弁済

代物弁済の意味がよく分かりません。 分かりやすく教えてください。弁済

弁済供託に関して教えてください。
地主から借地してそこに自宅(2棟)を立てて住んでいる者です。
地主さんが、かなり変わった方で、地代の受領を拒否しているため、十年以上、地代を供託し続けています。
ちなみに賃貸借契約書を作成したいのですが、地主さんの方で、拒否しています。
これまでは、建物は母の名義だったので、母が供託していました。
数年前に、母が他界したことから、相続人である子供(私と姉)が、そのまま半分づつお金を出して供託を続けています。
具体的には、毎月、姉が私のところにお金を持ってきて、私が自分の分と合わせて、母名義で供託しています。
遺産分割協議書は作成してあって、建物は1棟づつ相続し、借地権(登記は無し)も、半分づつにしました。
お互いの借地した場所が分かるようにと、専門会社に頼んで測量して、半分ずつ杭も入れました。
その後、姉との折り合いが非常に悪くなりました。
お金の供託も、私の分は私が行い、姉にも自分の分は自分でやってらいたいと思っています。
私と姉とが、別々に供託できる状況にしたいのです。
そこで、質問ですが、供託者を母の名義から、私と姉の二人に、分けることはできないでしょうか?また、そうするためには、どうすればよいのでしょうか?(姉の協力が必要?かなり厳しい)どうぞ、助けてください。

結論からいうと、別々に供託することはできません。
建物を1棟ずつ所有していようが、杭を打っていようが、地主との関係では、質問者さんと姉の2人が共同で1つの土地を借りている、ということに変わりはありません。
そして、1つの土地を借りていることによって発生する地代支払義務もまた1つであって、これを勝手に2つに分けることはできません。
地代債務(地代を支払う義務)は、法律用語でいうと不可分債務といって、地主からすれば、質問者さんに全額請求してもよいし、姉に全額請求してもよいし、半額ずつ請求してもよい、ということになっています。
要は2人で全額を払ってくれればよく、2人の中での分担は2人でなんとかしてくれ、ということが言えるわけです。
供託は、債務の全額を払わなければ有効になりません。
地代債務が不可分債務である以上、質問者さんが有効な供託をしたければ、質問者さん自身が全額を出さなければなりません。
その上で、質問者さんが姉に対して半額を請求してください。
折り合いがいいか悪いかといったことは、この結論に影響を与えません。
なお、お母さんの死後もお母さんの名前で供託してきたということですが、死者は供託できませんから、供託するのであれば真実の供託者である質問者さんの名で供託してください。

2016/10/7 20:53:15

弁済による代位 第三取得者から保証人へ代位できないのはなぜですか?

担保物権目的物の第三取得者は,主債務者本人と同視すべき地位にあるためである。
主債務者が担保物権を実行されても,保証人に対しても求償権を行使できず,もちろん代位できない。
目的物の所有権がたまたま第三者に移転したからといって,保証人が求償を受け代位されることが不当であることは明らかである。
第三取得者においても,そのような負担付きの財産を取得したことは登記から事前に分かるのであり,何ら不測の損害を受けるものではない。
※民法501条3号で保証人に対して代位できないとされている「第三取得者」は,担保物権が設定された主債務者自身所有財産の第三取得者であり,物上保証人が担保物権を設定した財産の第三取得者は含まない。
物上保証人が担保物権を設定した財産の第三取得者は,物上保証人と同視すべき地位にあるからである。

2017/2/25 16:50:03

代物弁済について教えてください。
何時もお世話になっております、私の知人の事でお尋ね致します。
簡単に書きますと。
知人(Aとします)はその友人(Bとします)に200万貸しましたBからそのうち30万返済されましたその後Bは返済できなくなりBの家業は農家なので、その機械(トラクターやコンバインなど)をAに差し入れそれで借金はチャラと言う趣旨の公正証書を作成したそうです。
Aは当然それを持って裁判所で差し押さえ手続きをしたところその父親(Cとします)が登場!!おまけに裁判に代理人弁護士を立ててきたそうです、B及びCの意見は「農機具はCが買った物だから差し押さえはさせない」の1点張りだそうで、昨日その証拠となる書類がAの所に届き要するにBの物はすべてCの物、更に機械器具、建物、田畑全ては農協に担保権だか何だかわかりませんがそんな感じの書類が交わされていたそうですそのコピーも同封されていたそうで、要するに「息子が回りを騙し金を借りまくりこのままではヤバイと思いそれまで息子に全経営を任せていたけれども差し押さえされないように農協と結託し何だかわからない書類を作成したと思われます」その証拠に昨年土地や田畑等の名義も息子から父親に全部名義が戻されているようです。
裁判ではBは「公正証書は建前上作っただけであるから公正証書は無効。
Cは「代物弁済対象物はCが買ったのであるし農協から担保物件として取られているから渡さない」更に弁護士は民法94条1項に該当するので公正証書は無効、と主張しているそうです。
これっておかしくないですか?これが正論であればAは丸損です。
更にBCはAに対し今後の支払い意思も全く無いらしくその様な話は一切ないそうです。
ちなみにCは近所でも有名な守銭奴で有名な人で正直200万なんてCからすれば鼻息で払える額なんですが何故か払おうとしません(Bはあちらこちらで総額3000万ぐらい引っかけているんでCが愛想が尽きたとも考えられますが、、、、この様な場合何か法的にやっつける事は出来るのでしょうか?素人考えですが「競売対策の資産し」ってい方だったような気がしています。
よろしくお願い致します。

民法94条1項ではなく、2項が適用されます。
通謀虚偽表示といいます。
民法第94条 相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
② 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。
第1項はBはCと通じて虚偽の意思表示(農業用機械の所有権移転)は無効であるという定めです。
しかし、第2項により善意の(=事情を知らない)第三者、すなわちAに対抗できない(主張できない)ことになります。
BとCの行為は民法第94条1項により無効ですが、その無効を善意の三者であるAには主張できません。
公正証書の内容は無効ですが、それが無効であることをAには対抗できません。
すなわち有効になり、農業機械はAのものになります。
民法の規定通りに解釈すれば、Cの主張は認められません。

2016/8/9 20:24:52

「弁済」は俗にいう代金を支払う義務を負うこととありますが弁済者は、お金を返す義務を負う人のことでいいのでしょうか。
また、「弁済者が過失なく債権者を確知することができないときは、弁済者は債権者のために 弁済の目的物を供託して、債務を免れることができます。
」とありますが、どなたか砕けたわかりやすい説明をしていただきたいです。

弁済がお金を返すこと、というのは、一番わかりやすい例を出して説明しているだけです。
なので、弁済者を「お金を返す義務を負ってる人」だけだと考えると間違いです。
弁済者=債務者と考えると少し正解に近づきます。
たとえば、不動産売買で、買主は代金を支払う義務を負いますね。
で、買主が代金を支払ったら、それは「弁済」です。
しかし、それだけだと売主はぼろ儲けです。
売主は代金支払いと引き換えに、不動産を引き渡したり、所有権移転登記に協力したりします。
この場合には売主が債務者になっているので、不動産を引き渡すのも「弁済」です。
供託の話が出ているので、不動産より動産の方がわかりやすいかもしれません。
宝石屋さんが、大粒のダイヤを売ったんです。
カード決済で引き渡しを約束してたんですが、買主が亡くなってしまった。
相続人が2人いるんだが、どっちに引き渡せばいいんだかわからない。
後妻さんと前妻の子なので、勝手にどっちかに渡したらトラブルに巻き込まれることは間違いなく、さりとてそのままにしてると債務不履行になって損害賠償を請求されてしまう。
こんなとき、どっちが引き取ってもいいけど、それはそっちで決めてくれ、と言って供託所に持ち込めるわけです。
宝石屋さんは供託した段階で遅延の責任から免れ、(つまり弁済したのと同じになり)、ダイヤは相続人で協議して決まった方が供託所に引き取りに行けばいい、ということです。

2016/7/2 19:13:28

分かりやすく、例えまでしてくださりありがとうございます。
ベストアンサーに選ばせていただきます。
>

すでに弁済期にある自働債権と弁済期の定めのある受働債権の相殺適状(最高裁平25.2.28判決)について質問です。
私は、自働債権の弁済期が到来していれば、受動債権の弁済期が到来していなくても相殺ができると思っておりました(受動債権の期限の利益を放棄したら両債権の弁済期が到来するから)。
しかし、最高裁は、期限の利益を放棄することができるというだけでなく、期限の利益の放棄または喪失等により、その弁済期が現実に到来していることを要すると判事しております。
これはどういう意味なのでしょうか。
どういう事案だったのかも簡単に教えてください。

平成23年(受)第2094号 根抵当権設定登記抹消登記手続請求本訴,貸金請求反訴事件平成25年2月28日 第一小法廷判決以上により,最高裁ホームページで判例を検索してください。
25.2.28だけでも見れます。
実際にみました。
重要なところは,アンダーラインが引いてありますので詳しくは他の本にあたってください。

2017/4/18 14:23:12

弁済業務保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
1.宅地建物取引業者が、弁済業務保証金分担金納付後に、新たに事務所を1カ所設置した場合、その日から2週間以内に弁済業務保証金分担金30万円を保証協会に納付しなければならない。
2.弁済業務保証金は、国債証券、地方債証券その他一定の有価証券をもって、これに充てることができない。
3.保証協会は、弁済業務保証金分担金を納付した社員の主たる事務所のもよりの供託所に弁済業務保証金を供託しなければならない。
4.保証協会は、社員から弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その日から2週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない。
是非とも教えて頂きたく宜しくお願い致します。

1.宅地建物取引業者が、弁済業務保証金分担金納付後に、新たに事務所を1カ所設置した場合、その日から2週間以内に弁済業務保証金分担金30万円を保証協会に納付しなければならない。
→○、その通りです。
2.弁済業務保証金は、国債証券、地方債証券その他一定の有価証券をもって、これに充てることができない。
→×弁済業務保証金は、国債などの有価証券でもかまいません。
必ず金銭で納めることが必要なのは「弁済業務保証金分担金」です。
3.保証協会は、弁済業務保証金分担金を納付した社員の主たる事務所のもよりの供託所に弁済業務保証金を供託しなければならない。
→×「弁済業務保証金分担金を納付した社員の主たる事務所のもよりの供託所」ではなく、法務大臣および国土交通大臣の定める供託所(東京法務局)に供託します。
4.保証協会は、社員から弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その日から2週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない。
→×「2週間以内」ではなく、「1週間以内」です。
以上から、正しいのは「1」です。

2016/2/1 22:49:22

「債務の弁済に正当な利益を有する」とはどういう意味でしょうか。

「債務の弁済に正当な利益を有する」とは、債務が弁済によって無くなることによって法的利益を受ける人のことを言います。
具体的には、金銭債務の保証人のことですね。
保証人は、主債務を弁済することによって自身の保証債務から解放されるからです。
民法500条では、この「債務の弁済に正当な利益を有する」者が主債務者に代わって弁済した人に、抵当権の代位を認めています。
つまり、主債務についていた抵当権を債権者に代わって(代位して)行使できる権利を得ます。

2017/8/5 11:06:16

仮想通貨取引所のコインチェックは、仮想通貨盗難被害額580億円を全額弁済出来ますかっ!?

弁済する必要ないですよ。
トルネコの大冒険で笑い袋に金を盗まれたレベルの話です。
580億円はゲームの売上みたいなもんですから、その時点で購買は終了しているんです。

2018/1/29 13:06:19

法律に詳しい方、代位弁済について教えてください。
代位弁済を経ると2重には賠償を求めることは出来なくなりますよね?ネットで調べると?【代位弁済(だいいべんさい)とは、「弁済による代位」という法律効果を伴う弁済をすることをいう。
】…とありますが、仮の話、代位弁済を行う仲介者が弁護士や裁判所の司法の手を通さずに被害者と内々でそれを為した場合、それは「法律効果を伴う弁済」では無いですよね?そしたら被害者はその仲介者だけであきたらず、加害者にも2重に損害賠償を請求できるという荒業も可能ということですよね?

代位弁済とは「債務者に成り代わって弁済すること」です。
質問文の例だと、加害者に代わって被害者へ示談金を支払うということになります。
被害者は示談金を受領(示談書、領収証の発行)したので、加害者には請求できないことになります。
この場合、業者は非弁行為に該当するでしょう。

2016/9/16 12:22:37

代物弁済の意味がよく分かりません。
分かりやすく教えてください。

ドラえもん「のび太君、今日こそこの前貸した1000円返してくれる?」のび太「え~~!まだ、ないよぉ。
あ!そうだ、今日のおやつのどら焼き1個で返した事にしてくれる?」ドラえもん「え?どら焼きかぁ。
しょうがないなぁ。
じゃ、どら焼き1個で勘弁してあげるよ。
代物弁済だね。

2017/3/3 01:25:55

-弁済

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?