弁済

「債務承認弁済契約書」の入金口座変更について教えてください。 個人...弁済

この【弁済期にないとき】って、具体的にどういう状況のことですか?

「そのお金、5月1日に払うよ。
」「OK」という契約があったら、4月30日までは留置権は発生しない。

2017/4/6 16:06:28

①甲の乙に対する債務を保証している丙が、抵当権の登記がされた後、甲からその土地を買い受けた場合において、丙が、乙の請求により、その代価を乙に弁済したときは、抵当権は消滅する。
→◯②目的不動産の第三取得者は、抵当権の被担保債権の保証人であっても、消滅請求することができる。
→??この違いがよくわかりません。

まず、代価弁済とは、抵当権者がリードして行うものです。
抵当権者が1000万円の債務を700万円で良いと第三者へ通知して合意があればそれで抵当権は消滅します。
抵当権者がそれで良いと思えばOKなのです。
一方、抵当権消滅請求は、第三取得者の側がリードして行うものです。
すると、保証人がリードして自分が補償すべき債務の抵当権を消滅させようとすることになりますよね。
そもそもこの制度は第三者を保護するためのものであって、保証人を保護する必要はありません。
ですから、法令(民法380条)は保証人の要求を認めていないのです。
(代価弁済)第378条抵当不動産について所有権又は地上権を買い受けた第三者が、抵当権者の請求に応じてその抵当権者にその代価を弁済したときは、抵当権は、その第三者のために消滅する。
(抵当権消滅請求)第379条抵当不動産の第三取得者は、第383条の定めるところにより、抵当権消滅請求をすることができる。
(抵当権消滅請求)第380条主たる債務者、保証人及びこれらの者の承継人は、抵当権消滅請求をすることができない。

2016/9/23 17:13:26

宅建 特別弁済業務保証金分担金下記 平成20年【問44】 過去問題に関して。
宅建業法 第六十四条の十二 より 3 宅地建物取引業保証協会は、第六十四条の八第三項の規定により弁済業務保証金を供託する場合において、第一項の弁済業務保証金準備金をこれに充ててなお不足するときは、その不足額に充てるため、社員に対し、その者に係る第六十四条の九第一項の政令で定める弁済業務保証金分担金の額に応じ特別弁済業務保証金分担金を宅地建物取引業保証協会に納付すべきことを通知しなければならない。
4 前項の通知を受けた社員は、その通知を受けた日から一月以内に、その通知された額の特別弁済業務保証金分担金を当該宅地建物取引業保証協会に納付しなければならない。
とありますが <特別弁済業務保証金分担金>とはどのような時に ?保証協会に 資力が不足になりかけた時ですか?分担金に応じ とは?分担金とは異なり 戻ってこないのですか?そのときは 社員全員に対してですか? 宅建試験で 下記問題に関して O であることが わかればいいのでしょうが 気になっていましたからよろしくお願いします。
平成20年 【問44】 宅地建物取引業保証協会 (以下この問において「保証協会」という。
) 又はその社員に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
3 保証協会の社員は、保証協会から特別を納付すべき旨の通知を受けた場合で、その通知を受けた日から1か月以内にその通知された額の特別弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しないときは、当該保証協会の社員の地位を失う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・補足houritu34さん ありがとうございます。
互助会のようなシステムですね。
営業保証金を供託している所は 関係ないですがね、、、やはり 保証協会に加入が 圧倒的に多いでしょうね。
・・・リバブル、アパ・・、・・リハウス 等 全国区ですから 支店だけでも100以上??でも 資産があれば それでも・・・まあ 私が心配することでもありませんが~~~

【特別弁済業務保証金分担金】の『納付』 (社員?保証協会へ納付)あまりにも「還付充当金」の未納が多くて、「弁済業務保証金準備金」が底をついたら・・・この場合、どうしようもないので、【全社員】から、臨時に分担金の『追加徴収』をすることになっている。
これが、【特別弁済業務保証金分担金】である!(文字通り特別にお願いする分担金)保証協会から、「お願いだから追加徴収に応じて・・・」と、『通知』が届くので、社員は、『通知を受けた日から【1ヶ月】以内に、通知された額を、保証協会に、【納付】しなければならない!(この期間内に納付しないと社員の地位を失う!)※「弁済業務保証金準備金」とは保証協会がせっせと積み立てているお金!分担金の一種なので、保証協会が取戻し、社員へ返還されるかと・・・試験対策上は、【特別~】ときたら【1ヶ月】というキーワードを押さえておけばOKです。

2013/9/5 23:08:56

弁済による代位の代位者相互間の関係について質問です。
基本的なところで躓いてる気がするのですが以下の2点についてわからないのでご教授お願いしたいです。
①主債務者所有の不動産に抵当権が設定されてる場合の代位者相互間の関係例えばAはBから1800万円の融資をうけ、A所有の甲土地(1500万)および、C所有の乙土地(300万円)に抵当権が設定された。
さらにDがAの連帯保証人となった。
このときCがBに1800万円の弁済した時にCはDにいかなる請求をすることができるのかまたDがBに対して1800万円を弁済した時はDはCに対していかなる請求ができるのか。
という点がわかりません。
また②保証人と物上保証人と、第三取得者が並存している場合の代位者相互間の関係例えばAはBから1800万円の融資をうけ、A所有の甲土地(1500万)および、C所有の乙土地(300万円)に抵当権が設定された。
さらにDがAの連帯保証人となった。
DがBに対して1800万円を弁済した時はDはAから甲土地を譲り受けたEに対していかなる請求ができるのか。
またその時、Cに対してはいかなる請求ができるのか。
という点がわかりません。
長文になってしまい申し訳無いのですが、回答よろしくお願いします。

問題文しか書いてなく『と言う点』とやらが書いてない99%はバカなだけでなくクズな怠け者だろう既に推定が働いとるからまともに相手をする気はない違うなら『と言う点』を推定を破れる程度に明示しろ

2018/1/17 22:10:33

いかなる請求ができるのか という点。
です。
>

??コイン100枚!債権者の帰責事由は、「債権の準占有者」に対する弁済が有効となるための主観的要件である。
↑この文は債権総論の◯??問題です。
消去法で残ったので間違っていると思うのですが、どこが間違っているのでしょうか?理由も教えていただけるとありがたいです。

×じゃないかな代理と異なり、債権者の帰責事由は不用で逆に債務者の「信じた事の善意・無過失」が必要です第四百七十八条 債権の準占有者に対してした弁済は、その弁済をした者が善意であり、かつ、過失がなかったときに限り、その効力を有する。
これら実際の裁判上のやりとりとしては(Aが債権者、B債務者、C準占有者として①AはBに請求②BはCに払った事、Cに権限があると信じた事③AはBの信じた事の過失を追求の流れです

2016/8/11 23:14:34

ありがとうございます!大学の期末試験の答え合わせで困っておりました。とても丁寧でわかりやすいご回答ありがとうございます^ ^>

債務弁済契約書 と金銭借用証書、金銭準消費貸借契約書の違いは?債務弁済・・・とは、契約の一方に金銭債務があることを認め、その返済条件等を定める契約書ですよね。
一方、金銭借用・・・とは、借主が貸主に対して差し入れる形式をとった「金銭消費貸借契約書」と同様なものですよね。
これまでの経過は売買契約したのですが、債務不履行から契約解除となり原状回復することになりました。
が、返済が滞ったまま1年半年を経過しております。
この状況だと、債務弁済契約ではないかと思うのですが、借主から「金銭借用証書」が2通送付されて来たのです。
貸主が署名する部分はありません。
が、2通届きました。
そこで教えて欲しいのですが、債務弁済・・・に代わり、金銭借用・・・では、どんなメリットデメリットが生じるのでしょうか?また、売掛金回収が滞った場合などには、債権を通常の金銭貸借に置き換える「金銭【準】消費貸借契約書」という書類もあると聞きました。
金銭準消費貸借契約書は売掛金債権等を消費貸借に置き換えるとも知ったのですが、借主からの金銭借用証明でも良いのでしょうか?また添付する書類として印鑑証明書のほか、住民票も必要なのでしょうか?因みに、金銭は当初の売買契約代金が記載されております。
途中、借主からの求めにより代物弁済をすることで、商品を押さえるために委託したお金もあります。
代物弁済は商談がまとまら無かったのですが、返していただく委託金は一部しか返済されておらず、目的以外に流用した事実もあります。
(こちらは横領の疑いにより、被害届を提出。
弁護士にて告訴状を作成中ですが・・)金銭借用証書の金額を、委託金の返済されていない一部を上乗せし、貸主において訂正することは出来ないでしょうか?(2枚送付した意味は、金利についての記述も無く、この辺を貸主にお任せ?という意味を持たせたのでしょうか?2枚と複写したものです。
)借用書(日本法令様式 契約9-4N )には、下記のとおり記載があります。
【1】 貸した合計金額【2】 貸し付けをした日付(本日借受・・・と記載=借用書を作成した日付)【3】 返済期日(平成年号なく、○○年○月末日と記載)【4】 金利欄は 空欄 【5】 連帯保証人は無いので、黒一本の取り消し線。
押印無し。
【6】 特約事項には分割払い計画内容【7】 借用書を作成した日付(平成年号はなく、○○年○月○日と記載)【8】 貸主の署名(氏名、住所、押印)

正直いって、私人間において債務弁済契約を準消費貸借契約に改めた場合にメリットがあるとすれば金銭の給付が目的の契約の場合新たに利息契約が出来るくらいですが商売人の売掛金債権を(準)金銭消費貸借契約に改めると債権の消滅時効が『2年から5年』に変わります。
(民法第173条1号,商法第522条 参照)>借主からの金銭借用証明でも良いのでしょうか?金銭借用=金銭消費貸借 ですからこれ以上変えようがありません。

2009/12/31 14:44:52

会社法664条の具体例を教えてください。
後半がわかりません。
(債務の弁済前における残余財産の分配の制限)第664条 清算持分会社は、当該清算持分会社の債務を弁済した後でなければ、その財産を社員に分配することができない。
ただし、その存否又は額について争いのある債権に係る債務についてその弁済をするために必要と認められる財産を留保した場合は、この限りでない。

持分会社は会社清算時に残余財産を社員に分配出来る【前半】でも借金返さなきゃ分配しちゃだめよ【後半】あるのかないのかはっきりしない債務、金額がはっきりしない債務がある場合には(はっきりしないのでまだ弁済出来ない)、それを払うのに充分な金額を他にとっとくなら、残りは分配していいよとの意味債務の弁済ってお金があってもすぐ出来るとは限りません例えば・債権者不確知→債権者がどこにいるか不明などしかしそれを探して弁済するとなると分配まで時間がかかりすぎますそこでそれに備えて充分な額を保全すれば、残りは先に分配しても良いって事です

2017/11/6 23:22:11

債務整理弁済額についてはじめましてどうぞよろしくお願いいたします。
昨年12月に司法書士に債務整理の相談に行きました。
6社 約220万の債務整理を相談したところ、破産を進められ破産するにあたって家族の収入証明など家族に秘密では進められないと言われ検討する時間を与えられました。
お恥ずかしい話ですが、人生2回目の借金でなかなか家族に相談することができず、相談の結果破産は許可がもらえず債務整理をすることになり司法書士に相談したところ借金の支払いをストップしてから3か月たっているので利息の支払いが増えると言われました。
司法書士の費用支払いがすべて終わってから交渉に入るということで交渉に入るまで半年ほどかかってしまいました。
減額になるとは思っていませんでしたが結果280万の弁済額となりいまいち納得できません。
司法書士費用は約20万別にかかっております。
あきらめて支払いを始めるつもりですがお願いした先が悪かったのでしょうか?昔弁護士さんにお願いしたときはすぐに交渉してくれトータルは元本より少し減ったのでまさかこんなに増えるとは思ってもいませんでした。

司法書士は書類作成するだけで、権限も有りません、債務処理は弁護士に依頼しないと、ぼったく、られるだけですよ。

2014/6/21 21:08:22

同時履行の抗弁権は、相手方の債務の弁済期が未到来であっても主張できるというのは間違っていますよね?未到来でなくて履行期でなくては主張できませんよね?基本的なことで申し訳ありませんがよろしくお願いします。

533条に明文規定があります。
双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。
ただし、相手方の債務が弁済期にないときは、この限りでない。

2017/7/15 11:50:13

「債務承認弁済契約書」の入金口座変更について教えてください。
個人事業主として、運送系のある会社と委託契約を結び仕事をしていました。
しかし、当初説明のあった収入には程遠い現実と過酷な仕事の内容で体を壊し、辞めざるを得なくなりました。
委託契約時に、私自身で黒ナンバーの車両を準備できない旨を伝え、先方から車両をリースして仕事をすることとなりました。
なので、委託契約解除後は残ったリース料を、中途違約金と併せて月々約12万円ずつ六か月にわたって返済することとなりました。
その際、「債務承認弁済契約書」を取り交わし、その中に記載されている口座へ入金していくことになりました。
しかし、第一回目の入金直前に、先方の担当者からショートメールで「今回次の口座へ入金してください。
」と契約書記載の口座とは違う口座へ入金指示がありました。
そしてその直後すぐにまた「先ほどの口座ではなくこちらの口座へ入金してください。
」と再度また違う口座への入金指示がありました。
次の日に、最後に指示のあった口座へ入金し、担当者へ入金の確認をしたところ、「社長の個人口座なので今わからない」と言われ、「では確認次第連絡をください」とお願いしましたが、その後連絡はありませんでした。
翌月、入金前に前回の口座に入金するのか確認したところ、同じ口座に入金するよう言われたので、前回の入金が契約書とは違う口座に入金した事、また入金を確認してもらえたのか返答がなかった事を伝え、その旨文書にして送ってほしいと依頼したところ、届いた文書には「入金口座を変更します。
下記口座へ入金してください」とショートメールで送られてきた口座番号が書かれた文書一枚が入っていました。
割り印を押して契約取り交わしをした入金口座以外の口座に入金することは問題ないのでしょうか?のちに何かトラブルにはならないでしょうか?ご存知の方、教えていただけると助かります。
宜しくお願い致します。

大変ですねー。
ちょっとブラックな・・・感じを受けます。
契約書の口座と違う番号に振り込めとショートメールでよこす事態ちょっと不審ですね。
契約書と通帳を持って法的に問題ないかプロに相談しに行かれた方が良いと思います。
後になって問題が大きくなったり負債が膨らんだりと怖いですよ。
脅かすつもりはないですがプロの弁護士に相談し、問題なければ相談料のみで安心を買えます。
悩みが長いとストレスで体が持たないですので早めに安心してお仕事してくださいね。
意外と弁護士ってハードル低いですよ。
私はわりと相談しますよ。

2015/3/13 12:54:59

ありがとうございます。
私自身、この件で精神的に参っています。
やはり専門家に相談するべきなのでしょうか・・・。>

-弁済

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?