連帯保証

母親の連帯保証人について。 現在母と2人で住んでいます。が月末から...連帯保証

連帯保証人の不動産差し押さえについて説明です。
私の母の兄(伯父)が10年余り前、知人の連帯保証人となりました。
最近になり、その知人が8000万円?程度の借金を残して蒸発したことが発覚。
伯父が残りの借金を返済していくこととなりました。
今現在、母が住んでいる一軒家(住宅ローン返済中)の名義は伯父となっています。
現在伯父は滞りなく借金を返済している状態ですが、万が一返済ができなくなった場合、この一軒家は差し押さえられてしまうのでしょうか?また、差し押さえを回避する方法はありますでしょうか?補足追加で質問させてください。
借金返済ができているうちに、一軒家の名義を母のものに変更する手段は有効でしょうか?

連帯保証人は債務者と全く同じ立場です。
連帯保証人になるとき一軒家を担保に差し入れているかもしれません。
また、今後それを求められてくる可能性もあると思います。
金額も大きいので他の連帯保証人もいるかもしれません。
こういうケースで財産を失う方は多いので、詳しく調べたうえで、行政が行っている相談室で一度、話を聞いてみるのも良いと思います。

2015/2/8 20:54:00

連帯保証債務と保証債務と連帯債務の違いを教えてもらえませんか?

kitakatasan101さんはじめまして。
福岡を中心とした九州圏でホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を行っております一級建築士の河本と申します。
よろしくお願いします。
≪連帯保証債務≫保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担する保証です。
主債務者が借金を返済しない場合に、連帯保証人に返済を求められます。
ただし、催告・検索の抗弁がありませんので、主たる債務者の財産から回収するよう請求できる権利はありません。
≪保証債務≫債務者が借金を返済しない場合、保証人に返済を求められます。
連帯保証債務との違う点として、保証債務には催告・検索の抗弁権が認められています。
≪連帯債務≫1つの債務に対して、数人の債務者それぞれが全額の債務を負うのが連帯債務です。
主債務者と同一の立場ですので、お金を貸す金融機関側から見ると、いつでもどちらにでも返済を求めることが出来ます。
以上、ご参考になりましたら、幸いです。

2016/4/23 17:16:02

賃貸の連帯保証人の問題で悩んでいます。
私は海外から就職で日本に来て最初部屋を探すときにやむを得ず会社の社長に頼んで保証人になってもらいました。
その当時はここで長年務めるつもりでお願いしてて、向こうもそれに応じました。
どころで会社に入って私がやってる仕事が期待に及ばないことでこのままだと席がなくなるみたいな話をし始めました。
日本に来たばかりで賃貸の契約、そしてそこに伴う全てを揃えるために結構な金額を使った私としては本当に頭が真っ暗になることでした。
そこから1ヶ月がちょっと過ぎてまた呼ばれて言われたのが、やっぱりこのレベルでいまの給料払うのはおかしい、来年から今の給料1/3を削るから続けるか自分が選んで、首はしない、他の人の採用する時に困るからという話でした。
3年の雇用契約がなっているにも関わらず給料を勝手に下げることってあり得ないし、その給料で生活するのも単純にご飯だけ食べて生きなさいという意味にしか聞こえませんでした。
部屋の保証人になっているのでそれに自分の主張も言えずに結局自らやめることになりました。
ここからが問題で会社としてはもう社員ではない私の保証人を続けるのもおかしい、私が違う人を探して立替って欲しいと言われました。
私もその意見と意味に十分同意しながらも現実できないことだし、ちゃんと家賃など払って迷惑かることは一切しないことを伝えました。
けど会社は同じ姿勢で立替って欲しいって言ってます。
調べたら保証人を変える場合は管理会社が同意した上で可能だし、私からじゃなくて保証人側から探してその交渉するべきことが結構書いてありましたが、こんな場合どうすればいいでしょうか。
私が管理会社にこの事情を先に話した方がいいですか?そして自分が他の人を立てるべきですか?そしてその費用なども自分が払うべきか色々心配しています。
取り敢えずここから追い出されるか怯えています。
転職先に頼んでて今の会社から言われていますが、それで転職先が簡単でOKにしてくれることも疑問だし、弁護士を雇って戦う力もお金もないので怖いです。

日本の借地借家法では、借主の権利のほうが強く、連帯保証人からの申し出ぐらいでは、賃貸契約は、放棄されることはないです。
当初、やむを得ず会社の社長に頼んでということですが、社長は、賃貸契約が消滅しない限りは、連帯保証人が永続されることの意味と、いつかは貴方が退職されることも、予想できることですから、社長が連帯保証人を下りることはできないです。
ですから、心配は入りません。
まして退職理由がそのような事情であれば、社長のほうに、もう少し主張されてもいいと思います。
法律論となった場合は雇用関係と、社長個人が連帯保証人になることは、別のものと解釈されます。
事前に、会社在籍中に限り、保証するみたいな契約を結んでいれば別の話ですが。
それと、実際問題としては、日本では保証人になるには、親族である、収入がある、日本に在住している等ハードルが高いのが現実です。
ですから、別の人が保証人となることは難しいですし、保証会社を利用するにしても、これから退職する人を、保証してくれる保証会社はないですから、これも無理です。
現実問題としては、社長から管理会社に申し出があっても、あなたに申し出があっても、社長が連帯保証人を下りることはできないわけですから、貴方が、今の社長に恩義があって、考えているのであれば、貴方が転職して、貴方が一人前になるまでは、難しいことと、将来仕事が安定したら、保証人を代えるという努力目標を話するしかないと思います。
クールに考えれば、社長にどう言われても、今の賃貸から引越ししない限りは、現在の連帯保証人は、代えられない訳ですから。

2016/12/8 13:02:53

貴重なご意見、本当にありがとうございます。
これからの転職にも専念することですが、賃貸の保証人問題で毎日悩んでいました。明日会社で保証人のことで最終的なことを言われると思いますし、何らかの同意書を作成しているみたいです。
周りの助言などで絶対すぐ同意しないことと不利な場合が書かれていたら調整する前にはサインしないことを言われました。
今回の件で、実際保証人になって被害を受けてる方も多いし、こういう制度を利用し未払いなどしてる方が多いこと知って、社長の気持ちも十分理解をしています。ですが悪用なんて思ってもいないし円満に解決が一番大事かなと思っています。
本当に大事な意見に感謝します。>

連帯保証人になってしまうのか知りたいです。
法律・相続に詳しい方にお願いします。
素人の憶測はご遠慮ください。
(長文失礼します)亡き父は有限会社でアパート経営をしていました。
土地は父名義、建物は会社名義で、土地を担保に信託銀行からお金を借りていました。
父が亡くなって土地は母名義、会社には母と姉が入りました。
信託銀行と改めて契約するにあたり、債務者は会社名と並び取締役として母の名が、連帯保証人は母・姉・弟が連名の、契約証書が作られました。
相続を分割するというような書類は作っていません。
家族構成は 亡き父・母・姉(配偶者なし・成人した子あり)・私・弟(独身・成人)で、母・姉とその子・弟は そのアパートにそれぞれ住んでいて、私は家を出て独立しています。
私も連帯保証人として名を連ねるよう信託銀行から求められましたが、財産も債務もいらないと母に話し、サインしませんでした。
そのとき、サインしてもしなくても一緒と信託銀行から言われたらしく、気にはなったのですが、契約を更新するたびに信託銀行から契約書と共に送られてくる通知書には「証債務の法定相続分(6分の1)を承継されておられますのでご通知します。
」と書かれており、もし清算することになってマイナスが出たらその6分の1を支払うつもりでした。
(財産が残った場合は 受け取らないつもりです)母には財産も債務もいらないと言いましたが、相続放棄していないからです。
相続放棄しなかったのはどの書類にもサインしなければ放棄したも同然と思いましたし、父が苦労した土地を姉に売られてしまいたくないという気持ちもあったからです。
ここからが本題なのですが、この度、信託銀行から債権回収会社の下請け会社(?)に債権譲渡されました。
その債権譲渡通知書に「○○信託銀行は、・・・当社が貴殿を連帯保証人として、債務者 有限会社○○殿に対し有していた・・・」という文がありました。
私は サインしていないにもかかわらず、最初から連帯保証人だったのでしょうか?それともこの通知書が間違っていて、指摘しなければ連帯保証人にされてしまうのでしょうか?競売などになったら二束三文だと聞きました。
債務残額の6分の1なら なんとか支払えると思いますが、全額は無理です。
姉と弟に支払い能力は ありません。
弟は6分の1でも無理です。
もし母・姉・弟の3人が破産するようなことになっても私がいれば支えていけると思っていましたが、最悪一緒に破産するしかありません。
土地がちゃんとした値で売れれば ほとんど債務が残らないだろうところまで きていますが、売ってしまうと3人の住むところがなくなるので、高齢の母が頑張っています。

お父さんが亡くなった時に、相続関係を整理していないため、法定相続人の全員がお父さんの(たぶん)会社の債務に対する連帯保証人の地位を相続している状態なのです。
つまり、お父さんの連帯保証人の地位を、お母さん、姉、貴方、弟の4人で共同相続しています。
法定相続分は、お母さん2分の1、姉、貴方、弟が各6分の1です。
また、同様に相続財産に関しても同じ割合で共同相続しています。
そのため、今回債権が譲渡されたことにより債権回収に当たることになる会社は、先の契約証書に基づく債権の回収の他に、貴方に対する連帯保証人としての責任に基づいて債務の返済を求められると思います。
この場合、結局家族全員が連帯保証人になっているので、誰に対してでも、即時全額の返済を求めることが出来ます。
つまり、貴方に対しても全額の返済を求めることが出来るのです。
実際の債務はもう少し複雑だと思います。
先の契約証書に書かれている内容が分かりませんが、概ね以上の状況になっていると思います。
お父さんが亡くなってから3ヶ月以内なら、相続放棄が出来ます。
貴方だけは逃れられるかもしれません。
他の3人は新たな契約に縛られています。
もし、3ヶ月を過ぎているなら、貴方も逃げ道は無いと思います。
結局、債務整理するか、破産するかの選択かもしれません。
弁護士に相談した方が良いと思います。
なんとか、破産以外の道があるのでないかと思います。

2016/11/18 12:52:56

借家の連帯保証の切り替えについて教えて下さい。
叔父さん(私の父の妹のご主人)から頼まれ借家の連帯保証人を受けました。
その後その叔父さんは亡くなり、借主の名義変更時、再度連帯保証人の依頼を叔母さんから受けました。
しかし、私はそれをお断りしました。
当然代わりの連帯保証人を叔母さんが探してこの件は落着したと思っておりましたところ、家賃未納による保証債務履行書なる物が当方に送られて来ました。
事の次第を叔母さんに確認したところ、大家サイドから再三、新たな連帯保証人の選定を催促されていたが見つからなかった。
とのこと。
保証債務履行書の賃借人には亡くなられた叔父さんの名前が記されていました。
新たな連帯保証人を探し出せなかった叔母さんが悪いのは当然として、結果的に放置してしまった貸主にも責任があるのではないでしょうか?これって、自分が責任持たなければいけない事なのでしょうか?

貸主は、連帯保証人を探すように促していたとすれば一概に放置したとは言い切れません。
さりとてあなたに保証義務があるかといえば争いがあると思います。
叔母さんは伯父さんの権利を相続したと考えれば、賃貸契約は継続していますので保証契約も継続していると判断されます。
しかし、伯父さんが亡くなり新たに賃貸借契約を結ぶように促され、その際保証人を断っているので保証義務を免れる可能性があります。
叔父さんがなくなった時点で家主に対し、保証人たる地位を辞退する旨通知していれば、保証義務を免れる可能性が高くなっていたと思うのですが、現状では裁判の判断を得る必要があると思います。
よって、家主には「伯父さんが亡くなった時点で連帯保証人ではないので、支払わない。
意義があれば裁判で提訴してください。
」と返信すればどうでしょうか?仮に裁判になり滞納家賃を支払うことになっても、それ以降の支払いの必要はないという判決が得られるかもしれません。
また、家主も裁判まではしないで諦める可能性はあると思います。
まぁ叔母さんは強制退去になるでしょうが・・・。

2017/3/22 09:46:42

ありがとうございます。権利の相続ですか…。勉強になります。>

賃貸マンションの契約を交わす際に、連帯保証人を立てて下さいと言われ、承諾を得て保証人を立てたにも関わらず、加えて保証会社に加入してお金を年更新で払ってくださいと言われたのですが、私はそれなら連帯保証人を立てる意味が無いと思ったので、払う必要はないのではないかと思ったのですが、マンションの大家がそうしろと言えばせざるを得ないのでしょうか。

一般的には連帯保証人もしくは保証会社のどちらかですね。
「保証人」ならともかく「連帯保証人」であれば、貸主の請求を断る事が出来ないので借主からすれば、家賃の回収が出来ないという事はありません。
そのため、わざわざ保証会社を付ける意味はありませんし、逆に保証会社を付けるのであれば連帯保証人を立てる必要が無いかと思います。
また、お金を年更新で払うというのも行き過ぎな気がします。
その大家は過去によほど痛い目にあったのではないでしょうか?そういうオーナーは過敏になりますからね。
一度大家に相談してみてはいかがでしょう?

2016/8/22 09:06:30

日本学生支援機構の連帯保証人・保証人についてお伺いします。
この度、債権者が自己破産しようと考えています。
この場合、自己破産すればまず連帯保証人へ通知及び支払い請求がいくかと思います。
今回お伺いしたいのは・連帯保証人は奨学金の債権も含め、現在個人再生中である。
・保証人は死亡していますが、息子が二人おり相続放棄していない。
(保証人が生活保護者だったため)・上記息子の内、1名は連帯保証人でもある(個人再生中)。
この場合の支払はどのようになるのか申し訳ありませんがお教えください。

・連帯保証人は奨学金の債権も含め、現在個人再生中である。
連帯保証の分は、再生計画に従って減額される。
・保証人は死亡していますが、息子が二人おり相続放棄していない。
(保証人が生活保護者だったため)保証額の1/2ずつ、息子が保証債務を相続する。
・上記息子の内、1名は連帯保証人でもある(個人再生中)。
相続した保証債務について、「全額請求される」。
というか、個人再生を依頼した弁護士に相続が発生したこと伝えてないの?個人再生取り下げて、個人再生をもう一度イチからやり直しだと思う。

2017/2/27 06:36:27

連帯保証と連帯債務の違いについてです。
www.takken-success.info/b-63.htmlで、※連帯保証人の求償権…負担部分を超えなければ求償できない。
※連帯債務の求償権…負担部分を超えなくても求償できる。
とあるのですが、これは、つぎのどれをもって判断するのでしょうか。
ご教示お願いいたします。
(連帯債務者間の求償権) 第四百四十二条 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、その連帯債務者は、他の連帯債務者に対し、各自の負担部分について求償権を有する。
2 前項の規定による求償は、弁済その他免責があった日以後の法定利息及び避けることができなかった費用その他の損害の賠償を包含する。
(共同保証人間の求償権) 第四百六十五条 第四百四十二条から第四百四十四条までの規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。
2 第四百六十二条の規定は、前項に規定する場合を除き、互いに連帯しない保証人の一人が全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。

はっきり書いてありますよ。
第四百六十五条 第四百四十二条から第四百四十四条までの規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。
442条の規定は「その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。
」と明記があります。
ということは、負担部分を越えた場合だけ442条が準用されるわけです。
準用される442条にはそんな制限はないので負担部分を越えなくても適用されます。

2014/10/26 17:42:36

連帯保証人の支払い義務についてです。
一昨年の年末、私の兄が急死しました。
兄には多額の借金があり、家族全員の相続放棄を行い受理されましたが、車のローンだけは私が連帯保証人になっているため、残金の支払いを請求されています。
支払いしなければならないのでしょうか。
借入先はトヨタファイナンスです。

連帯保証人はわかりやすく言うと債務者と同じ立場になります。
債務者が亡くなられても請求があれば支払い義務が生じます。

2017/1/28 09:32:27

母親の連帯保証人について。
現在母と2人で住んでいます。
が月末からはお互い一人暮らしをします。
家賃の連帯保証人と言うのになって欲しいと頼まれ、私の方も家賃の連帯保証人をたてないと引越し先のマンションに入居出来なかったのでお互い連帯保証人になると言う事で合意しました。
ですが、私の方が母親の名前を書いて審査してみたら落ちてしまい、違う人に変えて下さいと全保連と言う保証会社から不動産屋経由で連絡が来ました。
母親はお金というか全てにおいてルーズな面があり正直この保証人変更の要請は予測できました。
過去に自己破産の経験あり。
借金しまくり等。
昔に比べ少しマシになった所はありますが、根本的に考え方は変わってないです。
ちなみに私も何回かお金を貸しています。
返済はありません。
一応貸すという名目で渡したのですが、あげるつもりだったので諦めています。
その後私の方は妹に連帯保証人になってもらい、入居の段取りは出来ました。
そして母親の連帯保証人には私がなりました。
正直他の兄弟に頼んでくれ。
もしくは離婚した父親に頼んでくれ。
と言いたかったのですが、悩んだ結果やはり私は長男ですし、これまでの恩もありますのでサインしました。
これまでの母親のお金に対するルーズさ、給料日までには全部のお金を使い切る後先の考えのなさを見てきています。
正直この先3年以内早くて1年以内には家賃の滞納は必至だと思っています。
そこでいくつか聞きたい事があります。
母の申し込んだ保証会社というのがジャックスというのですが、滞納した際私に連絡が来ると思うのですが、会社にかけて来ると言う事はないでしょうか?掛けてこられると会社で変な噂がたつので困ります。
それと連帯保証人に連絡があるのは1ヶ月滞納したらすぐにあるのでしょうか?数ヶ月程の滞納額ならすぐに払えますが、半年を超えてくると私の方もしんどいです。
連帯保証人になった事で将来家を買う時に銀行から融資を受ける際不利になることはあるのでしょうか?それと不謹慎ですが母が死亡した場合相続の放棄をした場合でも連帯保証の債務は残るのでしょうか?詳しい方おられましたらよろしくお願いします。

ジャックスに聞くのが一番確かではありませんか。
その時に、勤務先にではなく、先ずは 自分の携帯電話に連絡が欲しいと伝えておけばどうでしょうか。

2015/3/14 19:02:40

-連帯保証

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?