弁済

XがYに対して600万を貸していたが、弁済期を過ぎてもYが弁済しなかっ...弁済

司法書士試験、不動産登記法について問題の解説に、代物弁済や譲渡担保を原因とする移転登記と同時に買戻特約の登記をすることができない、と書いてあったのですがなぜでしょうか。
また、移転登記と同時に申請をしない場合は可能ですか。

>代物弁済や譲渡担保を原因とする移転登記と同時に買戻特約の登記をすることができない、と書いてあったのですがなぜでしょうか。
買戻は、「売買」の移転登記と同時に申請しなければならないからです。
買戻しは、実体上は「売買契約の解除」です。
なので、「代物弁済や譲渡担保」による移転登記だと、実体上の買戻しの性質と矛盾してしまいます。
>移転登記と同時に申請をしない場合は可能ですか あくまで、「売買」による移転登記と同時でなければならず、売買の登記が完了してから別途、買戻し特約の登記を申請することはできません。
もちろん、代物弁済や譲渡担保を原因とする移転登記と同時でなかったとしても、(売買と関係なく)買戻特約の登記をすることはできません。

2016/4/14 13:49:04

民法474条2項の利害関係を有しない第三者に留置権者が含まれない(留置権者が利害関係を有する第三者な)のはどうしてですか。
留置権者が第三者として弁済するのはどのような場合ですか

留置権者は、474条第2項の「利害関係のない第三者」です。

2017/1/30 09:29:32

Wikipediaに「利害関係を有する第三者:物上保証人、担保不動産の第三取得者、賃借人、留置権者。」とあるのですが、Wikipediaの情報が誤っているということでよろしいでしょうか。それとも、私が何か勘違いをしているのでしょうかhttps://ja.m.wikibooks.org/wiki/民法第474条>

代位弁済された後の請求を無視したらどうなりますか?信用に傷つきますか?

勿論です。
社会的信用は失墜します。

2017/3/30 09:34:02

社会的信用とはなんですか?
金融機関のやつですか?>

民法第356条について質問なのですが、不動産質権者は、その担保債務が弁済期になる前でも、使用収益できるという意味ですか?

そういう意味である。
不動産質権が設定された不動産は,質権者が占有することになるが,目的不動産について所有者も誰も使用収益できないとすることは社会経済上の損失が大きいことから,このような規定が置かれる。
なお,356条~358条の規定を読むと,「使用収益額-管理費用その他不動産に関する負担額=利息額」と考えられていることが分かる。
【民法】(不動産質権者による使用及び収益) 第三百五十六条 不動産質権者は、質権の目的である不動産の用法に従い、その使用及び収益をすることができる。
(不動産質権者による管理の費用等の負担) 第三百五十七条 不動産質権者は、管理の費用を支払い、その他不動産に関する負担を負う。
(不動産質権者による利息の請求の禁止) 第三百五十八条 不動産質権者は、その債権の利息を請求することができない。

2017/4/7 00:07:13

民法の問題です。
AはBに対して1000万の貸付金債権を有しているが、弁済なく弁済期を過ぎた。
BはCに対して2000万の売掛金債権を有している。
この事例に関する記述のうち妥当なのはどれか。
選択肢の1つにAは貸付金債権を保全するためBの売掛金債権を代位行使した場合、AはCから受領した金額を直接自己の債権の弁済に当てることができると解するのが通説である。
不正解なのですが、金銭債権の場合相殺できるのではないのですか?なぜ不正解なのでしょう。
わかるかたおねがいします。

相殺しなきゃいけないから不正解なのですよ。
「直接自己の債権の弁済に充てることができる」というのは、Cから1000万円を受領することで貸付金債権が消滅する、ということを意味しています。
しかし、それは違いますよね。
Cから1000万円を受領した時点では、AはBに対して貸付金債権を有しているし、一方でBに対して1000万円の返還債務を負っています(Cから受領した1000万円は、Bの責任財産であり、Bに返還しなければなりません。
)。
Aはさらに、Bに対して相殺の意思表示をして、初めて自己の債権の回収ができるのです。

2015/10/20 15:08:23

物権法の抵当権、優先弁済権について教えてほしいです。
AはBから所有する建物に抵当権を設定して2000万円を借りました。
その後、Aはこの建物をCに貸し、毎月20万円の家賃収入を得るようになりました。
この時、BはAに対しこの賃料から優先弁済権を行使することができますか?できるだけ分かりやすく、場合よって違うことがあるならそれについても教えてほしいです。
よろしくお願いします。

弁済期日が来るまでは、いきなり賃料に物上代位なんかできませんよ。
だって、債務者Aが自己資金で返済するかもしれないんだから。
でも、弁済期日が来てもAが払わない。
この時に、建物を競売して代金から回収するもよし、当面は建物がそんなに高く売れないから賃料から少しずつ回収しようってのもあります。
抵当権があるんだから、物上代位するより担保不動産競売と担保不動産収益執行の併用でしょうね。

2017/7/14 17:19:02

代弁済と代位弁済って同じ意味ですよね?民法です。
教えて下さいm(__)m

「代弁済」って法律用語ですかね?文字から想像すると「(債務者の)代わりに弁済する」と解されますね。
「代位弁済」は「債権者が持つ立場(権利)に代位することを前提として(債務者の代りに)弁済する」ということで、分かり易く言うと「債務者に代わる」のでなく「債権者に代わる」のです。
「代位」=「他人(債権者)に代わって地位や権利を取得すること」です。
「肩代わり」は「債務者に代わって弁済すること」ですので「代位」の意味を含みません。
銀行が他行の融資を横取りすることも「肩代わり」と言いますが、これも「代位」とは違います。

2015/10/22 16:00:48

債務時効成立後にその債務に一部弁済した時その債務が復活しますか。
法的根拠は。

金を借りてたけど一定期間払わなくて時効になった。
その後に返済した。
そういう理解でいいですか?時効の援用をしてなければ、時効が中断するのではないですか?民法(時効の援用) 第百四十五条 時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。
(時効の中断事由) 第百四十七条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求 二 差押え、仮差押え又は仮処分 三 承認

2015/1/21 20:57:24

借金の連帯保証人は肩代わりして弁済するのですが、雇用や住居の保証人は何を背負いますか?補足家屋の購入はローンの連帯保証人になるわけで、賃貸の家賃が問題になるわけで。

『雇用』仕事上で本人おかした重大な過失で会社に損害を与えた場合、集金のお金を持ち逃げした等の時に賠償請求されることも有るでしょう。
『住居』賃貸の場合は家賃の滞納時の肩代わり、購入の場合も金融機関に対する支払の滞納に対する肩代わりでしょう。

2014/8/17 21:22:58

賃貸は家賃を滞納されて、本人が支払えない場合には保証人に請求が来るでしょう。>

XがYに対して600万を貸していたが、弁済期を過ぎてもYが弁済しなかったので、Xは貸金の返還請求を提起し、裁判所の判決によってXY間の契約が無効とされたときXが貸していた600万はどうなってしまうのでしょうか。

貸金の返還請求を提起した場合であれば、原則、裁判所の判決によって契約が無効になることはありません(処分権主義)。
なお、無効になった場合は、民法703条不当利得により処理していきます。

2015/7/21 20:23:30

-弁済

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?