債務名義

債務名義による強制執行と未回収部分の債権について教えてください。 ...債務名義

裁判で債務名義を得た後の、強制執行のうち、債務者の勤務先への給料差し押さえは、債務者が、その会社に雇われている人ではなく、その会社の、経営者である場合にもできるのでしょうか?もし、できる場合、手続きの仕方に違いなどはありますか?

小さな会社の経営者です。
結論から言うとできますし、下の方が仰るとおり給与ではないので役員報酬全額を差押える事も可能というメリットは大きいですが(少なくとも法的には)、支払う気がない相手なら、ある程度の規模以上の会社でなければ、つまり家族経営とか、親族経営などの小規模会社なら身内同士でグルになり、判決があっても実際に差し押さえを逃れる方法はいくらでもあります。
本当は退職していないのに退職したから支払えないと伝え、ばれそうになったらボランティアで仕事を手伝って貰っていると言って報酬を手渡しで行なうなどして逃げられる可能性がありますので、かなり下準備を整えてからが良いです。
手続きは、たしか同じだったと思いますが、弁護士を雇わず本人申し立てなら「第三債務者より支給された役員報酬のうち税法の定める金額を控除した残額に対し、請求する金額に満るまで」のような文を目録に書けば良いと思います。

2018/2/7 05:02:52

>本当は退職していないのに退職したから支払えないと伝え、ばれそうになったらボランティアで仕事を手伝って貰っていると言って報酬を手渡しで行なうなどして逃げられる
こういうことを実行した場合、刑事事件にできるとか、その他何かの法的制裁を与えることはできますか?>

先日、アイフルへ時効の援用を申請したところ、民事裁判を起こしており、債務名義があるので無効と回答がありました。
しかしながら、その頃、恥ずかしながら刑務所へ入っており、住所は役所で職権消除になっていました。
以上を踏まえて質問なのですが、1:民事裁判は住所不定でも可能なのでしょうか?2:アイフルが架空の事件番号を名乗っている可能性はあるでしょうか?回答よろしくお願い致します。

1:民事裁判は住所不定でも可能なのでしょうか?→ 可能です。
2:アイフルが架空の事件番号を名乗っている可能性はあるでしょうか?→ ありません

2016/9/10 16:59:33

離婚慰謝料の時効について離婚裁判をし和解しました。
和解調書により?債務名義?を持っています。
最初の2回くらいは支払いがありましたが、その後一切ありません。
2年後くらいに強制執行の手続きをしましたが、空振りに終わっています。
この債務名義の時効は和解調書の日からですか?また時効は何年なのでしょうか?専門用語などわからなくすいません。
この内容で理解していただけると助かります。

和解調書の時効は10年です(民法174条の2第1項)。
そして、時効の開始は「権利を行使することができるときから(民法166条1項)ですから、大抵は最初の請求ができる時からですね。

2016/9/7 11:18:23

差押債権命令申立書の請求債権目録(債務名義が支払督促の場合)を作成したいのですが、エクセルの書式が見つかりません。
ワードやPDFだと表計算ができず間違えやすいので、エクセルで作成したいのですが…どなたかどこにあるかご存知でしたら教えていただけますでしょうか?

債権差押命令申立書に限らず、エクセルで公開されている書式は、皆無に等しいと思います。
使用する関数も単純なものであり、それ以外の部分は、公開されているワード書式からコピペすることができますから、御自分で作成してみて下さい。

2016/10/4 04:45:38

割賦債権の未払いの裁判を起こしており、債務名義も取っているのですが強制執行も行って口座残高も0円でした。
お金を回収する為に契約書に記載されている携帯番号に掛けると出るのですが、本人から携帯をもらった姉だから一切知りませんと言われ電話を切られてしまいます。
番号で調べると、LINEが出てきて間違いなく本人の携帯だと思われます。
これ以上調べようがなく、回収も手詰まりになってしまっています。
こういった場合、偽証罪などで裁判を起こしたり、訴えたりできるのでしょうか?又こういった電話をして嘘をつかれて回収できないケースは何という罪になるのでしょうか?本当に困っています。
何か知っておられる方がおられましたら教えていただけないでしょうか?お願い致します。

罪にはなりません。
債務名義があるので、あとは強制執行するしかないです。
といっても、動産執行は通常意味がなく、差し押さえるのは銀行の口座か給料くらいです。
口座がわからないか、わかっても残高がない、職場もわからないという場合は弁護士でも回収が難しいです。

2016/2/12 19:50:20

債務整理について質問です。
未成年でも債務整理できますか?他人名義でアパートの部屋を間借りさせてもらい、その部屋の初期費用を借金として借用書も記入していました今回その名義人ともめてしまい、家を出されたのですが私が出た後にハウスクリーニングを行うと言われ25万円請求されました。
もとの借金にその25万をプラスした額の47万ほどの分の借用書もかかされました。
一括返済しろと言われた日、どうしてもお金が用意できず行けませんでした。
飛んだという事で今は探されていますネットに私の名前や顔写真が載せられ電話番号も流されているみたいです。
見つかれば、風俗に売り飛ばすと言われています。
元々あった借金は返済するつもりです。
このような状況でも債務整理はできるでしょうか?

未成年者の書いた借用書など有効性など一切ない。
未成年者の借り入れということで無効を主張できる。
ただし、その借用書を書かせた人が非合法の世界にいる方ならその限りではない。

2018/6/16 09:42:27

追伸:未成年者ではなく、満20歳以上ということを偽って借り入れた場合は無効は主張できない。>

債務名義とはについておしえてください

債務名義とは、強制執行によって実現されることが予定される請求権の存在・範囲・債権者・債務者を表示した公の文書を意味します。
どのような文書が債務名義となるのかについては、民事執行法22条に規定されています。
民事執行法(債務名義)第二十二条 強制執行は、次に掲げるもの(以下「債務名義」という。
)により行う。
一 確定判決二 仮執行の宣言を付した判決三 抗告によらなければ不服を申し立てることができない裁判(確定しなければその効力を生じない裁判にあつては、確定したものに限る。
)三の二 仮執行の宣言を付した損害賠償命令三の三 仮執行の宣言を付した届出債権支払命令四 仮執行の宣言を付した支払督促四の二 訴訟費用、和解の費用若しくは非訟事件(他の法令の規定により非訟事件手続法(平成二十三年法律第五十一号)の規定を準用することとされる事件を含む。
)若しくは家事事件の手続の費用の負担の額を定める裁判所書記官の処分又は第四十二条第四項に規定する執行費用及び返還すべき金銭の額を定める裁判所書記官の処分(後者の処分にあつては、確定したものに限る。
)五 金銭の一定の額の支払又はその他の代替物若しくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求について公証人が作成した公正証書で、債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述が記載されているもの(以下「執行証書」という。
)六 確定した執行判決のある外国裁判所の判決六の二 確定した執行決定のある仲裁判断七 確定判決と同一の効力を有するもの(第三号に掲げる裁判を除く。
)(強制執行をすることができる者の範囲)

2017/10/7 19:16:37

perunyanko_foreverさんの回答
>法律によって請求できる公の「債権」文書。
債務名義によって表示される「請求権」には「物権的請求権」が含まれますから、「債権」に限定することは狭きに失します。>

民事裁判で勝訴した債権者が債務者名義の銀行口座、土地、自動車などを見つけた場合、債務者(子供有)が無くなっていたとしても差押えできますか?ご回答の法的根拠も教えてください。

相続放棄したら相続財産管理人に申し出ればいいので差し押さえなどいりません。

2016/11/2 22:26:55

時効完成後に債務名義を取る事は可能?不法行為による損害賠償の時効は3年との事ですが、相手が行方不明(夜逃げ)状態なので所在不明で訴訟を起こして債務名義を取る事は可能なのでしょうか?所在が、わかっていて時効完成後に訴訟を起こしても債務者が時効の援用をすれば、敗訴になると思われますが債務者が所在不明ならば、当然被告は欠席裁判となり債務名義が取れるのでは?と考えたのですが、いかがでしょうか?ちなみに、損害賠償をするという誓約書がありますが10年以上前から行方不明です。
詳しい方、よろしくお願いします。
持っている知恵コインが少なくて申し訳ありません。

被告の所在が不明である事を一応、確からしいレベルに明らかに出来るのであれば被告は訴状を受け取ったものと見なして以後、訴訟手続を進めていける途はあります。
(公示送達・民事訴訟法110条1項1号、111条、112条1項 参照)なお裁判所は当事者からの時効の援用が無い限り時効が完成したのかどうかに基づく裁判は出来ません。
(民法145条 参照)よって時効完成後であっても被告が第一回口頭弁論期日に答弁書も出さずに欠席した場合原告が反対しない限りこれで審理は結審し裁判所は原告の請求通りの判決を出さなければなりません。

2015/8/31 00:33:54

わかりやすい回答ありがとうございました。>

債務名義による強制執行と未回収部分の債権について教えてください。
債務名義って、差押などで1度裁判所に提出した場合、債権の1部しか回収できない場合には戻ってくるのでしょうか?例えば、100万円の債務名義を取得した債権者が、同債務名義に基づいて債務者の動産(自動車)を差押えて競売した結果、約40万円を回収したとします。
この場合、60万円の未回収部分についてはどうなるのでしょうか?仮に、同競売から数年経過し債務者の経済状態が好転し、新車を購入していた場合、上記60万円を理由に、もう一度差押や競売を申し立てることができるのでしょうか?最初の申立に使用したので、もう手元に債務名義正本はないはずです。
債務名義正本って、何度も再交付してもらうことできるんでしょうか?あと、仮に再交付してもらうことができるとしても、債務名義の額は100万円のままですよね?とすると、既に40万円を回収してもらってますから、次に差押や競売を申し立てるときややこしいですよね?かといって、残金60万円の債務名義正本を発行して貰えるとも思えないし…素人ですみません、この辺のことに詳しい方、ご回答宜しくお願い致します♪

債務名義に、取り立て済みの額記載された紙が添付されて返却されます。

2012/5/11 10:24:28

-債務名義

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?