債務名義

給料の差し押さえについて 債務名義をもらいました。 給料が6万とか7...債務名義

以下の場合で混乱してます。
誰か教えてくださいお願いします。
不動産の仮差押登記がされた後、本案の訴訟で仮差押命令の債務者に対する債務名義が成立した。
その後に執行手続に入った際、その不動産の登記名義人が第三者に渡っており、第三者は本案の口頭弁論終結後の第三者に当たることが判明しました。
この場合、その第三者に対する承継執行文が必要か?

どういった事例なのでしょうか。
まず、仮差押えの登記が完了した時点で、民事保全法の執行は完了しています。
そこで、本案で債務名義を取得したということでよいのですよね。
ここからは、民事執行法の話になり、不動産強制競売に移管しています。
この時点で、債務者が仮差押えがあった土地を第三者に渡しても、仮差押えした債権者に対しては、譲渡の効力を言うことができません。
したがいまして、民事執行法でそのまま強制執行を進めればいい話だと思いますが・・・そもそも、承継執行文の付与は、債務者の地位を相続等で承継していないと無理かと思います。
(適用場面が違うということです)

2017/11/5 10:12:52

重畳的債務引受してからの所有権移転登記妻側からの質問です。
離婚し、財産分与で登記も住宅ローン債務も夫名義だったものを、私に変えたいと思っています。
(夫側了承済)私も正社員で勤務していますが、やはり免責的債務引受は審査が厳しいと思います。
なので、重畳的債務引受で手続きをすることになったとして、夫単独名義になっている不動産登記を私単独に変更することは可能でしょうか?手続き自体は金融機関の承諾なく可能ではあると思いますが(こっそり)、正式に金融機関から承諾頂いて所有権移転登記をすることは通常できるのでしょうか? 重畳的債務引受であるならば、登記上の所有者について元夫の名前も載るように求められるのでしょうか?金融機関へ相談へ行く前に、なるべく整理して向かいたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

原則所有権移転の登記は共同申請になりますので登記義務者となる夫には絶対にばれます

2018/1/27 18:25:00

債務に詳しい方よろしくお願い致します。
独り身の身内が倒れ寝たきりになり入院して半年過ぎた頃、本人がカードローン約25万の返済の督促が自宅に届いていたのですが、ほっておいた為簡易裁判所から督促が届きました。
それもほっておいたところ出頭命令が届き本人がいけないので一括返済をする事を、身内が本人と話し合いのもと債務者に連絡しました。
本人との連絡ではないと詳しく話せないとの事でしたが裁判所に申し立てた金額を一括返済すればまーすみますが、こたらからはこうしてとかは言えません。
とおっしゃいましたが事情も記憶してますと言っていたので、このまま全額返済してしまえば裁判所に連絡や出頭しなくてもおわるのでしょうか?勝手に振り込んでまたややこしくならないでしょうか。
教えてください、

電話連絡では本人以外には詳細は教えてもらえないと思います。
一括返済するのであれば振込時に振込人名義をその身内の方の名前にするのであれば問題ありません。
簡易裁判所から出頭命令がきているのであれば、そのまま放置すると債権者側の言い分が全て通ってしまい、どんな無理な内容であっても逆らうことは不可能で、強制執行されます。
寝たきり…ということで自己破産も考えるのであれば弁護士を頼み自己破産が一番簡単ですが、一括で支払えるのであれば、名義を本人の名前にして振り込んだ方が穏便に済みます。
放っておけば延滞遅延金も膨らんでしまうかと…

2018/1/8 08:25:15

債務者:有限会社~取締役 名前~ (個人実印)。
金銭消費貸借契約(債権者個人が有限会社の営業資金としてお金を貸した内容も記載)で 期限が来ても返済無し。
弁済債務契約を公正証書で作成して→有限会社~所有の物件に仮差押をして、代金回収を図りたいと思っています。
問題は過去の金銭消費貸借契約もこれから作成しようとする弁済債務契約書も法人の実印を押してくれない事です(他の取締役一人と代表取締役はお金を借りたことは知っているが、会社の印鑑は押さないといっている)。
公正役場には表見代理を図るべく裁判をしてと言われました(公正証書には法人の実印が必要な為)。
何か良い方法は無いでしょうか?ご教授下さい

公正証書を作成する意味は何でしょうか?差押により回収したいので債務名義取得のためであれば分かりますが、「仮差押」するとのことですね。
仮差には債務名義は不要です。
債務名義を取得したいのであれば、訴訟提起すればいいと思います。

2015/1/14 17:30:16

ありがとうございます。勉強になりました>

債務者への動産執行・差し押さえについて。
「住民票上の住所」と「現住所及び郵便転送先住所」が相違している債務者の場合。
例)住民票上の住所:A市Bマンション現住所及び郵便転送先住所:A市Cマンション督促状や裁判所からの訴状は、郵便転送先住所であるCマンションに問題なく届くと思うのですが、動産執行は債務者の現住所が分からないと難しいと思います。
債務者の現住所がCマンションであることを、債権者はどのようにして調査しますか?ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

裁判所執行官の動産執行は、債務者が居住をしている事実が確認を出来ますと、「住民票は必要が無い」んです。
第三者債務者(銀行口座への執行)ですと、口座名義人の本人確認の為に、裁判所執行官が債務者の住民票の提示を求めますが、動産の執行の場合は求めない場合が多いです。
債務者の多くは、住民票を放置して移転をして「新たな場所を生活の拠点」とします。
債権者は債務者の日常的な生活を調査(探偵に依頼する場合も有る)をして、債務者が維持継続的に生活をしている事実が確認出来た場合に、執行官が動産執行を行います。
多くの場合は、執行の前に執行官が債務者に「事前に通知を文書(不在の場合は現地の郵便受けに投函)」にて行います。
また、執行の当日には債権者の立ち合いと開錠業者の同行を求めて、執行は行われます。
現地では、債権者が債務者本人を確認するのと、債務者の免許証・健康保険・公共料金の請求書(宛名)等で執行官が本人確認をします。
債務者の居住・生活の拠点としている事実が、執行官への報告で重視されます。
私の場合は、探偵に依頼して債務者が居住をしている事実の証拠写真で判断をしましたね~画像:裁判所への「民亊執行申立書」ですね!

2018/2/18 08:50:31

本件の悪質行為の事実証明を勤務先、親族の方へ通達させて頂きます。
通知状:裁判までの予定となります。
詳細確認▼■登録情報 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄氏名アドレス電話番号住所 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄・通知義務本日中にご対応の確認が取れない場合は債務名義の取得を行い、費用の請求、強制執行を行わせて頂くことを通告いたします。
・債務名義取得(追加費用の発生する案件となります)債務名義の取得を行うことで貴殿の個人情報が取得され、信用情報機関に貴殿の個人情報を登録し、世帯主、勤務先、親族、知人の順に調査をかけ、貴殿の財産に影響する全てに請求を行い、民事及び刑事罰を目的とした係争に取り掛かります。
・訴訟手続開始(追加費用の発生する案件となります)債務名義取得により得られました、個人情報を元に訴訟手続きを開始したします。
また、こちらまで処理が進みますと、通知義務を無視され、より悪質な利用者だと判断され損害賠償が上乗せされる場合もあります。
また、逃げられることが無いように開示命令に基づき貴殿に関する情報をインターネット上に開示したうえで、ご住所への訪問、損害賠償請求権実行などの法的手続きをとらせていただくこととなりますので、出廷の義務とお支払の義務が発生してしまうことになります。
以上、ご確認の上、取り返しがつかなくなる前にご対応お願い致します。
詳細確認▼というメールが来ました。
前々から来ていて詐欺だと思っているのですが無視しているんですが、今回も無視で大丈夫ですよね?

>債務名義取得により得られました、個人情報を元に訴訟手続きを開始したします。
全く逆です、裁判所に「提訴」し、勝訴したら「債務名義」が得られるのです。
訴訟手順を全く知らない業者の戯言です・・・「完全無視」を貫いて下さい。
裁判の流れ・・・www.moj.go.jp/shoumu/shoumukouhou/shoumu01_00022.html

2018/7/6 17:00:44

知人からの質問です。
遠方で裁判所へ出頭せずに債務名義確定通知が金融会社から届いたらしくその一面に強制執行申し立てを実施することがありますのでここに通知すると書かれているそうなんですが、その友人が、19日相談期限になってることにきづき、慌てて金融に電話をして分割払いの相談したのですが、相手は全額で払えと連呼されたらしく、今月の23日までに、全額支払いできないなら、給料を差し押さえさせてもらうといわれ電話を切りました。
その友人は、船で仕事しようと船を購入し所有してるのですがこれも差し押さえ対象になるんですか?この友人は、船のお金をまだ支払いをおえていません。
同じ住所地に住む方から分割でいいということで購入しました。
係留料もまだ支払いしてません。
船のお金はすべて祖母が支払う予定でいるそうです。
船の、メンテナウンス(船底塗料代金、整備代もまだマリーナへ支払いしてません。
わかりにくい場合は、言っていただければ、訂正します。
法律に詳しいかた力を貸してください補足現在、財産開示が請求できるって聞きましたが?金融は、たちの悪いヴァラモスらしいです

船は差し押さえられません。
金融会社はその船の存在自体知りませんよね。
仮に差し押さえができたとして、他に売却できるのかどうかも分からない(換価価値があるかないかも分からない)ので、やっぱり差し押さえはしないでしょう。
また、給与差し押さえすると言ってますが、相手は友人の方の勤務先を知っているのでしょうか?知っていれば、相手の主張通り、給与を差し押さえてくるでしょうが、知らないのであれば、脅しと思われます。
いずれにしても船を差し押さえられることはありませんので、ご安心ください。
【補足】---------------------------------------------------確かに開示請求できますが、それは差し押さえが空振りに終わった場合にするものですので、相手が給与を差し押さえると言っているのであれば、給与を差し押さえて終わりです。
給与の差し押さえは簡単に現金が回収できますが、船舶になると、やはり売却が困難なので、普通は差し押さえないと思います。
また、前提として友人が船を所有しているという話ですが、同じ住所地の方とはいえ、まだお金を払い終わっていないのに、所有権を友人へ移動させるでしょうか?実際は、まだ「同じ住所地の方」の所有になっているのでは?まぁ差し押さえるか差し押さえないかはヴァラモス次第なので、確定的なことは言えませんが、差し押さえにあう可能性は極めて低いと思われます。

2011/5/20 21:55:42

ローン債務者A名義の家にAの元妻Bと実子が住み、Bがローン借り換え不能なため、Aの債務をBが肩代わりし、家の所有権を得ようと言う場合です。
Aは転出し他所にて住民票取得済み。
AはA名義のローン口座に養育費を振込み、Bは不足を振り込んでローンを払います。
このときAはBに家の所有権を移転できるでしょうか。
補足oguti様。
つまりBが抵当権設定者(及び所有権者)に代わったとしても銀行からみた債務者は、ローン契約者のAのままである とう言う事がありえるのですね。

所有権移転はできますが、結局のところ、ローン債権者である銀行等と揉めることになるだけの話です。
補)所有権移転はともかくとしても、銀行は債務者変更を容易には認めません。
もっとも、銀行にしてみれば、キチンと返済があれば良いので、Aに替わってBが履行を引き受ける(銀行にとって債務者はあくまでもAの7ままだが、実際の支払いはBがする)ことは可能でしょう(ただし、Bが支払いを延滞すれば、請求はAになされ最悪の場合は抵当権を実行されるリスクはある)。
いずれにせよ、予め銀行に相談すべき問題です。

2011/12/5 16:06:00

銀行業務検定 法務3級の勉強をしています。
差押や強制執行について分からないことがあります。
①差押と仮差押については多くの質問や記事がありますが質問させてください。
テキストによれば、差押えられても同じように使用を続けることができるということなので、もし自分が差押命令を受けた場合、競売にかけられない限りは仮差押命令を受けたのとあまり変わりはないと解釈してよろしいでしょうか?テキストを読む限り、差押も仮差押も処分してはいけない、という感じにしか受け取れません。
②また、たとえば、借りたお金などが返済日になる前に仮差押はできるということですが、返済日になる前に差押は不可能でしょうか?③セミナーを受けた際「強制執行は差押、担保権実行は競売みたいなものだと思ってね」と言われました。
「みたいなもの」なので、まさにそれだというわけではないことは分かりますが、このたとえは適切ですか?銀行業務検定を受ける程度ならこんな風に思っていればいいのでしょうか?④ところで、強制執行は債務名義が必要、担保権実行は債務名義が不必要とテキストにあります。
③とあわせて考えると差押は債務名義が必要、競売は債務名義不必要ということになるかなと思いますが(みたいなもの、なので必ずしもそうではありませんが)差押・競売それぞれについて債務名義が必要か不必要かについて教えてください。
なんでそんなところが気になるんだろう・・・というような質問かも知れませんが・・・(^_^;)どれか1つだけでも、どうかよろしくお願い致します。

①差押がなされた場合にも目的物の使用がゆるされる場合があります。
不動産に対する強制執行について(民事執行法46条2項)動産について(123条3項、4項)規定があります。
②強制執行は債務不履行の債務者の履行を強制的に実現させるものですから、債務不履行を前提とします。
返済日前に債務不履行とはなり得ませんから差押は不可能と考えます。
③「強制執行は差押…みたいなもの」という意味は、強制執行には差押の場面には重要な論点が集まっているといったくらういの意味ではないでしょうか。
差押を伴わない強制執行(金銭の支払いを目的としない請求権…例えば特定動産や不動産の引渡明渡請求権…についての強制執行)もあります。
また強制執行において差押後に強制競売等がなされますので、競売は担保権実行に限ったことではありません。
例えとして適切かどうかは判断しかねますが、ごくごく大雑把に説明されたのではないでしょうか。
「担保権実行は競売みたいなものだ」との説明は、担保権実行についても差押を要する場合もあります(例えば一般先取特権の実行や190条など)のでこれも大雑把に説明されたのではないでしょうか?。
④差押には多くの場合には債務名義が必要ですが、上述のように担保権実行で差押をなす場合には債務名義は不要となります。
また金銭の支払いを目的とする債権…例えば、貸金返還債権…についての強制執行は、競売に至るには債務名義が必要です。
従って差押には債務名義が必要な場合も不必要な場合があり、競売を行うのにも債務名義が必要な場合も不必要な場合もありうると考えます。

2015/5/10 10:42:14

給料の差し押さえについて債務名義をもらいました。
給料が6万とか7万とか小額でも差し押さえってできるんでしょうか?

民事執行法の基づく給与債権の差押えについては、差押限度額がありますが、少額でも差押えは可能です。
限度額の計算方法は、次のとおりです。
①差押債権者の債権が一般債権の場合(法定控除前の総支給額-源泉徴収に係る所得税・住民税・社会保険料-通勤手当て)×1/4②差押債権者の債権が扶養義務等に係る定期金債権の場合(法定控除前の総支給額-源泉徴収に係る所得税・住民税・社会保険料-通勤手当て)×1/2なお、給与債権のような他継続的給付に係る債権に対する差押えの効力は、差押債権者の債権が完済されるまで継続します。
1回差し押さえれば、毎月差し押さえる必要はありません。

2013/3/23 11:27:46

-債務名義

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?