抵当権

分譲マンション住宅ローン完済後の抵当権抹消手続き(郵送申請)につい...抵当権

抵当権について被担保債権について債務不履行があった場合、抵当権者は差し押さえなく、不履行後の果実に対して優先弁済権を主張できるとあります。
では、抵当不動産を賃貸している場合の賃貸について不履行前⇒抵当権者の払い渡し前の差し押さえを要件として賃料などの法定果実に及ぶとあります。
ここまでは理解できるのですが、以下からが分かりません。
不履行後の賃料については、差し押さえは要件ではないと言う事でしょうか?ある問題では不履行後であっても差し押さえをされるまでは、抵当不動産の所有者は賃料を収受できるとあるのですが、どういう事なのでしょうか?よろしくお願いします。

民法第371条抵当権は、その担保する債権について不履行があったときは、その後に生じた抵当不動産の果実に及ぶ。
-----質問者さんのテキストは「差し押さえなく」という事を強調しているのですか?「差し押さえなく」を強調すると誤解を生むように思います。
確かに上記条文上は天然果実・法定果実ともなんらの手続きによらずとも直接に抵当権の効力が果実に及び、それに対する優先弁済が主張できるような規定になってますが371条は2003年に改正された条文で非常に複雑な問題があると指摘しているウェブもありますのであまり複雑に考えない方がよろしいかと思います。
ですからこれは被担保債権の履行遅滞後に果実に対する抵当権の実行が可能になる事を意味するにとどまり、当然に履行遅滞後の果実を取得できるわけではないと解したほうが良いと思います。
逆に私は「不履行前⇒抵当権者の払い渡し前の差し押さえを要件として賃料などの法定果実に及ぶとあります。
」「不履行前を強調する」のが理解しにくいのですが・・・それはいいとして「当然に履行遅滞後の果実を取得できるわけではない」だから実際には担保不動産収益執行または物上代位による差押手続きをとることにより、果実からの優先弁済を受けるわけなのです。
この理論からすれば「不履行後であっても差し押さえをされるまでは、抵当不動産の所有者は賃料を収受できる」と言う考え方は容易に理解できると思います。
余談ですが履行遅滞後、収益執行開始前に設定者が受領した賃料を抵当権者が不当利得として請求できるわけではないし、賃貸人が賃料を設定者に支払うことが、抵当権侵害になるわけではありません。

2015/4/26 05:56:54

一番抵当権の被担保債権が消滅時効にかかった場合、二番抵当権者はその時効消滅を主張し、抵当権の順位を繰り上げてもらうことはできますか?私は、民法396条反対解釈により、できると思うのですが、某予備校の解説では、後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効により直接利益を受ける者に該当しないので、消滅時効を援用できないとしています。
どちらが正しいのでしょうか?あるいは、理解が違っていますか?

最高裁判例平成11年10月21日『民法一四五条所定の当事者として消滅時効を援用し得る者は、権利の消滅により直接利益を受ける者に限定されると解すべきである(最高裁昭和四五年(オ)第七一九号同四八年一二月一四日第二小法廷判決・民集二七巻一一号一五八六頁参照)。
後順位抵当権者は、目的不動産の価格から先順位抵当権によって担保される債権額を控除した価額についてのみ優先して弁済を受ける地位を有するものである。
もっとも、先順位抵当権の被担保債権が消滅すると、後順位抵当権者の抵当権の順位が上昇し、これによって被担保債権に対する配当額が増加することがあり得るが、この配当額の増加に対する期待は、抵当権の順位の上昇によってもたらされる反射的な利益にすぎないというべきである。
そうすると、後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅により直接利益を受ける者に該当するものではなく、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができないものと解するのが相当である。
論旨は、抵当権が設定された不動産の譲渡を受けた第三取得者が当該抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる旨を判示した右判例を指摘し、第三取得者と後順位抵当権者とを同列に論ずべきものとするが、第三取得者は、右被担保債権が消滅すれば抵当権が消滅し、これにより所有権を全うすることができる関係にあり、右消滅時効を援用することができないとすると、抵当権が実行されることによって不動産の所有権を失うという不利益を受けることがあり得るのに対し、後順位抵当権者が先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができるとした場合に受け得る利益は、右に説示したとおりのものにすぎず、また、右の消滅時効を援用することができないとしても、目的不動産の価格から抵当権の従前の順位に応じて弁済を受けるという後順位抵当権者の地位が害されることはないのであって、後順位抵当権者と第三取得者とは、その置かれた地位が異なるものであるというべきである。
』www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiS...

2009/11/16 21:35:14

抵当権の順位変更について質問H4-28-1出題1番抵当権の順位を第2番に、2番抵当権の順位を第1番に変更する登記がされている場合において、1番抵当権設定の登記の抹消を申請する時は、2番抵当権登記名義人の承諾を証する情報を提供する事を要さない。
①この問題の考え方は単に後順位抵当権者が抹消するので先順位抵当権者にとっては関係ない、抹消したければ勝手にやれば?ではダメですか?②であれば、何をミスリードさせたかったのでしょうか?③解説には、順位変更の登記は登記記録上の形式的な順位を変更する物ではない。
つまり順位変更の当事者以外の第三者との関係では2番抵当権の順位は変更されない。
このため2番抵当権者に利害関係は生じない。
と、ありますがこの意味は例えば3番に抵当権者がいた場合、3番抵当権者からすると1番と2番の順位は変更されていない、という事ですか?

1番抵当権から2番抵当権に順位譲渡がなされている場合、1番抵当権を抹消しようとする場合には、2番抵当権者の承諾を要します。
もし1番と2番の間に国税債権の法定納期限があると、順位譲渡の効果が残っていれば、2番抵当権者も国税債権に優先できるので、勝手に1番抵当権が抹消されてしまうと、優先できた筈のものが優先できなくなってしまうからです。
まず、以上の点を理解してください。
設問は、これと類似した事例として、順位譲渡ではなく順位変更を持ってきて、混乱させようとしているわけです。
解説の中身も、順位変更の当事者以外(意図するところは国税債権)との関係では、2番抵当権の順位は変更されないとしています。
3番抵当権者の話をしているわけではありません。

2015/7/28 17:23:21

なるほど、順位変更と国税債権がある順位譲渡を混乱させる腹でしたか、ありがとうございます。>

抵当権について教えてください。
次の事例について、民法の規定及び判例に照らして適切か否か答えよ。
AはB所有の建物に抵当権を設定しその旨の登記をした。
Bはその抵当権設定登記後にこの建物をCに賃貸した。
Cはこの契約時に賃料の6ヵ月分相当額の300万円の敷金を預託した。
Aが物上代位権を行使してBのCに対する賃料債権を差し押さえた後はCはAの抵当権設定登記前からBに対して有している弁済期の到来している貸付金債権と当該賃料債権とを相殺することはできない。
この問題について、① 貸付金債権とは敷金のことではありませんよね?② また、この問題の解答解説投稿にA「抵当権あるから、この家賃は俺のな」C「ちょっと待って。
俺もBに金貸してるから、家賃分で相殺してもらうから物上代位とか無理。
」抵当権設定後にした債権だと、Aの方が強いので物上代位されてしまいます。
とあったのですが、抵当権設定後にした債権よりも抵当権のほうが強いのはなぜでしょうか。
上記のような簡単な例で教えてください。
以上①②の解答お願いします。

①その通りです。
敷金とは別のものでしょう。
②抵当権は公示されていて抵当権者(A)が「抵当権あるから、この家賃は俺のな」と言ってくる可能性をCは予見でき、抵当権は担保について優先して弁済を受ける権利なのだから、相殺に優先されるということです。
※分かっているかもしれませんが、事例は「抵当権設定登記『前』から…弁済期の到来している貸付金債権」であり、質問②は「抵当権設定『後』にした債権」であり、異なっていることを一応触れておきます。

2015/10/3 22:27:35

抵当権抹消について質問です。
新年明けましておめでとうございます。
2018年が皆さまにとって良い年でありますように。
新年早々ちょっと話が込み入っていますが、銀行ローンと抵当権抹消手続きについて質問です。
10年前に家を建てた際、土地のローンと建物のローンを分けてローンを組みました。
この時抵当権設定は先ず土地購入時に設定され、家が出来上がったところで前記土地の抵当権に家屋の抵当権が追加設定されました。
で、この度土地のローンを完済(※家のローンはまだ残っています。
)したので銀行に対して土地の分の抵当権抹消の手続きを行いたいので書類を送付を依頼して入手しました。
上記を銀行に相談した際、「土地の抵当権抹消に必要な書類は送付するが、家のローンが残っているのでそちらの抵当権は残りますよ」というコメントがあり、それを承知で書類を入手しました。
書類が届いたので内容を確認したところ、前述の土地購入時の抵当権ではなく、家が出来上がった時の追加設定された抵当権の抹消を証明する内容になっていました。
具体的には、抵当権設定解除証明書に家が出来上がった際に追加設定された抵当権の番号が記載されていました。
ここから質問ですが、前述の追加設定された抵当権は土地建物両方の抵当権なのでしょうか?それとも建物だけの抵当権なのでしょうか?前者の場合、家のローンが残っているにも関わらず銀行が間違えて土地建物両方の抵当権抹消の書類を送付してきた事になるのでしょうか?Yesの場合は、自分にとってはラッキー(?)なのかもしれないのでこのまま抹消手続きしようと思います。
Noの場合は「自分が完済したのは土地のローンだから、土地の抵当権抹消の書類を送れ」と銀行へ連絡が必要との理解です。
間違ってたらご指摘ください。

現在はこのような状況かと推測します。
①土地と建物に 抵当権〇〇〇万円設定 土地購入資金②土地と建物に 抵当権〇〇〇万円設定 建物建築資金今回、土地購入資金が完済したので①を抹消することになります。

2018/1/2 22:29:21

根抵当権の分割譲渡の登記に関連する質問です。
根抵当権の分割譲渡の登記は、原根抵当権と同一の順位番号を用いた主登記でされるとテキストにあります(不動産登記規則165条1項・2項)。
では、例えば次の登記があるとして、、、1番 根抵当権設定 以下略2番 抵当権設定 以下略2番の抵当権者の承諾を得て、1番根抵当権を分割譲渡してその登記をするときは、どのように登記されるのでしょうか? 2番に先行して登記されるとしたら次のようになると考えたのですが、あっているでしょうか。
1番 根抵当権設定 以下略1番(あ)付記1号 1番根抵当権変更 以下略1番(い) 1番根抵当権分割譲渡 以下略2番 抵当権設定 以下略あっているとすると、もうひとつ疑問があります。
ここでは、2番抵当権に対していわば割り込むような形で1番(い)の主登記がなされたことになると思います。
このように劣後する権利に対して(仮登記があったわけでもないのに)主登記が割り込んでくるような登記は他にあるでしょうか? ご指導よろしくお願い致します。

あっいや別に割り込まないですよ1番 根抵当権設定 以下略2番 抵当権設定 以下略1番(あ)付記1号 1番根抵当権変更 以下略1番(い) 1番根抵当権分割譲渡 以下略みたいになります手で書いてた時代、行をずらして割り込みなんて出来ないですからその為に順位番号が付ってあるんです

2015/1/11 23:53:32

2番の後ろに1番が来るとは、、、 ずいぶんヘンテコですね。よく理解できました。ご回答ありがとうございました。>

根抵当権のでの質問です。
1番根抵当権 a1番付記1で根抵当権転抵当b1番付記2で1番根抵当権一部移転 cdの場合で、優先の定めをする場合でacdが申請人となるのですが、付記1の転抵当権でaからbに権利は移っているのではないかと思いました。
転抵当権者はなぜ共有者にはならないのでしょうか?よろしくお願いします。

転抵当権者は根抵当権が実行された場合に優先弁済権を有するだけの話で、根抵当権者になるわけじゃありませんけど。

2014/8/31 12:46:01

この答えでわからないんだったら、あなた相当重症ですよ。
付記2号の登記義務者って誰で、誰の識別情報が要求されますか?
>

抵当権の譲渡について質問です。
債務者甲に対する債権を担保するため甲所有の不動産について抵当権の設定を受けた乙が、その抵当権を甲に対する他の債権者丙に対して譲渡をした場合、乙から抵当権の譲渡を受けた丙は、自己の債権の弁済期が到来しても、乙の債権の弁済期が到来しなければ、その抵当権を実行することができない。
とありました。
なぜ乙の債権の弁済期が到来してることまで必要なのでしょうか?抵当権の譲渡は、乙の債権と切り離して抵当権のみを譲渡するのではないのですか?

いいえ。
抵当権が移転しているのではなく、抵当権の内容としての優先弁済権だけが移転しています。
抵当権者は引き続き乙のままです。
つまり、抵当権全体の実行要件が備わっていないと譲受人は抵当権の実行ができないわけです。
譲渡人の被担保債権弁済期の到来も、抵当権全体の実行要件です。

2014/6/14 16:16:22

共同抵当と法定地上地上権について判例では、土地建物に共同抵当権が設定された後に建物が取り壊され、新建物が再築された場合、特段の事情がない限り、法定地上権は成立しない。
とありますが、この特段の事情の例である、土地と建物の所有者が同一人で、かつ新建物に土地の抵当権と同順位の共同抵当権が設定を受けたときは法定地上権は成立するという例の説明がいまいちよく分かりません。
これは、抵当権者が新建物に抵当権を設定してから、土地だけを競売にかけて、抵当権者がその土地上の建物に対して法定地上権を有するとあう意味なのでしょうか?

抵当権者が新建物に抵当権を設定して「旧建物があった状態と完全に同じにして、誰も困る人がいないような場合にして」から、土地だけを競売にかけて、抵当権者がその土地上の建物に対して法定地上権を有するという意味

2016/9/16 14:58:34

分譲マンション住宅ローン完済後の抵当権抹消手続き(郵送申請)について教えてください。
費用、時間をおさえるために郵送で申請する予定です。
・収入印紙は土地と建物で2000円だと思うのですがあるサイトで「土地が分かれていないか」という注意点を見ました。
分かれているとは?なにで確認できますか?固定資産税は土地・建物のふたつにわかれて来ます。
これなら2000円で大丈夫でしょうか?・郵送(返送も)は簡易書留で大丈夫でしょうか?・注意点等あればなんでも教えてください。
・いろいろなサイトを見ているのですが一番簡潔でわかりやすいおすすめのサイトがあればおしえてください。
よろしくお願いします!補足すみません。
収入印紙はクリップで添付等ではなくA4用紙に貼り付けしてしまって送るのがただしいのですよね?割印等もなく普通に貼るだけでしょうか?

『抵当権抹消登記にかかる登録免許税』で検索すれば、貴方が望む説明が簡潔かつ解り易く解説されているサイトが多数ヒットする。
どれを選んでも、そもそもの話が大して複雑ではないので内容に差は無い。
てか、適当に複数読んでみれば内容に若干の差異があることも含め理解できる筈なんだがな? 例えば印紙に関しては、台紙に貼ろうが貼るまいが、貴方が提出したことが判る形で確実に送達されればそれで済むのだよ。
郵送方法は簡易書留でOK。
封書の宛名面には「不動産登記申請書在中」と明記。
抵当権抹消にかかる登録免許税は不動産1個につき1000円。
固定資産税はそもそも土地・建物それぞれにかかるのだから、毎年送られてくる納付通知は「2つに分かれて」いる訳ではない。
そして、貴方が所有する土地・建物の持分について固定資産税を支払っているとは言え、それに抵当権が設定されているかどうかは別の話なのだから、もしも現時点でそこを把握していないのなら、手元にあるであろうローンを組んだ時点の登記簿謄本なりを見て、何と何に金融機関の抵当権を設定したのかを把握するしかないよ。
余計なことかも知れないが、不動産登記申請を郵送で処理する場合は原則「一発勝負」だ。
そこで書類の不備があれば当然に追加提出が求められ、その詳細については電話なり窓口なりでの対応が発生する。
自分が利用していたローンの仕組みを理解していない貴方が、手間と費用を節約するために安易に選択すると、かえって二度手間・三度手間を招く可能性が高いことを付け加えておく。

2018/6/12 17:13:41

-抵当権

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?