ローン手数料

クレジットカード利用の手数料の消費税の処理について。 お客様がクレ...ローン手数料

不動産投資儲からない事が分かったので損切りする事にしました正しい選択でしょうかキャッシュで買っており借金はありません975万で購入仲介手数料35万(値引き)司法書士代14万印紙代5000円 で購入した時は6万で入居者が入っていました そしたら1か月で出ていきました退去時にエアコンなどを変えてリフォーム代20万円かかりました入居者は1か月で見つかりましたAD代実質一か月59000円支払い家賃は下がって59000円で契約です築15年の物件なので1年ほどで入居者変わるかもと管理会社の話です管理費修繕費管理会社の管理費引かれて手取り44350円が入ってきます固定資産税年41000円年間手取り49万の家賃収入ですうまくいってですけど1年で出て行った時管理会社にあっちこっち修繕しろと言われるので換気扇や壁紙のリフォームに約6万ほどかかりますこれにAD代59000円で約10万のマイナスです49万ー10マン=39万これがあと3年ほどは59000円の家賃を取れるそうですが4年目以降は家賃55000円になるかもと言われました55000円になった場合840万で売れたらいい方らしいです10年後は大規模修繕があり大家の持ち出しもあるかもしれないと言われていますこれを16年やったとしてもまったく利益が出ないだけではなくストレスや不安が毎日あるだけなので今年の末に100万の損切をして売却することにしました(100万は手数料などをひいた実質のマイナス金額)不動産投資が儲からない100万の本を読んだって事でなっとくするしかないですかね(本はだいたい1300円くらいなので約750冊ほどの本を読んだって計算ですね)実はこの不動産投資をする前に起業や借金をして不動産投資をやってみたいなとか思っていましたが大きな間違いであると今回気づかされましたマイナスの経験は生きているでしょうかもうあまり夢さえ見なくなっているこの頃です

ま、100万で気付いて良かったじゃないですか。
不動産投資(賃貸物件を持つこと)は予想以上にメンテナンスや仲介手数料がかかり手残りは少ないです。
おっしゃるように細かい修繕が続くと赤字(現金持ち出し)になることも普通にあります。
特に築年数が経てば経つほどそのリスクは大きくなります。
あなたの場合、中古を現金で買ってローン残高もなく、一室だけの購入だったのでまだ傷が浅い。
思い切れば手放すこともできます。
が、これが深く考えずに新築ワンルームを高値で買ったり、フルローンを組んで1棟買いにチャレンジしてしまったら、売却してもローンが残り自己破産しなければならないこともあります。
株でもFXでも不動産でも損することはよくあります。
自己資金で出せる損なら勉強代とあきらめて割りきることです。

2018/4/9 08:30:28

100万で今後の人生で絶対にしないという教訓に
なりました
これからは失敗はしない
もう不動産はしない
その代償ですかね>

明日住宅ローン1915万円一括返済する予定です。
返済額を銀行に聞いたら総額1927万かかると言われました。
繰上返済手数料52500円と利息70000円かかるんですか?当初2600万円(内毎月分1300万、ボーナス1300万)補足すいません。
説明捕捉します。
本日銀行に電話して12日付で返済した時の総返済額を聞きました。
総額約19270000円(手数料込みらしい)です。
当初借入日は平成15年11月で返済期間は28年。
現在の金利は10年固定の2.55%です。
今日現在で残りの返済期間は18年8ヵ月(224回)。
現在残高は19145000円です。
保証会社はついていますが、保証料は払っていません。
金利に含まれているみたいです。
当初の内訳は毎月返済分1300万円でボーナス返済分1300万円の合計2600万借りました。
できれば今現在の毎月分とボーナス分のそれぞれ残金がいくらで、一括返済した時の利息はどのくらいか教えてほしいです。
繰上げ返済手数料は52500円らしいです。

今は退職していますが、金融機関で働いていたものです。
繰上返済手数料の52500円はどこの金融機関でも同じだと思います。
実際そんなに何の経費が掛かるのかと言えば何もない気がしますが…。
また利息に関してですが、ご質問者様がどれくらいの期間(返済回数)で融資を受けたのかが分からないので何とも言えませんが、大体、毎月の返済額の40%くらい(毎月の引き落としは10万なら4万くらい)は利息です。
またボーナス返済分は、半年に1度元金と利息を払うことになるのでこちらの利息も多めになります。
金融機関から返済予定表をもらっていると思うのでご確認いただければと思います。
ボーナス払を付けているので一般の方だと思いますが、お金を借りる際に保証会社に保証料を払っていませんか?払ったのならば、当然ある程度の額が返金されます。
またお金を借りた時に抵当権を設定したと思いますが、こちらの解除に関しても別途費用がかかります。
ここに入力すればある程度わかりますhttps://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kariire.html28年で借りて残りが18年8か月から9年6か月目を見ると(途中から半年ごとしか出ないシミュなので)大体わかりそうです。
注意が必要なのは、ボーナスの利息欄には6か月分が載っていますので、割合で計算する必要があります(9年と3か月残りなら利息÷6×3、など)

2013/4/12 00:24:11

自動車学校入校のためオリコ ローンを使用しました。
頭金10.000円を支払い268.000円のローンで分割支払手数料が19.093円の12回払いのボーナス払いなしの支払総額が297.093円です。
まだ1度も支払い月になっていないのですが、お金の用意ができ、全額払える事になりました!その際なんですが、繰り上げ一括返済になるようなのですが、分割手数料や繰上げ返済にかかる料金などは必要なのでしょうか。


少なくとも契約の時点から返済期日までの利息は発生するはずなので日割り計算が契約書に記載された一括精算時の利率でされると思いますまた一括精算時には事務手数料と称して数千円ぐらい請求される場合があります全ては契約書に記載されているはずですお手元にあれば探してみてください

2015/7/19 01:28:24

二十歳を迎えてすぐ、ショッピングローンを組むことはやめた方がいいですか?24回払いで月々8000円くらいです。
(金利手数料無料)様々な意見があると思いますが聞いてみたいのでよろしくお願いします。

良いかどうかは先に回答があるので別の面から…金利手数料無料は本当にお得でしょうか?例えば、某有名なテレビショッピングも謳い文句ですが値段は全然安くありません。
確かに安い商品もありますが、売れ残りや型遅れ商品…値段の中には金利が入っているとしか思えないのです。
私達が利用する金利って知ってますか?100万円を1年預けても、1万円の借金一月分の金利の方が↑そんな美味しい話しには良く注意して下さいね。
良く商品を吟味してから決めて下さい。
価格.comなんかには参考情報がありますよ…

2018/2/9 13:34:58

注文住宅のローンについて質問です。
土地5300万(個人の土地を不動産屋さんから購入する)を購入し、ハウスメーカーで建物2100万、そのほか出して仲介手数料、諸費用も考え、合計8000万前後で考えて進めております。
ローンはみずほで6000万で通しており、あとは自己資金(貯金は3500万ありますが、頭金は2000万くらいにしたい。
一時的につなぎ融資をしないために貯金を崩すのはオッケー)入れる予定です。
そこで質問なのですが、土地と建物のローンは二本立てで別々に組むのが一般的なのでしょうか。
その場合、それは同じ銀行?違う銀行?なのでしょうか。
また、固定で組みたいと考えておりますが、どちらの銀行のどのプランでいくのがオススメでしょうか。
住宅ローンの勉強を始めたばかりなので、わからないことばかりです。
こちらでアドバイスいただけると助かります。

土地と建物は期間が空いていると二本立て空いていないと一括実行、分割実行またはつなぎになると思います、今回の物件は土地代が高いので土地のみ先行実行をして、建物と別にローンを組む方が良いように感じます、土地と建物は同じ銀行でしか借り入れできません。
固定は全期間なのか20年固定や10年固定様々あります、ハウスメーカーのアドバイスやご自身で銀行に相談にいくなどして決めるのがよいかと、金利だけで考えずに、手数料、利便性も考えてくださいまた、よくわからない場合はネットバンクより、窓口が近くにある銀行を勧めます

2017/2/27 00:56:56

住宅ローンの繰り上げ返済についてですが、10年後にまとめて1000万円繰り上げ返済するか1年ごとに100万円ずつコツコツ繰り上げ返済していくか、手数料は無料で金利が変わらないとすれば、どちらが得なのでしょうか?

住宅ローン控除を無視すれば、早く返した方が有利になります。
一方、ローン控除を勘案すると・・・控除期間中かつ金利が1%を下回っている場合は、繰上返済を待ってローン控除をフルに受けた方が有利になる可能性があります。
ただし0.975%等1%を僅かに下回るケースでは、返してしまった方が有利です。
また、他者回答にあるような1日でも早く・・・と言うのは間違いではありませんが正確とは言えません。
たとえ金利が1%以上でもローン控除期間中であれば、繰上返済の時期によってその効果が違ってくるので注意が必要だということです。
つまり、ローン控除をできるだけ大きく受けるために年末の残高を極力大きくする。
つまり繰上返済は翌年の1月に行うのがベストな方法と言う訳です。
なお、ローン控除期間中の場合、質問者様の借入条件と年収が分かれば、コツコツか、まとめてか、どちらが有利かの大体の計算は可能です。

2015/6/27 07:46:40

車を、10年間ローンで購入する事にしました。
割賦元金¥1840000に対し、割賦手数料¥813537は高過ぎると思いますが。

Q. 車を、10年間ローンで購入する事にしました。
割賦元金¥1840000に対し、割賦手数料¥813537は高過ぎると思いますが。
A. で、質問は何ですか?報告ならブログでやって下さい。

2015/3/29 21:11:32

住宅ローンについてアドバイスお願い致します。
2800万35年ローンをフラット35でローンを組む予定です。
どの銀行にするか迷い中です。
銀行は楽天が手数料金利ともに安いように感じます。
大手銀行の方が安心な気もします。
ネットバンクと大手銀行のメリット、デメリットを教えて頂けませんでしょうか?

安心かどうかという観点から言えば、ネット銀行も大手銀行も変わりません。
フラット35は、債権者が最終的に住宅金融公庫となります。
融資を受けた際に土地に抵当権(返済が出来なかった場合の担保)が設定されますが、住宅金融公庫が抵当権者となります。
つまり、窓口をどこにするかだけの話です。
仲介手数料(融資手数料)は、各社によってバラつきがあります。
取る方法も違います。
各社によって金利が違うのはそのためです。
融資実行手数料は2%とっているところもあれば、1%程度のところもあります。
毎月の金利を上げて融資実行手数料を低く抑えている会社もあります。
ネットバンクのメリットとしては、人件費や事務所などの経費がかかっていない分、手数料、金利が最小限で済みます。
デメリットは、手続きが面倒なことです。
楽天に限って言えば、事務手数料が安い分、契約書類の送付、各種証明書類など、自分で膨大な書類を用意する必要があります。
(かなり大変です)また、事前に説明を受けることができないので、ローンのシュミレーション、概要、注意点、スケジュールなど全て自分で調べる必要があります。
相当ローンに詳しくない限りお勧めはできません。
そういった点では、大手銀行は入口の説明からシュミレーションから手続きについてのサポート、各種ローンの提案などが充実しているので、大きなメリットだと思います。
ただ、マージンがかかっている分、金利や手数料はどうしても高くなってしまうところがデメリットだと思います。
また、大きくネットバンクと大手銀行と別けられましたが、例えばSBIのようにネットバンクですが、主要都市に事務所を設けて、専門の担当者が説明から手続き等の段取りを進めてくれるようなところもあります。
不明な点も、連絡すればすぐに教えくれます。
フラット35を決める要点はズバリ、①金利の安さ②事務所が近くにあるかどうかだと思います。
融資手数料は、多少高くても2%程度なら目をつぶりましょう。
例えば2800万円のローンの事務手数料は56万円ですが、金利が0.2%高いところで借り入れすれば最終的な総返済額は約120万円アップします。
その程度の話です。
人生に一度あるかないかの一大イベントですので、担当者がいて相談できるところで、自分が納得した上でローンを組むことをお勧めします。

2013/6/4 19:28:49

車のローンについて先日、車の購入契約をしたのですが、販売店指定のローンを組むとカーナビやらドライブレコーダーやらの有料オプションが無料で付けてもらえるというキャンペーンがあり、それにつられてローン契約をしてしまいました。
元々一括で購入しようと考えていたのですが、オプションをつけるとかなりの金額が上乗せになる見込みで悩んでおりました。
代金の一部を頭金に、最低条件である90万60回払いを契約し、途中で早期完済すれば金利と手数料を合わせて7万?12万程度の上乗せで済む、と聞いて、勧められるがままにローンを組んでしまったところです…販売店からの説明・割賦手数料22万680円・早期完済の手続きは1年後、正確には13ヶ月分の支払いをした後にしてほしい(それより早く完済されると、ローン会社と販売店がもめてしまうとのこと)・クーリングオフや契約変更はできない・金利の計算はかなり複雑で販売店ではできないが、13ヶ月分支払って早期完済手続きをすると、違約金のような手数料も合わせて大体このくらい(7万?12万)の上乗せで済むローン会社の規約記載事項(早期完済について)・78分法またはそれに準ずる金融機関所定の計算方法により算出された戻し利息+会社指定の完済手数料(戻し利息の30%)一度は納得し、一括払いであれこれオプションをつけるよりも、ローンの金利手数料の方が安く済むと踏んでの判断でしたが、後から渡されたローン会社の規約を読んでいたところ、聞きなれない「戻し利息」という言葉や手数料30%といった記載に怖くなってきてしまいました。
販売店の口頭説明を鵜呑みにしてしまいましたが、1年後の早期完済で本当に最大12万円程度の上乗せで済むのかが心配です。
また、本当ならば一括で支払う備えがあるので、1年後と言わずにすぐにでも完済してしまいたいのですが、やはり販売店との約束である13ヶ月分を払わないといけないのでしょうか…似たような質問を探してみたのですが、販売店が勝手に言っているだけなので無視して返済を早めても何も言われない、という回答と、指定期間経過後の完済を条件にオプションや割引をしてもらっているのであれば販売店ともめるので期間を守るべき、という回答がありもやもやして質問させていただきました。
前者ならいいなぁと思いつつ、やはり後者のように販売店の指定期間はローンで払い続けるしかないのでしょうか。
また、そうした際の元本への上乗せ分は7万?12万で済むのでしょうか。
お詳しい方がいらっしゃいましたら是非お教えいただけますと幸いです。
補足ローン会社はジャックスなのですが、販売店はディーラーではなく未使用車の専門店です。
販売店の説明通り7?12万円以内の上乗せで済むのなら文句はないのですが、正確な金額は計算できないと言われたのが気になって…いざ早期完済した時にもっと大きな上乗せになっていたらどうしようと不安になってしまいました。
まだ支払いは始まってすらいないので、ローン会社から販売店に連絡などいかないのであればすぐにでも早期完済の手続きをしたいと考えています。
が、オプションの件があるので、条件の期間を破ったのが販売店に知れてもめてしまわないか気になっております。
今までローンやキャッシング、リボ払いなど、文字を見ただけでことごとく避けてきたので今更ながら後悔が…;やはり販売店の言うとおりに13ヶ月は支払い続けるしかないのでしょうか…

ここで聞いてもわからないでしょ。
ローンを組んだ会社に聞かないと。
ディーラーローンならディーラーの言うことが正しいです。
ただし現金一括が一番安いのは自明です。
オプションをたくさん無料にしても、それ以上の手数料が取れるから、大げさに、あたかも得するような言い方をするのです。
早期完済手続きすると、金利で儲けていたはずの金額を手数料として取られるため結局はローンを続けるのと大きな差はありません。
上乗せ12万円くらいだとローンを組んで解約する人が続出するでしょう。

2017/8/31 22:50:12

オプション無料の条件の中で、上乗せが1番少なく済むパターンを選んだのですが、やはり12万では収まらないでしょうか…そのまま5年ローンで払い続けると22万ちょっとの上乗せなのですが、本来なら元本もすぐ払えるのに!と思うとなんとも…>

クレジットカード利用の手数料の消費税の処理について。
お客様がクレジットカードを利用して商品を購入した場合、会社に入ってくる金額は、手数料(3%とします。
)を引かれた金額となると思います。
この3%の手数料は、非課税になると思いますがあっておりますよね?とあるクレジットカード会社でこの手数料に対し消費税が課税されていたので、そのクレジットカード会社に問い合わせたところ当社が行っているサービスに対する対価なので課税でいいです。
と言われました。
このクレジット会社の言っていることは正しいのでしょうか?

クレジット手数料についてについては、金銭債権の譲受差額として、非課税です。
(消費税施行令10条3項8号)この旨は、国税庁ホームページでの個別照会においても、非課税と明言しています。
そのクレジット会社の答えは明らかに間違っています。
まともなクレジット会社はみんな非課税で処理していることからも、そのクレジット会社が間違っていることは明らかでしょう。
参考:クレジット手数料の消費税の取り扱いに関する国税庁の質疑応答について【照会要旨】 次のクレジット手数料は、課税の対象となるのでしょうか。
1 加盟店が信販会社へ支払うもの(債権譲渡の対価が安くなる部分)2 消費者が信販会社へ支払うもの【回答要旨】1 信販会社が加盟店から譲り受ける債権の額と加盟店への支払額との差額は、消費税法施行令第10条第3項第8号に該当し、非課税となります。
2 消費者が信販会社に支払う手数料は、割賦購入あっせんに係る手数料又は賦払金のうち利子に相当する額であり、非課税となります(令103九、十)。
【関係法令通達】 消費税法施行令第10条第3項第8号、第9号、第10号消費税法施行令10条、8号、9号に書かれている消費税が非課税なもの八 前各号に掲げるもののほか、金銭債権の譲受けその他の承継(包括承継を除く。
) 九 割賦販売法 (昭和三十六年法律第百五十九号)第二条第一項 (定義)に規定する割賦販売、同条第二項 に規定するローン提携販売、同条第三項 に規定する包括信用購入あつせん又は同条第四項 に規定する個別信用購入あつせんに係る手数料で当該割賦販売、ローン提携販売、包括信用購入あつせん又は個別信用購入あつせんに係る契約においてその額が明示されているものを対価とする役務の提供

2013/9/24 18:26:47

-ローン手数料

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?