返済期間

政策金融公庫で借りている親戚の連帯保証人になっています。昨年その...返済期間

リフォームを返済期間10年以上のフルローンで工事を行った場合、受けられる制度は住宅ローン減税とローン型減税ですよね?県の耐震助成金制度を利用して耐震工事と省エネ工事を行った場合、ローン型減税、住宅ローン減税では省エネ工事しか受けられないですよね?ローン型減税と住宅ローン減税は併用できず、住宅ローン減税の方が控除額が大きいから住宅ローン減税を選んだ方がお得ですよね?

五輪で建設ラッシュでリホームに携わる労働者の質がすごく悪くなっている。
欠陥リホームの可能盛大。

2017/3/20 18:28:31

親子間の金銭貸借契約の返済期間短縮と、返済計画の提出を求める文書が、連名の方の有印(連名の方は知らないと言っています)で送付されてきました。
有印の文書偽造でしょうか?また、お返事はするべきでしょうか?宜しくお願いします。

私文書偽造の対象となる私文書とは「権利義務に関する文書又は図画、事実証明に関する文書又は図画など」ですから、今回の返済期間短縮と、返済計画の提出を求める文書はこれにあたらないと思われます。
>お返事はするべきでしょうか? こちらについてはご自由に。
ただ、返済計画について説明もとめられているということは、あなたの資力や信用に不安があると思われているのでしょうから、返済計画については明確に示しておいた方がよいのでは。

2011/5/18 17:55:16

『国の教育ローン』を申し込む場合の質問です返済期間中に定年を迎えてしまう場合採用される可能性は下がりますか?『国の教育ローン』に詳しい方が居ましたら回答お願いします

国の教育ローンの返済期間は15年です。
20でお子様生まれた方は今の時代、少数ですよね。
借入される際にすでに40代、50代の親御様です。
その時点から15年と考えると、サラリーマンならばほとんどの方が定年してしまいますよ。
また、ご両親だけでなく、学生本人の祖父母も借り入れ可能可能です、それから考えると、定年を迎えるということは問題ないのではないでしょうか。
憶測でしかないですが、祖父母であっても借入時に収入があるのであれば借りられる制度ですから、定年は関係ないと推測します・・後、国の教育ローンの借入者の割合は50歳以上の方が約半数ですし、55歳以上の方2割弱いますよ。
(日本政策金融公庫の資料より)返済期間中に定年は関係ないと思います

2015/2/3 19:19:13

住宅ローンについて質問します。
月々の返済額がそれほど負担でなければ、頭金をたくさん入れて返済期間を短くするのと、頭金を少なくして(手元に現金を残しておいて)返済期間を長く設定するのとでは、どちらが良いのでしょうか?将来的には田舎に戻るため、転売も考えています。

私は、それほど負担がなければ、『返済期間を長く設定するのもありだと思う派』です。
例えば、ローン金利が1%を切っている場合、(借入金の上限はありますが)ローン控除は1%なので、金利以上が控除として還付されます。
無理をして、頭金をたくさん入れて自分の預貯金を減らすより、良いと思っています。
あと、将来のお金の価値も関係してくるように思います。
今の1万円が将来同じ価値で扱われているのかという点です。
今から30年前の1万円の価値は、現在の3倍だったという話を聞きます。
お金の価値が変動するのであれば、頭金を少なくして残りを他で運用し(金利以上の運用が必要です)後で繰り上げ返済などに活用するのも良いのではないのでしょうか?私の場合、頭金を少なくしています。
10年固定の0.99%で借りています。
(約3000万円)金利以上に還付されるので、10年間は控除の恩恵を享受してその後、繰上げ返済していく予定です。
運用先は外債を使っています。
20年債(割引債)で年利約4.5%(複利)10年後の金利が4.5%以下であれば、繰上げ返済せずそのまま持っている予定。
必ず時も頭金を多くつぎ込む必要はないと私は感じています。

2013/3/3 12:33:05

住宅ローンを残り10年程で終る予定で借りているんですが、毎月の返済額を少なくして返済期間を長く変更することは可能ですか?

銀行のローンって、甘い条件を厳しく変更するのは簡単にできるけど、その逆って難しいですよ。
だから、普通の人はあえて期間を長くして借り入れを行い、繰り上げ返済をして期間短縮などをしていくんですが。
つまり、貴方のいう「毎月の返済額ダウン 期間延長」は難しいです。
強いて言えば、返済が厳しい等の特別な事情があれば応じる場合もある程度。
それだって、返済が厳しい理由をきちんと証明して期間延長すれば解決できることが条件本当に厳しい状態の人でないとハードルは高いです。

2018/1/8 15:57:16

住宅ローンの計算について、借入金額2500万円、そのうちボーナス返済が800万円、金利2.5%、返済期間25年(ボーナスは年2回とする)とした場合の月々の返済額とボーナス時の返済額はいくらか教えて下さい。

月々 約76265円×12ボーナス 約216141円×2

2018/5/23 13:13:07

新車を購入します。
総額230万円で50万円ほど頭金をいれて残りを関西アーバン銀行で借りようと思います。
キャンペーンをしているようで変動金利ですが1.4%~とHPに書いています。
返済期間は7年か10年にしようと思います。
年収700万円の場合金利は何%くらいになるでしょうか?また、申し込みから車屋さんへお金が振り込まれるのにどれくらいの期間がかかるでしょうか?どうぞ宜しくお願いいたします。

返済期間は最長で8年ですから10年は無理です。
金利は変動タイプと固定タイプがあります。
変動は高くなるリスクを持っておりますので、固定のほうがいいでしょう。
んで、返済期間が5年以内の方・・・年2.450%?年4.050% の金利。
返済期間が5年超の方・・・年2.600%?年4.200% の金利ですから、あなたの希望通りであれば、後者のほうが適用となるでしょう。
審査は基本的に即日回答となりますが、急ぐのであれば、書類関係はご自身にて準備をなさってから審査申し込みをされるとよいでしょう。
見積書(注文書)、住民票、所得証明書、印鑑証明、印鑑など、銀行側が用意してくださいと言われるもの全てです。
(事前にお電話等で確認してください)審査通過後5日程度で決済(業者さんへ振り込み)ですね。
いずれにせよ借り入れには審査がありますので、お話はそれから…となります。
※年収が700万であろうとも、審査で落ちる場合もございます。

2016/7/18 11:46:01

住宅ローン 期間短縮で繰上げ返済した時の≪戻し保証料≫について詳しい方お願いいたします。
先月18か月分繰り上げ返済しました。
保証料の戻しは約17500円でした。
半年前にも36回分繰り上げ返済していたのですが、その時は約29000円でした。
10年固定で現在組んで1年半です。
なぜ??半年前に倍の期間分返した時の保証料戻しの方が少ないのでしょうか??時間が経って返した方が同じ期間分返済する場合≪戻し保証料≫は大きくなっていくのでしょうか??←これ普通は逆じゃないでしょうか??銀行関係など詳しい方、どうか解り易く教えてください。
よろしくお願いいたします。
補足回答ありがとうございます。
やっぱりそうですよね。
普通に考えて年数経過(3年分プラス半年)しているので、2倍しても今回の戻しの方が少ないはずですよね。
ん~・・では、半年前に3年分一繰している分元金が減っているためその部分のプラス効果が大きかったということですかね??〈マイナス部分は6ヶ月前なので小さいとして〉

ちょっとはっきりしないところがありますが、35年ローンで返済開始1年後に36ヶ月(①)、1年半後に18ヶ月(②)の期間短縮となる繰上げ返済をしたものとして、①の繰り上げ返済での36ヶ月の期間短縮は、1年経過後の時点で、残高を減らして返済期間31年(35年-1年経過-36ヶ月)のローンに組みなおした、ということです。
つまり、②の繰り上げ返済は、①で戻された分+1年経過分(+保証料返還手数料)を差し引いた保証料で、31年ローンを組んで半年経過時に繰り上げ返済をしたことになります。
全体の保証料は減っていますが、それよりも経過期間半年のほうが経過期間1年より差し引かれる保証料の割合が少なく、返済期間に占める短縮期間の割合が大きくなることの影響のほうが大きいため、質問文のような保証料返還額となっているものと思われます。
①の繰り上げ返済時に残りの返済条件が変更されているのにもかかわらず、①と②で当初からの経過期間・短縮期間を同列に扱おうとしているために話がおかしくなっているものと思われます。
①は35年ローン、②は31年ローン返済中の繰り上げ返済です。
質問文の趣旨の比較をするのであれば、①と①の繰り上げ返済をせずに②の繰り上げ返済を行ったときとで比較しないと、他の条件が違ってしまいます。

2010/8/13 09:25:01

住宅ローンで質問です。
ローンで変動金利を選択し途中金利が上昇した場合月々の返済金も上がるのですか?それとも支払い期間が伸びるのですか?宜しくお願いします。

変動金利は半年ごとに見直されますが、5年間は支払金額は変わりません。
元利均等の場合、その元金と利息の割合で調整されます。
毎月元金20000円、利息5000円で25000円返済の場合。
金利が上がれば、元金19000円、利息6000円で25000円と言うように。
そして、5年後に返済額が変わって見直されますが、125%ルールと言うのがあり、元の支払金額より125%以上にはならないと言うものです。
なので、ものすごく上がっても、とりあえずは125%以内です。
もし、そんな時は、借換や金利の種類を変更するなどするべきでしょう。
そして、その125%でも賄えないくらい金利が上がってなにもしなければ、返済期間が終わったとき残額を支払うか、期間が延びるかです。

2017/1/31 18:56:27

政策金融公庫で借りている親戚の連帯保証人になっています。
昨年その親戚と公庫が相談して、返済期間を延長して月の支払い額を少なくすることで合意したそうです。
その際に公庫の方からは連帯保証人たる私には何の連絡もありません。
数日前に借入本人から話しを聞いて、初めてこの事実を知った次第です。
要するに返済条件の変更ということだと思うのですが、こういった場合に元契約の私の連帯保証人としての責務は継続されるのでしょうか。

返済方法が主債務者にとって有利に変更されただけですから、連帯保証債務の存続には何らの影響も与えないと考えます。
したがいまして、質問者さまの連帯保証義務はこれまでどおり維持されます。

2014/9/17 08:50:21

-返済期間

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?