弁済

地代弁済とは何ですか?弁済

【弁済】と【完済】って同義語ですか?どちらも債務を履行して消滅させることですし

【弁済】債務者または第三者が、債務を遂行し債権を消滅させること。
【完済】債務(借金など)を全部返済すること。
つまり、「弁済」は借りた金品を全額返す時に使用される言葉です。
「弁済」と「返済」は違うが、「弁済」と「完済」は同じ意味です。

2018/5/15 13:23:19

回答有難う御座います。弁才と返済は何が違うのでしょうか?>

弁済による代位 具体例について問題600万円の債務について、・保証人A・保証人兼物上保証人B(建物の価格は600万円)・物上保証人C(建物の価格は200万円)・物上保証人D(建物の価格は100万円)がいた場合、解説1.A、Bはそれぞれ、600万円を4人で頭割した150万円を負担し、2.残る300万円をCとDが不動産の価格割合で負担することになり、Cが200万円Dが100万円となり3.二重資格者たるBは50万円の限度で抵当権の負担も負う以上について、解説の1はすんなりと理解ができますが、3の部分は、なぜ「50万」という数字になるのか、理解ができません(2.についてもあいまって考えると、Bは600万の不動産を物上保証しているのだから、B:C:D=6:2:1となり、残り300万×6/9の額では?)ご回答よろしくお願いいたします。

Cbookの問題ですよね。
学説が錯綜している箇所ですから、ここはサラッと流すのが正解のようですが。


一応Cbookの意図としては、Bを物上保証人(保証人ではない)と考えれば、物上保証人BCDの負担額は300万円をBCDで割合計算するとBの負担は200万円①となる。
すると、Bは保証人としては150万円だか、物上保証人としては200万円負担すべきだった。
よって差額の50万円は物上保証人として負担しろ。
こんな意図だと思われます。
しかし、じゃあその50万円をCDはBに求償できるの?求償できるんだったら、最初の計算は意味ないじゃん。
とか言い出すと時間が過ぎていきます。
w300万円÷9×6=200万円①

2017/8/12 18:55:20

弁済と代理について債権者Aから甲債権についての受領についてのみ権限を付与されたBが、権限を逸脱して、Cを債務者とする乙債権について、Bに受領権限が無いことについて善意無過失のCから弁済を受けた場合、Cは民法110条・99条2項により保護されるのでしょうか?それとも、478条による保護の可否の問題となるのでしょうか?99条により、「代理権」は意思表示についてのみ適用され、事実行為である弁済については適用にならないのではないかと思いつつ、時折弁済を意思表示と同様に取り扱う記述を見かけるものですから疑問に思いました。
ご教示のほど、お願い申し上げます。

>それとも、478条による保護の可否の問題となるのでしょうか?こっち。
>99条により、「代理権」は意思表示についてのみ適用され、事実行為である弁済については適用にならないのではないか概ね正しい理解なんだけど、少し不正確かな。
でも問題は、478条による保護の範囲に方が、表見代理より広いということ。
だから、478条の問題となると考えておけば大体OK。

2017/6/18 05:28:35

ご回答ありがとうございます。>

「弁済の提供」と「受領遅滞」って何が違うんですか?よくわかりません‥

弁済を提供するのは債務者のお仕事。
「ちわー、お届けに上がりました」と酒屋がビールを運んでくるのが弁済の提供。
受領遅滞は債権者のしでかすこと。
酒屋が届けに来たのに井戸端会議に出席中で受け取れないとか。
債務者の弁済の提供があって債権者が受領すれば弁済が成立。

2015/6/6 09:54:06

質問です。
債権の弁済期とは何でしょうか?最後に支払いした日付でしょうか?平成19年2月15日ですと、時効でしょうか?

弁済日とは、確定期限が付された約定ならば、その期限が到来した日になります。
確定期限とは、「12月8日までに返済」などと記載された日です。
続いて、確定期限が付されていなければ、催促をされた日から履行遅滞に陥ります。
履行遅滞とは、債務不履行の一種です。
「返して下さい」と、催促をされた日が弁済期の到来です。
ちなみに、債権の消滅時効は弁済期の到来した日から10年です。
しかし、時効の援用をせずに、追認してしまうと時効は、再び0からスタートします。
援用とは、「時効が成立したので支払いません」との意思表示です。
追認とは、相手からの請求に応じて支払った場合や債務があることを認めた場合です。
この場合は、追認した日から時効が再度スタートします。
ただし、借りたものは返した方が良いと思います。

2016/12/8 19:07:31

原抵当権者の優先順位について抵当権者が複数いる場合で弁済の配当の際、転抵当権者が優先を受けた後の残額について原抵当権者は、登記の順通りに後からの登記の抵当権より優先して弁済してもらえるのでしょうか?だとすると、後から登記した人は、前の抵当権者が転抵当をしたことによって不利益を被ってしまいますね。

弁済してもらえます。
不利益?について後順位者は先順位者の被担保債権全額については、劣後することを承知で抵当権を設定している以上、転抵当権者と先順位抵当権者の受けた弁済額の合計が先順位抵当権者の被担保債権額に収まっているならば、後順位者に不利益はないのではないでしょうか。

2016/9/12 16:58:16

代物弁済について、次の空欄に当てはまる言葉が分からないので教えてください。
①代物弁済は契約であり、代わりの給付を( )に行うことが必要であり、単に意思の合致だけでは効力を生じ( )ことにおいて、代物弁済は要物契約である。
②本来の給付に代え他の給付をすることにより債務が消滅する点において、代物弁済な更改に類似する。
しかし、更改においては、代わりの給付を履行する( )が生じる。
これに対して、代物弁済においては、代わりの給付を現実に行うときに債務が( )するのであり、両制度は異なる。
③代物弁済は本来の給付に代えて他の給付をなし、それによって債権を消滅させるのであるから、既存の債務の弁済の( )として手形や小切手が交付されたとしても、それは代物弁済とは異なり、従って、既存の債務は( )しない。

現実ない債務消滅猶予消滅しかし、小切手は支払手段なので、手形とは違うと考えますがね。

2017/7/24 07:47:02

民法の弁済の事で教えてください下記の問題の解答は×です間違えについて解説してください「賃金債務の弁済と、当該債務の担保の為に経由された抵当権設定登記の抹消登記手続きとは、同時履行の関係に立つ」よろしくおねがいします補足申し訳ございません。
問題の冒頭部分は賃金債務ではなく貸金債務でした。

抵当権の抹消登記手続きと債務弁済が同時履行の関係に立つとすると抵当権権利者は弁済を受ける前から抹消登記の手続きをしなければならない事になるので抵当権権利者に過度の負担を強いる事になりますその為、同時履行の関係にはなりません。
同時履行の関係に立つのは抹消手続きに必要な書類を渡す事です。

2016/12/31 11:20:57

弁済についてです。
保証人が弁済したのを知らずに二重に弁済するのを防止するために、事前に弁済の通知をしなければ、求償に制限をうけることがあるという趣旨の規定上記の内容はどんな場合ですか?例をしりたいです。
よろしくお願いします。

たぶん引用が間違ってます。
保証人が弁済したのを知らずに二重に弁済するのを防止するために、「事後に」弁済の通知をしなければ、求償に制限をうけることがあるという趣旨の規定でしょう。
保証人が弁済しました。
「昨日弁済しといたから」と通知をしてもらわないと、主債務者は債権者から取り立てられると払っちゃいますよね。
なので、弁済したことを通知していない保証人は求償が制限されます。
443条2 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たことを他の連帯債務者に通知することを怠ったため、他の連帯債務者が善意で弁済をし、その他有償の行為をもって免責を得たときは、その免責を得た連帯債務者は、自己の弁済その他免責のためにした行為を有効であったものとみなすことができる。
この規定が保証債務にも準用されているわけです。

2015/1/29 13:09:40

ZACさん。保証人は求償に制限とは自分がした債務の履行が段取りを踏まずに行動した事が原因で二重払いになったのだから保証人が責任取りなさい!この理解ですね?>

地代弁済とは何ですか?

地代を支払うこと。

2017/3/12 02:47:13

-弁済

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?