保証債務

市の発注の、工事の債務保証についてですが、 保証してもらう期間を工...保証債務

商業簿記2級において、手形裏書譲渡に対する保証債務のイメージはつくのですが、割引に対してはよくわかりません保有する受取手形を割り引いて現金を受け取ったとして、どうして保証債務の必要があるのでしょうか

割引銀行は被裏書人だよね手形を持ち込んだ最終裏書人は手形交換所で決済が済むまで連帯保証債務を負う事になっています。

2015/7/2 09:44:31

銀行に裏書譲渡するようなものということでいいでしょうか。ということは銀行に対しての保証債務ですか?>

保証人について。
法律などについて。
弁護士さんや詳しい方お願いします。
付き合っていた彼が会社の下請けで自営をする事になりまして私が保証人になっていました。
それが、彼が事件を起こしてしまい刑務所に入ってしまう事になりました。
会社側に振り込まないといけないお金をいくらか使っていたらしく会社側から請求がきました。
その会社も怪しい会社なのか、振り込んでいるお金まで記載してこちらに請求してきまして。
彼から会社側に手紙を出して金額をきちんとする事を伝えても知らん顔らしく返事も来ない状態で、私に払えと言ってきている感じです。
弁護士に相談した所、本人と接見しない状態で飛び越えて私に請求してくる事は出来ませんとお答えを頂いたのですが、どうなのでしょうか。
払わないでいいお金まで払えと言ってきているし、彼とは話をするつもりはなく私に裁判を起こすと言ってきたりしていますが、どうしたらいいのでしょうか。
訳のわからない書類が届いても受け取り拒否しとけばいいとまわりは言っています。
詳しい方、いろいろ教えて下さい。

保証人になった以上、債務は保証しなければならない。
そのための保証人なので、当然である。
ただ貴殿の様な件は、素人には難しく、専門の弁護士に相談依頼するのが最もよろしいかなと思います。

2018/3/30 10:28:29

ありがとうございます!>

簿記の保証債務のことで質問です。
保証債務の時価が1%で、裏書した手形が不渡りになり、手形の受取人に代金(手形代金:100円、諸費用:15円)をわなくてはならない場合、不渡手形 115/当座預金 115保証債務 1/保証債務取崩益 1となるのですが 保証債務の存在する意味がよく分かりません...。
私のイメージでは何かを補う(例えば 当座預金 1/保証債務 1)みたいなものかと思っていました。
しかも 保証債務/保証債務取崩益 なんて仕訳しちゃったら最初からしなくても良いのでは?と思ってしまいます。
とんちんかんなことを言ってるかもしれませんがどなたか教えてください、お願いしますm(_ _)m補足皆様、丁寧に回答してくださりありがとうございます(_)t22102137さんの保証債務など存在しないという回答が気になります。
どういう事でしょうか(><)?

A社:商品の購入者B社:商品の販売社C社:A社が振り出し、B社が割り引いた手形の引き受け人BがAに商品を売って手形100を受け取った。
Bは売り上げがたってうれしいですが、まだ安心できませんよね。
A社が期日に手形の代金を払ってくれるか分からないからです。
つまり、BはAの信用リスクを負っている。
Bの決算において、Bが手形を保有したままだと負っている信用リスクに対しては貸倒引当金という形で会計上の手当てがされます。
信用リスクが1なら、貸倒引当金繰入1 / 貸倒引当金 1と処理しますよね。
ここでもし決算までにBが手形をCに割り引いてもらっていたら(利息を5とします)当座預金 95 / 割引手形 100手形売却損 5と処理しますね。
これだけでいいのか?ご存知かと思いますが、手形を割り引いてもBはAの信用リスクから解放されるわけではありません。
AがCからの手形100の取り立てに応じることが出来なければ、Aに代わってBが支払わなければならないからです。
よって、手形を割り引いたときでもBは自らが負っている信用リスクについて会計上の手当てをする必要があります。
これが保証債務費用 1 / 保証債務 1となって現れるわけです。
手形を保有したままの時に計上する貸倒引当金の兄弟みたいなものですね。
信用リスクという実質は全く同じですからうり二つの双子と言ったところでしょうか。
ここで仮にAが手形の支払い不能に陥ったとしましょう。
手形を保有したままの時は不渡手形 100 / 受取手形 100 (Cへの支払とAへの求償権の取得)貸倒引当金 1 / 貸倒引当金戻入益 1(当初の受取手形に対する引当金の戻し)貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100(不渡手形に対する新たな繰り入れ)と仕訳しますね。
なおただちに貸倒損失を計上するなら貸倒損失 100 / 受取手形 100貸倒引当金 1 / 貸倒引当金戻入益 1すでに割り引いているときは割引手形 100 / 当座預金 100不渡手形 100 / 受取手形 100保証債務 1 / 保証債務取崩益 1貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100 このように手形を保有したままの時と比較すると分かりやすいのではないでしょうか。
手形を割り引いた時も信用リスクを手当てするために保証債務の計上が必要なんだと思います。
なお、結果的に不渡にならなかった時も過程における信用リスクの存在に変わりはありませんのでやはり計上が必要です。
捕捉についてt22102137さんは見解の相違といった類ではなく明らかに誤った回答を記載していましたが、それを指摘されるとそのまずい回答を消去したうえで「質問者の力量を試した(これも消去したようです)」「誤りの指摘が混乱を招く」といった反応を示されています。
余りにひどいので違反報告というのをしました。
過去の他の方に対する回答を見てもでたらめなものが多いように感じます。
この方の回答を受けた時は慎重に読んだ方が良いようです。
「追加」 誰に対する何の主張なのか自分でも混乱しますが、保証債務見返 / 保証債務の保証債務(額面の備忘記録=簿記上のメモ)と保証費用 / 保証債務の保証債務(手形譲渡に限って認識するリスクの時価=局所的時価会計)ですから両者は全く別物ですよ。
負債の時価会計が唐突に出てくるから面喰いますね。
要するに貸倒引当処理との整合性を図るために時価会計をつまみ食いしたんだろうと勝手に思ってますが(間違っていますかね?)ちなみに保証債務の計上は期中仕訳(決算処理ではない)ですから仮に同期間中に手形が決済or不渡しても理屈上は保証費用と取り崩し益はPLに残ります(よね?)。
それからt22102137さんの面白トークいいですね。
債務保証と保証債務て会計士受験生のネタですよ。

2011/10/31 17:25:21

保証委託契約において、債務者Aの不動産に保証人Bが根抵当権の設定(原因 年月日保証委託契約(の求償債権)同日設定)を受けることがありますが、逆に、AB間で、債権者Cのために保証債務の担保としてB所有の不動産に根抵当権を設定する旨の約定をすることもありますか?

保証委託契約の債務者が保証債務を自ら物上保証することについて保証委託契約の内容とするケースです。

2015/6/5 21:29:17

連帯保証債務の支払い義務について。
質問1、締結時に告知違反等の不備(立証は別にして)あると思うのですが、この連帯保証債務は支払う必要がありますか?2今後の交渉に良きアドバイスをお願いいします。
概略・・・父(H16年死亡:父から財産を相続済み)が知人A(H18年死亡:相続人は相続放棄)の金融機関;Sの連帯保証人(根保証:H15年締結 金額10400千円、期間表記なし。
根保証の明記がないため、父は単なる保証書と理解していた。
)になっている 。
保証書締結時は、AがSから保証書を預かり、Aからの依頼で父が署名押印し、AがSに提出した。
父は、SからAの経営内容、財務状況等は一切説明を受けていない。
以上の経緯は、生前の父の話と死亡後にAの管轄支店長と確認する。
H23年4月にSは、債権管理機構;Tに債権を譲渡した。
以降Tから、支払い通知書が2回郵送されている。
今まで、S、Tに対して、一度も支払いに応じいない。
補足初心者で操作に戸惑っています。
ご指摘の金額は「保証極度額」です。
契約時が法改正前ですし、消費者契約法制定前で、やはり支払い回避は困難なのでしょうか?アドバイスお待ちしております。

質問文を見る限り、貸金等根保証契約が成立しているかどうかは極度額の定めがあったかどうかにかかってきそうです。
「金額」というのが、極度額を意味するのかはよく分かりません。
根保証契約が成立するためには契約書の内容を見て根保証契約であることが分かればいいので、契約書に「根保証」と書かなければいけないわけではありません。
根保証契約が成立しているとすると、元本確定期日の定めがないので契約から3年を経過した時点、又は、Aが死亡した時点の早い方で元本が確定するので、その時点より前に生じたAの債務について保証する義務があります。
ただ、SがAの経営内容や財務状況等の説明を受けていなかったという点で、消費者契約法4条1項1号に基づいて取り消しができる可能性があります。
この点については最高裁の判例はありませんが、下級審の裁判例がいくつかあるため、認められる可能性はあります。
補足について根保証契約を締結した当時は民法で極度額に関する規定がなかっため、極度額の定めがなくても根保証契約は有効です。
ただ、元本の確定は既にされています。
消費者契約法の制定は平成13年なので、本件根保証契約の締結当時にも消費者契約法は施行されています。
ただ、他の方が指摘するように消費者契約法4条1項1号に基づく取り消しは善意の第三者に対抗できません。
Sから債権譲渡を受けたTが「第三者」にあたるかは、私には知識がないため確定的なことは申し上げられません。
弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします。
自治体での無料法律相談や弁護士会、法テラスをご利用ください。

2011/8/23 17:54:35

自己破産以外で連帯保証人の債務を逃れる方法はありますか。

基本的には簡単にいかない例をあげます。
1・主債務者がすべて弁済したとき2・主債務者がすべて弁済するよう仕向けたとき3・保証債務の消滅時効による時効援用(主債務者が法人なら5年)4・主債務者の債権で該当債務を相殺した時5・保証人の債権で該当債務を相殺した時6・主債務者死亡のとき、相続人に支払を弁済するよう仕向けたとき7・債権者と養子縁組し、債権者が死亡すれば混同による消滅の可能性あり8・債権者に保証免除・債務放棄の意思が生じた時9・債権者が連帯保証人に対する不法行為をおこし、連帯保証人がその損害金と該当債務を相殺したとき時間の経過とそれなりの努力・手間が必要です。
例えば9などは相手が暴力をしてきて痛いおもいをしなければいけませんし、やり返してもいけません、暴力をおこさせるように仕向けなければいけません。

2014/7/28 19:29:02

連帯保証人も主債務者の相殺権を利用できますか?連帯保証も付従性を有すると学びましたが、付従性については普通の保証と全く同じですか?

第454条 保証人は、主たる債務者と連帯して債務を負担したときは、前二条の権利を有しない。
つまり催告の抗弁権、検索の抗弁権を有さないだけです。
第457条 主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。
2 保証人は、主たる債務者の債権による相殺をもって債権者に対抗することができる。
連帯保証人について457条の適用を排除する条文はありませんし排除する理由もありません。

2014/7/18 07:27:37

ありがとうござしましたm(_ _)m>

保証人は自ら自己の有する債権者への債権とその債権者への保証債務を相殺することはできますか?補足保証債務を相殺で消すとすれば主債務者の債権を使うしかないんですね?

保証人は自ら自己の有する債権者への債権とその債権者への保証債務を相殺することはできますか?という質問ですね。
保証人が、その債権の完済すれば債務はなくなりますが、債務がの持っている場合は、出来ません。
補足:相殺はできないです。

2014/6/3 15:31:56

多数当事者の債権債務の単純補償について質問です。
主たる債務者への請求が絶対効なのは分かるのですが保証人への請求が相対効なのが理解できません。
債権者が保証人へ請求をしたら保証人の時効は中断するのに、主たる債務者は時効中断しないんですよね?そしたら主たる債務者は時効の援用をして債務がなくなっても保証人は債務が残るんですよね?これって不公平ではないんですか?

通常保証の話ですよね。
連帯保証なら、保証人への請求でも主債務者の時効も中断するので。
だとすると、連帯保証ではないから絶対効がないだけのことです。
相対効なので、請求を受けた保証人の時効だけ中断します。
しかし、主債務者が時効を援用して主債務が消えてしまえば、保証債務も付従性で消滅するので、特段の不合理はありません。
不公平だと騒ぐ前に、基礎を押さえてください。

2017/10/27 20:15:51

市の発注の、工事の債務保証についてですが、保証してもらう期間を工期の始まりから終わりで記載するのか、契約日を含めた日にちで記載するのかが知りたいです。
規則には保証期間は、「契約期間を含む」とあるので工期をそのまま保証期間にしても、問題ないようにおもいますが…どうでしょうか?

考え方としては、その債務履行が開始されてから無事終了するまででしょうから。
工期でいいと思いますが、工事完了報告書の受領、もしくは工事完了検査をもって終了とみなすところもありますので、担当者に聞いたほうがいいですね。

2016/11/3 11:11:17

ありがとうございます。
ならば、期間の始めは工期の始めでも問題ないですね。
他社の話ですが、緊急修繕工等は工期で、
市などから発注される工事は契約日からとゆう話もありました。>

-保証債務

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?