか?

連帯保証人は自分から辞められません。
特に公営住宅は無限地獄です。
住人が別の連帯保証人をつけない限り、あなたはずっと連帯保証人です。
孤独死されて、家財をごっそり残されたら200万とか請求されますよ。
あ、連帯保証人は相続されますので、あなたが先に亡くなれば、子供に行きます。
民間はほとんど2年更新で、連帯保証人はその都度切れますが、公営住宅は契約期間がないから、もう大変です。
連帯保証人の中でも、公営住宅の連帯保証人は特にやってはいけないものです。

2014/12/23 07:33:52

ありがとうございました。>

身内の賃貸契約の連帯保証人になっています。
「家賃保証会社」という所から家賃滞納になっているので緊急連絡先に記載されているとの事で私に電話がかかってきました「家賃保証会社」と契約していた事は全く知らず、何かあれば不動産屋(管理会社)から連絡が来ると思っていたので驚きました。
安否確認に行くとその身内は賃貸契約している部屋の中で亡くなっていました滞納分の家賃は保証会社が管理会社に支払っていたそうですがその滞納分を保証会社から請求されています。
払わないなら裁判起こすと言われています連帯保証人として「管理会社」には現状回復費などは支払うつもりですが滞納分を「家賃保証会社」に支払う義務はあるんでしょうか?その家賃保証会社の担当の人が取り立てまがいな電話をしてくるので怖いです管理会社に相談したら家賃自体は保証会社から入金されているので現状回復費用の打ち合わせ以外では話に加われないような事を言っています

あなたが家賃保証会社との契約の連帯保証人でないなら、支払わなくてよい可能性はあると思います。
滞納した場合に立て替えて支払ってくれる保証委託契約は保証会社と借主が契約したことです。
あなたには関係ないです。
あなたは貸主と借主との賃貸借の連帯保証人なのですから当然貸主から請求されれば支払う必要はあるでしょうが、貸主以外からの請求に応じる必要はないと思います。
もし勝手に誰かが立て替えて支払い、そこから請求されることを認めたら大変なことになります。
ただ、借主は保証会社に立て替え金を支払う必要があり、死亡しても、その相続人が債務を相続することになるので、相続人という立場なら支払わざるを得ないと思います。
もし相続人でないなら、借主の親族に請求してもらったらよいと思います。
緊急連絡先である私が立て替え賃料を支払う必要があるか、弁護士に相談・確認しましょう。
相談だけなら1万程度です。

2014/8/29 13:50:01

連帯保証人からの贈与に関して。
連帯保証人が借主に代わりローン返済をした場合、借主への贈与になりますでしょうか。
そうであれば金額により贈与税の申告が必要でしょうか。

下の方は、よく嘘回答されるので注意してください。
この場合どのような状況で肩代りで返済するのかわからないのでケースわけして考えてみましょう。
[銀行等から請求があった場合]この場合は保証の履行なので贈与には該当しません。
贈与税の対象外です。
その代わり、求償権があるので借り主に返済を請求できます。
[請求される前の場合]これは保証ではないのでケースによって変わります。
借り主に返済を請求すれば、お金を貸しただけなので贈与には該当しません。
だから税金はかかりません。
逆に返済請求しなければ贈与になるので税金がかかります。
ケースによって異なるので税務署確認したほうがベストです。

2013/5/17 08:02:39

連帯保証人になっているのですが途中で無職になったら降りられますか?

無理です。
連帯保証人を逃れるのは解除するしかありません。
だから例え親兄弟でもなっては絶対いけないのが鉄則です。

2017/10/26 12:24:34

無職でも連帯保証人と認められる場合もありますか?連帯保証人の資格について質問です。
申請を考えている修学資金の冊子に下記のように記載されています。
【連帯保証人は、一定の職業に就き、収入を得て独立の生計を営んでいることが必要です。
無職の方や年金収入のみの方は認められていません。
】・この場合、扶養者であっても連帯保証人として認められる事は難しいですか?定年退職した父は、退職金を月割りにし、総合の支給金額に上限はなく、死去するまで毎月定額を受領する事になっており、母と成人の弟2人を扶養に入れています。
毎年、確定申告もしており、月の収入が弟たちより高く安定しています。
弟は被扶養者なので、保証人になる資格がありません。
無職でも連帯保証人と認められる場合もありますか?申請が通る可能性がないようなら、諦めようと考えています。
ご助言宜しくお願い致します。

連帯保証人の資格は、債権者が決めることになります。
例えば無職でも資産を十分に有していれば、主債務者に代わって代位弁済が可能ですから、無職でも連帯保証人として認める債権者もいます。
今回の場合、債権者が指定している条件が「一定の職業に就き」ですから無職は認められないと考えるのが一般的です。
ダメ元で申告書類を開示して「これだけ資力がありますが、ダメですか?」と聞いてもいいと思います。

2018/4/13 10:49:09

賃貸物件の保証会社の連帯保証人と保証金について教えてさい。
最近は賃貸物件を借りる際に、大抵「保証会社必須」と言われると思いますが、これも大抵「保証会社に対して連帯保証人を付けて欲しい」とも言われると思います。
そこでいろいろ調べたところ、借主が万一、家賃を払えない(滞納)などした場合に、保証会社が家賃を「立て替え」て支払をし、借主もしくは連帯保証人から家賃を徴収するというシステムだという事が解りました。
そこで質問なのですが、事前に家賃+共益費の1ヶ月分を保証金として支払、その後も年間である程度の保証金を支払っていく事になると思うのですが、保証金を支払っているにも関わらず、滞納した場合も徴収されるのですか?それとも、保証会社が立て替えた賃料が保証金を超えた場合に、差分を徴収されるのでしょうか?前者の場合は「保証会社」の意味が無いと思うんですけどね。
保証金は所謂「預り金」と違うんですかね?そもそも敷金だって、借りた部屋の原状回復の他に、家賃滞納など万一の場合での「保証」も含まれていると思うのです…家賃滞納なんて今まで一度もした事はありませんが、どうも「保証会社」のシステムは意味があるのか?と思います。
実際、家賃滞納があった場合、どうなるのでしょうか。
補足保証会社が「何を行うのか」といった存在理由とか必要性とか、そういう事をお伺いしたいのではありません。
保証会社の是非も問うつもりはありません。
理由は解ります。
そうではなくて、万一の場合に最初に支払った「保証金」はきちんと滞納分などに充当されて償却されるのか、という事です。
敷金も支払い、保証金も支払い、ってしてるのに連帯保証人まで…「保証金」が償却されないなら、それは「保証金」ではないですよね。
それって単なる「礼金」に当りますよね?

保証金として預けているお金は、毎月の家賃や補修のお金にあてられるのではなく、退去が決まって解約して何もなければ返金されるお金です。
解約すると契約者が申し出た時点で、家賃滞納している、借主原因での修理が必要という場合に、保証金があてられます。
保証金で賄えなければ余分に請求されるまでです。
ですので、契約し続けている限りは、保証金を使用することは貸主にも借主にもできません。
あくまで保証金は解約して家賃が発生しなくなってからのものですから。
ですので、毎月家賃が発生し、滞納すれば貸主が保証会社に弁済してもらい、延滞金が発生すれば契約者と連帯保証人にその都度請求されます。
これも保証会社が弁済して毎月請求しないといけないということはないのですが、滞納している人はお金の管理がいい加減な人が多いので、細かく請求しているだけです。
延滞金も込みで気持ちよく支払ってくれれば、2~3ヶ月後でもいい訳ですが、支払えなくなるくらいまで滞納されると回収も難しくなるのが大半です。
延滞金がつくので、保証会社を利用している場合は、弁済してもらわないように滞納しないことですね。
最近では、貸主の請求忘れを解消するために、保証会社が先に家賃を弁済してしまうという所もあるので、余分に取られる事を考えれば、そこには加入しない事です。
物件によって指定条件ならば仕方ないですが。
ちなみに貸主によっては、保証会社に加入できれば、連帯保証人はいらないという貸主もいますよ。
必ずしも、保証会社+連帯保証人ではありませんが、保証会社のプランで、連帯保証人をつければ、いないより初期費用が安くなる、毎年の更新料も安くなるといった場合があります。
敷金と保証金を支払うのではなく、保証金を支払って敷金は解約してから何もなければ返金され、保証金のが金額が多い場合は、残りは礼金の部類になります。
例:保証金30万、敷金20万円の場合ですと、30万円支払って解約後に何もなければ20万円返金、10万円は礼金として返金なしとなります。
注意なのが、「敷引金」←これは関西圏で昔よく使用されてしましたが、これは保証金から引かれる金額として返金されないという意味のものです

2016/7/12 11:47:29

ご回答ありがとうございます。
ちょっとよく解らないのですが、例でいう保証金30万、敷金20万で、保証金を30万支払って、滞納も何もなく退居になった場合、20万返金、10万は礼金となっていますが、これは敷金20万が丸々償却され、30万のうち10万は保証会社への礼金で20万が返却という事ですか?
敷金がそもそも原状回復に使われるはずなので、敷金の範囲内での回復であれば、敷金の余分+(保証会社への保証金 - 礼金分)が返却されるという事になると思うのですが。
イマイチ、保証会社の「保証金」がよく解らないですね。
退居時に何もなければ、一部礼金として償却されたとしても、今まで保証金の一部が返却された事は無いです(常識範囲の部屋の使い方で、むしろかなりキレイに管理していた方ですが敷金はきっちり取られていました)。>

連帯保証人についておしえてください。
11/2日の質問の続きです。
以下11/2書き込み分(もう少し詳しく聞きたいので・・・) 連帯保証人について教えてください。
今、覚えのない連帯保証人(親の)になっていて、訴えられています。
裁判所には、覚えがないことを申し立てたのですが、 原告から免許証のコピーがあると言われました。
確かにそれ自分のものでしたが、どうしたか覚えていません。
原告から電話確認もしているとありましたが、自分の電話番号ではありませんでした。
このような場合、自分で裁判所に行き処理できるのもでしょうか? やはり弁護士を立てたほうが良いのでしょうか? 原告から申し立ての返答が来たのが裁判の10日前でなかなか対応していただける 弁護士がみつかりません。
このまま弁護士相談だけで弁護士を立てなくても大丈夫なのもなのか、 それともしっかり初めから弁護してくれる方を探したほうがいいのか教えてください11/3(本日)追記分 筆跡は私のものでありません。
住所も職業もちがいます。
当時私は契約を交わされた所には住んでおりませんでした。
しかし、どんな理由だったかは覚えていないのですが、 親戚に免許証のコピーを送ってしまったような気はします。
もう一件連帯保証人になっているのがあるので。
そちらは確かに自分で交わしています。
このような場合でも免許証のコピーの効力はないですか?

直筆でないことが明らかであり、居住地も職業も異なるのであれば、偽造されたものであることを証明することは難しくないと思います。
免許証のコピーだけでは、連帯保証人を受任した証明にはなりません。
勤務先の給与明細や、別住所に住んでいたことがわかる住民票を提出し、筆跡鑑定をしてくれるように申し立てすればよいのではないかと思います。
お急ぎであれば弁護士会の主宰する有料の法律相談など利用すると、弁護士を紹介してくれるのではないかと思います。

2010/11/2 19:34:11

-連帯保証

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?