抵当権

根抵当権抹消の登記について 抹消登記を行いたいのですが、登記名義人...抵当権

根抵当権の元本確定前後の違いがよくわかりません。
確定前は随伴性がないというのが特にわかりません。
いろいろなものを読みましたがダメでした。
物語風に教えていただけると助かります。
どうかよろしくお願いします

こんばんはすでに回答がされてる通りなのですが一応ということで。
まず、抵当権と確定前根抵当権の違いを確認しましょう。
抵当権は付従性や随伴性がありますね?抵当権の被担保債権が弁済されると、抵当権は消滅しますし(付従性)、債権譲渡がされると抵当権も移転します(随伴性)。
これに対し、確定前の根抵当権は付従性や随伴性がありません。
つまり、被担保債権が弁済されても根抵当権は残ったままです。
また、被担保債権が債権譲渡されても根抵当権は移転しません。
では、なぜなのかを具体例でみてみましょう。
まず、A(飲食店)とB(卸業者:野菜等を飲食店に売っている会社)があるとします。
AはBから野菜等を買って(仕入れて)、顧客に商品を提供しています。
通常の個人間の取引であれば、物を買うときに代金を支払ますが、会社間で継続的に取引する場合には1か月に何度も仕入れを行ったりするので、その度に代金を支払うのは面倒です。
そこで、代金は月末締めの10日払いで一ヶ月分の代金をまとめて支払うという特約をつけていたりします。
しかし、そうするとBとしてはきちんと代金を支払ってもらえるのか不安です。
そこでAとBの間で行われた取引の代金を担保するために、AとBでAの不動産に根抵当権を設定します。
もし、これを根抵当権ではなく抵当権でやろうとするとどうなるでしょう?毎回仕入れを行う度に抵当権の設定をし、毎回代金が支払われる度に抵当権の抹消登記をすることになります。
これは現実的ではないですね?そこで、元本確定までは個別に債権が弁済されたとしても消滅しない根抵当権を設定するわけです。
とここまでは、付従性の話です。
次に、随伴性についてですが、これは付従性とも関連する話しなのですが、根抵当権の仕組みで理解してもらしかないかと思います。
確定前の根抵当権は被担保債権と結びつきがありません。
(全く別の存在と考える)元本確定した時に初めて、『確定時に根抵当権者が持っている債権(債権の範囲に該当する債権)』について根抵当権と結びつきができます。
確定前に債権譲渡で他の人が持っている債権は担保されません。
なので最初から被担保債権と結びつきがある抵当権と違い、元本が確定してみないと、根抵当権が実際にどの債権を担保するのかは、わからないのです。
たとえで説明すると、コップをイメージしてください。
コップが根抵当権です。
水が債権です。
極度額が大きければ、コップも大きくなります。
今、甲さんがコップに水を入れたり捨てたりしています。
乙さんがストップと声をかけた時にコップに入っている水が根抵当権によって担保される債権です。
ストップと声をかけるまでに捨てた水やこぼれた水は担保されないということです。
確定後の根抵当権については抵当権と同じように考えてください。
消滅請求等の細かい違いは、テキスト等で確認されるといいと思います。

2013/5/12 05:54:38

抵当権の消滅時効についてですが、396条の反対解釈で第三者取得者や後順位抵当権者との関係では抵当権者は被担保債権とは別に20年で消滅時効にかかる(大判昭151126)となっています。
行政書士のある過去問の解説ではこの判例を採用して後順位抵当権者と第三取得者を同じ地位としています。
一方で最判平111021では後順位抵当権者は先順位抵当権者の被担保債権の消滅より直接利益を受ける者に該当する者ではないから、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することはできないとして、後順位抵当権者と第三取得者とは地位が異なる判例もあるのですが一般的にはどっちの判例を適用するのでしょうか?日付だけを見れば後の判例をとるべきな気もするのですが....詳しい方がおられましたら解説をおねがいします。
私自身はまだ勉強をはじめて間がないので的外れな質問かもしれませんが、ご教授してくださると助かります。
よろしくお願いします。

この判決文を読めばお分かりになるでしょう。
↓www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/607/052607_hanrei.pdf抵当権が残っていると第三取得者が何を失うのか。
後順位抵当権者が何を失うのか。
おのずと答えは出るはずです。

2016/8/9 14:09:04

不動産登記法抵当権の実行による差押えとは何ですか抵当権の実行として裁判所の嘱託で登記が入る場合は以下①担保不動産 競売開始決定②担保不動産 競売による売却③担保不動産 収益執行開始決定どの事を言っているのでしょうかまた抵当権の登記の入り方としては①→②or③でしょうか?

抵当権による競売開始決定があると、裁判所は、その開始決定「に係る差押えの登記」を嘱託します。
収益執行の場合にも、この登記嘱託の規定が準用されています。
したがって、抵当権の実行による差押えの登記は①と③となります。
抵当権の登記が①→②となるのは通常ですが、①→③ということは通常ありません。

2018/4/11 16:56:49

休眠抵当権の抹消について。
大正元年に設定された抵当権の抹消を今進めています。
この抵当権者が個人であれば供託により抵当権の抹消登記を行うところですが、この度の抵当権者が法人であるため、供託による抹消はできないと法務局に言われました。
この抵当権者は他の法人に事業を継承することなく昭和初期に解散しており、その精算人の全てが死亡してます。
この場合考えられる手段は、抵当権者の特別代理人の選定を裁判所に申し立てし、抵当権の抹消裁判を行い、その判決書をもって抵当権を抹消する。
もしくは、新たに抵当権者の精算人の選定を裁判所に申し立てをし、抵当権の抹消する。
という2つの方法が考えられると思いますが、今回質問させて頂きたいのはその費用についてです。
私としてはこの度は特別代理人を選定し、必要書類・資料の作成及び収集も特別代理人にお願いするものとして、原告は弁護士をたてずに抵当権の抹消裁判を行いたいと考えております。
考えられる費用負担は、裁判所への申込手数料、選定された特別代理人への報酬だと思います。
裁判の回数や資料集めに係る費用など変動的な費用もありますが、上記方法にて抵当権の抹消裁判を行う場合の費用はおおよそいくら位かかるものでしょうか?

専門外なので詳しくは分かりませんが、分かる範囲でお答えします。
もしかしたら、農業会(農業組合)とか産業組合でしょうか?特別代理人ですが、恐らく裁判所の実務的な取り扱いとして弁護士以外は認められないのではないかと思います。
もし弁護士が選任されるとなると、費用は結構な額になると思います。
安くても50万円とか。
詳しくは裁判所に確認して見て下さい。
大体の相場を教えてくれると思います。
もしかしたら、清算人を選任した方が簡単かもしれません。
似たようなケースで抵当権者が消滅した法人のケースを知っていますが、そちらは清算人として抹消登記を依頼した司法書士にそのまま清算人に就任してもらい、抹消登記をしたケースがあります。
司法書士に丸ごと依頼しても10万から20万くらいで収まるような気がします。

2010/5/22 02:01:52

抵当権のことでどうにもわからないので、教えていただけないでしょうか正誤問題で 先順位抵当権と後順位抵当権とが同一人に属する場合においても、抵当権の順位を譲渡し、その登記を申請することができる。
という問題がありまして、これが◯一部弁済等により、先順位抵当権の被担保債権の額が僅少となったときなど、後順位抵当権を先順位抵当権に優先させる実益があるので申請することができる。
とありました。
一部弁済で被担保債権の額が僅少になったのなら先順位抵当権が縮減して、結局順位譲渡をしてもしなくても抵当権者の受ける配当は同じになるように思えます。
先述の抵当権の間に別の担保権者がいる場合を考えても、どう考えても同じで、納得することができずに悩んでいます

たぶん理由の説明がおかしいんでしょうね。
順位譲渡のメリットは間に国税債権の法定納期限がある場合に、後順位抵当権が先順位抵当権の優先弁済権を援用できる点にあるので、先順位の被担保債権が小さいのであればあまり意味はありません。

2014/6/4 14:46:43

根抵当権について疑問に思うことがあります。
あまりないケースだとは思うのですが、不動産評価額が100百万円で、第一順位の根抵当権設定金額が10百万円だとします(その他設定なし)。
実際の有事の際、不動産はすべて処分され、債権者が10百万円受け取り、残りの90百万円を債務者が受け取ることになるのでしょうか?不動産を10百万円分割して処分するなんてことはありえるのでしょうか?また、仮に2物件担保設定(どちらも10百万円以上の評価)されていたとしたら、片方だけ処分されることになりますか?お教えいただけないでしょうか。

一つ目の質問ですが、評価額1億円で根抵当権1000万円だとして、処分する場合は、ご指摘の通り債権者が1000万円を受け取り、残りを担保権者が受け取ります。
二つ目の不動産の分割処分ですが、担保設定者が二名の場合、担保設定契約では、そのうちの一名が処分するとして、他の担保設定権者の了解が必要になります。
他の担保設定権者が了解した場合に処分は可能ですが、通常不動産の一部に切り分けて抵当権を設定することはありませんので、全体を処分することになりますので、二名の担保設定者が了解しないと処分は困難です。

2017/6/27 10:17:52

ご丁寧にありがとうございます。
すみません、説明不足でした。
1つの根抵当権の設定契約で、2物件(所在地異なる)担保設定されていたケースです(2物件とも同一所有者、担保設定者1名)。
その場合は、片方の物件の担保処分に留まるのでしょうか。>

抵当権の設定についての質問です。
抵当権(根抵当も含めて)を設定するときは、債権者・債務者の合意のもとで設定するものですか?債務者の合意なしにも債権者単独で不動産等に対する抵当権設定は可能なのでしょうか?素人質問ですいません。

抵当権設定契約というのは、抵当権者と「抵当権設定者」との合意により成立するものです。
ですから「抵当権設定者」がイコール=「債務者」となるとは必ずしも限りません。
例えば、親の土地を担保に息子が銀行から金を借り、親の土地に銀行の抵当権が設定されるとします。
この場合、親が「抵当権設定者」息子が「債務者」銀行が「抵当権者」となります。
このような場合だと「債務者」との合意がなくても、「抵当権設定者=親」との合意があれば抵当権は設定できます。
登記申請手続き上、親「抵当権設定者」の権利書(登記識別情報)と印鑑証明書が必要ですので抵当権設定者との合意無しに抵当権設定することはできません。
できるとすれば「判決による登記」でしょう。
ただ、債務者との合意でないことは確かです。
抵当権者と「抵当権設定者」との合意と正確に覚えるべきですね。

2014/11/16 09:39:48

抵当権設定費用について仮に1000万を借りたとします。
抵当権設定費用はおいくらくらいになりますか?土地に設定で一筆と二筆の場合、違いありますか?あと自宅に第二順位抵当権(土地建物)の場合も教えてください。

あれ、まだ誰も回答してなかったんだ抵当権は債権額の1000分の4の登録免許税がかかりますですので本件では4万円ですそして2筆で共同抵当権とするのは、先は4万円、後者が追加として1500円です尚、これは2番抵当でも変わりません・・とここまでは自分で登記する場合にかかる「登録免許税」だけですしかし、債権者が債務者自身に抵当権設定登記手続に関与する事を許すはずもなく(友人同士ならあるか)、司法書士に頼む事になりますそうですね・・2~3万プラスで見といて下さい

2016/9/20 23:37:49

抵当権の譲渡.放棄/抵当権の順位、放棄Eの抵当不動産の競売代金が300万Aは100万 一番抵当権Bは150万 二番抵当権Cは300万 三番抵当権Dは400万 無担保AがDに抵当権を譲渡するとDは100万の配当を受けAは配当を受けれない。
ここまではいいのですがこれに対してAがDに抵当権を放棄するとAは20万円 Dは80万円の配当を受ける。
またAがCに抵当権の順位を譲渡するとCがAに優先して配当を受けるのでCは150万の配当を受けAは配当を受けることが出来ないこれに対してAがCに抵当権の順位を放棄するとAとCが同一の順位となるのでAは37.5万Cは112.5万円の配当を受ける。
すみません、全く意味が分かりません…どの様な式からそのような計算になるのでしょう?抵当権放棄=同順位が20万と80万になる意味もAが37.5万Cが112.5万の意味も分かりません。
何か式があるのですか?分かりやすか教えて下さい

>AがDに抵当権を放棄するとAは20万円 Dは80万円の配当を受けるAはBCとの関係では抵当権を放棄してないので、順位は一番で変わらず、100万担保AはDに対してのみ抵当権を放棄してるので、Dとの関係では無担保になるから、A:Dの債権比率は100:400=1:4なので、100万を1:4に分けて20:80>AがCに抵当権の順位を譲渡するとCがAに優先して配当を受けるのでCは150万の配当を受けAは配当を受けることが出来ないAがCに抵当権の順位を譲渡してるので、一番はC、二番はB、三番はC、Aは三番でCの次になるよって、Cが一番で100Bが二番で150Cが三番で残りの50Aも三番ですが残額がないため0>AがCに抵当権の順位を放棄するとAとCが同一の順位となるのでAは37.5万Cは112.5万円の配当を受けるAがCに抵当権の順位を放棄してるので、AはCと同順位になるよって、まず、Bが150AとCで残りの150を債券額に比例して分配するから、A:C=100:300=1:3より、A=150*1/4=37.5B=150*3/4=112.5

2017/6/24 18:08:10

根抵当権抹消の登記について抹消登記を行いたいのですが、登記名義人(法人)の住所と名称が合併により変更になっています。
この場合、先に住所・名称変更の登記をしてから抹消登記しなければなりませんか?ちなみに義務者の単独申請の予定です。

☆登記名義人(法人)の住所と名称が合併により変更になっています。
★「登記名義人(法人)」は,根抵当権の登記名義人,つまり根抵当権者のことですよね。
根抵当権者の住所と名称が,単純に変更したのであれば「変更証明情報」を添付すれば(場合によっては,会社法人等番号を記載すれば)良いのですが,会社合併の場合,住所と名称が,単純に変更したのではなく,権利の承継があった訳ですから注意が必要です。
①抹消原因の日付が合併の日より前の場合「合併を証する情報」を添付する(場合によっては,会社法人等番号を記載)②抹消原因の日付が合併の日より後の場合抹消登記の前提として,合併を登記原因とて,「根抵当権移転」の登記申請が必要もし,「登記名義人(法人)」が所有者のことであれば,抹消登記の前提として,合併を登記原因とて,「所有権移転」の登記申請が必要です。
◆◆◆◆◆☆ちなみに義務者の単独申請の予定です。
★??通常,根抵当権の抹消は,登記権利者(不動産の所有者)と登記義務者(根抵当権者)による共同申請が原則です。
たまに,判決などにより,登記権利者(不動産の所有者)が単独申請することもありますが,登記義務者(根抵当権者)の単独申請は思いつかないですねぇ。

2017/12/3 02:48:20

詳しいご返信ありがとうございます。
地元の法務局の登記相談窓口に相談に行ったのですが、このの他の回答者の方々も見解が違うように相談者により必要書類、手続き方法が違ったり、他の市町村の窓口で見解が違います。また、相談窓口であるにも関わらず、?かもしれないですね。?のほうがいいと思います。などの返答で明確な回答が得られません。こちらは必要な情報を伝えております。一つの事務手続きであるにも関わらずなぜここまで見解が違うのか不思議です。
ちなみに当方は不動産所有者の方で、義務者からは各種書類の印鑑などは貰える状況ですが手続きは当方で全てしなければなりません。説明不足ですみません。>

-抵当権

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?