債務名義

承継執行文付与について。 承継執行文は、債務名義にある権利者、義務...債務名義

債務名義を取られたことのある方、回答お願いします。
金融会社より債務名義を取られて、もうすぐ3ヶ月になろうとしてますが一向に先方から連絡がなく不気味です。
差し押さえしてくるだろうな、と思って覚悟はしてますが未だに差し押さえなし。
債務名義取られたことのある方、自分から先方に連絡しましたか?それとも先方から連絡あったりしたのですか?先方より全く連絡なしで突然、差し押さえでしたか?会社によりけりなのはわかりますが、どのような流れで終結するのか聞きたいです。
補足ご回答感謝致します。
順番待ちですか・・・・・・差し押さえる物は会社を知ってるので給料押さえにくると思ってるのですが・・・・・>強制執行妨害でも画策しては?強制執行妨害などできるのですか?職を変えるは若いなら考えますが年が年だけに・・・・・職を変える以外に何かいい案あるのでしょうか?

相手が金融会社なら何か策略があってそのようなことをしている訳ではありません。
債務名義を取っている債務者が沢山いますから、緊急性がある者先に差し押さえをして行きますから、宙ぶらりんのなっているだけです。
こちらから、返済について連絡をしてもいいし、債権者から来る場合もあるでしょう。
基本的には、債権者の考え方は2つあると思います。
①差し押さえ意外にないと思って最終手段として債務名義を取得したか?②債務名義を取得すれば、債務者の考え方も変わり返済意欲がで出ることを期待し、資力のある者を公正証書にて連帯保証人に立てることを条件に弁済計画を立てる。
そうすることで、請求出来る者を増やし債権回収を容易にするため。
このような場合には、一思いに強制執行された方がまともかと?①の場合は確定判決による債務名義に多くいきなり差し押さえが来ることがあります。
②の場合は公正証書による債務名義に多い例です。
保証人を増やされて更に公正証書を書いて行くことになります。
あくまで統計的な例で一概には言い切れません。
貴方から、連絡を取ってみて、相手の出方や考え方を探ってみれば判ります。
債権回収は生き物で、その時の事情に合わせ臨機応変に取り立て方法を変えて来ます。
一つの事情に対し選択肢が数個あり、その中で一番有利な方法を選んで進んできます。
債務名義を取られた以上は、まな板の上の鯉と同じかと、焦る必要は無いと思います。
強制執行妨害でも画策しては?3月、宙ぶらりんにしていると言うことは少なくても破産宣告しないと思っていることは確かだと思います。
逆に貴方に債権者が沢山いて、強制執行をかけると、他からもこぞって差し押さえが入り破産に追い込まれるのを恐れることも有ります。
込み入った事情がなければ、順番待ちのような状態で宙ぶらりんになっていると思います。
もしかして、差し押さえるものがないということもあるかも?補足、強制執行妨害は数多く手方があります。
例えば、良く使われるのが、高額な借金をした公正証書を作成し、先に給料を差し押さえてしまったり、仮に金融会社が先に差し押さえても、後からでも重ねて給料に差し押さえをかけられます。
その場合は、債権額に応じた配当になります。
金融会社に100万借金があったら、20倍~30倍の仮装債務で差し押さえをかけると、配当比率は、1:30の配当です。
金融会社に配当される金額はほとんどありません。
仮に、先に仮装債務で差し押さえれば、あとから金融会社が更に差し押さえると、費用倒れになり差し押さえを断念する。
その他、色々な方法があり、犯罪ですが、繰り広げられているのが事実です。
共犯が必要です。
破産宣告が認められれば、その後は給料を差し押さえられません。
債権回収をやったことがあるのですが、水商売のような人で、頻繁に職場を変える者に対しては、給料の差し押さえが出来ませんでした。
あと、公務員とか大きい会社はないのですが、会社と債務者が馴れ合っているような職場ですと、給料の支払いを少なくして、判らないように債務者に渡しているような社長もいます。
(意外と多い)。
差し押さえを妨害すれば、強制執行妨害罪で罰金になります。
たぶん、貴方が強制執行妨害をするとバレてしまいそうな気がするのです。
素直に受けるか破産宣告しかないんじゃないですか。

2012/8/22 13:28:14

債務名義を取られている場合は消滅時効は10年ですが、消滅時効の一週間前に相手側が裁判手続きを始めて、訴えられた側が裁判所からの送達を消滅時効後に受け取った場合は時効の援用が認められるのかどうかを知りたいのです。
詳しい方、宜しくお願いします。

これは時効が中断していますつまり完成していませんなぜなら訴えの効果は訴訟を提起した時に生じるから

2015/2/20 19:33:04

処分禁止の仮処分付競売。
下記の④現所有者Cに対して債務名義を持っており、④の現所有者Cに対する債務名義で強制競売を申し立てた場合、競売は進み??買受人が出た場合は⑤と⑥の処分禁止の仮処分に対抗できるのでしょうか??? 落札価格が低くなった場合当方は満足いく回収はできない可能性がありそうです???登記日付順、正確に記載します。
① 所有者 A ② 銀行1番抵当権 債務者は所有者A ③ 前所有者B ④ 現所有者C ⑤ 処分禁止の仮処分A社 前々所有者Aの債権者⑥ 処分禁止の仮処分B社 前々所有者Aの債権者

同じ質問を繰り返しているようですが、内容が不正確なまま繰り返しているだけなので、それじゃ正確な回答を得ることは不可能だと思いますよ。
まずは正確な情報を提供するのが先です。
まず肝心の「現所有者Cに対して債務名義を持っており」は、だれなのか。
「所有者A」「所有者Aの債権者兼抵当権者の銀行」「前所有者B」「現所有者C」「A社」「前々所有者A」「前々所有者Aの債権者」。
あなたの話には、これだけの当事者が登場しています。
またこの中にも、同一人物が別の表記をされて二重登場しているような気もします。
「現所有者Cに対して債務名義を持っており」は、その中のだれなのでしょうか。
それとも、それ以外のあらたな登場人物なのでしょうか。
話の様子では、登場していない「あなた」がその人物のようにも受けとれますが。
その場合、現状でも差押え登記は可能ですが競売の開始は、仮処分または訴訟の結果がでるまでは停止されます。
仮処分登記前に、差押え登記がなされているのなら進行しますが、今回はそのような記述がないので、債務名義を取っただけでなにもしていないのでしょうから無理です。
銀行が競売を申し立てるのならできますけれどね。
銀行の抵当権が設定されているだけなのに、第三者がAの債権に基づきCの財産に処分禁止の仮処分を申し立てるのも、おかしな話ですが、その係争の原因がAからBへの所有権移転登記に対する詐害行為取消権に基づく訴えなら、それが認められれば、さかのぼってBへの所有権移転登記が取り消されて、なかったことになってしまいます。
そうするとCの債務名義しかない者がCの財産ではない物件を差し押さえようとしても、受け付けて貰えませんから話はその先には続きません。
事前に差押え登記してあったとしても消されてしまいます。
その先にある「買受人」は、永久に登場しませんので、ご質問が成立しません。
そうでなかったとしても、処分禁止の仮処分のもとになっている係争で勝利した当該債権者によって、それ以降に差押え登記された登記は全部無効になりますので、結果的には同じ事になります。
従って、今は処分禁止の仮処分のもとになっている係争の結果待ちでしょうね。
そうなると、処分禁止の仮処分の問題が解決してから競売が実行され、そのあとで「買受人」は登場するのですから、いずれにしても「買受人」と「処分禁止の仮処分」が対抗関係になる事はありえませんので、最初に戻って、ご質問その物が成立していない事になります。
事情が正確でないので、想像に想像を加えた話に過ぎませんから、事実はどうなのかは、もう少し深い事情を知る必要があります。
あなたが当事者なのでしたら自分で回答できるほどの知識が無ければ、正確な質問も出来ないはずですので、での質問で正解を得るのは難しいと思います。
ぜひ不動産問題に強い弁護士を探して直接相談に行くことをお薦めします。

2014/11/12 11:49:13

住所不定でネットカフェに居住しているような方から債務名義を確保する方法をご存知でしたらご教示ください。

方法はありますけど違法ですよ。

2016/10/5 23:22:41

参考までに教えてください。>

各種の債務名義のうち、確定前の仮執行宣言付判決と確定前の仮執行宣言付支払督促については、請求異議の訴えが提起できない(民事執行法35条前段括弧書き)とされているのはなぜですか?

それぞれ本案訴訟で争ってるから確定前なんです。
その本案訴訟で債務名義の効力を否定してしまえばいいので。

2015/7/27 13:57:14

借金滞納により法的手続きをとる場合にまずは裁判所から何かしらの文書が届きますか?裁判や給料差し押さえなどの強制執行は、必ず裁判所からの文書のあとでしょうか?

債務名義がない状態であれば、まずはそれを得るために裁判所に提訴したり支払督促の申し立てをしたりします。
そしてその場合には、裁判所から書類が送られてきます。
差し押さえ手続きは、まだその先の段階です。
ただし、すでに債務名義(強制執行認諾約款付公正証書など)を得ていれば、気づいたときには既に差し押さえされていることもありえます。

2017/4/28 23:16:32

ありがとうございます
債務名義がまだわかっていないのですが(これから勉強します)
この消費者金融関係では、一度も裁判所から書類等は送られてきていません。>

建物使用貸借(無償での使用)で使用していた場合、債務名義の取得は可能でしょうか?長期間(15年程)親族により母の実家を占領(不法占有?)されていて、賃料ももらっていません。
相手を追い出す知恵をお貸しください。

使用貸借の意味分かって言ってんのかよ。
使用貸借は無償契約だから賃料もらえるわけねぇだろうが。
馬鹿かよ。
それにお前は所有者ではないから何の権利もない。
お前には関係のないことだ。
引っ込んでろ。

2017/1/25 01:06:23

債務整理した後の残債未払いがあります。
離婚前に私名義で、生活費のために借り入れたものがあり、離婚するまでは返してましたが、離婚してからすぐに債務整理をしました。
他に1社あり、それも私名義でしたが元旦那の仕事での使用のために借りたものなので離婚の時に全額支払いをするように、渡しました。
が、半年後くらいに裁判所から出頭命令となる書類が送られてきて、尋ねると、返済されてないから…との事でした。
私名義なので私が答弁書を送り、月々返済していく…と決定しました。
が、離婚して子供2人を養うのに、限界があり返済までに手が届かず、両方未払いとなってます。
総額40万ほどです。
両方ともに、請求が来ない事に甘えてました。
それから5?7年経ち、生活も落ち着いてきたので返済していく相談をしようと、詳しい友人に話すと、『両社とも未払いの利息を今、溜めている状態で、そのうち総額の請求がくるよ…会社にも通知が行き、給料が差し押さえされるから、早く完済した方がいい』と言われました。
今の仕事に転職する前は5年ほど勤めてましたが、通知は来てません。
本当に来るのですか?差し押さえは、また生活が圧迫されるので月々の支払いで相談させてもらうつもりですが、会社に通知はクビになるかもしれないので、困ります。
元旦那の…と説明してもダメでしょう。
請求がきてないのに、急に数年経ってから利息がついた全額返済の連絡が来るものですか?また、債務整理や裁判沙汰になった件でも、返済の相談は借りた信販会社に連絡をしたらいいのでしょうか?弁護士ですか?元旦那は一切、当時も今も連絡はとれません。
よろしくお願いします。

質問者様名義の債務ですので、質問者様に返済の義務が有ります。
金額40万ほどとの事ですが、未払で有れば当然ながら利息も含めての返済となるでしょう。
で、返済についてですが一度、弁護士さんへ相談するのが一番いいです。
市報とかにも掲載されていますが弁護士会の無料債務相談が月に1回(?)ぐらいあるので、それから対応を考えた方がいいと思います。
元旦那さんには連絡しても無駄だと思いますので、弁護士を通したほうがいいですね。

2014/7/17 17:51:26

訴訟の申し立てした際、慰謝料の支払いが滞らないよう、債務名義を取るとはどういう事ですか?

債務名義とは、大雑把にいえば司法が「AさんはBさんから借金をしており、現時点では契約に違反して返済を遅滞している。
AさんはBさんに借入金を返済しなさい。
返済しない場合はAさんの資産から回収することを認める」というものです。
債務名義取得後に返済を遅滞した場合は所謂「強制執行で回収できる」ということだけです。
(債権者が黙っていても裁判所が回収してくれるという意味ではありません)あとは、消滅時効期間が変わるということです。

2017/4/17 14:16:28

債務名義取得後に返済を遅滞した場合は所謂「強制執行で回収できる」というのはまたこちらから手続きをしないといけないのでしょうか?>

承継執行文付与について。
承継執行文は、債務名義にある権利者、義務者に包括承継若しくは特定承継があり、承継人に対して強制執行したり、承継人が強制執行する場合に必要となりますが、義務者側に特定承継があった場合の具体例が想像出来ません。
例えば、AからBへの移転登記を命ずる判決確定後にAがCに目的不動産を売却し、移転登記まで済ましてしまったとすると、Cが背信的悪意者で無い限り民法177条の対抗問題となり、この場合、Bは承継執行文付与が認められる余地は無い事になります。
また、AB間の不動産売買を取消し、BからAへの移転登記の抹消を命ずる判決確定後にAがCに目的不動産を売却し移転登記まで済ましてしまった場合は、権利外観法理により、Cが悪意者でなければBは承継執行文を得て強制執行する事が出来ません。
復帰的物権変動と捉えて民法177条の対抗問題と捉えてCを保護する事も考えられます。
この様に考えて行くと、義務者側に特定承継があった場合、口頭弁論終結前なら訴訟承継等の問題となり、口頭弁論終結後であれば、権利外観法理や対抗問題として処理できる様に思います。
なにかわかりやすい具体例がありましたら教えていただけませんでしょうか?補足a0023804さん回答ありがとうございますm(_ _)mもう一つ質問いいでしょうか?「土地所有者Aの土地上の建物所有者Bに対す建物収去土地明渡請求が認められた後に、BがCに登記名義を移転したからCに建物収去土地明渡を求める場合」って民法177条の対抗問題になるのでしょうか?それとも承継執行文付与ができるのでしょうか?

実体法上は、権利外観法理や対抗問題で勝つとしても、現場に行く執行官にそれを説明しても、善意や背信的悪意であることを判断できるわけではないでしょう。
民事執行法は、裁判所の判断すべき実体法上の問題と、執行官の判断すべき事項を分けています。
承継執行文は、実体法上勝てる、口頭弁論終結後の承継人に執行力が及ぶことを証明するもので、登記名義が違うけど、承継執行分があるから、安心して執行してくださいと執行官に見せるためにあるわけでしょう。
だから、土地所有者Aの土地上の建物所有者Bに対す建物収去土地明渡請求が認められた後に、BがCに登記名義を移転したからCに建物収去土地明渡を求める場合が典型でしょう。
(補足について)土地所有権はAにあることが明らか(BからCに移転しているのは建物所有権)ですから、対抗問題ではないでしょう。
承継執行文の付与ができることになるでしょう。

2011/3/28 20:33:17

-債務名義

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?