保証債務

民法の保証債務について質問です。 「BがAに対して600万円の債務...保証債務

設定者が、物上保証人と債務者の場合で同時配当される場合でも、債務者の不動産から優先して支払われると言うことでしょうか? 物上保証人と債務者の共同配当でも割付主義になると理解してました。
よろしくお願いします。

物上保証人は他人(債務者)のために担保権を設定する者です。
共同抵当の目的物に債務者の担保不動産があるのなら、まず債務者所有不動産の競売代金から弁済に回されるべきでしょう。
たとえば3000万円の被担保債権で債務者が2500万円、物上保証人が5000万円の不動産を担保提供しているとして、債務者の負担が1000万円で済んで剰余金が1500万円も交付されるとしたら、物上保証人はたまったもんじゃないでしょう。
基本的なところの理解が欠落しているようにお見受けします。

2014/5/13 10:57:29

【250枚!】連帯保証人 相続被相続人が連帯保証人でした。
相続放棄はしたくないので、連帯保証の時効である5年経ってから協議書に押印したいと思っています。
これは可能でしょうか?また、これによるメリットとデメリットを教えてください。
よろしくお願い致します。

連帯保証人の時効は、最終支払い日を起因として5年(あるいは10年)です。
債務者が支払いをし続けている限り、時効はやってきませんまた、連帯保証人であることを知っている状態なら、相続が発生して3か月たてば相続放棄ができなくなります。
5年待ってから協議書に捺印するということに何もメリットはありません。
デメリットは・5年間財産に手を付けることができない・5年の間に相続人が亡くなったら、数次相続となり、相続権を持つ人が増えて相続の手続きがややこしくなるなどが考えられますメリットがなく、デメリットしかないので、よい手段とは思えません

2018/3/8 21:05:57

民法の問題です。
保証債務の消滅時効が承認により中断した場合は、主たる債務についても時効中断の効力が生ずる。
という正誤問題で、正解は間違いです。
解説は、時効中断の効力は生じない。
保証債務と主債務との間には明確な主従の関係がある。
そのため、主債務について生じた事由は、債務の内容を重くするものを除き保証債務に影響を及ぼす。
逆に、保証債務に生じた事由は債務の消滅を除き主債務に影響しない。
保証債務の承認による時効中断は債務の消滅でないから主債務に影響しない。
という解説です。
もう少し分かりやすく解説して欲しいです。
すみませんが、よろしくお願いします。

条文で「主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。
」(457条1項)と規定されているが、「保証人の時効中断について、主たる債務者に対しても効力を生じる」旨の条文がないために、458条、440条により相対効であると理解すれば足ります。
単に条文操作の問題です。
一般に制度を深く掘り下げて考えることも大切なことなのですが、この質問に関しては、保証人の時効中断効が主たる債務者に及ぶとすることも立法論として十分考えられると思うので、制度を掘り下げることは不要でしょう。

2015/12/14 23:16:56

時効の中断における「物上保証人の承認」の関係がわかりません問題集の解答の意味が分かりません。
(問題文)物上保証人が抵当権の被担保債権につき承認をした場合、債務者に時効中断の効力は生じないが、物上保証人との関係では時効中断の効力が認められる。
(解答)そもそも物上保証人が承認しても時効中断の効力は何ら生じない(最判昭62.9.3)(疑問点)保証人が承認しても債務者の時効が中断しないことは理解できます。
ところが、解答にある「保証人が承認しても時効中断の効力は何ら生じない」の意味が分からないのです。
保証人が承認しても、保証人の時効は進行するということでしょうか? そもそもが保証人は債権の荘人などできるのでしょうか?

物上保証人って債務を負っていないことぐらい分かりますよね。
承認すべき債務がないんですよ。

2016/7/18 09:13:58

センター簿記の勉強をしていて分からない問題があったので回答してもらえるとうれしいです_:(´?`」 ∠):蒲郡商店へ仕入代金支払いのため裏書譲渡していた、盛岡商店振り出しの約束手形\400000が期日となり決済された。
なお、裏書譲渡したさいに、手形額面の5%の保証債務が計上してある。
(借)保証債務 20000(貸)保証債務取崩益 20000となっているのですが、どうして仕訳に保証債務のことしか出てこないんですか?裏書譲渡した約束手形があったから受取手形がどうのこうのみたいな仕訳はないんですか??

保証債務の出題範囲が変わったようですが、回答しますね。
ちなみに私が簿記を勉強していた時代にはありませんでした(笑)ここの「手形を裏書・割引した場合」が判りやすいかも。
pboki.com/nisho2/hosho/guarantee.html仕入代金を支払った時(=手形を裏書)には仕訳が「買掛金/受取手形」として計上済(=この時点でB/Sの受取手形は0)ですよね。
なので裏書手形が決済された時に手形関係の勘定科目が発生しないのです。
決済時に手形関連の仕訳を使うとしたら。


備忘的な処理になりますが、手形を裏書して支払った時に「買掛金/裏書手形」として仕訳しておけば、手形決済時には「裏書手形/受取手形」が必要になりますね。
このあたりは、設問の勘定科目残高や使用科目の制限を問題から読み取るしかないです。

2017/8/3 17:59:04

債務整理の件でご相談です。
先日司法書士事務所にお伺いをして債務整理のご相談をいたしました。
借入先が西京銀行のカードローンで保証会社は 日本保証 とお話したところ日本保証が保証会社だと債務整理は出来ないと言われました。
司法書士さんの言うとおり不可能なのでしょうか?不可能であれば裁判などしたほうが良いのでしょうか?借り入れ残高は20万円です。
※限度額20万円 現在残高20万円他の借入先1件はオリコでこちらは債務整理可能と言われました。
借り入れ残高は300万円どうかご回答お願いします。

そもそも債務整理とは何なのかすらわかってないのでは?その司法書士にしても本質がわかってないと思う借金(債務)を片付け(整理し)て、「生活改善」をはかるもの。
目的は生活改善であり、借金を払うことじゃないし、払いやすくすることでもない。
司法書士が言った意味は…それを貴方に聞いてもわからないだろうから予想するけど「任意整理」で支払い条件の変更をお願いしても応じない、たぶんそんなところだと思う払えないから払える条件なら払ってやろうというのに応じないなら払わなきゃいい。
払わなければ金は減らない。
減らないから生活は改善する。
目的は達成出来る「塩漬け」(放置)も勧められない三流書士ではなく、他もあたってください

2015/7/23 12:16:59

贈与税について質問です。
弟に800万円の借金があります。
その連帯保証人には母がなっています。
弟は債務超過で払うことができません。
私が肩代わりして払うと贈与税がかかります。
この場合、連帯保証人が母から私に変われば贈与税を回避することができますか?

債務者に代わり、債務者以外が債務を返済することを代位弁済と言います。
それ自体ならば、贈与は発生しません。
代位弁済を受けた債権者は、債権を代位弁済者に譲渡します。
譲渡された債権の支払を免除した時に贈与が発生します。
連帯保証人を変更しても債務免除したら贈与となるので、連帯保証人の変更は意味がありません。
債務免除をしないで少しずつ返済を受ければ贈与税回避が出来ます。
ちなみに贈与税を払う場合、納税義務者は弟さんになります。

2017/4/15 15:30:56

ms06zaku50さん、早々のご回答ありがとうございます。
具体的に申しますと、弟がマンションのローンが払えなくなり売却をしようと思っています。
残債が800万円くらいになるのですが、たとえば私が連帯保証人になって、弟が延滞すると私に督促が来ます。
その時点で銀行から融資を受け、代位弁済すれば贈与税は回避できますか?
どうぞ、ご教示お願いいたします。>

根保証契約における主たる債務の元本。
この【元本】ってなんですか?根保証契約ってのは、継続的取引の煩雑さを回避するために設けられるものですよね?極度額を5000万としたら、5000万が元本ということでしょうか?

元本というのは、利息とか、遅延損害金とかを含まない、主債務者が元々借りたお金のことです。
例えば、100万円を年利10%、弁済期1年後で借り、返済せずに2年経過したら、120万円の請求を受けますよね。
最初に借りて受け取った100万円が元本。
弁済期までの1年分の10%(10万円)が利息。
弁済期後の1年分の10%(10万円)が遅延損害金(損害賠償の一種)です。
このとき、弁済期までに返済しなかったら違約金は15パーセントという取り決めがあったりして、125万円の請求を受けたときには、15パーセント(15万円)が違約金です。
極度額とは、根保証人が負担する限界値の設定です。
根保証は、おっしゃるとおり、継続的取引の煩雑さを回避するために設けられています。
普通の保証だと、主債務者が借り入れをするたびに保証人の了承を得なくてはいけないわけですが、根保証はこれが必要ない。
逆に言うと、根保証人は、主債務者が勝手に借りたお金を際限なく保証しないといけなくなってしまいます。
それではあまりに酷なので、主債務者がどれだけお金を借りても、保証人が負担するのはここまでだよ、と上限を定めるのが極度額です。
極度額が5000万円でも、主債務者が借りた金額(元本)が100万円だけであれば、これに利息、遅延損害金などを加算した金額を超えて負担する必要はありません。
元本が6000万円であった場合、極度額の5000万円だけを負担れすればいいです。
元本が4500万円、利息やら何やらで総額が5500万円になっていた場合も、5000万円だけ負担すればいいです。

2016/1/26 15:39:28

保証人が借入人になる。
こんなこと出来ますか?家を購入し、ローンを3000万円組みました。
家の名義は私です。
(ローンの支払いは、まだ始まってません)しかし、ローンの借入人は、どうしても妻がなると言うのでそうしたのですが、妻の収入は少なく、到底3000万円も借りれなかったので、私が保証人になりました。
また、毎月約16万円支払いが必要ですが、妻の収入では返せなく、私が全て払うことになってます。
近い将来、離婚するかもしれません。
もともと妻名義のローンでも私が全て払う予定なので、万一の離婚に備えて自分名義に変更出来るのであればしたいと思ってます。
今から若しくは将来に、妻を借入人から外して、私が借入人になることは可能でしょうか?

住宅ローンは金融機関の抵当権が付いているのでの名義変更や連帯債務者や連帯保証人を外したりは金融機関の承認がなければ外せません。
金融機関の承認を得るには、住宅ローンを完済し抵当権抹消しないと承認は得られないので不可能です。
方法としては住宅を売却し残債がでるので現金で補填し住宅ローン完済もしくは他の金融機関に借り換えしその際に単独名義で申し込む、しかし返済が1回も始まってない状況なら借り換えも難しいので実質無理。
金融機関には離婚での名義問題や返済計画の見直しなどは関係ありませんので、これだけの理由では名義変更は認められません。

2017/1/16 08:41:52

民法の保証債務について質問です。
「BがAに対して600万円の債務を負担しており、CとDは保証人(連帯保証人ではない。
)になり、Eは連帯保証人になった。
Aから請求を受けた場合、CとDは200万円の限度で責任を負うが、Eは600万円の限度で責任を負う。
」という問題で、解答は○となっています。
ここでCとDの責任が200万なのはなぜでしょうか?保証人の場合は分別の利益があるので300万円かなと思ったのですが。

「分別の利益」は保証人の頭数で割った額ですが、この頭数には連帯保証人も含めます。
3人の保証人がいると考えて分別の利益を出します。
そして、この3人の中で、連帯保証人のEだけが分別の利益なく全額債務を負うと考えます。

2012/3/26 17:56:38

-保証債務

© 2021 地方銀行ってどうなのよ?