債務名義

金融会社から10万程度滞納しています。債務名義取得みたいな、手紙が...債務名義

債務不存在確認訴訟の棄却判決は債務名義となりますか。
当該債務について別訴の給付訴訟の提起は二重起訴にあたり却下されるらしいので、執行力が欲しい場合はどうすればいいのでしょうか。

確認訴訟は棄却でも、認容でも執行力は生じません。
債務不存在確認請求訴訟で、給付請求の反訴をすれば、よいのではないでしょうか?二重起訴禁止にひっかかるというのであれば、当該訴訟で給付判決を得れば、債務不存在確認請求が、却下され給付訴訟になりますよ。
給付訴訟は認容されれば執行力が生じます。

2012/5/2 03:05:53

民事裁判の判決は法的拘束力がないというのは本当ですか?浮気不倫などの慰謝料を相手に請求しそれが認めらたのにも関わらず相手に支払う意思が無いときは、「払ってください」と頼み込むしかないと聞きましたがそれは本当でしょうか?

債務名義が取れたなら強制執行が可能です。
つまり、債務者が嫌だと言っても無理矢理に財産等を差し押さえることができるわけです。
ですから、法的拘束力がないというのは誤りです。
ただし、強制執行をかけたとしても、債務者に資力がなければ差し押さえるものもないわけで空振りに終わります。
そのことと勘違いされているのでは?

2013/8/9 21:01:12

「担保物権実行としての土地競売への建物一括競売(民法第389条)」と「執行力ある債務名義による土地競売における建物一括売却(民事執行法第61条)」の考え方について質問1:民事執行法の一括売却は民事執行法第61条では「優先弁済受けれない旨の制限はなく」、担保物権実行としての競売も準用しています。
しかし、一方で、担保物権実行としての土地競売に係る建物一括競売については民法第389条で「担保物権設定以後の建物(※土地担保物権者に対抗できない者が設置した建物に限る)につき一括競売が可能」かつ「一括競売された建物の換価代金からは優先弁済受けれない」とも優先弁済受けれない旨をも規定しています どのように考えるのでしょうか?担保物権実行としての土地競売に対し「民法第389条の建物一括競売」でやっても、「民事執行法で準用する民事執行法第61条の一括売却」のどちらでやっても良いということなのでしょうか? 質問2:民事執行法第61条の一括売却でやるなら「一括売却されたその財産の換価換金代金から優先弁済受けれない旨の制限はない」と考えて良いでしょうか??補足なるほどよくわかりました 不明点があるので教えてください 補足1:担保物権実行としての競売には民事執行法第61条は適用にならないと理解すれば良いのでしょうか? あくまでも、民事執行法第61条は執行力のある債務名義による不動産強制執行の場合のみと思えました。
補足2:民事執行法第61条による一括売却の場合には、差押不動産と一括して売却された建物に設定されていた権利は民事執行法第59条によりふっとぶのでしょうか?それとも、売買はそれを破るとされる建物賃借権と建物使用借権で登記されていないものは消滅するのみとなるのでしょうか?

全然違います。
一括競売は、抵当権者等、更地に担保権を有する者の権利です。
担保権設定時点で更地として担保評価していた担保権について、後から建てられた建物が執行妨害にならないように、一括して競売を申し立てる権利を認めたものですから、執行裁判所は一緒に競売しなければなりません。
土地だけ売りに出されても建物収去・土地明け渡し交渉に時間と費用がかかったのでは買い手がつかないからです。
一括売却とはそれとは無関係に、同時に関連の深い不動産(典型は土地と建物)が競売にかかった場合に、換価価値を最大にするために、競売手続きを一緒にできるという執行裁判所の裁量です。
強制執行の場合は対象は債務者の財産全部に及んでいますから、どちらからも配当が受けられます。
担保権の場合は、優先配当が受けられるのは担保権の対象となっている不動産だけです。
それは、競売のやり方が一括かどうかという問題ではなくて、担保権と債務名義の性質の違いです。
なお、この質問には先ほど答えましたよね。
同趣旨の質問を繰り返されるのは、回答したがわにとっては極めて不愉快ですので、おやめください。

2015/4/26 21:56:51

1.全然違うものを比較して二者択一しておられます。
土地の抵当権者が土地だけを競売にかけ、一般債権者が担保権のついていない建物を競売にかけたって、裁判所は裁量で一括売却できます。
土地と建物を一緒に売却した方が価格が高くなるからです。
2.これも勘違いしておられます。
一括売却の対象は、両方とも差押えがかかっているのが前提です。
バラバラに競売手続きを進めるよりも、一緒に進めた方が同一人による買受が容易にできるから一括して進めているだけです。
両方の不動産ともに競売にかかっているのですから、権利消滅に差があるわけはありません、>

以前武富士、現在㈱日本保障から借り入れがあり返済を滞っていました、本日、裁判所から執行文が届きました、債権者は債務者に対し、この債務名義により強制執行をすることができる。
と言う書類です。
どのぐらいで強制執行されてしまうのでしょうか?また、日本保障に連絡し和解はできるのでしょうか?仕事は週三回 アルバイトで職場は債権者は知りません貯金等もありませんまず何をしたらいいかアドバイスお願いします。
補足付与の事由承継などを証する文書を提出と記載されています。

債務名義を取られてるみたいですが、以前に裁判されたり債務整理、特定調停などやったりしたことがあるって事ですか?また、日本保証は他の業者と違い和解ができる事はほとんどありません。
分割要求には応じず一括返済を要求してくるそうです。
なので、司法書士、弁護士も日本保証に対しての和解交渉は受け付けてない所もあります。
法律家が入っても一括返済から分割にしてもらえることはまずなく、意味がないからです。
差押えはゆうちょ銀行、メガバンクなどじゃない地方銀行の差押えは○○銀行の○○支店まで特定しないと出来ません。
裁判やられたのは何年の何月ですか?

2017/7/23 14:13:05

ありがとうございます。
以前武富士のときに2012年3月です。
>

裁判をして債務名義をもらい、現在給与の強制執行をしている債務者がいます。
昨日、裁判所より相手方の破産手続きを開始します。
という通知書が届きました。
免責についての意見申述期間は23年8月29日までですとの事でした。
この通知書が届いたと言う事は、今まで貰っていた給与の強制執行はもうなくなると言う事でしょうか?それとも破産が決定されるまでもらえるものなのでしょうか?お分かりになる方宜しくお願いします。
補足破産が決定すればそれで終了と言う事は分るのですが、決定するまでの間を知りたいです。
債権は家賃です。

破産開始決定が出たら個別執行が禁止されるので,それまでにされていた強制執行は中止となります。
その後,発生する給与はとりあえずは差し押さえられる(債務者には支払われない)ことになりますが,最終的には手続き廃止までにされていた差し押さえは取り消される(もしくは当然に失効)ので,債権者の元に支払われる可能性は殆どありません。
つまり,破産手続き開始決定が取り消されたり,取り下げられない限り,それまでにされていた強制執行の手続きは,一旦終わり,破産開始決定後に発生する給与は最終的には債務者に戻されます。
その後,再びその債務名義で強制執行の申立が出来るかは,債務名義の性質や免責されたかどうかによります。
債務名義になる債務が免責されれば,当然,その後,強制執行を申し立てても意味がありませんし,免責されなければ,再度,強制執行を申し立てることは可能です。
また,養育費などによる給与差し押さえの場合は,手続き廃止後に発生する養育費は,当然,取り消しの対象にならないので,その分からは再び差し押さえの手続きが復活して支払を受けることが出来ることが出来たと思います。
いずれにせよ,破産手続きの開始決定がされたとのことで,今後は差し押さえたお金を質問者様が貰うことはないと思います。
【補足への回答】破産の手続きをどうやら,混同されているようですね。
「破産の決定」というのが何を指されているのか分かりませんが,「破産手続き開始決定」をしたことで,「強制執行が中止」し,その後に発生する給与が,あなたに支払われることはありません。
また,破産手続きが終了(手続き廃止)した時点で,強制執行の効力が無くなり,強制執行手続きが終わります。
「免責手続き」は,破産の決定では無く,破産したことで何が免除されるかを決める手続きと考えてください。

2011/6/18 00:26:38

債務者や名義人は父・祖父であり、娘の私は詳しい事情を知らず、また法律等にも明るくないため、間違い等あるかと思いますが、ご一読いただければ幸いです。
我が家は銀行と住宅金融支援機構の公庫(銀行からの委託)からの2つの住宅ローンを借りています。
しかし、父の事業失敗や祖父の病気等により、ローンを5ヶ月ほど滞納しています。
更に、固定資産税もかなり滞納しています。
先日、ついに銀行から、期限までにローンを全額払わねば差し押さえるといった旨の通知が届きました。
あわてて父が市役所や銀行と相談し、とりあえず固定資産税の滞納分のみ払えば差し押さえませんとの了承を得ました。
しかし3日後、住宅金融支援機構のほうから、既に競売の書類を裁判所に送りましたとの連絡があったのです。
銀行との連絡不足か、父の理解不足なのか、詳しいことはわからないのですが、とにかく競売の手続きの取りやめは不可能だということでした。
そこで、機構と直接交渉したところ、公庫の滞納分の支払いと、「今後一切滞納しないという証明」ができれば、競売の手続きが進んだあとに中止することができるかもしれないというお話になりました。
ただ、「今後一切滞納しないという証明」がどういったものなのかは教えていただけなかったらしく、どう証明するべきか悩んでおります。
現在、父と母は離婚し別居しており、私と妹が母と元の家、父が別に部屋を借りて暮らしています。
しかし、父名義の色々な支払いなどは、母や祖母が手伝っており、実際に内縁の妻という手続きをすることで様々な減免等も受けているようです。
この状況では、お金がないにも関わらず、生活費がふたつかかっていることになります。
そこで、「復縁を前提に同居に戻すことで生活費を浮かし、ローンの支払いを最優先に行うことで、今後一切滞納しません」といったお話をしようと考えています。
これは、父が市役所や銀行と相談して話した結果のようですので、こんなことで証明になるのか分かりません。
そもそも、「証明をしたら差し押さえ解除」の話も絶対ではないため、とても不安です。
先ほど、固定資産税の滞納分の支払いは終えたそうです。
明日機構へ滞納分の支払いをして、証明をしなくてはなりません。
この証明について、また、この話で気になったことなど、アドバイス等いただければ幸いです。
説明不足な部分がありましたら、ご指摘お願いいたします。

あわてて父が市役所や銀行と相談し、とりあえず固定資産税の滞納分のみ払えば差し押さえませんとの了承を得ました。
これに関しては固定資産税滞納による銀行預金の差し押さえではないでしょうか。
住宅ローンに関しての話し合いではなくて、税金に関してのみ話し合いをされていると受け取れますよ。
住宅ローンは送られてきた通知のように競売になります。
また、固定資産税を支払っても銀行ローンは未払いですから、競売になります。
文面から拝見しただけですが、お父様の理解不足だと思われます。
で、現実的にかんがえて今後一切滞納しないという証明なんてありませんし、それを出したとしても、未払い分があるので競売を中止ということはないかと思いますよ。
競売の処理がされているいうことは、すでに代位弁済されているのが一般的です。
つまり、お金の貸し手は銀行ではなく保証会社に代わっている状態です。
その状態で差し押さえを解除するには、全額しはらうしかありませんよ。
復縁を前提に同居に戻すことで生活費を浮かし、ローンの支払いを最優先に行うことで、今後一切滞納しません・・これでは返済が遅れない照明にはなりませんね。

2015/1/15 19:32:10

お返事が遅くなり申し訳ありません。
市役所や銀行での話し合いは、一応、「銀行からの差し押さえ通知」について相談にいったはずなのです。
ただ、話の流れなどはわからないので、そういう話だった可能性もあるかもしれませんね。。
競売にあたって、貸し手は銀行ではなく、住宅金融支援機構に代わったという話は聞きました。
保証会社は入っていないはず。。です。
保証会社の場合は一括で全額払うことでしか解決できない(もしくは高い金利がつく)ということは聞いたことがありますが、機構でも同じようなものなのでしょうか?
返済が遅れない証明については、あの説明では証明になりませんよね。。
今頃、機構へ行って、ローンの滞納分の支払いと、証明の話をしにいっていると思います。
あまり期待せず、駄目だったら、任意売買にもっていけるよう、そういった機関に相談にいってみます。
稚拙な質問にご回答いただきありがとうございました。>

民事執行法関連で再度の質問、大変失礼致します担保権実行手続において、債務名義が不要な理由を教えて下さい

担保権が債権者平等原則の例外で、簡易に優先弁済を受けられるものだからです。

2016/11/27 10:21:33

zac18617さん、前回に引き続きありがとうございます
また質問させていただくことがあると思うので、見た際には、分かる範囲で構いませんので、ぜひ答えてくださるとありがたいです
どうぞよろしくお願いいたします>

私は原告です。
民事訴訟で判決が出て、被告に約90万円の支払い判決が出ました。
被告がなかなか支払おうとせず、時間ばかりが過ぎてます。
支払いをしてもらうために、被告の自宅に内容証明か配達記録で、判決が出ている旨の手紙を送っても大丈夫ですか?出来れば被告の家族にも知ってもらいたいと考えてます。

債務名義を取得したのですから、強制執行出来ます。
車でも不動産でも、銀行口座でも差押えしましょう。
口座はすでに空と思いますが。

2016/10/31 06:42:26

債務者の分割払いを認める際に取る手続きでお勧めを教えて下さい。
数十万円の債権があります。
売掛金を溜めに溜められて、いざ法的手段に手続きに出ようと思ったところでようやく平謝りと「月数万円ずつ1年以上かけて返したい」との連絡がありました。
契約書通りの遅延損害金も払うとの事ですので、この内容で合意できるならそれならそれで良いのですが、ただ、契約書のみではいざ逃げられた時に裁判や強制執行が非常に面倒な事も過去に別件で経験済みです。
債務名義が無ければそもそも引っ越しされた時点で住民表も追えません。
仕事もフリーのようなので逃げやすい環境なのも信用しにくいところです。
で、こういう話になった以上、連絡が取れているのに訴えるのもどうかなと思い、強制執行の権利だけは得ようと余り調べずに「公正証書を作る事に合意できるか」と聞いたところ、問題無いとのことです。
その後調べたところ、結局公正証書って裁判と一緒で債権者債務者揃って公証役場に行かなければいけなかったり、100万未満でも5000円の手数料と債権額に応じた印紙が必要らしくかなりコストもかかります。
これなら支払督促なりで分割の和解した方が結果的に安かったのでは…とも思ったのですが、公正証書にするメリットって何かあるんでしょうか。
正直、連絡も取れていて一回目の支払いもしてくれている中、今から支払督促するので裁判所に来て下さいと急に方針転換もしにくく、どうしたものかなぁと思っています。
公証役場か支払い督促、少額訴訟あたりで無いと安心して分割合意はできませんよね…?約束通り返して欲しいだけなのにこんなに手間かけなきゃいけないのが本当しんどいです。

>公正証書にするメリットって何かあるんでしょうか文面に「 強制執行認諾条項」を入れると、「債務名義」と同等に、債務者が金銭の支払いをしなかった場合に、民事裁判の判決を得なくても、不動産、銀行預金、給料などの財産をすぐに差し押さえて、回収することが可能です。
・・・www.katuyo.com/21.html個人的には「最良」の方法と思います。
参考に お読み下さい・・・www.yaruzo-saiban.com/erabu.html

2018/2/21 10:37:46

金融会社から10万程度滞納しています。
債務名義取得みたいな、手紙がきました。
給料を差し押さえされるのでしょうか?ですが金融会社は今働いてる会社をしりません。
その場合どうなりますか?

貴方の場合、まだ債務名義は取られて居ないのですね。
取る場合は必ず裁判所から来ます。
貴方の場合は簡易裁判所から支払い督促と云う書類でしょう。
又差押えるのも債務者が勝手に出来ません。
申請により裁判所が差押えます。
ですから、貴方の貰った書類は、相手が訴訟を起しますという警告書でしょう。
差押えの権限は有りません。
あるいは単なる脅しかも知れません。
債務名義が渡ったとしても、給料など貴方の勤め先を知らなければ差し押さえは出来ません。
但し預金などあてずっぽうで差押する場合も有ります。
クレジットカードは差押まで行くことも有りますが、消費者金融は先ず差し押さえは有りません。

2011/10/23 10:32:54

-債務名義

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?