弁済

弁済業務保証金分担金と弁済業務保証金の違いを教えてください弁済

弁済についてです。
弁済とは債務を消滅させる行為とありますが、私の中で勝手に、誰かの債務を代わって消滅させる、という意味のように感じてしまっています。
つまり、あいつの借金を俺が代わりに返済してあげる。
もちろん後であいつには返してもらう。
という風に解釈してしまっています。
これは間違いですよね?変な質問をしてごめんなさい、、

ザックリ言うと、弁済とはあなたが車を買うために銀行ローンを組んで支払っていたが、あなた自身が残金を支払い銀行ローンが消滅したことをいいます。
あなたが、疑問に思ってる弁済は第三者弁済と言います。
上記の例で、あなたの友人があなたに代わって銀行ローン残金を支払ったことを言います。
あなたが友人に肩代わりしてもらった残金を、友人に返す義務があるかどうかは、友人とどう約束にかによります。
また代位弁済言うのがあり、あなたが払えなくなった銀行ローンを保証会社等が、あなたに肩代わりして銀行に支払うことを言います。
あなたは保証会社に支払う義務は残ります。
詳しく知りたければ、弁済については民法記載されています。

2014/10/4 21:44:27

おお!ありがとうごさいます!( ; ; )わかりました!やはり私の勘違いでした(笑)ありがとうございました(´・_・`) >

金銭債務を、外国の通貨で弁済することはできますか。

特約付きなら格別。
そうじゃなきゃ無理ですよ。

2017/7/31 16:17:40

住宅ローンの代位弁済通知が届きましたが家を手放したくないのです。
住宅ローンについてです。
先月まで5ヶ月の滞納をしており、今月の支払日を勘違いしており、6ヶ月滞納が発生し、代位弁済の通知が届いてしまいました。
私の不甲斐無さなのですが、どうしても家を手放したくはないのです。
現在は、多くはありませんが、それなりの収入はあります。
今まで通りのローン返済くらいなら毎月、払えそうです。
今までも毎月の返済しておりましたが滞納分までは返済できず、現在に至っております。
個人再生というものを聞きました。
これにより自分勝手な事だとは思っていますが自宅を手放さず、今まで通りの生活が出来るようになるのでしょうか?または、保証会社に一括ではなく、分割払いは可能なのでしょうか?

今まで金融機関に相談していないのですか?もっと前に対応していれば、なんとかなったかもしれませんが、6ヶ月も滞納したとなるとすでに手遅れな気がします。
個人再生は住宅ローン以外の債務を整理することができる制度なので住宅ローン自体に滞納があると意味がありません。
そもそも代位返済となってしまうと、個人再生の住宅ローン条項が適用されません。
あと、代位弁済となったら保証会社は原則一括返済か売却かとなります。
(売却しても負債が残ってしまった分は、払える範囲で分割になると思いますが売却しないで分割というのはありません。
)どうするにしろどうしても自宅を手放したくなけば、駄目元で一刻も早く金融機関に相談すべきだと思います。

2013/11/30 20:19:48

弁済により代位をなすべき者が複数で、一人が全額支払って弁済したとき、その人は残りの人にどういった決まりでそれぞれ請求できるのでしょうか?G銀行がS企業に対して一億円の債権を有しており、その担保としてS企業の経営者Aとその親族B及び信用保証協会Cを保証人とし、さらにDの有する3000万円相当の不動産とEの有する2000万円相当の不動産について抵抗権を有した。
Sが履行しないのでGがCに全額請求し全額支払った場合CはAに対して2000万円の範囲で保証債権CからBは同じCからDは2400万円の範囲で抵当権CからEは1600万円の範囲で抵当権これってどういう決まりで金額と権利が決まっているのでしょうか?

ねこのはなです.質問記載のケースにつき、Cが予め抵当権につき代位の付記登記をしていることも記載されているのではないかと思います.連帯保証が通常ですので連帯保証人とします.これらの前提で質問記載の通りとなります.質問のケースは連帯保証人が3名、物上保証人が2名です.民法501条5号6号の適用となります.5号は「その数に応じて」即ち5人、「債権者に代位する」ですので、1億円の5分の1は2000万円となります.AとBは連帯保証人ですので各2000万円となります.「ただし物上保証人が数人あるときは保証人の負担部分を除いた残額について、各財産の価格に応じて債権者に代位する」わけですので、保証人(A、B、C)の負担部分6000万円((2000万円×3人)を除いた残額(4000万円)について、各不動産の価格に応じて(D所有不動産3000万円相当、E所有不動産2000万円相当)債権者に代位すると、Dについて抵当権の2400万円分(4000万円の5分の3)、Eについて抵当権の1600万円分(4000万円の5分の2)となります.民法501条5号6号の定めを適用するだけですので、難しいわけではありません.教科書に説明事例が書いてあると思います.では、物上保証人DとEが連帯保証人も兼ねていたらどうなるのですか.これも教科書に書いてあるはずですので確認下さい.

2016/1/17 18:21:05

詐害行為取消権に関する質問一部債権者に対して適正価格で代物弁済をする場合。
不動産により代物弁済をする場合、これは原則として詐害行為になるとされますが、この中の理由の一つとして「代物弁済がされることで他の債権者から配当の機会を奪ってしまう危険性があるから」というのがありますが、これはどういう意味ですか?また、動産による代物弁済は詐害行為にあたらないのでしょうか?

動産は、質屋以外は、直接の代物弁済できません。
債務者の財産である動産が不当に安く評価される虞があるためです。
状況にもよりますが、動産に依る代物弁済は、詐害行為に当たる可能性が高いです。

2016/12/5 18:33:21

留置権について質問です留置権は留置し債権を返還してもらうことに重きをおいているので優先弁済がないと覚えていましたしテキストにも優先弁済はできないと書いていましたしかし条文を見ると果実収取ができると書かれていたので果実収取ができている点で優先弁済できていると思い矛盾を感じましたこれって矛盾してますよね???教えてください民法

優先弁済権とは、目的物を換価してその換価代金について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利です。
これに対し留置権の果実収取権は、果実についてのみ認められた優先弁済権であり、目的物について認められたものではありません。

2017/6/9 00:05:20

債務の弁済期とは、最後に支払いした日でしょうか?どう違うのか教えて頂きたいです。

支払いをする日です。
「10000円貸してくれ。
今度の日曜に返すから。
」の弁済期は今度の日曜です。

2017/2/25 17:22:49

弁済業務保証金と弁済保証金分担金について簡単にご教示ください

では簡単に弁済業務保証金:協会→供託所弁済保証金分担金:社員→協会以上

2014/9/19 19:30:43

代位弁済についてお伺いします過去に代位弁済になった銀行の個人ローンがありました。
元金はH23年度に完済しております。
その後、遅延損害金を毎月5千ずつ支払い続けています。
一年前の3月に、それまでの支払った金額と、あと、どれくらい払うのかなど明確な物が欲しいと信用組合の方に書類を請求し、送ってもらった書類にはH28年度3月の地点で、遅延損害金残高約55000円でした。
今現在で、すでに毎月5千ずつでも遅れずに払い、とっくに5万は超えていると思い、払いすぎているんではないか?向こうから何も言ってはこないがとも考えて、先月末一度だけ払わずにいました。
すると、遅延損害金H28、3月に5万円台だったのが、いきなり37万にまで増えていました。
では仮に例えばH28年度にあと遅延損害の残が5万ですよ。
と通知が来て、一括でその5万を払っていたとしても、支払いは終わりではなかったということでしょうか?今、H29年の10月。
5万どころか。


何故、終わるどころかまた増えるんでしょうか。
永久に終わらない仕組みなのですか?毎月5千くらいなら、と私自身が払うのは何かの月謝とでも割り切る形で諦めつきますが、何十年後かに私の亡きあと、家族が残りを払っていくということになるんですか?それとも、増額された損害金額37万を送れなく支払い済になると、そこから先の支払いは終わってくれるんでしょうか?とはいえ、5万5千超えても払い続けたのも変ですが。
サイトとかで調べても、結局のところピンとこず。
もっと明確に知りたいんです。
終わりがあるのかないのかを。
よろしくお願いします。
補足そもそも、当時、独身のまだ30代前半だったか20代後半だったかの一人の女性、私。
に対してここまでの処置はあまりにも考え方によってはひどいなと。
しかも今は子育て中の身です。
血も涙もない。
こっちだって悪意があって故意に支払いを遅らせたわけではない。
当時。
払っても払ってもおわらない。
増える。
どういうこと?代位弁済がスタートしたのはH13年からです。
その当時の銀行ローン借り入れ額は50万でした。
H9年の借り入れしてました。
代位弁済後の元金は支払い完了しています。
H23から遅延損害金のみの支払いを続けています。

弁済が遅延損害金から充当されるという回答がありますが、これは通常の話です。
長期延滞債権(代弁に至るような事案)では、損害金が膨らまないように「元本優先充当」という措置が取られることが良くあります。
>元金はH23年度に完済しております。
>28年3月に送ってもらった書類に遅延損害金残高50714とありました。
あなたの言われる上記の二つが間違いないなら、債権者(職員)が不正を働いていることが疑われます。
電話でなく、疎明資料を持参して出向いて尋ねるべきです。
自ら行動を起こさない者を誰も助けてはくれません。

2017/10/16 11:18:30

弁済業務保証金分担金と弁済業務保証金の違いを教えてください補足保証協会が社員の代わりに供託するという風に捕えてよいのでしょうか?

社員が協会に払うのが弁済業務保証金分担金。
協会が供託するのが弁済業務保証金。

2015/4/9 16:06:13

そのとおり。その為の協会。>

-弁済

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?