連帯保証

連帯保証は随伴性はありますか?連帯保証

賃貸の連帯保証人について。
私の息子が彼女と同棲しています。
契約者は彼女。
連帯保証人が私の主人です。
主人が半年前に病気になり仕事を退職しました。
現在、無職で自宅療養中です。
この場合、連帯保証人の変更は可能ですか?変更するなら契約者の彼女が変更しないといけませんか?今現在、一方的に同棲を解消する話が出ており彼女の親も絡んでおり面倒なことになってます。
解約料は払わないとか一方的です。
そうなると連帯保証人の主人が払わないといけないと思います。
私の主人は無職です。
払える余裕もありません。
近日中に解約すると言ってます。
解約する前に連帯保証人を変更したいと思ってます。
よろしくお願いします。
補足彼女が契約者になったのは彼女の会社の家賃補助があるからです。
彼女の両親は遠方に住んでいるので主人が連帯保証人になりました。

保証人の変更は、「契約者」が新たな保証人を用意して貸主が承諾すれば可能ですが、彼女が協力的でないならまず無理でしょう。
連帯保証人とは自分が辞めたい時に辞められるものではありません。
解約料というのがなんのことかわかりませんが、短期解約の違約金にしろ原状回復費用にしろまずは敷金から充当されるので、それほど大した額ではないのでは?貸主から請求されれば連帯保証人は拒否できませんが、息子に半分負担させればご主人自身の負担はそれほどないと思います。
ご主人が負担した分は求償権がありますから、彼女へ請求できますし、彼女が払わなければ少額訴訟(60万以下)をすればそれほど時間も手間も掛かりません。

2016/11/2 17:22:44

入院時の身元保証人及び連帯保証人について、URL:m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1097086975一番上の回答者様の身元保証人であれば相続放棄するっていう意味が分かりません。
連帯保証人だと署名押印で、債務の弁済をしなければならないのは分かります。
しかし、相続放棄となると、本人の債務のみが対象であり、身元保証人=相続人でないため、どうリンクしているのか理解できません。

回答ってのは、その質問のケースで答えていますこの質問の場合、質問をしているのは入院している人の子供=相続人ですだから、相続放棄をしたらいいと答えているのですですが、先の質問の回答者の方は、身元保証人には滞納した入院費を支払う義務がないと考えているようですが、世間一般的には、身元保証人とは、その人の「身元」を保証する人だから、その人が何らかの迷惑をかけたときには弁償する義務が生じてきます質問の例では、身元保証人とは別に連帯保証人がいるので、連帯保証人のほうが支払い義務は強いですが、連帯保証人が払わないとなると、結果的に身元保証人に支払い要求が来るでしょうその場合、相続放棄していても払うことになります

2016/11/7 10:54:15

連帯保証人について質問します夫の弟夫婦が毎年一回連帯保証人と騒ぎをおこします。
引っ越すからアパートの連帯保証人になって…携帯を買い換えたいから連帯保証人になって…家を買って、半年。
太陽光にしてIHするから連帯保証人になって。
何の病気でしょう。奥さんは、携帯に連帯保証人を入れないと携帯も機種交換も出来ない、お金に緩い人です。
そんな弟夫婦の連帯保証人なんかやりたくありません。
捕捉ですが義理の弟は、婿に行きました。
嫁の両親には連帯保証人の話はしません。

そんな馬鹿な人の保証人(特に連帯保証人)には、兄といえども絶対になってはいけません。
保証人にならない選択をしている質問者様は常識あるきちんとした人だと思います。
携帯の買い替えに、普通は保証人なんて要りませんよ。
保証人が必要だなんて、よほど以前にブラックなことをやらかした人なのでしょうか?また、不動産関係のローン支払いの保証人に関してはお金を払って保証協会等にお願いするのが昨今の常識だと思います。
とにかく「一生、あなたたちの保証人になることはないからこちらに話を持ち込むな!」と宣言しておいたほうがいいですね。
それでキレられても、そんな人たちと少しでも疎遠になれれば儲けものですからむしろ怒らせて、向こうから絶縁してもらいたいものですね。

2014/6/10 12:06:02

住宅ローンの連帯保証人死亡時について教えてください。
住宅ローンを組む際に当時、妻と父に連帯保証人になってもらいましたが父が昨年末に死去しました。
それからバタバタしておりまして銀行にも連絡していなかったのですが連帯保証人の1人である父が死亡した場合はどのように引き継がれるのですか?ちなみに私には同居している年金生活の母と嫁いだ姉がおります。

銀行に言わなくてもわかりませんし、言えば連帯保証人を変更するように依頼されるかも知れません。
なぜ保証人が必要だったのか。
年収などの理由によるもので、当時よりも年収が上がってれば求められないこともあります。
お父さんは住宅の共有者ではないですか?そうだとしたら、別の回答もあります。

2017/7/12 07:44:37

父は土地の名義人でした。
まだ名義変更も済んでおりません。
>

連帯保証人について皆様のご意見を聞かせてください。
前日、主人の兄から保険代理店を開くので主人に連帯保証人になって欲しいとお願いをされました。
一度は断りましが、再度連帯保証人についての説明を受け、迷惑はかけない、信用してくれと言われたのですが、主人は家族のことを考え了承はしませんでした。
そうしたら、義兄は「俺はそんなにお前から信用がないのか」などこっぴどく叱られたそうです。
状況を簡単にまとめますと◎私、主人、義兄は、共に40代。
私達は中学生二人の娘と四人暮らし。
一方、義兄は独身で両親と同居。
◎義兄は温厚で真面目な性格。
二人の娘も良くなついていて、面倒見のいい方です。
◎保険代理店は連帯保証人を立てることが条件で、両親は同居の為保証人にはなれません。
確かに私達は連帯保証人のイメージだけで拒否し義兄の立場を失念していました。
しかし、仲の良い兄弟間なら連帯保証人になるのは普通なのでしょうか?長文になりすみませんが、ご意見をお聞かせください。
補足主人の実家との話し合いの時、私も行きたかったのですが、断るつもりでいた主人は私にもいろいろ言われるのを心配し一人でいきました。
その事もあり、義父に「もう一度、二人揃ってこい」と言われてます

連帯保証人といってもピンからキリまであるでしょう。
就職したり、マンションを借りるのでさえ、保証人が必要な場合もあります。
肉親なのに、何でも「保証人」の一言で断ったら、就職もマンションを借りることもできないことさえあるわけです。
保証人になった場合のリスクはどの位のものか、説明を受けましたか?保険の代理店くらいなら、あまり深刻なリスクはないのでは?また、両親の応援もあるようですから、万一の時は、両親が責任を負ってもらえる約束をしてもいいでしょう。

2014/4/30 10:21:22

奨学金の返済中に、連帯保証人が死亡したら一括で残りを払わなきゃいけないんですか?私の両親が、奨学金の保証人になっています。
奨学生の親が連帯保証人ですが、年がいってからの子供なので、普通の大学生の親より十歳くらいは上だとおもいます。
今年大学に入り、卒業してから払い初め返済を終えるのを考えると二十年後くらいだとおもいます。
その間に連帯保証人が死亡したらどうなるんですか?一括返済などになったらもちろんできないから自己破産。
そしたら、保証人にきますよね?絶対迷惑かけないと言われて、兄弟なので細かい説明うけずに信用して保証人になったみたいですが、私は心配です。
若ければなかなかない、連帯保証人が死亡する可能性があります。
代わりの連帯保証人がみつからなかった場合一括返済になってしまうのですか?補足回答ありがとうございます代わりの連帯保証人なんてなかなかみつからないとおもいます。
見つからなかったら一括なんでしょうか?親戚だから、どのような根拠で絶対迷惑かけないと言っているのかも、聞きずらく、私の両親の話ですので、私が、口だすのも変なので、奨学生の一家(私には叔父叔母奨学生が従兄弟)にはききずらいです。
ただ、将来連帯保証人が(現在60歳)長生きするとは限らないので、いなくなった場合どうなるのか不安です。
奨学生には兄弟はいないです。
新たな連帯保証人はみつからないとおもいます

人的担保として連帯保証人をつけることが条件のものはありますが、特約などで連帯保証人が死亡したら一括返済するという特約はおおよそ存在しないと思いますねもし、連帯保証人自体に疑いがあるのであれば審査段階で2人つけるとかしますし契約書などをもう一度見てみてください

2018/5/3 09:56:02

連帯保証人について質問です。
今日住宅供給公社から家賃納付指導依頼書というものが届きました。
居住者に財産があるのに、連帯保証人が支払いをしないといけないのでしょうか?滞納している居住者は夫の元嫁です。
夫が離婚する際に住宅の連帯保証人になったようで、この書類が届いたようです。
離婚する際に住宅を引き払えば良かったのですが、元嫁が実家に戻るのを嫌がり、元嫁の両親も連帯保証人になることを拒んだため、離婚話が進展しなかったので、仕方なくその住宅の連帯保証人になり家を出たそうです。
夫と元嫁の間に子供はいません。
私たちが知り合ったのは夫が離婚してしばらくしてからですので、離婚問題に私が関係している事はありません。
ちなみに今私たちが住んでいるところと、元嫁が住んでいる住宅は車で5分ぐらいしか離れておらず、生活圏が同じため目撃することが度々あります。
連帯保証人となっている以上は滞納家賃の支払いをしなければならないと思いますので、保証人なら仕方ないという回答だけはご容赦下さい。
それでは質問ですが、①滞納家賃額が330400円(31月分)です。
31月といえば2年以上滞納していた事になると思いますが、何故今頃届いたのでしょうか?こんな金額になる前に住宅供給公社は連絡する事は出来なかったのでしょうか?②その住宅は元嫁一人で住んでいることになっているはずなのですが、住宅供給公社には何も言わずに男と同棲しているようです。
これは契約違反にはならないのでしょうか?(住民票を移しているかはわかりませんので違反かどうかわからない?)③元嫁は家賃を滞納している期間中に新車を購入しているようです。
名義は誰のものかわかりません(その男のもの?)が、その住宅に停まっていますし実際に元嫁が運転しているのも見ています。
家賃の支払いが出来ないのであれば財産として車を差し押さえたりする事は出来ないのでしょうか?④仮に全額支払いをしたとして、滞納金額がなくなったあと、元嫁はそのまま住宅に住み続けることができるのでしょうか?それでは、今回のようなことが繰り返されるだけだと思うのですが・・・住宅を強制的に追い出す事は可能なのでしょうか?連帯保証人をやめたくても、元嫁はそういう話がまともにできる人間ではないので連帯保証人をやめることができません。
支払わなければならないとしても、上記のような事があるので納得がいかないのが本音です。
何か対処できる良い方法はないでしょうか補足早速の回答ありがとうございます。
追加で質問なのですが、私たちの住んでいる家も住宅供給公社が管理している建物なのですが、私たちが元嫁の滞納した家賃を払わないと今の家を追い出される事はあるのでしょうか?夫の通帳から毎月引き落としがあるので、引き落とし分だけは残しておきたいのですが、やはり通帳に残っていると差し押さえられてしまうのでしょうか?

賃貸契約の連帯保証人ですから相手側に余程の落ち度がない限り請求は免れません。
預金の差し押さえ等をご心配されていますが、差し押さえというのは相手側が裁判所に申立て、勝訴の判決をもらい、そうして「債務名義」というものをとらなければ差し押さえはされません。
それに口座のある銀行も相手が探し当てなければなりません。
こちらから申告する必要はありません。
ご心配されている通帳などからの差し押さえを警戒するよりも勤め先の給料から差し押さえられるので無駄な努力となることが多いです。
まず貴方様、ご主人様がしなければならない事は住宅供給公社との話し合いです。
このままご主人様が素直に支払うだけでは問題は解決いたしませんので賃貸借契約書を見せてもらってください。
そこには「賃料◯◯ヶ月滞納すると契約解除とする」と記載されていると思います。
それを理由に住宅供給公社に契約解除をするようにうながし、それをしないのであればこれ以上連帯保証は出来かねるという事を話し証拠を残す意味でも同じ内容の内容証明郵便を住宅供給公社に送っておきます。
そうすることによって信義則上これ以上の家賃滞納金の請求は免れる事が裁判で認められる事があります。
延滞賃料の支払いも話し合いの上で分割にするか長期にわたって契約を解除することなく放置したことを理由に減額などの話をされたほうがよろしいかと思います。
訴訟になってもこの場合は無駄な時間とお金がかかりますので極力避けるべきだと思います。
しかし連帯保証人でも払いっぱなしではなく求償権というものがありますので元妻へ請求できます。
33万円ですから少額提訴で一日で判決をもらえますので、それで債務名義をとり元妻の働き先の給料を差し押さえるか車などの動産を差し押さえれば回収は容易だと思います。
ただ差し押さえ等は裁判所はしてくれませんのでご自分で手続きなどはしなければなりません。

2011/7/24 20:20:26

旦那の連帯保証人になることについて。
私は専業主婦で、この手の話は一般人並みにしか知らないので教えて下さい。
旦那の実家は資産家で、旦那自身はサラリーマンをしながらもお義父さんの税金対策に協力したり、色々としていま す。
詳しくは知らないのですが、主には不動産で税金対策しているようです。
私も最初はびっくりしたのですが、旦那が銀行に用があるというので付いていったら、銀行に入るなり支店長がお出迎えにきて、応接室に通される感じです。
こんな世界があるんだなあって私はポカーンとしているだけなんですが。
そしてこの度、税金対策の一貫で、賃貸用不動産を親子間で売買するようで、そのための融資を銀行から受けるそうです、銀行は某メガバンクです。
そして、どうやらその融資を受けるときの連帯保証人に私がならなければいけないようで・・・旦那曰く、「この金利で融資受けるなら、配偶者がいる場合は連帯保証必須なんだよー。
まあ、離婚対策ってやつだね、離婚したら妻に財産分与で持ってかれるから(笑)」ということです。
旦那は誠実で倹約家、そういうことで嘘はつかない人と信じてます。
何億っていうお金の連帯保証なので正直怖くて、旦那から色々聞いているものの、不安でたまりません。
ちなみに、旦那から何度も説明受けてるのは以下のようなことです。
・親子間売買だから、時価の6割程度(経費控除後の利回り8%)で買ってる、借入期間も30年だから返済計画はかなり安全。
・賃貸収入に対する返済比率は4割くらいだから、よっぽど空室が出ない限りは返済には困らない。
※都内の山手線沿線で、最寄駅から徒歩5分、築8年の賃貸マンションです。
・万が一俺が死んでも、親父の会社で管理をしているから、管理はそこに丸投げしておけばいい。
・火事になって建物が亡くなっても、土地で売却すれば返済してお釣りがくる。
建物の火災保険もおりる。
こんな感じです、「絶対」はないけど、とにかく一般的な不動産投資に比べたら極めて安全とのこと。
それでも不安で、「もし、急激な地盤沈下で、建物と土地が巨大な穴に吸い込まれたら!?」って聞いたら、「そうなったらお手上げ(笑)」と言ってました。
旦那のことはもちろん信じたいのですが、とにかく私ごときがそんな億単位の連帯保証人になるなんて不安で不安で。
この手の話に詳しい方、この話が安全なのかどうか教えてくれませんか??ちなみに、もし私が断った場合、もっと金利の高いところから借りなければならないようです。
ちなみに、今借りようとしているのは10年固定で0.6%とのことです。
もし危険だと言う意見があれば、具体的な内容も教えてください。

税金対策というには法人税に対してですか?それとも相続税?仮に夫が亡くなったあと相続をするか一部するか放棄するか選べますが連帯保証であればその物件に対しては絶対的責任がついてくるので相続放棄できませんからよほどご自身に財力があるとかでない場合はおやめになったほうがよろしいと思います仮に高い金利のところになっても回していける算段ならばそのほうがご自身への将来リスクは低いと言えます変な話 離婚となった場合でも連帯保証人はついて回りますよくよく考えてご決断されたほうがよろしいのではないでしょうか

2017/2/2 17:19:30

相続税です。なんかおどかすようにそれらしいこと仰ってますが、素人の私でも知ってるレベルのことが返させてください。財力といいますが、住宅ローンと違って返済原資は賃料ですよね??賃料収入に対する返済比率は4割です、かなり安全じゃないですか?銀行もバカではないので、返済が滞れば専業主婦の私に取り立てるより、賃料債権を差し押さえにくるのではないでしょうか??離婚した場合も同様です。銀行からしたら賃料債権を差し押さえれば済むのではないでしょうか??賃料債権を差し押さえるよりも、私相手に取り立てる理由があれば教えて頂けないでしょうか?>

連帯保証人で必要な印鑑証明というのは、実印を押してもらうという意味ですか?連帯保証人になってくれる人は契約時に「本人同席」か「印鑑証明」する必要があると聞いたんですが家族は忙しいんで同席ではなく印鑑証明の方を選択したいんですが本人の実印を必要な書類に押してもらえば良いって事でしょうか?どういう流れなのか分からないんで教えて下さい。

連帯保証人の実印を持ち出せないのであれば、契約書類を家に送付してもらい、先に連帯保証人の記名、実印の押印をしてもらいます。
連帯保証人の記名、実印の押印された契約書と印鑑証明書を持っていき、貴方が記名、押印して相手方に渡せばいいです。
印鑑証明書は役所で発行してもらうものですが、実印の押印とセットになります。
これが実印である証明だという以外に、実印を勝手に持ち出したり、勝手に違う書類に押印されることもあり得るので、そういうことを防ぐ為にセットで使われます。
本来のやり方は、相手方の目の前で記名、押印と連帯保証人の印鑑証明の提出が基本ですが、賃貸契約などの連帯保証人の場合などは、連帯保証人の承諾の有無の電話確認と事前の記名、実印の押印、印鑑証明書の提出で済ませることがあります。
(実務ではこちらの方が多い)

2018/5/10 16:51:55

連帯保証は随伴性はありますか?

連帯保証とは、あらかじめ合意で保証債務の補充性を排除するという特約のついた保証であり、連帯保証人は、債権者が保証債務の履行を請求してきた場合に、催告の抗弁や検索の抗弁を主張することができません。
また連帯保証には分別の利益が認められていないので、連帯保証人が複数いる場合でも、各連帯保証人はそれぞれ主たる債務全額について履行する責任を負います。
これは余談になりますが、単純保証の場合も主たる債務者が破産した場合に責任を免れることがてきません。
また、主債務者の破産によって保証債務の補充性は失われます。
すなわち、主たる債務者が破産手続き開始の決定を受けた時は、保証人は債権者に対して抗弁を主張することができず、検索の抗弁についても、保証人の側で主たる債務者に弁済する資力があることを証明する必要があるので、主たる債務者が破産したは、当該抗弁を主張することができなくなります。

2017/8/27 13:50:51

-連帯保証

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?