借入額

年収600万弱で、住宅ローン4300万の借入は無防でしょうか? 妻は無職...借入額

借入金額が、資本金の何パーセントを超えたら危険な会社とみなされますか?

どちらかというと年間総売り上げの30%を越えると黄色信号が、50%を越えると赤信号という話を聞いたことがあります。

2012/11/2 18:11:06

住宅借入金等特別控除の額の事について聞きたいのですが。
支払い金額1422687円給料所得控除772687円所得控除の額642929円源泉徴収税額0円生命保険55198円地震保険3304円住宅借入金等特別控除可能額104400円この場合住宅借入金等特別控除額はいくら程になりますでしょうか。

課税所得は、支払額が1422687円ならば給与所得控除後の所得が、772687円となり、所得控除が642929円ならば、課税所得は129000円ですね(1000円未満切捨て)。
それに対する税率は5%ですので、6450円です。
つまり所得税での控除額は6450円となります。
もし、住宅借入金等特別控除がなかったとしたならば、6450円×102.1%≒6585円で100円未満切捨てとなり、6500円が復興税を含む所得税額となりますが、復興税は住宅借入金等特別控除後の金額に加算されるので、あくまで6450円です。
住宅借入金等特別控除額が所得税から控除仕切れなかった分は、住民税の所得割から控除されますが、均等割は対象外です。
生命保険控除とか地震保険控除は所得控除の額642929円に含まれてると思い回答しました。
住宅借入金控除はあくまで税額控除であり、税額の範囲でしか控除されませんので、控除し切れなかった分は無かった物となります。
それから一つ言える事は、こういう質問をする場合は3桁区切りにした方が良いと言うより必要だと思います。
質問者の文と私の回答では、3桁区切りがあるかないかが違いますが、どちらが分かりやすいかあるいはどちらが見やすいかは、一目で分かると思います。
このカテの回答者は国際標準ではなく、日本の慣習になれてますので。

2016/12/28 04:33:55

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の中で、「所得税から控除しきれなかった額を個人住民税で税額控除する」という項目について質問です。
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。
まずは状況説明を致します。
新築マンションに平成25年2月に入居しています。
25年分の確定申告にて初めての住宅ローン控除を受けました。
番号は確定申告書上の項目番号です22上記21に対する税額 21500円24住宅借入金等特別控除 97900円 38源泉徴収税額 21900円40還付される税金 21900円97900円(24)の控除される権利があるが、所得税は21500円(22)しかなく、源泉徴収税額21900円(38)全額が還付されました。
97900円(24)のうち21900円(38)が控除されたので、住宅ローン控除の残り76000円が住民税から控除されると思っていました。
この点、私の勉強不足だったことが後に分かりました。
住民税から控除されるのは、所得税で控除されなかった金額(76000円)と所得税の課税総所得金額等の額に5%を乗じて得た金額21500円(22)を比較し、少ない金額、つまり私の場合は21500円が住民税から控除されました。
規則に通り正しく手続きはされたものの、何故「所得税で控除されなかった金額と所得税の課税総所得金額等の額に5%を乗じて得た金額を比較する」のかと、何故少ない金額が採用されるのか、その根拠を知りたいと思っています。
財源に限りがあるのは理解できます。
控除上限97500円という数字も何らかの根拠を元に設定されていることと思います。
しかし、この上限に達する手前のこのもう一段階のフィルターが設定された意図は何なのでしょうか?たまたま25年は産休育休がほとんどを占めており、収入が特に少ないため所得税も低い年でした。
その分、所得税で控除されなかった金額は、フルタイムで働く場合よりも大きくなり、今回のような結果になりました。
ということは、収入が少ない人ほど、住宅ローン控除は受けづらい仕組みということなのでしょうか。
それはそのように意図されたものでしょうか。
そうだとしたら何故でしょうか。
それとも他の理由により現行の方式が取られており、結果的に収入が少ない人ほど….ということになっているのでしょうか。
収入が少ない人は、そもそもそれほどのローンを組まないので、今回の事例は想定外のことなのでしょうか。

この答えは、もともと住宅ローン減税は、所得税のみで行われていた。
(国の政策)その頃は、所得税の最低税率は、10% であった。
そのため、昔のように、所得税で減税を行っていればあなたの場合、43000が所得税額で、この全額、所得税から控除されていました。
ところが、税源移譲というものが行われて国(所得税)をへらして、 住民税を増やしました。
その結果、税の総額はかわらないですが、国に払う分がへって、住民税が増えたのです。
こうなると、住宅ローン減税も 国の分だけで行うと、減ってしまう人がでてくるので、住民税から も控除ができるということなのです。
住宅ローン減税は、あくまでも減税で、払った税が上限となります上限は、税源移譲前の所得税で考えて、その当時の税率10%と今の税率5%の差 5%分を住民税から控除します。
97500円が上限になるのも、所得税の税率は、課税される所得が195万円をこえると、10%にあがります。
差があるのが、課税される所得195万まで195万 × 5% =97500円 ということです。
収入が少ない = 納税する額が少ないあくまでも、減税であって、補助金ではないので納税する額 が 0 にというのが、限度です。
キーワードは、税源移譲 住宅借入金特別控除

2014/7/20 00:58:27

早速にご回答頂きありがとうございました。とてもよく分かりました。「減税であって、補助金ではない」...基本的なことでした。主に国税庁のHPや税務署に問い合わせたりして不明点を聞きながら手続きを進めましたが、「税源移譲」については全く絡まずに今に至っていました。スッキリしました。有難うございました。>

住宅ローンの借り換え時の借入額について教えて下さい!最近の住宅ローン金利がだいぶ下がっているので、5年前に借りた住宅ローンの借り換えを検討しています。
現在 10年固定2.5% 借入額3500万 返済期間35年 で5年が経過した所です。
借り換え先では、変動金利を選択するため金利1%弱になる予定です。
繰り上げ返済を考えていたこともあり、500万程資金があります。
現在の残額は3000万程なので、借り換え先では借入額2500万程にして、資金を諸費用や前の銀行の返済に充てたい旨話しました。
・・・・が、銀行マンによると、借り換え先の方が金利が安いので、金利が高い前の銀行の返済にあてるより3000万で借り換え後に繰り上げ返済した方が得になります!との回答でした。
私としては、新たな借入額は少ないほど良いように感じますが、銀行マンの言っていることは正しいのでしょうか?説明を求めましたが、前の銀行で元金と利息にどのくらいの割合で充当されるかによってどれくらい得になるかは今は計算できない・・・というような感じで、最終的には『損になりますけど、希望されるなら借入額を減らしての借り換えも可能です』というような言いぶりでした。
ちなみに借り換え時に保証料はかからず、事務手数料も10万の固定額です。
変わるものと言えば、抵当権設定にかかる費用が借入額500万の差で2万変わります。
うまく説明できず申し訳ないのですが、借り換えに詳しい方教えていただけるとありがたいです。
宜しくお願いします。
補足今回は銀行を変えての借り換えです。
諸費用は登記費用と新規銀行の借入事務手数料で、約30万位はかかります。
(本来は保証料もかかるようなのですが、今だけ借り換えの場合は保証料無料のキャンペーンをしていて保証料がかかりません。

「金利が高い前の銀行の返済にあてるより、金利が安い借り換え後に繰り上げた方がお得」って、おバカちゃんです。
繰上返済のお金(たとえば500万)は「元本」の返済に充てられます。
元本が500万減るだけ。
これは今すぐに返済しようと借り換え後に返済しようと同じで金利は関係ないですよ。
むしろ繰上返済によって「今後払う予定だった利息を払わなくて済む」ようになるので、高い金利で借りていたローンを繰り上げるほどカットできる利息が多くなってお得と言えます。
でもこれは「お金が多く入るお得」ではなくて「出ていく分が少なくなるお得」ですから将来の出金予定が減るだけです。
(借り換え時に「利息」も払いますが、それは前回返済した日から借り換えまでの日割りの利息だけです。
将来払う予定の利息をその時点で払うなんてことはありません。
「前の銀行で元金と利息にどのくらいの割合で充当されるか」って、そんなことはない。
おまえはシロウトかって話です。
)他の方もおっしゃるように借入金額が大きいほど抵当権設定などの費用が増えます。
借り換え時に余裕資金があるのなら、まず余裕資金を使って元のローンを返済して、足りない分だけ新たに借りるのが一番ムダがないですよ。
(もちろん同時にすればいいんです。
新たに借りた資金と自己資金を合わせて今のローンを完済するってことです)その銀行マンはとにかく全額借り換えてもらいたいだけか、知識が不足しているかのどちらかです。

2013/8/24 11:56:12

クレジットカード作成について奨学金も無担保のお借入額ですよね?

奨学金は遅滞しない限り信用情報機関に載らないので借り入れの内には入りません。
なので申告不要です。

2012/3/17 21:49:31

住宅ローン残債1000万円の一括返済と新規住ローンの借入額を1000万円減らして現金払いするのとでは、どちらが得なのでしょうか?住宅ローン残債は、当初3000万円借りた内の残り1000万円で元利均等払いなので、その構成比の大部分が元本になってしまっているので、あまり早期返済するメリットは無いものと考えられます。
なので、無理して一括返済するよりも、その早期返済分の資金1000万円を今般、新たに借りる住宅ローンの頭金にして住宅ローン総額を1000万円少なくして方が、一般的に得なのでしょうか?ちなみに旧住宅ローンの金利は、10年固定で1.42%(途中借り換えたので、後5年位は固定金利です)これから新しく借りる住宅ローンは、例えば、10年固定金利で現行の実勢並みのレートで借りるとします。
1.1%位でしょうか?以上、よろしくお願いします。

はじめまして、基本的に元利均等返済ですから、新しく借りる方を減らす方が得ではないかと思われます。

2017/3/13 21:32:11

銀行の借入について。
年収475(総支払額)なんですが、源泉徴収票では445万と記載されています。
この場合、銀行への借入出来る額は大きく変わってくるものなのでしょうか?どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

源泉徴収票の支払い金額が、税込の与・賞与の額面(振込額ではありません)の合計額で、一般的に『年収』と言われるのはこの金額です。通勤手当は通常所得税がかからないので、除かれています。
給与所得控除後の金額は、所得税の計算上、支払金額から一定額を控除することができ、個人事業主でいうところの必要経費のようなものですが、会社員の場合はあらかじめ決められた計算式を使います。所得控除後の額の合計額は、給与所得控除後の金額から、更に所得控除の合計額を引いた金額です。所得税計算上、給料から控除できる所得控除は、大きく2つに分かれ、一つは、支出に関するもの、もう一つは家族に関するものです。源泉徴収税額は、年間の給与や所得控除を集計した上で、最終的に計算された所得税で、「源泉徴収税額」という名前で、給与天引きされた所得税の合計額の様に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、年末調整の精算が済んだあとの金額です。
金融機関の年収とは一般的な『年収』を指します。

2017/1/12 14:49:20

住宅ローン借入額について住宅ローンの借入額について現在、東京都下に、新築分譲マンションの購入を検討しております。
主人(34歳)年収450~500万円、妻(私31歳)専業主婦、小型犬1匹の家庭で、将来子どもを1人授かりたいと考えています。
頭金に回せる額は、3700~4000万円、頭金を払った後の残り資産は、現金900-1200万円(内450万円は30年間の生命保険料として考えています)、生命保険の払込済み額600万円です。
将来的に、双方の親の生活費と介護費などの心配はなさそうなので、自分たちの老後を含めた生活費と、もし授かれれば子どもの養育費が主な支出です。
住宅ローンの借入額は、いくらまでが妥当だと思いますか?今のところは、1000~1300万円位かな?と思っております。
はじめてのマンション購入のため、書籍などから予備知識はいれてあるものの不安もありまして、経験者の皆様の、率直なご意見をお伺いできますと幸いです。
補足補足させて頂きます。
住宅本体価格以外にかかる諸費用と買い足す家具費は300-350万円です。
この金額は、頭金に回せる額に含めていまして、実際に住宅の頭金という名目として払おうとしているのは、3350-3650万円です、現金は万が一のとき用として、上記の額のまま手元に残しておこうと思っております。
分かりづらくて申し訳ありません。
ご回答、お待ちしております。

もし、わたしがその条件で購入するなら、頭金3500万超、ローン1500万で、3LDK5000万超程度のマンションにします。
そして分譲区画全体で3000万円台の分譲価格住戸のない棟。
もし、忌憚のない言い方が許されるのであれば、これで、ある程度、住民の質が確保されると思います。
一戸建てなのですが、割合近くに二つの分譲地があって、両方見に行きました。
そこで会う客層はがらっと異なっていました。
およそ総額で1500~2000万異なるだけなのですが、そういう現象を目にしました。
幸いにしてまとまった資金があるのですから、その資金で何を買うのか(物件そのものなのか、環境も含めて買うのか、もっと言えばご近所さんの質まで買うのか)をお考えになったほうがいいと思います。
一般的なマンションのなかの高い住戸を買うより、やや値段が高めのマンションの比較的安い住戸を買うほうが、長年の住環境は守られ易いと、わたしは考えます。
お金のことも大事なことですけれども、買う物件を考えないと、どぶにお金を捨てるようなことにもなりかねません。

2013/8/31 08:18:32

住宅借入金等特別控除について。
上記について質問なのですが、自分が想像していたよりも還付される金額が少なくて、この手の計算などに詳しい方に質問です。
年収415万円。
控除の合計金額225万円。
借入金額1650万円。
土地家屋の価値1450万円。
70歳以上の老親扶養(年金すら貰えなく収入0円。
)配偶者無し。
連帯債務者あり(9:1で自分が9)自分なりに調べて見た所、借入金より価値の方が低いので、1450万円×0.9%の131220円が還付されるのかな?と思っていた所、26500円しか還付されませんでした。
自分は一族経営の法人で働いていて、経理・会計などは別の会計会社(やはり一族の関係会社)なのですが、ちょっと杜撰な所もあって不安感はあります。
そして自分はこういった計算に関しては全くわかりません。
こういった類の職業に就かれている方、お詳しい方、計算が間違っていないかどうか回答頂けたら嬉しく思います。
もし上記の情報では足りない物がありましたら仰って下さい。
わかる範囲で補足に書き足します。
宜しくお願いします!

還付なんだから給与から天引きされた所得税の金額以上にはならない。
質問文には前年の源泉徴収税額の合計額の記載がない。

2017/1/15 09:01:14

年収600万弱で、住宅ローン4300万の借入は無防でしょうか?妻は無職、幼稚園児 1人います。
頭金 300万これだけでは、無防と言われるのはわかっていますが、以下まだあります。
太陽光 売電収入で20年間固定買取で、700万の収入が見込めます(実際には、もう少し見込めるだろうが 誇大表示にならないよう少ない見積もり)なので、3900万の物件を買うのと同じと言われてます。
あと、10年控除?も入れると、(10年間ですが)今の賃貸に住んでいる条件と変わらないと言われています。
まとめると、いろいろ割引と、今の賃貸より安くなるのが最初 10年間。
?控除なし+売電収入が残り10年、割引なしが15年です。
無防すぎるのでしょうか…。
補足マンションではなく、一戸建てです。
無防ではなく、無謀でした…。
一度 無防で打ったら最初に出てくるので、それを使ってました。
控除ある 10年間でお金貯まる気がしますけど…。
10万-3万(太陽光)?2.7万(控除)、むちゃ安くないですか…?

年齢が分かりませんが、子供1人だけとみても3000万円以内の借入額が妥当では?奥さんが300~400万円程度の収入を得れば問題ないかと思います。
個人的には、売電を収入と考えている時点でアウトなんですよね。
そういうのは、利益が出たらラッキーと思える位の余力がある人や生活レベル云々よりエコ重視って人が付けるなら良いんですが、まんま返済のアテにするものではないと思います。
実際、利用している人もメンテ費用がかかると言ってますし。
太陽光付けた為にどれだけ借金を大きくしたのか、その所為で分不相応のローンを組まざるを得ないのか…。
おそらくあなたの試算では、見込み収入が肝になってのことなのに、それに返済の可否をかけてしまっている点が一番恐ろしいです。
営業さんが相当口上手なのでしょう。
これからお子さんも大きくなり、年間の控除分以上にお金もかかると思いますしね。
控除も満額は返ってきませんよね。
プラスの部分しか見ていないように感じます。
>3900万の物件を買うのと同じと言われてます。
私なら、この物件も頭金300万円では不十分に感じます。

2017/6/26 11:49:29

ありがとうございます。
控除が満額ではないとは、どういう意味でしょうか…?
私も太陽光ありきはある意味掛けなので、悩みました。
ただ、少し前の買取単価が使える。
これほどの良い条件のそろったものは他になく、ある意味投資ですと。
私の年収が300?400万も稼がなくちゃいけないのですか…?
年齢は、夫婦共に30代前半です。>

-借入額

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?