連帯保証

連帯保証人 母が兄の会社の連帯保証人になっていました。 兄は、10...連帯保証

連帯債務?連帯保証?についてお尋ねします。
過去問になります。
Aを被相続人、 Bを唯一の相続人とします。
問題 AがCD間の継続的取引により、DがCに負担すべき将来の債務(金銭の貸し渡し又は手形の割引きを、受けることによって負担する債務ではない。
)を連帯して保証した場合において、その責任の限度額及び保証期間が定められていなかった時はAの死亡前に、Dが負担した債務についてBはCに対する保証債務を負わない。
答え ×知りたいのが事実確認です。
1 Aは連帯保証人?それとも、連帯債務者?どちらですか。
というのも、解説に「Aの死亡前に、Dが負担した債務について」とあるから、具体的な債務額の確定している、保証債務は相続されると、書いてます。
ここで、設問には、「連帯して保証」と記載があるので、仮に連帯保証人だったら、Dは払ったのだから、連帯保証人には債務を負うわけがないと思ってしまいます。
仮に連帯債務だとその相続人は、債務を可分的に承継するものだと理解しております。
このAさんは、連帯債務者だと思うのですが…質問がうまく伝わってないかもですが、何卒宜しくお願いします。
補足連帯保証は納得致しました。
併せてご教授お願いします。
Dさんの為に、Aは連帯保証人になったんですよね?もしそうならば、DがAに対して、回答頂いた内容に、求償権があると記載があるのですが、そこがイマイチ理解できません。
仮に主債務者が別にいて、連帯保証人 ADなら、求償権があるのは理解できるのですが…主債務者から連帯保証人に、求償できるのでしょうか?お手数ですが、宜しくお願いします。

少し整理しますが、Aが亡くなった人でBがその法定相続人、CとD間の継続的取引に関してAがその連帯保証人ということのようですが、>その責任の限度額及び保証期間が定められていなかった時は>Aの死亡前に、Dが負担した債務についてBはCに対する保証・・・・経緯は別としてDはA対して求償権により請求できます、これはAの「負の遺産」となり、Bが相続放棄をしていなければAの全ての遺産(「負の遺産を含めて)」Bが相続することになり、BはDからの請求でDの負担額を支払する義務があります。
>1このケースは連帯保証人であり、連帯債務者ではないと思います。
>仮に連帯保証人だったら、Dは払ったのだから、連帯保証人>には債務を負うわけがないと思ってしまいます。
AはC、D間の取引についてAは保証してますから、法定相続人はドウコウ言わず債務を履行する義務があります。
>仮に連帯債務だとその相続人は、債務を可分的に承継するもの・・・・連帯債務は連帯保証人より履行義務が厳しいものとなっています。
>このAさんは、連帯債務者だと思うのですが…住宅ローンであれば夫婦で連帯債務者というケースはありますが、商取引に関して連帯保証人はあって、連帯債務者というケースはありません(考えられません)。

2015/4/4 22:09:54

>DがAに対して、回答頂いた内容に、求償権があると記載が
>あるのですが、そこがイマイチ理解できません。
「・・・・DがCに負担すべき将来の債務を連帯して保証した場合・・・・」ということですから、
Dは主たる債務者でAは従たる債務者ということになります。
Dが債務履行するのは当然であり、自分の債務を履行した訳ですから誰に対してもその求償権はありません、AがDに代って債務履行したらAはDに対して求償権により支払請求できます。
>仮に主債務者が別にいて、連帯保証人 ADなら、求償権があ
>るのは理解できるのですが…
それは正しい理解です。
>主債務者から連帯保証人に、求償できるのでしょうか?
回答してますが、主債務者は自分の債務であり債務履行して当然のことです、誰に対しても求償権はありません。
若し、それができたら連帯保証人になる人はいません。>

連帯保証人・保証人と主債務者の関係についてです(1)Aが債務承認(民法147条3号)をした場合、Bにその効力が及ぶかについて以下をご回答ください。
A B①主債務者、 連帯保証人 の場合②主債務者、 保証人 の場合③連帯保証人 主債務者 の場合④連帯保証人 連帯保証人 の場合⑤連帯保証人 保証人 の場合⑥保証人 主債務者 の場合⑦保証人 連帯保証人 の場合⑧保証人 保証人 の場合(2)では、Aが履行請求(民法147条1号)をした場合、Bにその効力が及ぶかについて、(1)と同様、①~⑧についてご回答ください。
民法詳しい方お願いします。

主債務者に民法147条所定の事由が発生して主債務の時効が中断すると保証人の保証債務の時効も中断します。
(民法457条1項 参照)もっとも連帯保証の場合主債務者と連帯保証人、連帯保証人間は一種の連帯債務関係となりますので請求により時効が中断した場合に限り主債務者、連帯保証人にも時効中断の効力が及びます。
(民法458条、434条 参照)したがって(1)の場合①② Bに係る時効も中断する。
③~⑧ Bに係る時効まで中断はしない。
(2)の場合①~④ Bに係る時効も中断する⑤~⑧ Bに係る時効まで中断はしない となります。

2015/4/7 23:59:42

賃貸の連帯保証人です。
姉にはもう支払う気持ちはないと思います。
お金の無心をしてその後全く音沙汰なしで、電話も出ないメールも返信なし。
これまでに3ヶ月分払ってます。
家は裕福でもないんで自分の家の家賃、姉の家賃。
もういっぱいいっぱいです。
今後もその地獄が続くのです。
9月に契約更新があるので「連帯保証人を」やめたい」管理会社に申し出ましたが それは無理ですといわれました。
なら更新てなんでしょう。
家賃を払わず逃げ回ってる姉の分を払い続けるのでしょうか?この状態で最善の解決法を教えてください いつ終わるか分からない地獄の日々

すべて覚悟の上で連帯保証人になったのですから今さら泣き言を言わないことです最善の解決法はお姉さんを説得することです

2017/3/17 09:45:27

連帯保証人について当時、従業員に金銭を貸し渡し、保証人を立てず給与からの差し引きで返却しますという話で金銭消費貸借契約書を締結し、後に転職の話が出てきて、債務承認弁済契約書も締結しましたが、遅れず払いますという言葉を信じ、連帯保証人を立てませんでした。
今現在退職し、地元を離れ当本人転職をしました。
前までは連絡を取れていたのですが今は連絡が取れなくなっている為、本人の実家に電話をかけ親と話をして本人に連絡をしてみますとの事でその場は終わりましたが、それから何も変化がありません。
また実家や、現在の職場にこれから電話してみようとも思っていますが、実の弟の職場も知っていますので後々の為に連帯保証人のみの書類を作りたいと思っています。
ですがネット検索しても貸借の連帯保証人のみの承諾書的な参考が出てきません。

何の項目が必要なのか、どのような文章のフォーマットなのか知りたかったです。

「保証委託契約」で検索してもありませんか?

2017/11/1 16:34:24

連帯保証人の解除については質問させていただきます。
妻の父(私:義父)が病気により他界しました。
義父は再婚し生活保護を受けながら生活していました。
過去に火事により自宅を消失した為、妻(前妻の子)の連帯保証人でアパートを契約し2人で生活していました。
義父が亡くなり、再婚相手は要介護者の為、施設に入所となり福祉担当より住民票を移動しますので今後のアパート費用は出せないと連絡ありました。
連帯保証人の妻の権限ではアパートの解約も出来ない状態の他に義父には多額の負債が有り、相続放棄を申請しています。
①このような状況なか、大家(または不動産会社)に現時点で次回の更新の時には連帯保証人の拒否等の連絡をしておけば解除や連帯保証人にならないことは出来るのでしょうか?この行為は契約をした判断されるのか?自分も義母も資産が乏しく管財人をお願いするだけの余裕はありません。
②また今回の件などの他に大家(または不動産会社)より契約解除を受けた場合など、それ応じたことにより相続放棄にどのような影響が有りますか?逆に受けた方がいいのですか?専門の方、同様の経験が有る方がいましたら、宜しくお願いします。

不動産会社に勤めています。
まず、連帯保証人は合意解除以外はできません。
更新後も連帯保証人ですと言われる(合意されない)と解除できません。
さて、賃貸借契約は相続対象なので相続人の全員が放棄しなければ、誰かに継承します。
奥さんが第一相続人になりますが、放棄するようなのであとは他の兄弟姉妹がいればそちらと、配偶者になります。
相続人になった人物が賃貸借契約の解約するか、全員が放棄したならば、賃貸借契約の終了になります。
契約名義人がいないわけですからね。
ただ、全員が放棄したとしても、配偶者の方が1日でも契約していた部屋を使っていると相続の単純承認になってしまうと思います。
相続放棄すると遺産の使用と処分ができませんが、賃貸借契約も相続対象なので、室内を使用するということは遺産の賃貸借契約を使用となり相続承認(相続放棄できない)という流れです。
そうなると、家具などは配偶者の物になり、連帯保証人も継続となります。
結局は配偶者が解約をして、家具の処分をしないといけませんね。

2017/5/21 00:32:02

生命保険の連帯保証人について先日父が亡くなりました。
そこで加入していた生命保険の名義変更を行わなくてはならないのですが、質問です。
契約者→父被保険者→弟(未成年)契約者が死亡してしまった場合、相続人代表者と連帯保証人を記入するのですが、母から連絡がきて、連帯保証人として記名してほしいと言われました。
相続人代表者は母になります。
もし母が保険料を支払えなかった場合、私が代わりに支払います、という意味でよろしいのでしょうか?また安易に連帯保証人にならないほうがよろしいのでしょうか?回答よろしくお願いします!

もし母が保険料を支払えなかった場合、私が代わりに支払います、という意味でよろしいのでしょうか?→違います契約者変更にあたり、後日、利害関係者から異議申し立てがあった場合に、新しい契約者とともに連帯保証人が責任をもって解決し、保険会社に対して迷惑をかけない、ということで、そういう念書に連帯保証人として自署しますまた安易に連帯保証人にならないほうがよろしいのでしょうか?→誰かがならないと契約者変更できません

2018/4/12 17:14:43

【相続】会社経営者の債務連帯保証について質問です。
会社を経営している父が亡くなり、相続についての話し合いをすることになりました。
父は生前、会社の事業資金を金融機関から借り入れており、社長(父)個人がその債務の連帯保証人になっていたそうです。
返済は滞ったこともなく、経営は今のところ安定しています。
相続人は 妻・長男(会社を継いでいる)・長女(私・嫁に行っており会社とは無関係)の3名です。
遺言はありません。
兄(長男)は、会社とは無関係の私や母にまで会社の債務の連帯保証人になれ、とは言えない。
しかし、私が父の遺産を相続すれば、私にも連帯保証人の責任?が課せられるのか?と気にしています。
(現状、母も私も役員にはなっていませんが、仮に役員であれば、連帯保証分も相続しないとならないでしょうか?)他に遺産もあるので、私としては相続の放棄は考えていません。
相続人同士がお互いに合意済みであれば、私や母は会社の連帯保証人にならずに父の遺産(+の遺産のみ)を相続し、負の遺産(会社の連帯保証)は相続せずにすむのでしょうか?それとも、やはり+の遺産も負の遺産も、相続人の人数で按分するしかないのでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。
お詳しい方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

お父様は会社の連帯保証人になっているが、現時点では会社の経営は順調であって、返済を迫られるような状況ではないのですね?まず、相続の原則なのですが、プラスの財産は相続人間の話し合いでどのような割合にでも分けられるのですが、マイナスの財産(借金)は法定相続分で分割した分をそのまま引き継がなければなりません。
マイナスの財産を相続人間の話し合いで自由に分けれらるとすると、親の借金を(どのみち破産するしかない様な)貧乏な相続人1人だけにわざと引き継がせて、ほかの相続人が借金から逃げ切るということが可能になってしまいますからね。
これが債務に関する相続の原則になります。
他方、連帯保証というのは借り手が返済できなくなった場合の備えですから、相続人がその備えの役割を引き継ぐことは必要であるものの、現時点で差し迫った必要が無い場合には連帯保証人から抜けるということも可能です。
質問者の場合、連帯保証人となるのが原則ではありますが、役員ではなく経営にも全く関与していないということのようですから、連帯保証人から外してもらうという交渉を金融機関と行うことは十分に可能でしょう。
(役員ということと連帯保証人ということとは本来無関係ですが、役員でない方が連帯保証人から外してもらうことの交渉はしやすいでしょう)お兄さんから金融機関に話をしてみてください。

2017/9/8 11:36:46

大変わかりやすいご説明をありがとうございます。兄は、なんとしても、会社の借金を母や私に引き継がせたくない、と言ってくれていますので、銀行と話し合いをしてみる、と言ってくれています。また、残債もそこまで多額ではありませんので、お前は心配しなくて良いよ、と言ってくれました。本当にありがとうございます。大変参考になりました!>

連帯保証人という制度がある以上、連帯保証人にならなければいけない人物がいるはずなのですが、よく「連帯保証人だけにはなるな」と聞きますよね。
これは一体どういうことですか?

保証人も連帯保証人もその人の代わりに負債を支払う義務を負う筈なのに、軽はずみな行為をする人がいるからでしょうね.「その人が払えなかったら代わりに自分が払ってあげよう」と思う人は連帯保証人になります。
例えば自分の子供です。
親兄弟同然なら放置できないので、どうしても必要ならば連帯保証人になるわけです.親代わりになって面倒見るような筋合いでなければ、保証人になるのでなくて幾ばくかの資金を貸すのも良い。
保証人になるのを断ったお詫びみたいなものだから、返してもらおうなどと考えてはいけない.金を恵んでもらうのは乞食だ。
相手を乞食にしないための言葉のアヤだ。

2015/2/25 11:07:33

車のローンによる連帯保証人について質問させて下さい。
知人の車のローンの連帯保証人になり契約者も何回かは払っていましたが返済の滞りがありローン会社から連絡がありました。
契約者に連絡すると住所も車も電話番号もなくなっていました。
車の買った場所とかは知っているのですが車の処分をしてローンの返済にしたいと思いますが、そんなことできますか?

無理だよ。
勝手に処分するって事が不可能だから。
できるのは、知人を捕まえて支払、処分させる事。
貴方が払う事。
捕まえるのも難しいと思うし、現実的には貴方が支払う事になる気がする。
連帯保証人だから仕方ないけど・・・もう他人の連帯保証人なんてなったら駄目だよ。
どうしてもなるなら担保を預からないと。
その知人が転出転入届を出していて、車の住所変更をしているなら、一つ方法があるよ。
車を買った場所がどこか分からないけど、交渉次第。
大抵は車を売る店舗か本部が一旦所有者になってる。
陸運局で登録する乗り物は、一つの車体番号に対して過去から現在までの登録履歴が全て残ってる。
もし、知人が引っ越して車の住所変更をしていれば、車屋が陸運局で「登録事項等証明書」を請求交付してもらうと、所有者の履歴が分かる。
つまり住所変更している=現住所が分かるって事。
請求理由は色々考えられるからでっちあげでもいい。
請求できるのは所有者した事がある人(店)だけ。
だから車屋なの。
普通は引越したら車の住所も変更する。
税金の通知が届かなくなるから。
税金を払ってないと車検が受けられない。
まぁ・・・ちょっと知識があったら住所変更しなくても継続車検を受けられるけどね。
それを知人が知ってるかどうかだなぁ。

2017/11/23 11:51:43

連帯保証人 母が兄の会社の連帯保証人になっていました。
兄は、10年債務を支払わず逃げてしまいました。
母は、裁判所から昨年支払い命令が来ています。
その後、債権回収会社から電話が毎日のように来て、心が折れてしまっています。
疲労困憊。
債務金額は、1800万円。
現在、87歳。
全く返せるわけありません。
母が兄に相談してもほっとけ、と言われるだけで逃げて困っています。
私自身も1000万兄に貸していて返済してもらえません。
母は、このような場合自己破産できるのでしょうか?自己破産できれば、破産して楽になってもらいたいと思います。

◆おそらく問題なく自己破産し債務も免責されると考えられます。
(同時廃止)◆但し、自宅や不動産がお母様名義である場合それらは失うことになります。
◆お母様が自己破産してもご質問者様には特に影響はありませんし、お母様の日常生活に必要なものはそのまま使用できますので、自己破産しても実質的な影響はないと思われます。
◆自己破産については弁護士に依頼をすれば30万円前後の費用は掛かりますが、弁護士がお母様の代理人として債権者に受任通知を送れば債権回収会社からの請求の電話もなくなります。
◆費用についてはほとんどの弁護士事務所は分割払いに応じてくれます。
◆お母様のお年と現状を推察するに、一日も早く弁護士に依頼することをお勧めします。

2015/2/21 01:49:21

-連帯保証

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?