債務名義

債権差押命令について教えてください。 債権差押命令が裁判所から届き...債務名義

個人で過払い金請求して判決がおりました。
その後の流れについて質問お願いします。
和解でこじれてしまい結審してもらいました。
(提示金額と口頭弁論時の金額が違い不信感を・・)先日、裁判所から判決文が郵送されてきました。
質問1、こちらから相手側に連絡するのでしょうか?相手はプロミスさんです。
主文に2、訴訟費用は被告の負担とする。
とありますが、こちらが計算して請求するのでしょうか?3、不当利得返還請求権に基づき、上記過払金元利金合計〇〇〇円と、上記取引終了翌日以降上記元金完済までの民放所定利息の支払いを求める。
とありますが、判決から入金されるまでの期間の利子を請求できると言う事でしょうか?分からない事が多く的外れな質問になってるかもしれませんが、宜しくお願いします。
補足回答ありがとうございます今は判決は出たけど確定してないって状況なんですね。
とりあえず何もせずにプロミスさんからの連絡を待てばいいんでしょうか?

その判決文のことを「債務名義」と呼びますが、あなたは「債務名義」を手に入れただけのことで、現状はなにもかわりません。
ただし判決が確定すれば、その「債務名義」を使って強制執行で取り立てることが出来ます。
そうされては困るから払おうと思えば、相手から連絡が来ますので、待っていれば良いだけです。
場合によっては控訴されて、また次の裁判が始まる場合もありますが、あなたがどうこうできる問題では無いので、2週間じっとまっていればいいだけのことです。
支払うと決めたら、今後こそは嘘をつかずに支払日までの利息を計算して、金額を言ってきますので、手元の計算と合っていれば納得して入金を待っていれば良いだけです。
わたしの経験では、全く間違いの無い金額を提示してきましたよ。
訴訟費用は、裁判所の規定がありますので、担当書記官に訴訟費用確定の申立をするのですが、面倒な計算があるので、詳しく聞きに行けば良いかと思います。
判決確定後にしっかり申し立てれば、それも別途支払ってきます。
もう相手は取引が出来る立場では無いのですから、何を持ちかけてきても相手にしないことです。
(追加です)私の場合は、去年のことですが、「通常弁護士さんの場合は、計算して請求してもらえるのでその額をお支払いすることになりますが、こちらで計算することも出来ます。
どうしますか」と尋ねられたので、間違っていれば訂正させればいいだけなので、そちらで計算してくださいと伝えました。
こちらの計算より多めに支払うと約束するならそのほうが得ですからね。
実際こちらで計算したよりも2日分くらい多かったので、納得して支払ってもらいました。
他社でもほぼ同じようでしたね。
なにもこちらから積極的に金額を言うことはないです。
(補足へ)そうです。
判決文は、被告に届いてから2週間を経過すると確定します。
逆に言えば、それまでは判決は確定していませんので、請求しないで待つだけです。
その間に相手が控訴してきたら、請求はまだ先の話になります。
控訴しないのであれば、確定前に支払うとの連絡が来ると思います。
まけてくれ、などと馬鹿なこともいわれますけれど、相手にしなければ全額払ってきます。

2012/2/9 18:33:49

共働き夫婦です。
住宅ローンの連帯債務、不動産名義割合、贈与税、住宅ローン控除についての質問です。
この度、土地(建築条件なし、諸経費込約2000万)と建物(諸経費込約2800万)を購入することにしました。
銀行からの借り入れを4000万とし、残りを自己資金にします。
借り入れはつなぎ融資などではなく、土地引き渡し時点でのローン実行です。
銀行からは、「連帯債務は二人で4000万の借り入れなので、どちらがいくらというような負担割合はない。
あるのは団信の割合だけで、これは登記上の名義とは関係ない」と言われました。
夫婦の収入が、ざっくりと夫:妻=650:200程度なので、団信の割合は夫:妻=3000:1000にしました。
土地はすでに夫一人の名義に決めてしまいましたが、建物は共同名義にする予定です。
自己資金は、夫の預金から全額出すこともできますし(土地購入の諸経費はすでに夫預金から自己資金で出しています)、建物に充てる自己資金はこれからなので、夫妻どちらの預金からでも出せます。
最終的に住宅ローン控除を満額得られて、贈与税が発生しないようにするには、自己資金の負担割合、建物名義割合はどのようにしたらいいのでしょうか?本当に団信の割合は名義や贈与税へ影響しないのでしょうか?ローン実行まで3日あります。
団信の割合がやはり重要なのであれば、やはり変更してもらう事も考えています(間に合えば)。
ご回答よろしくお願いします。

国税庁のQ&Aに共稼ぎ夫婦の連帯債務の取扱いがあります。
これによると、連帯債務の負担割合は所得等の割合で決めなければいけません。
これがずれてしまうと、贈与になります。
一度決めると変えることができないので、将来の収入も考えて負担割合を決めなければならず、例えば妻が仕事を辞めた場合でも、年間の差額が110万円以内になるようにするなどの調整が必要です。
また、上記負担割合で決まった額に頭金の額を足した金額を登記の割合にしなければいけません。
この割合がずれると贈与になります。
これも110万円までは贈与税の控除がありますので、差額がこの範囲内に収まるように考えなければなりません。
ということで、まず将来の見込みも考慮にいれた収入の割合が基本になり、それに頭金を調整した額により登記の割合を決めることになります。
その登記の割合で住宅ローン控除も決まりますので最大限の控除を受けれるように考えなければなりません。
全て考えて計算するには、所得の金額や控除の金額、将来のことなど、色々な情報が必要です。
ご自分で書き出してじっくり計算するか、専門家に相談しましょう。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/soz...https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/06/...

2016/5/10 11:18:50

以下の文章が適切であれば○を、誤りであれば×及び理由を書いてください。
①相続債権は、通常の民事執行とは違い、 確定判決などの債務名義なくても強制徴収 の手続を行うことができる。
②租税債権について強制徴収する場合、国 税局の職員により行われるのであって、裁 判所執行官が行うわけではない。
③国税徴収法は差押禁止財産を法定してい るが、その76条によると、賃金債権は一切 差し押さえることができない。
よろしくお願いします。
租税法/法律/大学/講義/課題

文章が不正確のように感じました。
①;○相続人に、納税義務承継通知書を送付する必要があります。
②;○国税局の職員というよりも、徴税吏員のほうが正確です。
③;×76条1項各号に掲げる額を控除した金額の支払請求権を差押えることができます。
※他の方からの回答も参考にしてください。

2014/7/6 09:44:20

2社から借金をしていて、そのうち1社に裁判で債務名義とられたとしますその後すぐボーナスが入り裁判されていないほうの会社の借金がそのボーナスで支払いを終わらせられるので支払ってしまった場合債務名義をとったほうの会社にとってはみては資産隠しされたと感じると想いますが自己破産なら平等に返済しないといけないですが強制執行前に、こちらが決めた任意の相手に返済をするという行為は、いけないのでしょうか?補足【補足】なるほど、たとえ、1社にだけ返済をしていっても問題ないのですね?支払ってくれない業者にしてみれば滞納者が払えるようになったらそのときに強制執行かけられるからいいや!って感じなのでしょうかね。
自分から自己破産しない場合は自由に、例えば友達に借りたお金などを優先的に返済するのもいいということなのですね。

別に問題ないです。
強制執行かけられてしまうことだけ覚悟しておけばいいだけです。
資産隠しであろうと、返済できる能力があればいいだけですから。
破産等で資産隠しが問題になるのは、そもそも返済能力がなくなっている状態であるためで、返済能力があるのであれば、いつかは回収できるので、問題にはなりません。
<補足について>返済できる限りでは自由ですが、延滞しているほうは、遅延損害金(通常の金利の倍以上が普通の水準)が膨らみますので、総支払額で不利になります。
また、強制執行されれば、その費用も負担となります。
延滞しているものから返済するのが普通の発想です。

2013/12/20 15:51:12

債務名義(債権額100万円)による強制執行について ①債務者の財産である債権差押えを10倍の1000万円で行えますか?②転付命令を得ずに、一週間経過して第三債務者に対して取りにいくのが債務名義債権額100万円において1000万円を取りに行くことが可能でしょうか? ③上記②において可能な場合、900万円を債務者に対して任意に不当利得として返還してあげるだけで良いのでしょうか? ④質問外ですが債権債務関係に確定判決にように既判力ないものについては、債権者側の自由で裁判上の強い請求(訴訟提起、和解又は調停申立、支払督促申立)はいつでも行えますよね? 和解契約締結(示談成立)して債務者から任意支払いない場合に「裁判上の強い請求ができるか?」との質問に「和解契約成立(示談成立)しているのでできない」旨の回答がまたなされていたのがありました 私は既判力ないので自由にできると思いますがご教示お願い致します。
補足債権差押えのイメージがつかなくちぐはぐな質問すみません 補1:債務者の財産のうち債権への強制執行は、「基本的には一個の債権ごと」と理解したら良いのでしょうか?例えば官公庁が債務者と判示され預金債権を差押えたら債務名義債権額が100万円でも「一個の預金債権が何十億円なら何十億円が差押え可」ということですよね?そしたら、官公庁預金何十億が自由不能になり大変なことになりましょうがそういうものでしょうか? 補2:例外で「一個の債権の一部も差押え可」ということでしょうか?債務名義100万円の時 100万円ちょうどや20万円など 補3:一個の債権を差押え不足額があると、例外的に他の複数個の債権をも併せて一の手続きで債権差押え可でしょうか? 補4:強制執行停止用供託金返還債権1000万円を差押えた場合、転付命令を得れるのは自己債務名義額100までですか1000万円までですか?

① 債務者の債権が1000万円であるなら、その全部を差し押さえることも一部を差し押さえることも可能です。
② 取り立てることができるのは執行債権100万円(+執行費用)までです。
③ 取り立てていない残額は引き続き債務者の債権です。
不当利得ではありません。
④ Q&Aがないので回答しかねます。
[補足へのご回答]1.論理的にはその通りです。
ただ裁判所が100万円のために何十億の全額に差押命令を出すとも思えませんが。
2.例外でというより、どちらでもいいということです。
第三債務者の支払い能力に懸念がなければ、執行債権額だけの差押でも十分です。
3.一つの債権を差し押さえただけでは執行債権に満たないのであれば、他の債権を差し押さえることができます。
4.100万円です。

2014/5/30 05:03:20

債務整理を去年していて、毎月振込で支払いをしているのですが、結婚をすることになり、名字が変わります。
振込をしてる口座名義は、新しい姓に変わります。
債務整理をした会社に振込をする際は、名義人と名字が違って旧姓で振込って出来ますか?ちなみにATMから振込みます。
旦那さんは知らないので、バレずにいきたいので知恵をおかしください。

ATMを使うと言う事は自動振込みでは無いと言う事ですよね。
だったら、振込み依頼人を旧姓で打ち込めば、何も問題はありませんよ。

2016/8/1 18:52:41

債務の承認について 過去に身内に名義を貸してしまい、某消費者金融会社に7年ほど返済していない長期延滞中の借金があります。
先日突然電話が掛かってきまして、その際に名義貸しでの申し込みの経緯などを話しましたが、やはり"私の名前での借り入れなので支払う義務は私にある"と言われてしまい、私も"そうですね"と返事してしまいました。
しかし200万近くの借金が残っているため"返済していくのは難しいです、自己破産の方向で検討します"と伝えました。
業者からは"わかりました。
では今後の事をまた相談したいので8月18日にご連絡をください"とだけ言われて終話しました。
その後、司法書士事務所に相談をしたところ、この7年間訴訟を起されていない、債務の承認をしていないという場合は時効の援用ができる可能性がある、しかし業者と電話で話をしているから成功率は五分五分と言われました。
もし可能であれば司法書士にお願いをして時効の援用の手続きをしたいのですが、業者とした上記のようなやり取りはやはり債務の承認をしたという事に該当してしまうのでしょうか。
文章が長くなりましたがご回答をお願い致します。

会話の記録があれば、まず、本人に債務の承認があったから、時効援用できない、と主張してくると思います。
それどころか、名義貸しだったことまで話していたら、自己破産のときも、詐術により契約したことで反対意見を出され、免責にならない可能性もあると思います。
その点は、司法書士さんは何も言わなかったのでしょうか。
と言うか、案件としては、司法書士より、弁護士にお願いしたほうが良いと思いますが。

2017/7/23 05:35:23

ご回答ありがとうございます。
当初弁護士事務所へ無料で電話相談をしたのですが、その場合なら自己破産を考える前に時効の援用ができる可能性があるので、という事で系列の司法書士事務所に回されました。>

民事執行について。
次の文章で正しいものには○誤っているものには×を書いて理由を説明しなさい。
(1)金銭債権の存在を金銭消費賃借契約書明で明確に証明できる者は、債務者が任意の履行をしないときは、強制執行の申し立てをすることができる。
→○ (2)執行文は、すべての債務名義につき第一裁判所の裁判所書記官が付与する→○ (3)土地とは別に庭石だけを不動産強制競売の対象財産にすることができる。
→× 庭石だけを対象財産にすることはできない。
(4)不動産の買取希望者は、現況調査報告書及び不動産の評価書の写しを閲覧することができる。
→○ (5)XがAにノートパソコンを貸していたところ、YがAに対して動産執行をし、そのノートパソコンが差し押さえられた場合、XはYを被告として第三者異議の訴えを提起することができる。
→○以上の5問について間違えっていたら指摘をお願いします。
解説もしてくださると光栄です。
よろしくお願いします。

(1)→?強制執行するためには、「債務名義」が必要です。
(2)→?事件の記録の存在する裁判所の書記官です。
(3)→○庭石にも独立した財産価値があります。
(4)→不知(後ほど調べます)

2015/1/23 08:32:06

-1
なぜこの問題を○としたのか、意味がわかりません。この設問が○ならば、民事執行法は必要ありません。
-2
民事執行法第26条1項に規定されています。法律の条文に反する回答をするのはなぜなのか、逆に問いたいです。
-3
「庭石だけを対象財産にすることはできない」とする法的根拠はなんですか?法的根拠を示してください。財産の処分なんて、法的に禁止されていなければ自由だと思いますが。
(4)○
誰でも閲覧可能です。
(5)○
悪いのはAなのに、被告はなぜYなのか考えてください。
民法の基本理念がわかっていません。なぜそうなるのかということを条文に即して考えてください。
>

以前、消費者金融から借入をしていた分が口座差押され、その後、給与差押までされましたが、その通知には勤めている会社とは違うところの会社名が記載されていて差押えが出来なかったからか申立取下書が届きました。
そこには申立の全部を取下すると書いてあったが、本日また同じところから差押えの通知がありました。
取下げの意味って何だったのでしょうか?

同じ確定判決を債務名義として、何度でも差押えの手続きはできます。
取り下げしたのは、今の勤務先と違う会社に対する差押えのことだと思われます。
そこの会社の給与に対する差押えを取り下げしただけの話で、他の差押えをあきらめたという意味ではありません。
裁判所からきた債権差押命令につき、前回と今回のものをよく見比べて下さい。
債権者(=消費者金融会社)、債務者(=質問者様)は同じで、第三債務者が異なると思います。
前回のは今の勤務先と違う会社名が書いてあり、今回は異なると思います(銀行とか、また別の会社とか)。
前回とは違う差押えをするという意味です。
表紙を見ると、事件番号そのものも違うはずです。

2015/6/3 12:47:20

債権差押命令について教えてください。
債権差押命令が裁判所から届きました。
第三債務者は現在勤めている会社になっています。
なので給与が差し押さえられるというのはわかったのですが、銀行口座や自分名義の車、配偶者の給与等も差し押さえられるのでしょうか?第三債務者には勤務先だけで、銀行口座等の記載はありません。
わかる方いらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願い致します。

差し押さえは、口座等は具体的支店名まで解れば可能だが、それ特定するには調査が必要。
だが、給与は勤務先が判明していれば簡単に出来る。
だから、給与を出す大元(第三債務者)に出す。
差し押さえは、あくまで債務者本人名義のモノしか出来ない。

2018/1/17 12:35:16

ご回答ありがとうございます。
自分の給与の差押のみで、銀行口座や配偶者の給与等は差し押さえられないということですね。
口座には残高がないのでいいのですが、配偶者には言えてないので差し押さえられると大変なもので・・
ありがとうございました。>

-債務名義

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?