連帯保証

裁判になってから、「連帯保証人の署名と押印は自分ではない」と主張...連帯保証

連帯保証人について教えてください。
もうすぐ、借家の賃貸契約の更新を迎えるのですが、連帯保証人の署名と実印の押印、勤務先記入を求められました。
いま、身内とは疎遠で頼めなく、友人に連帯保証人を頼める人もいなくて困っています。
今の借家は10年以上住んでおり、今まで更新の度に連帯保証人は変更無しと言えば済んでいました。
しかし、この度、書類提出をもとめられてしまいました。
ちなみに、今まで家賃滞納はしたことなくトラブルも起こしたことがありません。
会社員で、家賃の前納をする支払い能力もあります。
乗り切る方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、知恵を貸して下さい。

通常は簡単に一度なった連帯保証人を変更する事は余りしないのですが。
亡くならない限りは無職になろうと連帯して債務を負うのですから確認することに意味はあるのかな?と思います。
なので、うちの会社では更新時の連帯保証人のサインなどは省略してます。
契約時に連帯保証人引き受け承諾書を頂いているのでそれが更新してもずっと使えますしね。
もしかしたら最近は保証会社に加入するのが主流になってきていてへたな連帯保証人より余程、安心なので改めて連帯保証人のサインが貰えないときは保証会社に加入させたいのかもしれませんよ。
なので、連帯保証人をやめたいと言われてもないのに最初の契約書を元に更新するものを一々連帯保証人のサインを求めるのはどうしてか?と聞くといいと思いますよ。
そんな何度もお願いしたら断られる可能性もあるし断ったらその連帯保証人は連帯保証人を止めることができるのか?連帯保証人は一度なったら簡単にやめられないと思っていましたけど。
とね。
最終的には保証会社に加入して欲しいみたいな話になるような気がするのでサインを貰うのは拒否して大丈夫だと思いますよ☆

2017/3/4 23:41:28

実際、連帯保証人に頼みに行けたとしても
また署名、実印押印を求めるという事は
それに応じなければもう連帯保証人じゃなくなる。
と思われても仕方ないですよね。
その場合はどうなるのか?
連帯保証人じゃなくなるんですか?
って管理会社に聞いた方がいい。
無責任に余計な事を求められたおかげで
連帯保証人がいなくなってしまう入居者の身にもなって欲しい
ですよね☆>

住宅ローンの連帯保証人についての質問です。
現在妊娠9ヶ月目のできちゃった婚で仕事を辞め専業主婦をしています。
独身時代にエポスガードでショッピングとキャッシング払いを借り入れし借金が196万になりました。
その時は弁護しさんに相談をし任意整理をしてもらい毎月決まった金額で支払っていたのですがすぐに妊娠してしまい仕事を辞めなければいけなくなり借金が払えなくなりこの度自己破産に進みました。
借金をした理由は実家で飼っている2匹のペットが病気になり手術の費用です。
夫には内緒で自己破産の手続きを進めていたのですが子供が産まれることによって彼の両親が一軒家を買うことを進めてきました。
夫も賛成し彼の両親が信頼している銀行を紹介され、更に書類を渡され、その紙には夫の連帯保証人として生を記入してほしいと書かれていました。
本来でしたら隠さないで夫に話したいのですが今さら言えず…このまま隠していきたいと思っています。
(夫の前にお付き合いしていた人が借金をして苦労していたので自分もとは言えず…)ただ書類に夫の連帯保証人として審査が通るのかと、夫の両親をとおして銀行さんと連携しているので夫の両親にもばれないかの心配もあり質問させていただきました。
因みに自己破産は今月の末にします。
ここまで甘い考えできてしまった自分に容赦なくい割れても仕方ありません。
よろしければ解答お願い致しますm(__)m

自己破産の申し立て前に連帯保証人の申し込みをするのは借金を申し込んでるのと同じですから自己破産の免責自体に影響します。
勿論弁護士さんに受任され金融機関に介入通知が行った時点で信用情報はいわゆるブラックですから連帯保証人の審査に通る訳がありません。
銀行は知り得た情報を第三者に漏らす事は基本的に有りませんが知り合いだと確約は出来ませんね。
今妊娠9ヶ月だと裁判所への免責審尋出廷などは大丈夫なのですが?

2017/11/10 07:18:20

回答ありがとうございます。まだ書類を提出していないので旦那に相談をしてみます。裁判所には今月にいきます。>

連帯保証人になっていて、しかも債務者である本人が死亡して相続人にもなってしまった場合、どうなりますか。
連帯保証人と相続人が同一になってしまった場合です。

払わなくてもいいのは相続放棄と自己破産の時だけです。
相続人は相続放棄でなしにできますが、連帯保証人は代わりの保証人を見つけない限り自己破産するしか支払いを逃れるすべはありません。

2017/6/28 07:33:44

連帯保証人の解除についてメンテナンス業のA社に勤めておりました、A社は従業員が2人と小さい会社でした。
新規材料屋B社と取引するにあたり連帯保証人が必要だと選択余地もなく判を押すことになりました。
現在A社を退職し職を探している状況で連帯保証人になった材料屋から内容証明で連帯保証人になっていることお知らせが届きました。
仮定ですが現在A社からB社への支払いができている場合、連帯保証人の変更は可能でしょうか?また現在、私は職がない状況で支払い能力がなく、取引契約は選択余地のない状況だったとB社に相談すれば宜しいでしょうか?私の安易な判断で判を押してしまったのは承知しております。
アドバイスありましたら宜しくお願い致します。

まずそれは連帯債務なのか?それとも連帯保証なのか債権者にとって一番強力な手段が「連帯債務」です。
連帯債務とは、数人の債務者がそれぞれに全額の支払い責任を負う債務です。
債務者は、その債務者の一人に対し、又は、同時もしくは順次に総債務者に対して全部又は一部の履行を請求できます。
連帯債務の生じる原因は、法律上当然に連帯債務となる場合(民法44条、719条、761条、商法23条、80条、192条、203条、511条、537条、579条)など、いずれも共同で事業をする時や事業に関与する場合に多く生じるケースが見られます。
これは当事者の特約で連帯債務となりますが、一般的には連帯保証が多いようです。
ところであなたは今までに1円でもB社に対して、その債務を弁済しましたか?もしそうであれば、それは「追認」にあたり保証債務を認めてしまったことになるので、解除・取消し・無効・変更をする上で、絶対にしてはならないことなのです。
これらの手段には、「錯誤」「詐欺」「強迫」を主張して対抗するしかありません。
例えば、「連帯債務者の一人に無効・取消しの原因がある時」?連帯債務者の一人に契約の無効原因(例えば重大な錯誤(民法95条)がありながら連帯債務者になってしまった時)があっても、他の者が負担している連帯債務は有効とされ、契約の取消しの原因(詐欺にあった(96条)があっても同様です。
「連帯債務者の一人に請求した時」?債権者Aが連帯債務者BCDのうちBだけに「支払え」と要求すれば、CDにも要求したことになる(主債務者であるA社も当然)その結果、Aとの間の時効中断(民法147条)が生じるだけでなく、CDに対しても時効が中断します。
履行の要求に対しては、その他に、解除権の発生(民法541条)・履行遅滞(同412条3項・415条)が共に生じます。
「連帯債務者の中に返済できない者がいる時」?その部分を他の財産のある者が、従来の負担の割合に応じて分担しなければなりません。
もっとも返還を要求した者に過失がある時は自分で負担しなくてはなりません。
尚、連帯保証人には催告・検索の抗弁権はありません。
(保証人が、主債務者と連帯して債務を負担した時)商売上の連帯債務・保証・損害賠償などの時効は5年です。
このように読んで頂いてもちょっと解りにくいと思います。
特に素人にとって債権問題は、難し過ぎますね!やはり弁護士(法テラスなど)に相談するしかありません。
根保証契約や求償権などについても詳しく説明してもらって下さい。
なんとか無効、取消しなどができますように!

2017/12/23 18:27:06

回答有り難う御座います。連帯保証人が私1人で保証人が社長になります。1円も弁済はしておりません。なんとか解決したいものですm(_ _)m>

県営住宅の連帯保証人について。
1週間ほど前に主人の両親から県営住宅に当選したから名前を貸してと電話が主人宛にきていたらしく、名前を貸すだけならと主人が返答したみたいですが、昨日、また電話がきて話を聞くと保証人になってほしいとのことでした。
調べてみると『保証人』ではなく『連帯保証人』がいるとのことで(実印や実印証明書もいる)、私としてはこちらの生活もあるし連帯保証人になりたくないのが本音です。
絶対に迷惑をかけないと言ってますが、連帯保証人になった時点で何かあったらこっちに来ますよね。
絶対に迷惑をかけないなんて無理な気がします。
また、主人の両親以外に家族で長男が一緒に暮らしてますが働いていなく、正直、主人の両親がこの先亡くなったとしたら支払い能力がない長男の家賃を払わざるおえないというのが想像できる現状です。
そこまで想像できる連帯保証人なんてやりたくないと言うのはダメなんでしょうか?

同じような話で悩まれる人は多いと思いますが、結局、断るのが正解です。
連帯保証人は法律上は借主と同等ですが、実質は借主は逃げれますが連帯保証人は逃げられないのです。
結局、背負わされるのです。
そして借主さんたちは悠々と暮らします。
将来、そのようになる可能性がある契約にサインなど出来ましょうか?断る事で人間関係が崩れる事と家賃を背負う事とどちらを選びますか?かつて私にも同じようなケースがあって、私は悩んだ末に断りました。
その人とは切れましたが、その人はその数年後に亡くなり、私は断って良かったと思いました。
もしサインしていたらと思うとゾッとします。

2017/5/13 21:01:28

よろしくお願いします。
当時付き合っていた彼氏が店をやりたいので連帯保証人になってほしいと言われなりました。
ところが2年ぐらいで店を辞め、私も彼と別れました。
連帯保証人の事を聞くと店辞めたから連帯保証人抜けたから大丈夫と言われ安心していましたが、最近になって知り合いの不動産屋から電話があり、滞納しているとの電話が。
事情を話すと、まだ連帯保証人になっていて、又貸ししてるんぢゃないかと言われました。
連絡も取れないので連絡してほしいと…彼は地元には居ないので電話した所保証人を変えるからとは言ってから一年以上たちます。
今は滞納は無いようですが、不安でしかたありません。
連帯保証人を辞めたいのですが、大家さんに直接話しをしに行ったほうが良いのでしょうか?

連帯保証人自らの解除は出来ません。
法的にも督促が来たら逃れることは出来ません。
外れることを願い出て承諾してくれる場合もあるかもしれませんが、貸主の立場としては了承しづらいと思います。
ただ事情が事情なので、説明をして話し合える可能性はあると思います。
そもそも転貸は認められた契約なのかも気になるところです。
契約書で確認した方が良いと思います。
転借人が家賃を払っていて滞納があれば賃借人に連絡が行き、同時に連帯保証人にも連絡が来るかもしれませんが、賃借人が応答しない場合はすぐに連帯保証人に来ると思います。
私なら、事情を説明して、自分の知らないところで転貸が行われた・・・転借人を契約者にしないのか・・・契約者が変わるなら連帯保証人から降ろしてくれ、とお願いしてみます。
認められるかは分かりませんが。

2018/4/21 17:54:56

konさんありがとうございます。やっぱり解除は出来ないのですね。転貸は契約など一切なしで、上乗せした金額で貸しているようです。実は書面など一切もらってないんです。不動産屋に全て話しをしているのにもかかわらず、大家には言ってないんです。不動産屋に大家と連絡を取りたいので連絡先を教えてくださいと頼んだ所、連帯保証人は外れないから無理とだけ、一切教えてくれません。元々彼の友達なのでもしかして結託しているのかもしれないです。突然本人と話し合ったのですが、秋まで待てませんか?と言われ、取り合ってもらえません。動きようが無くなってしまいました。アドバイスいただいたのにすみません。ありがとうございます。>

連帯保証人とは、別の世帯で独立した生計を立ててる方じゃないとなれないのですか?病院の連帯保証人の書類にそう書いてありましたが、そうなのですか?

法律上(民法上)では原則誰でもなれます。
但し、指定をする事は禁止してないので、指定(範囲を定める)する事も出来ます。

2017/4/8 18:11:44

連帯保証人の制度が変わったと聞きましたが、どう変わったのですか?何十年も前から連帯保証人として支払をしていますが、それは免除とかにはならないのですか?

変わってませんし、今後変わってもすでに契約してるものは免除にもなりません。

2016/7/12 12:17:12

会社の連帯保証人について。
旦那が正社員になったときに保証人になってと言われ、保証人になりましたが、離婚することになり保証人を変更してもらいたいのですが、変更は可能でしょうか。
旦那とは離婚したら関わりたくありません。

「保証人を取った側」である会社が承認すれば可能でしょうが、あなたの意向だけではどうしようもありません。

2018/2/23 09:47:41

裁判になってから、「連帯保証人の署名と押印は自分ではない」と主張していますが、過去の督促時において一度も否定していない場合、この連帯保証を追認したとして認めさせる事は不可能でしょうか?事実関係①書類は主たる契約者が持ち帰り、連帯保証人に署名押印して貰い提出した②債権者は連帯保証人として署名の個人契約携帯電話に連絡し連帯保証の承諾を取った③主たる契約者が債務不履行したため連帯保証人に請求した際、保証の事実は否認せず「主たる契約者と相談する」「主たる契約者に返済させる」等の回答をしている。
④連帯保証人が主たる契約者に代わって返済した事実は一度も無い⑤裁判になるまで、連帯保証人を否認した事実は一度も無い債権者は何れの債務者からも返済が無いので裁判を申し立てた(主たる契約者が所在不明の為連帯保証人に対して)そうしたところはじめて連帯保証人が、書類の署名押印と連帯保証人承認を否定してきました。
この場合債権者は、署名押印がもし別人であったとしても、電話確認時および督促時に明確に否定していない事を「追認した」として主張する事は出来ないのでしょうか?法律に詳しい方、是非教えてください。
宜しくお願いします。

契約書の署名が連帯保証人の署名でないことが立証された場合について述べたいと思います。
貴殿は、追認とおっしゃられており、それは無権代理の追認のことだと思われますが、その主張によれば、主たる債務者が直接連帯保証人の氏名を用いて契約書を作成した署名代理が行なわれたこと、それを踏まえ、その行為が無権代理であるから、連帯保証人が追認したことを理由に連帯保証契約が遡って有効になったことが前提になります。
ですが、署名押印が別人であるとの主張に対する反論としては、いきなり無権代理の追認というよりも、契約書作成時に連帯保証人は、主たる債務者が連帯保証人に代わって署名することを承諾していたというのが最初にしたほうがよいと考えます。
そして、電話確認による連帯保証人の意思確認というのは、無権代理の追認ではなく、むしろ主たる債務者が連帯保証人に代わって署名することを承諾していた事実を立証するものであり、連帯保証債務履行請求にあたっての連帯保証人の対応については、連帯保証人がはじめから連帯保証の意思があった場合、無権代理行為の追認をした場合のいずれの事実にも当てはまる事実です。
ただ、いずれにしても、訴訟においては、貴殿が仰られている事実について証拠があるかどうかです。
連帯保証人が貴殿の主張を否認すれば、貴殿が立証する責任を負いますから、電話による意思確認については、録音されていたものが残っていれば、よいのですが、それがなければ、貴殿が確認した具体的な日時、やりとりした詳細な内容を陳述書や本人尋問によって立証し、それを信用してもらえるかどうかという問題です。
保証の事実を否認せず「主たる契約者と相談する」「主たる契約者に返済させる」等の回答をしているという事実についても同様です。
訴訟となれば、結局のところ、連帯保証人の保証意思の存在を立証する証拠を裁判所に示せるかどうかということにつきることになります。

2012/5/3 21:53:25

-連帯保証

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?