ローン手数料

住宅ローンのフラット35についてお聞きします。 ①フラット35の債...ローン手数料

ローンの返済で、手数料、金利から返済が始まるのと、元本から返済が始まるのでは実際問題としてどのような損得があるのでしょうか。
借り換えの時に差が出る、金利が変動した時に差が出るといったことがあるのでしょうか?

住宅ローンの手数料は月々払いではなく、通常は融資実行時に一括で払うものだよね。
なので、貴方が言ってる「損得」の議論とは関係ないだろ。
融資商品によって定額の場合と、借入額に料率を掛けて算定する場合に大別されるが、払うタイミングはどちらも基本的には同じだ。
それと「金利から返済が始まる」と言ってる部分もちょっと意味が解らないな。
ひょっとしたら元利均等払いのことを言ってるのかも知れないが、だとすれば認識が間違ってるよ。
元利均等払いは、別に「金利から先に」返済していく訳ではない。
まず「利息」とは何なのかを理解しよう。
利息とは、算定時点で借りてる金(元金)に対して発生するものだわな。
と言うことは、長い返済期間において借入元金をどの様に返していくかによって、利息総額も変わると言うことだ。
返済期間中毎月同額ずつ元金を返済していけば、その都度返済額に上乗せされる利息相当額は少しずつ減っていく。
改めて説明するまでもないことだが、これがいわゆる「元金均等返済」だ。
一方、毎月の返済額を一定に保つ返済方式を「元利均等返済」と言う。
こっちの場合、毎月の返済元金と利息の比率が少しずつ変わることになる。
元金と利息の返済総額を比較すれば、当然のことながら元金均等払いの方が低くはなる。
これを「得だ」と言うことも勿論できるが、現実には、ローンの利用者は毎月の収入の中から返済金を捻出することになる中で、返済初期の月額がヘビーになる元金均等払いは必ずしも有難い方式とは限らない。
そもそも住宅ローンってのは、購入時点の金銭負担を先送りにできること自体にメリットがあるのだから、現金を調達することと引き換えに相応の利息負担をすることは必ずしも「損」ではない筈なのだ。
だから、元金均等と元利均等とで負担総額が違うからと言って、どちらが得なのかを一概に言うことはできないよ。
どちらがどういう返済方式で、どういう性質の金を負担することになるのかを利用者が理解し、自分にとっての損得を判断するしかない。

2017/6/11 23:02:42

フラット35の住宅ローンを検討します。
フラット35は借りる銀行によって事務手数料と金利が違うと教えてもらいました。
どこで借りると得ですか?お勧めがあれば教えて下さい。

フラット35の住宅ローンは、取扱い金融機関により条件が異なります。
Yahooで専門家登録して頂いているゼロシステムズの田中勲と申します。
フラット35を運用している独立行政法人住宅金融支援機構に直接行ってもフラット35の住宅ローン融資を受けることは出来ません。
フラット35の住宅ローンを利用する場合は、フラット35の住宅ローン融資を取り扱っている代理店の金融機関に行かなければなりません。
そのフラット35取扱い金融機関により『金利』や『事務手数料』が異なります。
どうせフラット35を借りるのであれば『最低基準の金利』と『最低基準の事務手数料』の金融機関を利用したいものです。
・事務手数料の差みずほ銀行・・・借入金額×1.58%飯田グループの新築物件の場合は、借入金額×0.54%ARUHI・・・借入金額×2.16%楽天銀行・・・借入金額×1。
08%優良住宅ローン・・・0.8%※住宅性能評価取得物件であれば、借入金額×0.5%ファミリーライフサービス・・・借入金額×1.65%※個別に割引相談例えば、借入金額3000万円の場合借入3000万円×事務手数料2.16%=648,000円借入3000万円×事務手数料0.5%=150,000円差額498,000円と大きく異なります。
諸費用を少しでも安くする方法は、以下で解説しています。
www.0systems.com/index-m05.html・金利の差基本的に各金融機関ともにフラット35の最低基準金利が利用できます。
しかし、ARUHIなどの一部の金融機関では、頭金2割以上あると金利が0.1%優遇などの特典があります。
頭金2割以上ある場合は、最も事務手数料が高いARUHIでも借入金利0.1%優遇された方が安い場合が御座います。
総合的には、住宅性能評価が利用できる新築物件であれば、事務手数料0.5%を利用できる金融機関がフラット35の中でも最も有利な金融機関のひとつと言えます。
最後に、住宅ローン審査が通ることと、住宅ローンの返済をし続けられることは、別問題だと思います。
住宅ローンを組む場合は、余裕を持った返済計画にすることをお奨めいたします。
フラット35は、全期間固定金利ですので返済額が変わりませんので長期で計画が組め予定がたちますので安心でおススメです。
お役に立てれば幸いで御座います

2017/10/30 11:09:42

住宅ローンの金利引き下げ交渉に成功した方法とは?住宅ローンの変動金利は1%前後となっており、借り換えを検討中の方も多いと思います。
しかし、借り換えだと諸々の手数料や手間がかかります。
審査(団信も含)に通るかも不明です。
一番良いのは借り換えと同程度まで交渉により金利を引き下げてもらうことですよね。
そこで、金融機関と交渉して金利が下がった方のお話しを教えてください。
・金融機関情報(都銀、地銀、信金など)・交渉前の金利→引き下げ後の金利・具体的な方法宜しくお願いします。

こんばんは。
4か月前に金利引き下げに成功しました。
参考になればうれしいです。
借入先→地方銀行 金利→住宅ローン1750万 変動金利2.875%(全期間1.0%優遇) 現状1.875% 諸経費ローン200万固定金利 4.675%借り換えを考えていますっと窓口訪問、残高証明発行→0.3%金利下げますよー!!と言われる。
ネット系住信SBI銀行に借り換え申し込み、書類提出→住宅ローン+諸経費ローン込で1950万満額で0.895%変動金利にて審査通過→審査通過の書類発行あり審査通過の書類を持参し取引銀行へ金利交渉3日後→住宅ローン全期間1.875%金利優遇で現状は1%まで引き下げ 同時に諸経費ローンも4.675%→1%へ手数料は金利変更の2万円のみです。
他行審査のためにたくさん書類を用紙したいへんでしたが、4月から下がった金利で計算された銀行の残高計算書を見ると頑張ってよかったです。
がんばってください(*^_^*)

2012/8/17 22:18:50

こんにちは、ローン事務手数料について教えて下さい。
家を購入しようとし、手付け金を渡してローン事前審査をしましたが落ちました。
不動産屋はローンに落ちたら手付け金は全て払い戻しますと言っていましたが、ローン事務手数料は別で支払わなくてはいけないのですか?教えてください

手付金を払ってから、という事は売買契約は締結されていると思いますが、本申込みではなく、ローン事前審査であれば基本的にローン事務手数料などはかからないはずです。
また、ローン解約(ローンに落ちてしまって解約)の場合でも事務手数料を請求されることはないと思います。
基本的に、ローン事務手数料とは、審査をする為の費用ではなく、ローン審査が通過後に行う事務手続きにかかる費用の事をいいます。
ご参考にされて下さい

2013/6/19 09:50:38

アパートローン期限前弁済手数料(違約金)について現在横浜銀行で5年固定で金利0.9%、あと1年で5年目となりますが、他銀行から0.6%以下の金利の提案がありました。
他銀行からは横浜銀行へこの話をすると、金利の引下げを検討してくれる可能性が高いとの話がありました。
そこで横浜銀行へこの話をしたところ、期限前弁済手数料(違約金)が掛かってしまうとのことでした。
他銀行では反対の立場の場合、現在は違約金なしで変更手数料だけで金利引下げで顧客に対応する場合があるとのことでしたが、ここで質問です。
横浜銀行では期限前弁済手数料(違約金)なしで、変更手数料のみで金利引き下げの仕組みがないとの話です。
どなたか横浜銀行でこのような状況で、期限前弁済手数料(違約金)なしで対応してもらえた方はおられるでしょうか?私としては仕組みはあるが、対応できないということであれば納得できるのですが、本当に銀行として仕組みがないということに少々疑念を持っております。
顧客の属性により対応ができないということは、どこの銀行でもあるはずと思っています。
これは銀行との信頼関係の話ということで確認したいと思い質問させていただきました。
間違いなく仕組み自体ないということであれば、今までの信頼関係で引続き取引をし、5年の期限がきたとき改めて金利の相談をするつもりです。

アパートローンは、住宅ローンとは違い、事業ローンですので、銀行の変更はできないのが通常です。
できれば、今の返済額でするか、また、家賃を値上げしてローンを組んだ銀行へ支払うか、違約金を払い別銀行に乗り換えるかのどちらか。
それは、あなた次第ですよ。
私も金融機関でマンションの建設資金で組んだことはありますが、金利は、最低の年0.3~0.45%前後。
なお、借入金額は、20億円です。
借入金額が多いほど金利も下がります。
それでも、15年で完済したけど。

2017/3/29 14:52:34

住宅ローンの返済方法を変更したいのですが何が必要ですか。
現在、毎月返済と年2回のボーナス返済をしています。
この条件を同社で毎月返済したいのですが、手数料の他に何か、かかりますか。
毎月の支払額は多くなるのは分かっています。

ローンを組んでいる銀行にお問い合わせください。
銀行によって条件は違うはずだしおそらく再審査が必要でしょう。
繰り上げで期間を短くするとか残高を減らすだけなら審査もなしに手数料だけで済みます。
が、ボーナス払いをやめるとか期間を延ばすとかとなると、ローンの契約自体を見直すことになるので審査が必要なんです。

2017/10/9 08:39:24

ありがとうございます。
ボーナス払いをやめる予定。
繰り上げ返済と期間も短縮予定。
しかし、新たに抵当権設定をするとのことです。
これにかかる費用は全額自己負担だそうです。(多額!)
長い間、滞納もなく取引をしてきましたが考えます。
負担金を試算したら他社に変えても一緒ぐらいでした!
しかも利率が低く、毎月返済額が安い!
見直してみるもんです。
>

住宅ローンの借入の融資手数料について。
一点納得いかない部分があります。
住宅販売会社より、諸費用の金額を出して頂いたのですが保証料→0ローン会社手数料→816400円ローン事務手数料→54000円となっておりましたが、借入額は3140万円のつもりです。
銀行のHPや、そこの銀行で働く友人に聞いてみたところ借入額x2.16%プラス保証会社取扱手数料32400円だと思っております。
3140万円x2.16%=678240円プラス保証会社取扱手数料32400円で合計710640円だと思うのですが、住宅販売会社は816400円だと言うので、計算が合わなくてもやもやしてます。
この合わない10万円ほどはいったいどういったものなのでしょうか?ローン事務手数料や、この融資手数料のこともあまり説明されずに、いきなり払うような形になってしまって、なんだかなぁー。
って気持ちでいっぱいです。
主人はお金には興味がなく、この諸費用や頭金も全てわたしの結婚前からの貯金で支払うので、わたしだけがモヤモヤしている状態です。
この場合ローンを組むのは主人で、住宅販売会社の営業の方が、銀行とのやりとりしてくれている中で、わたしが銀行に直接この金額のことを聞きに行っても大丈夫でしょうか?主人に借入する銀行に付いてきて欲しいとお願いしたら仕事が忙しいので無理とのことです。

(主人に住宅販売会社の営業の方に計算が合わないのですが、、。
と電話してもらいましたが、3万円余計にかかるので、、としか言われなかったみたいで、埒があかないです)

住宅販売会社の取り分でしょ。
そりゃただでは手続き代行してくれないです。
嫌なら直接銀行に借りれば良いです。
ouchi-kaumaeni.com/teikeiloan直接行けば窓口は別でしょうし、また一から話を始める必要があると思いますけど。
別にプロでもなんでもないので勘違いだったらごめんなさい。

2018/3/2 02:50:26

住宅会社の取り分は恐らくローン事務手数料の54000円です。融資の申し込みは仕事柄割と慣れているので自分ですれば良かったなー。と正直なところです。家の契約と一緒に特に何も言わずにローンの申込の用紙渡されたので、、。結局銀行の営業さんとは住宅販売会社を挟んでしかやりとり出来てないので、直接話しないまま、融資お願いしてしまってます。>

先日、残価設定ローンで新車を購入してしまいました。
まだ初回の支払いもしていませんが、一括返済をした場合に違約金等取られるのでしょうか?また、割賦手数料の戻しはあるのでしょうか?

一括返済したいのならディーラーに申し出すればよいでしょう。
返済手数料が少しかかるだけだろう。

2017/4/15 11:15:21

マイホームローンの手数料の質問です。
諸経費の中で一番負担高いのですがこの手数料の計算は融資金額X1%弱という計算なのでしょうか?計算根拠が知りたいです。
補足先日3000万円のマイホームローンの試算してもらったところ、融資手数料が30万円弱の手数料と表示されました。
とても0.2%ではない計算かと思いますがこれはぼったくり銀行だからなのでしょうか?

融資手数料は、銀行によってさまざまです。
31500円、52500円、73500円辺りが一般的です。
保証料なしをうたう所では保証料並みの手数料をとるところもあります。
その場合は、借入額の0.2%くらいが多いですよ。
補足がはいりましたので、追記します。
もしかしたら、ノンバンク系ですか?金利が低いと飛び付いたら、手数料が高かったり保証料が高かったりすつケースがありますね。

2012/5/13 18:57:39

住宅ローンのフラット35についてお聞きします。
①フラット35の債権者は機構になると思いますが、取り扱い銀行によって利率が異なるのは、銀行がせどりする手数料が違うからということでいいんでしょうか?②フラット35の場合、ネット系銀行の利用がかなり多いように見えますが、都銀や地銀よりネット系銀行を選択するメリットというのは何でしょうか?またデメリットはありますか?調べ始めたばかりなのでいまいち違いが判りません。
詳しい方、よろしくお願いします。

せっかくなので、ちょっと詳しく説明いたしましょう。
フラット35は、金融機関が実行した住宅ローンを機構が買い取り、それを証券化して投資家に売ります。
なので、債権者は、一時的に金融機関になり、直後に機構となります。
①利率が違うわけフラット35を取り扱う金融機関は、サービサーになるので、銀行はローンの管理業務に関する手数料を機構から受け取ることができます。
わかりやすくいえば、フラットの金利は「利息+必ず金融機関が受け取れる手数料+金融機関が上乗せできる手数料」となるので、上乗せできる手数料の範囲が金融機関で決定できるので各金融機関で金利が違うのです。
②ネット系が多い理由多いかといわれると?の部分もあるのですが、フラット35はあらかじめ商品性が決まっていて、・銀行にとって貸倒リスクがなくて、・手数料収入が安定して入ってきて、・商品の個別性がないので説明がやりやすいのでネットでも比較的取り扱いやすい商品だからです。
ネット系金融機関のメリット・デメリットですがやはり、コストがかからない経営体質なのでリアルな銀行よりも金利は安くなります。
一方、店頭での説明が聞けなかったり、ある程度、自分で書類を準備して渡さないといけない(店頭でチェックしてもらうとかができない)のがデメリットでは。
まったくの素人が、じぶんで資料を集めてというのが難しいかなとは思います。

2016/8/14 12:08:21

-ローン手数料

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?