連帯保証

連帯保証人の偽造。 取引先(個人事業主)にお金を貸し渡す際に借用書を...連帯保証

連帯保証人になる方がご年配で収入がないですが、遺産がある場合、それを証明する書類はどのようなものがありますでしょうか?補足遺産(資産)が不動産、現金であればそれぞれ何の書類が必要でしょうか?

遺産(資産)の種類(不動産、現金等)によって証明方法は異なります。

2017/6/7 13:58:33

不動産であれば、評価証明と登記簿謄本で土地の余力価値が判断出来るでしょうし、現金であれば金融機関の残高証明書で証明できるでしょう。
どちらにしろ債権者が「何を徴求するか?」ということで決まります。>

連帯保証債務。
連帯保証人B,C場合主な債務者C債権者D連帯保証債務の際に、連帯人保証人一人にたいして、保証債務を免除した場合には(Bが免除された)、他の連帯保証人には、437条の準用が否定されているのが、判例ですが、DがCに対して全額の債務弁済を主張し、それに応じて、CがDに対して全額保証した場合には、CがBに対して求償権を求めることはできますか?

質問がゴチャゴチャしてて分かりにくいのですが、債権者D、主たる債務者C(主な債務者と言ってしまうと意味が通じません)、連帯保証人A、Bということですか?DがBに対し保証債務を免除したうえで、Cが債務を履行した場合に、主たる債務者Cが連帯保証人Bに求償権?を行使する?ということです???DがBに対し保証債務を免除したうえで、Aが保証債務を履行した場合に、免除されたもう一人の連帯保証人Bに求償権を行使できるかということですかね???後者の場合を言っているであれば、連帯保証の場合に民法437条の準用が否定されることは直接は関係がありません。
連帯保証人は主たる債務者に求償権を持つ以上、連帯債務の場合と異なり、(あくまで理論上ですが)連帯保証人が最終的に負担すべき部分がありません。
したがって連帯保証人の場合に民法437条を適用する場面が想定できない、ということが準用を否定する理由です。
また、免除の効果については、判例は、当該免除を行った債権者の意思を尊重しているかのような態度を取っていることに注目しなければなりません。
連帯保証の場合、一人で全額の保証債務を履行しなければならない以上、一人の連帯保証人に対する免除は、その連帯保証人には保証債務の履行は請求しないという趣旨であることが明白です。
また、連帯保証の場合、共同保証における分別の利益は認められず、他の連帯保証人がどの程度保証債務を履行していても連帯保証人であれば全額を保証しなければなりません。
このように、免除を行った債権者の意思と、連帯保証人の性格を合わせ考えると、免除された連帯保証人の一人に対して他の連帯保証人が求償権を行使することは許されないと考えることになります。

2014/11/27 15:57:21

連帯保証人の期限について質問です。
以前、Aさんが賃貸物件を契約する際に、私が連帯保証人になりました。
Aさんはその後きちんと家賃を支払って住み続け、今からちょうど1年くらい前に解約&転居したので、私の保証人の役目も終了したと思っていたのですが、実は今だにその時の部屋の修繕費?か何かの件で不払いがあってゴタついていると噂で聞きました。
そこで、もし今後、当事者間で解決しなかった場合、こちらに回ってくる可能性が今でもあるのか気になっています。
賃貸の連帯保証人の期限はいつまでか、というのをご存知でしたら教えてください。
ちなみに入居の際は不動産屋の書類に捺印しましたが、退去の際はとくに「連帯保証人終了」という連絡や書類は来ていません。
よろしくお願いいまします。

保証人の保証債務の範囲は、家賃の保証のみならず、退去時の原状回復にまでおよびます。
従って賃借人と賃貸人の間で解決が着くまで原則続きます。
当然賃借人の時効が中断されれば保証人の時効も中断します。

2016/8/18 18:46:03

親に頼まれた借金の連帯保証人から外れたい場合、その理由で自己破産は可能でしょうか。
私は借金はありません。
ただ、連帯保証人から外れたいのです。
私の代わりに連帯保証人を引き受けてくれる人はいません。

連帯保証人は債務者と同等の返済義務を負う物ですから、その債権者が認める新たな連帯保証人を設定しない限り外れる事は出来ません。
勿論自己破産をする場合は破産者は連帯保証人になれませんから債権者にその旨の通知をしなければなりません、そな場合は債務者は新たな連帯保証人を立てなければなりません。

2017/5/23 08:42:32

親の無謀な借金に加担したことを、後悔しております。連帯保証人にはなりましたが、疎遠状態です。
親の遺産はいりません。迷惑を被らないようにしたいのです。>

■連帯保証人の期限の利益の喪失について教えて下さい。
【ケース1】A金融機関にて信用保証協会の利用残高がある法人Bの代表者(連帯保証人C)が同じくA金融機関でカードローンを借りていたとします。
法人Bは信用保証協会の借入は滞りながらも、返済を続けておりましたが、連帯保証人である代表者Cが利用するカードローンの返済が3ケ月以上滞り、金融機関Aはカードローンの保証会社へ代弁請求及び期限の利益が喪失が確定してしまったケース。
このケースの場合、法人Aは信用保証協会の借入金を延滞しながらも、なんとか返済していたとしても、連帯保証人である代表者Cの期限の利益の喪失を事由として、法人与信についても信用保証協会への代弁請求は可能なのでしょうか?かけるべきなのでしょうか?また、もし法人は代弁請求ができないとなれば、連帯保証人が期限の利益を喪失している状態で、法人与信のリスケ等の対応は可能なのでしょうか?お詳しい方いれば教えて下さい!よろしくお願い致します。

銀行取引約定書には、通常の場合、期限の利益喪失約款として、保証人が一定の事項に該当した場合には、銀行の請求により失期する請求失期条項があります。
なので、後は銀行側の与信判断そのものの問題であり、法人Aを活かしながら取引を続けるのか、失期させるのかを判断すればいいわけです。
一般論として、連帯保証人である代表者が失期に追いやられている状況では、連帯保証債務を果たせるとは思えませんが、個人資産が潤沢であれば単にカードローンの延滞失期としてもとらえられます。
なので、で回答できる問題とは思いません。

2017/12/29 08:38:43

身元保証人と連帯保証人は同じですか?身元保証人についてで質問した際、身元保証人と連帯保証人は同じと言われたのですがそうなんでしょうか

全然違いますよ連帯保証人は、借金を代わりに払う保証人です

2018/7/1 22:27:21

仕事で身元保証人が必要と合格してから言われたのですが、それは当然なのでしょうか
知り合いも親も兄弟も保証人が必要だと言われたことがないみたいなので>

連帯保証人が必要な県営住宅に住んでいる人の、今連帯保証人になってくれている人が亡くなって、新たに連帯保証人になってくれる人もいなくて、その連帯保証人が必要な県営住宅の連帯保証人が全くいなくなっても、その連帯保証人が必要な県営住宅から退去を要求される事は無く、何か事故などが無い限り、その連帯保証人が必要な県営住宅に、一生住めるんですか?

連帯保証を必要とすす何かが起こらない限り大丈夫でしょう。
普通連帯保証人の調査などはしないと思います。

2016/11/19 17:55:08

父が叔父の借金の連帯保証人になっていました。
父が亡くなった後に分かったことです。
母も知らなかったので、母が叔父に確認を取ったところ、それはもう終わったと言っていたそうです。
母は父の遺産相続をしました。
教えてください。
①父が亡くなったのは13年前ですが、13年間我が家に支払い請求が来たことはありません。
(借りに叔父の言葉が嘘であり、まだ借金がある場合、叔父が健在だと、うちには請求は来ないものでしょうか?)②遺産相続をするとき、相続破棄しなければ、連帯保証人は、プラス財産もマイナス財産も引き継ぐと聞いたことがあります。
母は、今病気を患っています。
母が亡くなった場合、破棄しない限り、遺産相続したら子である私に連帯保証人が相続されるとは思うのですが、私が払わなくてはならないのでしょうか。
私は一人っ子です。
叔父には子供が二人います。
叔父が亡くなった後、叔父の子供が払うべきだと思うのですが、どうなのでしょうか。
まとまりのない文ですみません。
ちなみに、父が連帯保証人と分かったときの書類は、叔父に確認後捨ててしまったようです。

叔父様には借金をした時の「契約」があり、お父様はその連帯保証人になっていることだと思います。
その借金の返済が現在も続いていれば、その連帯保証人としての保証債務は、お母様と貴方と、貴方の兄弟(いれば)が法定相続したことになります。
今後、叔父様がその借金を返済できなくなった場合、法定相続人である貴方方がその債務を保証する義務が生じます。
ちなみにお母様が亡くなる以前に、既に貴方も連帯保証人になってしまっています。
また、借金を残したまま叔父様が亡くなった場合、当然、主たる債務者としての立場は、その子供に相続されますが、貴方方の連帯保証人としての立場は継続します。
支払い義務があるのは当然その子供ですが、その子供が借金を返済しない場合、やはり貴方方に請求が来ますね。
「それはもう終わった」と言う、叔父様の言葉を信じるしかありませんが、どうしても心配な場合、借金の債権者を聞き出し、そちらにまだ債務が残っているか問い合わせると良いでしょう。
普通の金融機関(銀行等)であれば、貴方が連帯保証人の地位を承継した者だと証明すれば、情報開示してくれると思います。

2016/7/21 21:38:59

連帯保証契約についてお伺いします。
親族の連帯保証人として債務の支払いを求める通知が来ました。
まず、連帯保証契約を結んだ記憶もないのですが、カード会社に問い合わせたところ、電話での本人確認において生年月日が相違していたことが判明しました。
生年月日が相違していても名前と住所が合致している以上、債務の履行は免れ得ないものなのでしょうか?生年月日相違の理由が、①そもそも申込書の記載が間違っている場合、②カード会社の事務ミスによる場合(申込書には正しく記入されていたが登録を間違えた、または申込書が間違っていたが本人確認書類の確認が杜撰だった…など)で結論は変わりますか?また連帯保証を結んだ記憶もないので、筆跡鑑定の為に申込書を郵送するよう求めることはできますか?

連帯保証契約も一つの契約ですから、双方の合意がなければ成立しません。
質問者さんは合意した覚えがないというわけですので、この場合は「私はそんな契約知りません」と突っぱねればいいだけです。
カード会社が質問者さんとの連帯保証契約が有効だと主張するなら、あちらが「質問者さんが連帯保証契約に合祀したこと」を立証する責任を有します。
本人が否定していることを立証しようと思えば、相応な証拠が必要になるわけで、今回は明らかに証拠不足(生年月日すら間違っている)ですよね。
であれば、裁判になっても負ける要素はありませんので、質問者さんとしては「しらない」で通せばいいだけです。
まあカード会社の方もそんな勝ち目のない状態で裁判なんて無駄なことはしてこないと思いますけど、万が一裁判所から訴状が届いたら、きちんと対応して同じ主張を続けることです。
#別に質問者さんが契約がないことの証明なんてする必要はありませんし、そもそも「ないことの証明」はほぼできませんから裁判になった場合無視していると欠席裁判で相手の言い分がそのまま認められてしまいますので、そこだけ注意です。

2018/2/27 22:42:22

連帯保証人の偽造。
取引先(個人事業主)にお金を貸し渡す際に借用書を書いて貰いました。
この借用書には借主の連帯保証人として借主の奥さんが保証人になっています。
もし、この保証人欄の箇所が偽造であった場合、こちらとしては相手方にどんな訴えが可能ですか??本日借用書を回収したばかりなので、まだ電話での保証人の意思の確認や、コピーの送付などはしてません。
仮にこれが偽造だった場合、どのような訴えが可能で、私側に生じるデメリットなどあればご教示頂きたいです。
※まだお金を渡してはいませんが、これが仮に既にお金を渡してしまった状態の場合でお答えお願いします。
なぜ、このような質問をしたかと言うと、以前に奥様に別の書類を記入して貰った時の筆跡と違うからです。
これが偽造だった場合お金は貸さないと考えています。

仮にこれが偽造だった場合、どのような訴えが可能で、私側に生じるデメリットなどあればご教示頂きたいです。
・・・・・偽造だった場合は、債務者が債務返済をしなかった場合、連帯保証人から債務返済を求めることが難しくなります。
素直に返済に応じてくれれば良いですが、「私はサインも押印もした覚えがない」と連帯保証人から言われてしまえば、最初から連帯保証人がいなかったことと同じことに成ります。
正直に、「前に奥様に別の書類を記入して貰った時の筆跡と違うようなのでもう一度目の前で連帯保証人のサインと押印・印鑑証明を戴けませんか」と奥様に言って見られたら如何ですか。

2016/11/22 01:04:51

-連帯保証

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?