一本化ローンとは

どのようなローンのことを一本化ローンと呼ぶのでしょうか。

ローンを一本化することで利息の支払い負担を減らして、毎月の返済を楽にする方法です。過去には信用組合や地方銀行などのほんの一部の金融機関でしか、ローンを一本化することはできませんでした。

現在は銀行、信販会社、消費者金融でも取り扱う様になった事から、一本化ローンは一般に広く知られるようになりました。担保や保証人が不要のケースもありますが、金額が大きくなる場合には担保や保証人が必要になる場合が多い様です。

特に銀行等の一本化ローンでは、担保や保証人が不要であっても信用保証協会の保証を要求されたり、団体信用保険の加入が義務付けられたりする場合もあるようです。50万円をローンの申込金額が超える場合には、源泉徴収票や給料明細などの所得証明が、身分証明書以外にも必要です。

キャッシングを整理して返済の負担を減らせるという耳に快い言葉を武器に、法外な手数料を支払わされて、結果的に負債が増えただけということもあります。まとめローンを認められやすいかは銀行が独自に定めた審査基準によります。

メリットのある借金解決方法の一つだといえるのがこの一本化ローンですが、サービス内容は取り扱い金融機関によって異なります。一本化ローンについて気になるサービスがあれば、情報収集してみてはいかがでしょうか。

一本化ローンの注意点について

まずは正確な借入残高と金利のチェックを、一本化ローンの申し込みをする前にはするようにしましょう。

ただし借り入れ状況によっては、一本化を金利の高いローンのみでした方がメリットがあるということもあります。せっかくローンを一本化しても、毎月の返済額を高くし過ぎて返済が滞ってしまう事も考えられるので注意が必要です。

滞納だけでなく遅延損害金が発生してしまうと余計な負担が増えてしまいます。支払い総額が増えている場合も、返済金額のゆとりを重視しすぎてしまうとあるかもしれません。

支払い総額が増えてしまっては、一本化ローンの意味がありません。返済額の設定する時の目安としては、一般的には月収の2割以内が無理のない返済額といわれていますので、参考にしましょう。

それから、銀行のまとめローンでは、返済に対する意識も問われます。今まで期日を過ぎてから返済をしていた経験のある方は特に注意しましょう。

無理のない返済計画を立て、お金の管理をしっかりすることで、一本化ローンをお得にうまく利用することをおすすめします。自分自身の判断と責任に、一本化ローンを上手に活かすも殺すもかかっていることを自覚しましょう。

一本化ローンメリット

実際に一本化ローンを利用すると、いくつかメリットがあります。
金利の高い消費者金融から、一本化ローンを利用する方のほとんどが複数の融資を受けているようです。金利の低いローンに高い金利のローンから一本化する事で可能となるのが、支払い総額を大きく減らす事です。

ゆとりを持った返済計画にする事が出来るというのも大きなメリットではないでしょうか。返済計画の立て直しを、一本化ローンを申込することによって、自分の収入状況に応じてすることができるでしょう。

たとえば、月々の返済額を返済計画を長く設定する事で減らすことや、支払いに金利が下がった分をまわして返済期間の短縮をすることができるでしょう。さらなる一本化ローンのメリットとしてあげられるのは、正確な借入残高の把握が出来ることです。

また、おまとめローンへの移行がうまくいっても、借入金そのものは減りません。まとめローンへの借り換えが無事にできても本格的な返済はこれからなのですから、油断して無駄遣いを開始してはいけません。

次から次へと支払期日が迫ってきて、常に返済の事を考えなくてはならない為、借入件数が増えてくると気持ちのうえで大きな負担になってしまいます。一本化ローンの利用で、精神的にゆとりのある生活を手に入れる事が出来るのです。

© 2020 地方銀行ってどうなのよ?