連帯保証

連帯債務?連帯保証?についてお尋ねします。 過去問になります。 Aを...連帯保証

知人が悩んでいます。
住宅の連帯保証人は住宅を売却する権利があるか教えてください。
自宅は他人との共同名義で購入したもので30年ローンで半分づつ毎月支払いをする約束でしたが、不仲になり、相手は出て行ってしまい、ローンも支払っていません。
相手が出て行ってから2年ほど経ちますが残された知人が全てのローンを払っており、連帯保証人にもなっているため、どうにもなりません。
支払いも難しいため、出て行った相手とコンタクトを試み売却したいようなのですが、相手は電話も通じずどこにいるか不明。
しかしローンの支払いも限界であるため、家を売却したいようなのですが、共同名義で購入した物件の場合でも連帯保証人である知人の判断と手続きで売却が可能でしょうか。
よろしくお願いします。

債務者(友人)連帯保証人(質問者さん知人)でしょうか?それだと、共同名義ではありません。
所有者名義は友人所有権名義は金融機関連帯保証人は知人これだと、連帯保証人が売却することは不可能です。
しかし、支払い義務は連帯保証人に債務者と同等の法的義務があり、抗弁権も無いので、どうしようもありません。
このまま、支払不能となって、金融機関が保証会社に代位弁済請求し、保証会社が代位弁済、そのご保証会社は債権回収業社に移管し債権回収業社が競売の申し立て、落札され終了が大まかな、流れになると思われます。

2017/6/5 11:31:02

ちなみに、その知人の個人信用情報は金融事故になり、個人信用情報機関に完済するまで金融事故は記載され、完済もしくは債務整理(非裁判事案)で五年を超えない期間記載され債務整理(裁判事案)だとKSCと官報に10年間記載され、ズタボロになります。>

「連帯保証人が必要な家」というのは、あくまで家に入居する時で、連帯保証人の人が亡くなって、代わりに連帯保証人になってくれる人がいなくても、家賃を払い続けていれば、連帯保証人が必要な家に一生住めるんですか?

連帯保証人が死亡した場合、その保証は相続人が引き継ぎます。
ですから、代わりを探すというよりも、相続人に引き続きお願いすることになります。

2016/11/15 00:49:21

相続人になってくれる人もいない場合は、引っ越すしかないんですか?>

奨学金についての質問なのですが、連帯保証人と保証人が必要で、連帯保証人は父と母のどちらかでも大丈夫なのですが、保証人は父と母以外、兄弟であっても生計を別にしている人、4親等以内の親族なのですが、父と母はダメで、姉はいますが一緒に暮らしいていて生計は一緒です。
そこで私の実の父に保証人をお願いしたいのですが、(今の父は母の再婚相手)実の父でも大丈夫でしょうか??

奨学金によっては親族の保証人の場合と違う書類が必要になります。
親が離婚しても父は父ですが、奨学金によっては離婚して別居している側の親は親族とみなさない場合があります。
例えば日本学生支援機構の場合、コード上の分類は父ではなく「その他(知人等)」になります。
実のお父さんに保証人をお願いする場合の注意点https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/houhou/hosho_sentaku/j...日本学生支援機構「人的保証制度」親類しか保証人になれないと思われがちな奨学金ですが、未成年後見人や血縁者以外の人も保証人を引き受けることは可能です。
奨学金だけでなく全ての借金において連帯保証人が「奨学生が返せないとき、法的な手段をとる前でも請求できる人」保証人が「奨学生・連帯保証人が返せないとき、強制的に・法的に回収を行なった後で請求できる人」を指します。
連帯保証人は非常に重い責務になります。
保証人もケースによっては貸与額全額を背負うことになりかねません。
学費のための奨学金とはいえ、名前を書いてお終いという訳には行きません。
保証人になる場合は勤務先の情報などの入力のほか、返還誓約書と一緒に・印鑑証明書・返還保証書・収入や資産などの証明書(上のリンク先下参照)が必要になります。
返還誓約書とは?正式採用後に機構から送られてくる書類です。
規約に沿って返しますという誓約をするほか、・借入条件・保護者(親権者)・連帯保証人・保証人などが印刷されています。
それぞれが自署捺印することで「自分の責任を了解した」という意味合いになります。
(記入後に機構に提出します)ごく一部、非常にしょっぱいケースですが「離婚した元妻に勤務先や収入を知られたくない」という場合がありまして……。
もし別れて暮らすお父さんに保証人を依頼する場合、収入(又は資産)に関する証明提出が必要になることをあらかじめ伝えておく事をお勧めします。

2018/4/8 12:47:37

連帯保証人について連帯保証人になっているのですがこの場合どうしたらいいでしょうか?金額は正直10万程度なんで払っても全然かまわないのですが・・・家主「この場合こうだから10万払ってください!契約でもそうなってるでしょ?」住人「あなたがこう言ったからそうしたんでしょ?それを10万払えっておかしくないですか?」家主「住人さんが払ってくれないので連帯保証人のあなたが払ってください」私「でもその10万は払うべきお金なのか私にはわからないので住人と話しあって住人が払うときまって、払わないなら私に言ってください」ちなみにもう契約は解除されてますのでこれ以上お金が膨らむことはないと思います私からみてもどっちもどっちなので最終家主は会社だから勝つのでは?って思ってますこの場合私は結果がでるまで待ってたほうがいいですか?裁判などで払うお金が膨らむとかないですか?回答よろしくお願いします

請求内容が不明なので判断できません。
アパートの借主の連帯保証人ですね。
家主の請求が正当な場合は当然連帯保証に支払い義務が生じます。
が正当でない場合は当然支払い義務がありません。
内容次第です。

2014/7/24 19:35:28

会社の連帯保証人について(詳しい方)私は入社15年目の社員ですが先日会社より誓約書という名の書類提出を求められました。
誓約書私は下記事項を堅く守ります。
1○○○○○2▲▲▲▲▲3×××××××※記号は職務規律、機密事項、会社への損害退職、引き継ぎ、等のこと上記誓約書を差し入れます。
日付、住所、名前(本人)、印鑑上記、誓約書の趣旨を堅く遵守させることはむろん、本人が貴会社に対して要する事項が生じた場合は、本人ならびに保証人が連帯保証して弁償致します。
日付、住所、名前(保証人1) 印鑑日付、住所、名前(保証人2)印鑑↓このような書類を会社に提出したのですが例えば会社がお前のせいで500万損害受けたから賠償しろと言ってきたときに500万支払いますというのを私と保証人に一筆書かせるのでしょうか?それともこの誓約書は連帯保証人の財産を差し押さえられるほどの効力があるのでしょうか?

新規雇用契約を結ぶ際には、入社する人物が将来企業に損害を与えた場合、対応できるか不明な為、企業はリスク回避の為に身元保証人を要求します。
しかし、入社15年の従業員に誓約書を提出させるとなると、会社で何か実害が出る問題が発生したのでは?しかも連帯保証人ですから、催告の抗弁権はなく、債務者と全く同じ義務を負います。
・しかし、あくまでもあなたが『重大な過失』で会社に損害を与えた場合に限られます。
(企業の情報を第三者に売却し対価を得た・顧客から集金し会社に入金せず着服等)・その連帯保証人は特段の定めが無い場合3年(最長5年)で効力は無くなりす。
・提出を拒んだ事で解雇される事はありませんが、金を扱わない・新商品を開発しない・情報を共有しない部署に異動させられる可能性は否定出来ません。

2017/9/18 19:26:14

回答ありがとうございます。
社員全員提出だったので何かが
あったと思います。
私の第三者への不法行為で私、会社に
賠償判決がでた場合は会社は求償権
というもので私、連帯保証人に請求すると
思うのですが不法行為は全額請求できるのですか?
>

20歳で中古車をローンにて購入予定でローン会社に問い合せてもらったところ連帯保証人が必要とのことでした。
僕の父は離婚して実家暮らしをしていて母の実家に今は住んでいるのですが母は話を聞いてくれない状態です。
離婚してる父又は同居中の祖父どちらかに連帯保証人になってもらうことは可能でしょうか?祖父が可能な場合もう仕事をしていないのでローン申請が通りづらかったりすることはありますか?

連帯保証人はちゃんと収入があるなら誰でもいいんです。
貴方からの返済が滞った時に代わりに支払わなければならないので、年金生活者とは基本ダメです。
で、貴方が社会人なら銀行で審査してみては?銀行は基本的に車のローンに保証人を要求しませんから。

2017/10/15 22:55:30

回答ありがとうございます。車屋さんの方にも銀行にしてはと頂いたのですが車屋さんに一括で払って銀行月々返してく形になるんですよね?>

連帯保証人の権利について教えてください。
息子に連帯保証人となってもらった建物の売却を法的に息子の許可なくできますか?連帯保証人の判がなくても売却できますか?

連帯保証人とは何の保証人ですか?当該建物を取得するための借金(住宅ローンなど)の保証人ということでしょうか?不動産の所有権と借金には何の関係もありませんので、物理的には可能です。
ただし、それで借金が残り、結果として息子さんに保証債務が降りかかるようなことがあれば、息子さんに対する(道義的な)裏切りになるだけです。
もし、「借金」に当該不動産を担保とする抵当権などが付いていて、売却代金から弁済しても債務が残る様な状況である場合に、抵当権者(債権者)が売却に応じるかという問題もありますが、債権者側には「担保保存義務」というのがありますので、抵当権の解除には保証人の同意が本来は必要です。
(この同意の確認を債権者が怠っても売却自体は可能)こういうことになるかと思います。

2016/9/29 11:13:27

連帯保証の共同保証の場合についてなのですが、連帯保証人Aがすべて弁済し、かつ、本人に支払い能力がない場合には、もし、Aの他に連帯保証人B・Cがいるときなら、B・Cに対してAは求償権をもちますか?教えてください、お願いします!

ABCはそれぞれが連帯保証人ですから、共同連帯保証の関係と思われます。
各連帯保証人間は主債務者との連帯はしますが、各連帯保証人間で連帯する特約がない場合につき判例は各連帯保証人間に連帯の特約がある場合と同様に解することを認めています。
質問の事例で、連帯保証人ABC間に連帯の特約があればもちろん連帯の特約がなくとも465条1項による求償権が認められます。
従って、Aは自己の負担部分である三分の一を超える部分につきBCに求償できると考えます(民法465条1項)。

2015/5/11 09:01:18

【お礼100枚】連帯保証人に関してです。
今度引越して、中古の賃貸物件に入居するのですが、連帯保証人1人必要です。
連帯保証人は、印鑑証明書、住民票が必要です。
親、兄弟、親戚には諸事情があり、頼みづらいです。
会社の人にも頼みづらいです。
そこで、連帯保証人になってくれる機関はあるのでしょうか。
出来れば、安価な方が良いです。
私は、中小企業に勤務していて、勤続20年になります。
収入も世間並にはあると思います。
ご存知の方、教えてください。

おそらく、今では、ほとんどの不動産会社で、保証会社の扱いをすることができるので、そこでの申し込みをすればいいでしょう。
保証会社とは、保証人を頼める人がいない場合に、保証料を支払って、保証してもらう会社です。
保証料は、各保証会社によっても違ってきますが、最初の保証料の他に、1年か2年毎に更新保証料が必要とするところが多いと思います。
そのような費用の負担は、必ず、確認するようにしましょう。
借主にとって、最も条件の良い保証会社は、その居住年数によっても違いますが、長期間住むことを望むのなら、最初に保証料を払えば、更新保証料は不要というところがいいと思います。
最初の費用だけで言えば、他社よりも高くなってしまう可能性がありますが、何年住んでもいいということを考えれば、一番お得かと思います。
ただ、残念ながら、どこの保証会社に加入したいか、質問者さんは選べないです。
気に入った物件の管理している不動産会社が扱うことができる保証会社に加入することになります。
最初の保証料だけ払えば、ずっと保証してくれるという保証会社は少ないので、その保証会社を扱っているかは運もあります・・・。
複数の保証会社を取り扱っている不動産会社も多いので、その中から選べる可能性はありますので、事前に相談してみてもいいと思います。
あと、もう1つ問題点ですが、保証会社に加入する場合、緊急連絡先が必要です。
どこの保証会社でも、必ず、緊急連絡先は必要ですので、どなたか付けなければなりません。
一部の保証会社では、緊急連絡先は親族に限るというところもありますので、ご家族の方と、会うことすら嫌だということですと、知人でもいいという保証会社にしないと難しいです。

2014/8/4 11:38:11

連帯債務?連帯保証?についてお尋ねします。
過去問になります。
Aを被相続人、 Bを唯一の相続人とします。
問題 AがCD間の継続的取引により、DがCに負担すべき将来の債務(金銭の貸し渡し又は手形の割引きを、受けることによって負担する債務ではない。
)を連帯して保証した場合において、その責任の限度額及び保証期間が定められていなかった時はAの死亡前に、Dが負担した債務についてBはCに対する保証債務を負わない。
答え ×知りたいのが事実確認です。
1 Aは連帯保証人?それとも、連帯債務者?どちらですか。
というのも、解説に「Aの死亡前に、Dが負担した債務について」とあるから、具体的な債務額の確定している、保証債務は相続されると、書いてます。
ここで、設問には、「連帯して保証」と記載があるので、仮に連帯保証人だったら、Dは払ったのだから、連帯保証人には債務を負うわけがないと思ってしまいます。
仮に連帯債務だとその相続人は、債務を可分的に承継するものだと理解しております。
このAさんは、連帯債務者だと思うのですが…質問がうまく伝わってないかもですが、何卒宜しくお願いします。
補足連帯保証は納得致しました。
併せてご教授お願いします。
Dさんの為に、Aは連帯保証人になったんですよね?もしそうならば、DがAに対して、回答頂いた内容に、求償権があると記載があるのですが、そこがイマイチ理解できません。
仮に主債務者が別にいて、連帯保証人 ADなら、求償権があるのは理解できるのですが…主債務者から連帯保証人に、求償できるのでしょうか?お手数ですが、宜しくお願いします。

少し整理しますが、Aが亡くなった人でBがその法定相続人、CとD間の継続的取引に関してAがその連帯保証人ということのようですが、>その責任の限度額及び保証期間が定められていなかった時は>Aの死亡前に、Dが負担した債務についてBはCに対する保証・・・・経緯は別としてDはA対して求償権により請求できます、これはAの「負の遺産」となり、Bが相続放棄をしていなければAの全ての遺産(「負の遺産を含めて)」Bが相続することになり、BはDからの請求でDの負担額を支払する義務があります。
>1このケースは連帯保証人であり、連帯債務者ではないと思います。
>仮に連帯保証人だったら、Dは払ったのだから、連帯保証人>には債務を負うわけがないと思ってしまいます。
AはC、D間の取引についてAは保証してますから、法定相続人はドウコウ言わず債務を履行する義務があります。
>仮に連帯債務だとその相続人は、債務を可分的に承継するもの・・・・連帯債務は連帯保証人より履行義務が厳しいものとなっています。
>このAさんは、連帯債務者だと思うのですが…住宅ローンであれば夫婦で連帯債務者というケースはありますが、商取引に関して連帯保証人はあって、連帯債務者というケースはありません(考えられません)。

2015/4/4 22:09:54

>DがAに対して、回答頂いた内容に、求償権があると記載が
>あるのですが、そこがイマイチ理解できません。
「・・・・DがCに負担すべき将来の債務を連帯して保証した場合・・・・」ということですから、
Dは主たる債務者でAは従たる債務者ということになります。
Dが債務履行するのは当然であり、自分の債務を履行した訳ですから誰に対してもその求償権はありません、AがDに代って債務履行したらAはDに対して求償権により支払請求できます。
>仮に主債務者が別にいて、連帯保証人 ADなら、求償権があ
>るのは理解できるのですが…
それは正しい理解です。
>主債務者から連帯保証人に、求償できるのでしょうか?
回答してますが、主債務者は自分の債務であり債務履行して当然のことです、誰に対しても求償権はありません。
若し、それができたら連帯保証人になる人はいません。>

-連帯保証

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?